老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

足跡を刻む

ラームです(ぺこり)

今回も前回に引き続いて諸々の事を徒然と。



【新たな道標】

 まずはリンク先追加のお知らせを。

 ・フクロウの樹洞(うろ)様/SmokyOWLさん

 ドンドルマ、そしてロックラックにて狩りをご一緒させて頂いているSmokyOWLさんが綴られているブログ様です。
 常に自身の理想を追い求めて、狩場で研鑽を積まれているオウルさん。
 しかし狩りを楽しむ事を決して忘れずに、装備の吟味、戦術の練磨、
 そして猟友との会話を大事にされながら日々の歩みを進められています。
 その様子は隣で拝見しておりまして実に頼もしく、癒されるもので、自分もかくありたいなといつも思っております。

 街では物腰穏やかに、仲間との語らいを愛するフクロウさん。
 狩場では強大な獲物の弱点を的確に見据え、鋭き爪を以て挑み捉える梟。

 その飛跡にはハンター各人が学ぶべきものが少なからずあると、自分は感じています。
 もし興味を感じられましたら、ぜひ蒼き羽根の、心優しき梟の住処を訪ねてみてくださいませ。


 余談ですが、オウルさんはdosにおいては『村に帰って、机について』のシュガシュガさんとタッグを組まれ、
 それぞれ老山龍砲・覇と老山龍砲・皇を担いで『双門』として大いに活躍されていました。
 現在はメインとする狩場をdosとtri-に分けておられますが、もう少しでtri-でも再びこの『双門』が揃うとの事。
 dosのそれとは一味違ったタッグになる事が見込まれ、自分は今から非常に楽しみにしております。

 こちらも後れを取らぬよう、腕を磨いておくとしましょう(笑)



【逆襲の海竜種】

 先日“喧嘩師”スカさんとペアで炎戈竜、続けて海竜に竜撃銃で挑んだのですが、まあ酷い有様でした(滅)
 とにかく被弾の嵐で、スカさんが生命の粉塵を調合分まで持ち込んでいなければ確実に力尽きていたと思われます。
 もうだいぶ慣れたと思っていた二種ですが、いやはや・・・。
 特に水中闘技場で戦ったラギアは孤島や水没林で戦うのとはまた微妙に違った感覚で、
 気がつくと避けるスペースが無くなっているという事が多くありました。
 吹き飛ばされながらも、これは正直巧いものだと感心もしていましたり。雷公侮りがたし。

 海竜種に関しては、また集中的に立ち回りを磨く機会を設けなければならなさそうです。



【真の秘境】

 Rさん、オウルさんと3人で凍土のイビルジョーに挑んだ際、隠しエリアであるねぐらを見る事が出来ました。
 何度かSSなどで見てはいたのですが、最深部は月光が冴える実に幻想的で美しい場所でした。
 ジョーがすぐ隣で寝ていなければなお良かったのですが(爆)
 今回はSSを撮り忘れてしまい、彼の秘境の美しさをお伝えできないのが残念なのですが、
 あれはやはりご自分の目で確認された方がより美しいかなとも思います。


 と・・・言いますかですね、『秘境』は全フィールドあんな感じにするべきではなかったかと思います。うん(爆)



さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)

本日もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2009/10/27(火) 17:17:07|
  2. MH tri-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<探し物を楽しむ | ホーム | 狩りの日々は、なお傾かず>>

コメント

お礼状

先ずは相互リンクご了承いただき有り難う御座います。
いやはや、顔も知らぬ、声も知らぬ方々にこうまで親近感を覚えようとは少し前の私なら考えもしなかった事です。
本当に色々なものをMHは私に与えてくれました。

少しでも長く皆さんと時間を共有できればなぁと・・
フクロウ切に願いますw
ではまた狩場でお会いしましょう。

  1. 2009/10/27(火) 19:34:38 |
  2. URL |
  3. フクロウ #-
  4. [ 編集]

時が過ぎても、残るもの>フクロウさん

いらっしゃいませー^^
丁寧なお礼状を頂きましてありがとうございます。
こちらこそリンクの申し込みを頂き、相互に道筋を記すに至れた事を大変嬉しく思っております。

そうですね・・・自分もここ数年で、モンハンという一つの要素を軸に実に多くの事を得ました。
数年前、感情に任せてモンハンをやめていればフクロウさんたちと縁を得る事もなかったわけで、
それを思うとモンハンをやめずに、そしてブログを記し始めて本当に良かったと思います。

時は流れ、過ぎ行くもの。
でもそれであればこそ共に楽しみを共有する時間は、より大切にしていきたいものですね。
楽しい時を過ごした記憶というものは、滅多な事では失われないはずですから(笑)

当方も少しでも長く、この幸福で楽しい時間を皆さんと共に過ごしていきたいと切に願っております。
それではまた、狩場にて^^


今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを^^
  1. 2009/10/28(水) 22:15:28 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/363-ac3a75ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。