老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

探し物を楽しむ

ラームです(ぺこり)


とある方の言葉を目にして感じた事。

どうも最近の自分は、手を尽くす前に文句を言っている事が多いような気がします。
試行錯誤こそ面白味の源であるというのに、物事の一面しか見ていないのは自分であるのかも・・・。

対象を見る距離や方向を色々変えてこそ見つかる物もあるというもの。
自分にとってのtri-は言ってみればまだ地面の上にあるものをざっと確認した程度でしょうし、
遊び方を掘り下げてどんどん楽しみ方を発見していくのはこれからでありましょう。


“出来ない事”を嘆くのもまた無意味な事ではないのでしょうけれども、
“出来る事”を自分なりに探していく事はきっとより有意義で、そして楽しいはずだと思います。

思えばスノウギアで色々とやっていた時も彼の武器で出来ない事を嘆くのではなく、
そういう暇があったらまず出来る事を探していました。
そしてそれは苦労も多かったですが、本当に楽しく、また得るものが多くあった時間でした。


日々の狩りの中で色々な出来る事を探して見出し、自分なりにその用い方を考え、必要とあらば取り込んでいく。
そうやって数字として見る事の出来ない『経験値』を高めていく事は、モンスターハンターの醍醐味の一つでありましょう。
自分はそういうゲームに魅せられたはず。

人の言葉でそれに改めて気付かされるというのも少々情けない話ですが(笑)、
これでまた意識を新たにtri-に向き合っていく事が出来そうです。


サーチャー

Vorona:「お楽しみはこれからだ・・・と、いうところかな」


さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)

本日もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2009/10/31(土) 20:21:58|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<霞と奇面 | ホーム | 足跡を刻む>>

コメント

ひょっとして私のことでしょうかねぇ。
ジエンや「6本足」、ソロでやる気が起きないのはどこのガンナーも同じではないかと思います。

いま街は宴の季節。
Sasaming様の記録などを見て「なんとかしなきゃ・・」「なんとかしたい」とは思うものの、錬金術の廃止に伴う総火力の著しい低下、30分という時間制限、G級灰ラオを軽く上回るウカム2匹分の体力と、そしてガンナー不遇の肉質・・・。これらを前にして、愚痴の一つや二つ、嫌でも零れてしまいます。

私はこれら古龍は「パーティーでわいわいやるもの」として、ボウガンソロは考えないことにしています。そうでないと「宴」がただの「鬱シーズン」になってしまいますもの・・。実際にジエンの場合は、役割分担や協力するということが明確になりやすいので、パーティーだと非常に面白いですしね。デッキから転落した者に回復弾撃ったり、乗り込む勇者達に「がんばって!」と鬼人弾を撃ったりと。

そして私は、対古龍戦は考えずに、別の形でボウガンの存在意義を世に示すことに決めました。夫婦ソロやジョーソロに奔走しているのはそのためですね。古龍に対して最善の策を尽くしたわけではありませんが、そこに至るモチベーションを与えてくれるかどうかということも、モンスターの要素として非常に重要であると思うのですよね。その感じ方は人それぞれなんでしょうけども。

おっと、駄文と愚痴の嵐になってしまいましたね(苦笑)最近はソロやパーティーでタイムアタックをやりつつも、一方で相方と釣りや採掘でのんびり50分過ごすことも多いです。このような日常が展開できるのも、このゲームのいいところですよね。なんだかんだ、やっぱりモンハンは大好きですし、トライも好感触の部分が多いこともまた事実。ちょっとしたマイナス(?)要素ぐらい、目をつぶることができる器、早く養いたいものです(笑)

最近Vorona様とご一緒できておりませんが、相方にも既に竜撃銃を作らせてお待ちしておりますので、機会あらばぜひ^^
  1. 2009/11/01(日) 03:19:50 |
  2. URL |
  3. じゅんじゅん #-
  4. [ 編集]

龍を楽しむ>じゅんじゅんさん

いらっしゃいませー^^

今回の記事で触れた言葉自体は他の方が記されたものでしたが、
じゅんじゅんさんの歩まれ方からも常々大きな活力を頂き、また触発され続けております(笑)
tri-ボウガンの腰の入った考察や、先だっての双暴竜戦での戦略・戦術双方での活躍など、
同じtri-の狩場に立っている者、そしてボウガンを扱う者として本当に誇らしく思う次第です。

