老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黒き鳥、羽ばたく時

ラームです(ぺこり)

ロックラックでの歩みを始めてそれなりの時間が経った我が分身のヴォローナですが、
上位に上がってもなかなかトート・ギフトトート・フランム以外に手に馴染む竜撃銃を見出せずにおりました。
それだけこの二挺がお気に入りでもあるわけですが、せっかく上位に上がった事でもありますし、
この辺りで上位専用パーツを使ったアセンブリーでお気に入りを組んでみたい欲求もやはりあったのです。

そんな日々の中、ようやく手に入れたとあるレア素材で最終強化がなされた上位ガンフレームが一基。
そのフレームをあれこれといじるうちに、これはと思う一挺が組み上がりました。




・竜撃銃【火烏(かう)】

『火烏』

系統:ストレート・ミドル
本体:火竜砲改
銃身:海造砲【火刃】
銃床:ポイズンギフト

『火烏』性能(1)
『火烏』性能(2)

上位クラスの狩猟に対応するため、通常射撃性能と接近爆撃性能の両立を目指して設計された竜撃銃。
『ポイズンギフト』フレームに代えて『火竜砲改』フレームを採用した事によりLV1、LV2貫通弾の装填数が劇的に向上。
通常射撃戦においても十分な攻撃力を確保する事が可能となり、同時に継戦能力も上昇している。
また回復・鬼人強化・硬化防風の各上位弾が装填可能である等、様々な状況に対応するための要素も併せ持っている。

攻撃の要となる竜撃弾は『トート・ギフト』と『トート・フランム』の運用結果比較から、
より運用性の高いLV1・LV2弾の各二連装が採用される事となった。
LV3弾の運用組み込みも検討されたが、より汎用性のある火力として求められた通常射撃戦用弾の装填数や、
重量が運用時の機動力に悪影響を及ぼす事から見送られている。

LV1毒弾の装填数は実用域を割り込み、散弾・減気弾の運用性は低下しているが、
従来の竜撃銃に比べて汎用性が大きく向上しており、今後の活躍が見込まれる機体である。



コードネームの由来は中国の伝承にある『火烏』、そしてカラスの鳴き声の英語圏における表記である『caw』より。

毒弾&竜撃弾という『トート・ギフト』以来の装填弾を維持しつつ、
通常射撃戦における攻撃力も併せ持つ事はできないかと考えて組み上げた一挺です。
火竜砲改フレームの性能によってLV1・LV2貫通弾が運用可能となったのが大きなポイントですね。
基本射程が長めなので運用時は目標との距離に気をつける必要がありますが、
水中では飛距離減衰が逆に良い感じに影響を与えて普通に主力弾になったりと使いどころには中々困りません。

相変わらず攻撃属性弾が撃てないという弱点がありますが、そこは竜撃弾の出番でしょう(笑)
補助効果弾も色々と使う事が出来るため、その時々の判断力を試されますがそれも面白いところですね。
自分が竜撃弾の運用を模索していくのに、非常に良い銃を組み上げる事ができたと思っております。


さて今回はもう一つ、上で記した『火烏』用に整えた防具セットも併せて記そうと思います。



・防具セット【夜鴉(やがらす)】

『夜鴉』

頭:任意
胴:ルドロスGレジスト(空き×1)
腕:インゴットガード(抑反珠×1)
腰:ルドロスGコート(無反珠×1)
脚:リノプロGレギンス(抑反珠×2)
守:任意

発動スキル:反動軽減+2



ようやく『黒き鳥』らしい色合いの装備ができあがりました(笑)
あれ、反動軽減+3じゃないの?と思われそうですが、
火竜砲改フレームの反動性能によってボウガンの反動性能が『最小』になるため、
装填できる弾丸の全てを無反動で撃つ事が出来るようになっています。
反動軽減を1ランク落として良いため本当はスキルも色々つけられそうですが、
その辺りの余裕はもう外見に全て回しました(爆)
頭とお守りは任意のものをつけられますが、頭は竜撃弾調合用に探求のピアス、
お守りはその時々のクエストに応じて適した+10のものを・・・という感じです。
頭は本当は別に候補があるのですが、現状では望みの色に変えられないのでお預けです。
(基本色も上手い具合に防具着彩のパレットがオープンしたら、もう少し手を加えたいところですが)

各防具の役割はルドロスGが竜撃弾発射の衝撃吸収、インゴットが腕部固定、リノプロGが下半身の安定というところ。
しかしメイン装備となるルドロスGは耐火性能には難があります。
性能としては別に構わないのですが、竜撃弾の発射とは相性が悪いのでは・・・というところが気になりますね。
この装備では反動でのけぞる事がないのでなおさらです。
そこで想像力を働かせまして(笑)、このルドロスGシリーズには特注で難燃剤を含ませてある事にしています。
無論ブレスの直撃など強烈な攻撃にはあまり効果を発揮しないでしょうけれども、
少なくとも爆風の余波で燃え上がるというのは防げるのではないかと・・・。
衝撃の吸収性には元々優れていそうですし、そんな感じで自分自身を納得させております(爆)



かくして出来上がった先が楽しみな一挺と、自身を納得させる一着。
自分のtri-の狩猟生活は、実はここからが本番なのかもしれません(笑)


さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2009/10/19(月) 21:25:10|
  2. MH tri-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<狩りの日々は、なお傾かず | ホーム | 竜撃銃士の記憶・双火竜と四狩人>>

コメント

おぉう

ども、SISです。
昨晩は失礼しました。同時に、楽しい時間をありがとうございました。
このボウガンはひょっとして、一緒にいった時にかついでいた奴ですか?ポイズンギフトに火刃だったのでてっきりトートギフトかと思ってたんですが……よく思い返せばたしかにドラム缶が。
なにはともあれ、新たな愛銃の完成、おめでとうございます。

せっかくと言えばなんだかとても変ですが、うちの【対竜調理砲<マルヤキクン五号>】もご紹介。
バレル:海造砲【火刃】
フレーム:イビルマシーン
ストック:峯山大砲
四号の失敗を踏まえて、減気弾と麻痺レベル2の装填能力を強化、スキルによる装填速度強化を前提とした決戦砲。発射が早く主力にできるレベル1と、拘束時を中心に使うレベル3に絞り、汎用性が高く扱いやすいが最高火力で劣るレベル2を切り捨てた、3号やラームさんの火鳥とは逆の強引な設計。ボウガンでありながら、力づくでモンスターを強引に叩き伏せるような戦術を想定されて設計されており、竜撃弾発射時には火刃の銃剣を突き刺して固定し、モンスターを中からこんがり焼きあげる。
とまあこんな感じです。
マナーについてもいろいろ勉強しなおしております。
また、お会いできる機会があったらぜひともどうぞよろしくお願いいたしまする。
  1. 2009/10/19(月) 23:07:42 |
  2. URL |
  3. SIS #CofySn7Q
  4. [ 編集]

こーんばーんわー?
お久しぶりです^^ ビスですー
 最近狩り場に赴くことが出来ない日が続き、これじゃイカンとボウガンの練習をイチからやり直しております;
 ふむふむ、通常撃ちと竜撃弾のコラボ・・・
ヴォロさんの鋭い視線と熱い吐息ですねっ(謎
防具も念願の黒系で纏められて^^ 外見? 重要要素ですb^^
もしお時間が合いましたら、いつかお邪魔させて下さいませー
 さてさて、私もちょっと出しゃばってボウガン晒しましょうかねー、ろくなモノじゃありませんが;
F:雷迅砲サンダークルス
B:イビルマシーン
S:火竜砲改
 恐らく私以外の方が使っても、
「なんじゃこれ?」と言う(笑)であろう銃。中途半端なんですよね、性能も見た目も。
 通常弾2を撃つことを前提に回復弾と麻痺弾のレベルアップを目論んだ仕様です。
 通常2メインは「啄木鳥」の頃から変わっていませんが、回復弾1の回復量に少し不満がありまして(笑)新しくこんな形になりました。
使った感じはじゃじゃ馬な感じ・・・?
 麻痺弾2を撃つようになり反動が怖いので、反動を消す装備として「カラカサ」も製作しましたが、ヴォロさんと狩りに行くならばあえて挑発が欲しいかな・・・ あ、広域化付けるのに付くかな。
 まぁ、そんなこんなの騒がしい奴 ビスでしたー
でわでわ ^-^
  1. 2009/10/20(火) 21:01:52 |
  2. URL |
  3. Vishnu #-
  4. [ 編集]

迷走中

ども これだ!そんな自分の色(アセンブリが見つからず迷走中のKIYOです。
色的には紅のガンマン風?
やっぱり見た目も大事です自分はあの帽子が気に入り過ぎて…

其処には無いけれど自分の中に在るものを表現する
(素敵法違反です?