六本足と峯山龍に関しては、ソロガンナーとしての視点から見れば愚痴が山ほど出てきます。
しかし実際に気の合うPTで彼の龍たちと戦ってみると、確かになかなか楽しいところも感じられますよね。
それぞれ明確な弱点が無いためにPTメンバー間の役割分担と連携が重要なポイントとなる相手であり、
人と人の縁が繋がる場であるオンライン専用のモンスターとして、彼の二龍は正しい姿を見せているような気もします。
tri-において古龍を制するという事は、それぞれのクエストの“ノリ”にPT全員で付き合い、
過程を目一杯楽しみつつそれぞれの力を繋ぎあわせて目的を達成する事であるのかもしれませんね・・・。
(そしてそれ故にまた、Sasamingさんがなされた峯山龍の非火事場ソロ討伐の偉業などに一層の感銘を覚えます)

それぞれの曲に合った踊り手と、踊り方がある。
敢えてミスマッチに挑む妙もあるかもしれませんが、
舞踏が真の美しさを見せるのはやはり然るべき舞台と曲、そして人が揃った時でありましょう。
それを自分なりの、納得のいくやりようで求めていく。
決して容易い道ではないのと同時に、また大変にやりがいのある歩みであろうと思います。お見事の一言です。


tri-は自分にとっては思った以上の出来でありましたし、今もこの狩場を好ましく感じる思いには変わりありません。
不満に思う事も少なからずありますが、それ以上にまだ見出していない楽しみが多くあるようにも感じます。
一生懸命に、のんびりと、そして自分が思うようにまた歩を進めていこうかなと思います。
(その途中で得られるであろう、じゅんじゅんさんたちと歩みを並べる機会も実に楽しみです^^ぜひ近いうちに(笑)


今回はじゅんじゅんさんのお言葉と意志に、非常に大きな活力を頂きました。本当にありがとうございます(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2009/11/02(月) 15:57:05 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

求めるもの

ども、SISです。先日はお世話になりやんした。
こちらの都合で結局ジョー闘技場にはご一緒できそうにありませんが、つづく武装招待は機会が会えばご一緒したいものです。

探し者。私の場合はそもそも、自分のガンナースタイルですかね。実はというといまだ確立していなかったり。というのは、私のスタイルは基本的にまねごとなのですよ。
ドスの超にわかガンナーだったころは、偉大なる先陣を真似てヘヴィバスタークラブを手に取り(何故この時アースイーターのチートじみた性能にきがつけなかったのやら(苦笑)あるいみそれがまねごとの限界ですが)。
トライではやっぱり、ラームさんを真似て竜撃を撃ち始めた訳で。
弾幕展開なじゅんじゅんさんや支援のオウルさん、バズルボローカのラズさんみたいな、自分を象徴するものがいまだ私にはないのです。ただのへっぽこ竜撃ガンナー。
だからこそ、私は私のスタイルを今も模索しています。マルヤキ君シリーズは五号をもっておおよその完成を見ましたが、しかしまだ道は遠く。
その道の入口を見つけることが、私の探し物なんでしょうね。

とりあえず現在は爆装系ボウガンを構築中。はたして、ここに私の求める道はあるのかな。
  1. 2009/11/03(火) 18:59:31 |
  2. URL |
  3. SIS #CofySn7Q
  4. [ 編集]

気の長い、さがしもの>SISさん

いらっしゃいませー。こちらこそ先日はお世話になりました(ぺこり)
凶暴の宴は何とかご一緒したいところでしたが、どうも間に合わなさそうですね・・・。
こちらの空き時間が大概妙な事になっているのも原因です。申し訳なく思います;
お、武装ジャケットが強化できるというイベントクエストですな。
うむ・・・今度こそぜひご一緒させて頂きたいところです。一体何が出てくるのやら気になるところですが(笑)

SISさんの探し物はご自身のガンナースタイルですか・・・。
自分も色んな方の歩みに魅せられて自分だけの歩き方を見つけようと志してきたつもりですが、
まだ本当には見つけきれていないのかな、と感じています。

今は自身の道を持っている多くの方も、最初は真似事から始めたのだと思います。
それは自分自身もそうでして、本当に多くの狩人の真似をして歩みを繋げて来ました。
狩猟技術のみならず、狩人としての在り方、他の人との接し方、文章の記し方・・・。
真似をする中で得た物を少しずつ自分なりに噛み砕き、吸収して、今のハンターとしての自分が成り立っています。

どうぞ探し続けてください。自分も探し続けます。
求める物が見つかるまでの過程こそが、あるいは求める物を形作るのではないか。
ちょっと謎かけのようですか(笑)、本当にそう思います。
お互いに焦る事無く、道々の風景を楽しみながらの探し物といきたいですね^^


今回はまた素敵なコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(頬が緩んでおります(笑)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。それではどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2009/11/04(水) 19:00:29 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/364-6c2d9687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。