最近読んだ本の話しですが勝手に妄想してみました。
黒き鳥→カラス→ヤタガラス→ヤタガラスの家紋→雑賀の孫一→火縄銃の名手→ヴォローナさん
偶然の一致ですが一人でニヤリ (笑

相方が竜撃弾でディアの角をポキリと折り一言「竜撃弾強いんだね 
少しずつガンナーに誘導しております(汗

ではでは街の片隅より


  1. 2009/10/21(水) 11:46:31 |
  2. URL |
  3. KIYO #-
  4. [ 編集]

お返事>SISさん、Vishnuさん、KIYOさん

お三方様、いらっしゃいませー^^

--------------------------------------------------

>SISさん

こちらこそ先夜はありがとうございました。マルヤキクン五号の調理砲撃、堪能させて頂きましたよー。
うむ、火烏はSISさんと一緒に出かけた時に担いでいた銃ですね。
トート・ギフトのフレームを変えただけなので、傍目に分かりにくそうだとは思っています(笑)

五号の設計とコンセプト、良いですねー^^
竜撃弾で料理してやる!という意気込みがビシビシと伝わってくるような感じがする一挺です。
敢えて“味”を薄めるこちらのアセンに対して、一つの素材の味をとことん濃くしていく設計、まさにお見事。
同じ竜撃弾の運用に主眼を置いた銃でも、人によってここまで差が出るというのが本当に面白いですね。
また火刃の銃剣を突き刺して銃口の固定に用いるという考え方、これは素晴らしい(笑)
同じく火刃バレル、そして竜撃弾の愛好者としてそのネタはぜひともお借りしようと思います。
むう、このままだと火刃バレルが手放せなくなりそうです・・・(爆)

先日はマナーに関して少々申し上げましたが、ぶっちゃけてしまうとあの場合SISさんに問題はありませんです。
ここまで書くと『何に』大きな問題があったかお分かりになるでしょうか(爆)

ネット上のマナーに関しては自分も勉強を重ねる日々で、時には他の方を不愉快にさせてしまい、
でもそれを飲み込んで頂いているところもあるはずだと思っております。
人付き合いというものは本当に難しいものです(笑)でもだからこそ例え顔の見えない付き合いでも、
心が通ったと感じた時の喜び、そして楽しみは大きいものだと思っています。

そういった人との付き合いにおいて一番大事なものは、まず他の人を『人』としてきちんと見る事ではないでしょうか。
その上で『礼』を忘れずに言葉を交わしていけば、少なくとも通常はブラックリストに追加されるような事は無いはずです。
もちろんこちらの『礼』が一方通行になる事も十分に考えられますが、
相手がこちらと同様にこちらを“人”として見ており、そして『礼』を持っている方ならばしっかりと応えてくれるはずです。

SISさんはそれができていらっしゃる方ですし、また狩りを共にする人に敬意を払える方だとも感じています。
きっとそのままでも色んな方と楽しい狩りができるのではないでしょうか。
ご自分でまだ足りない、と感じていらっしゃる部分はお持ちかもしれませんが、それは自分も同様ですので(笑)、
これからも狩りの腕前と共にその辺りも精進をして参りましょうb

--------------------------------------------------

>Vishnuさん

はい、こんばんはー。お久しぶりです^^
最近は自分の方も中々夜に上がれずにいましたが、ビスさんもでしたか・・・お互い難儀な事です;
これでお気に入りの銃が3挺、防具もようやく納得の行く外観の物を揃えたのでビシバシ狩りたいのですけれども(笑)

さてさて、ビスさんのアセンですが・・・いや、これは良いじゃないですかー!
通常LV2・LV3が6連、貫通もLV2が5連で他3連、散弾、各支援弾も高レベルのものを撃てる。
おまけに装填数はやや速いで高速戦闘にも余裕を持って対処できますし、
飛距離も0.80で丁度良くブレなし、そして攻撃力も超一線級・・・と隙が無いですな。
組み上げてみて「量産クラスじゃね?」と密かに思ったほどですぞ(爆)

確かに何かに特化しているという訳ではありませんが、
このようにハイレベルかつ良バランスの銃というのは、ソロで難物を相手にする際はかなり頼りになりそうです。
またPT戦でもLV2麻痺弾や各種支援弾で十分以上の働きができるでしょう。
しかもノースキルでこのスペック。活用できそうなスキルの幅も広いですし、いやぁー自分も使ってみようかなぁ・・・(爆)
とベタ褒めなわけですが、確かに外観は好みの分かれるところかもしれませんねw
自分はこの組み合わせはアリかな、とも思いますが。

「カラカサ」の方も気になるところですし、またぜひ今度ひと狩り参りましょう。
ビスさんが挑発付きでしたら、自分は隠密付きで行ってどのくらいタゲが違うか確認してみるのも面白そうですな。
うむ・・・その時が今からすでに楽しみです(笑)

--------------------------------------------------

>KIYOさん

こんにちはです^^

なるほどなるほど、確かにガンアセンブリにおいて自分の色を見出すのは難しい面もありますね。
でもあまり気負われる必要はないと思いますよ。
ボウガンを楽しみつつ狩りをしていくうちに、きっと何かスタイルのようなものが出てくるだろうと思います。
それはあるいは何か一つの弾丸の運用を自分なりに極める!という事かもしれませんし、
あるいは熟慮の末に組み上げたマイボウガンで待ち受ける難関を突破してみせる!という事かもしれません。
またあるいはそれぞれの目標や状況に適したボウガンを探して、それらを縦横に使いこなす・・・というような、
「一つのものにこだわらない」という「こだわり」を見出す事もあるやも・・・。

見出す色も、見出し方も、そして見出す時も人それぞれ。
まずはボウガンを存分に楽しまれてくださいませ。
きっとそこから何かがぴょこんと、あるいはじわりと現れてくると思います^^

そういえばよくあの帽子をお見かけしますのでお気に入りなのかな?と思っておりましたが、やはり。
今回のギルドハットはガンマンらしくて良いですよねv
うむ、気に入った装備は多少無理をしても使うべきですよー。
自分やKIYOさんのように、ハンターの格好でテンションが左右される人種は特にそうだと思います(笑)
そこには無いが、自分の中にあるものを表現する・・・ですか。ちょっとした謎かけのような。
でも分かるような気もしますね・・・って素敵法ってなんです。それ自体が素敵っぽいのですがw

おおっ、雑賀孫一。そういう連想で来られましたかー。
いやいや、まだまだ名手とはいきませんが・・・なるほど、ちょっと良い感じです(笑)
そういえば彼の人物も銃に名前をつけていたそうですから、
ガンナーという人種は世界を越えてそういう傾向があるのやもしれませんね。

お、相方さんもガンナーに食指を・・・良い傾向です♪
ここは一つ我々がさらにガンナーの良いところを見せて、さらに誘導を強めねばなりませんな。
相変わらず街に上がるのは時々の鈍足ガンナーですが、またきっと狩りをご一緒させて頂きたいと思っております。
街にカラスの鳴き声が聞こえたときは、どうぞ宜しくしてやってくださいませ^^

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)

またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを^^
  1. 2009/10/21(水) 12:49:57 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

お邪魔します

夜鴉、火鳥ともにラームさんのイメージにピタリw
羨ましいやら何やらで、また工房の方に迷惑をかけそうです・・

私の方もスロゥハンドに少しずつ手を加えて、更なる弾丸の嵐を巻き起こせるように試行錯誤しています。

人それぞれのコンセプトを持ち寄って1つの狩りをなす・・MHの醍醐味ここにありって感じですねw

  1. 2009/10/21(水) 20:58:17 |
  2. URL |
  3. フクロウ #-
  4. [ 編集]

空翔る梟を見上げ>フクロウさん

いらっしゃいませー^^

評価のお言葉、ありがとうございます。
パーソナルカラーを組み込んだ装備をいち早く投入されていたフクロウさんを常々、
「いいなぁ、カッコいいなぁ・・・」と羨望の目で見ておりましたので、ようやく念願が叶った思いです(笑)
故にそのご本人からお言葉を頂けると、また一層張り合いが出てきますね。
(“六本足”の悪い夢もさっさと片付けて、色合いを色々楽しんでみたいところですw)

おお、スロゥハンドにもさらに改修が加えられておりますか。いいですねーいいですねー。
さらに磨きのかかった『遅き手』の奏で紡ぐ弾丸の嵐、直に目にする時が大変楽しみです^^

それにしても、まさに仰る通りですね。
色んな狩人が自分の色はこれだと見出して歩き方を見出し、練磨を重ねつつ自身の理想に近付いていく。
そしてそういう様々な狩人が集って一つの狩りを組み上げ、そこからまた新たなものを得て歩みを進めていく・・・。
これは本当に楽しく、面白い事です。
できればこれからも更にこの楽しみをフクロウさんをはじめとして色んな方と共有し、追求していきたいと思います^^

梟に負けず、烏もまた狩場にはばたいて見せますぞ!(笑)

今回もコメントを頂きまして、本当に有難うございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2009/10/22(木) 17:30:52 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/361-1b9e281a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。