老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

機械槍は世界を紡ぐ

ラームです(ぺこり)

気付けば更新の間がずいぶん空いてしまいました;
仕事から帰って少しtri-の村クエストを進めていたら眠くなり、起きたら出勤の時間とかもう・・・。
シルバーウィークの峯山祭り、自分も参加したいです(泣)

それはさておき、今回はリンク先追加のお知らせを。



『女神の機械槍』 管理人:丼$魔さん

 『ゲーム』としての、そして『世界』としてのモンスターハンターをこよなく愛し、
 様々な楽しみ方を見出されている丼$魔さんが綴られているブログです。
 現在は諸々の事情により狩猟の最前線からは少し距離を置かれていますが、
 代わってモンハンを題材とした二次創作文章の執筆をメインの活動とされています。

 創作文章は特にモンスターとの戦いにおける相互の駆け引きの描写が非常に秀逸で、
 知勇を尽くして狩猟に臨むハンターと、圧倒的でありながらも対等の敵手であるモンスターの存在感が、
 読み手に二者の生存競争がまるで眼前で繰り広げられているような臨場感を感じさせます。
 これはゲームとしてのモンハンを深く知り、また世界としてのモンハンを愛していなければ記せない文書でありましょう。
 また狩猟戦闘の描写のみならず各々の登場人物の感情を大事に、
 それでいて決して内面を押し付けずに過不足無く描写されているところも見事です。

 モンハンの小説やマンガは色々見たけどどれもピンと来なかった、という方は一度ご覧になられてはいかがでしょうか。
 ハンターのみが記し得る、確かな『モンスターハンター』の一つの物語がそこにあると思います。

 オススメの記事:『Ende der welt』シリーズ



と・・・それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
間を空けた上に記事が短くて申し訳ないのですが、そろそろ出勤の時間が迫っております(滅)
こうして書きたい事がどんどんたまっていくわけですな・・・もう少し上手な時間の使い方をしたいものです。
お休みの方は日頃の疲れを癒されつつ、どうぞゆっくりと狩りを楽しまれてくださいませ。
(気持ちにゆとりがあった方が、きっと希望の素材も出やすいと思いますw)

それでは本日もどうぞ、良い狩りを!



※以下の画像はとある方への参考資料として一時的に掲載しております。

シェンガオレン対ガンランス
 ←シェンガオレンの胴体/ヤド、及び弱点→
  1. 2009/09/22(火) 17:47:39|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<雷公と踊る | ホーム | 楽しき狩猟>>

コメント

どうもこんにちは、丼$魔です~。
記事内でご紹介頂き、なんか誉められ過ぎのようで、なんとなく胸のむずがゆい覚えだったりします(笑)

しかし正直な所、俺などよりも、ラームさんの方が良い意味で深くモンハンを愛してらして、その情熱、表現される世界には叶いそうにはありません!
これからも記事の方を楽しみにさせて頂きます~。
あと、甥ごさんの方言が、微妙に自分と近いのにも気になってたり。
  1. 2009/09/24(木) 17:48:51 |
  2. URL |
  3. 丼$魔 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

新たな道標を得て>丼$魔さん

いらっしゃいませー。こんにちはです^^
少々お返事が遅くなりました。申し訳ありません;

自分は他の方の事を記す際には、いつでも自分が感じたまま、思ったままに紹介の文を記しております。
少々面映く感じられるところがおありかもしれませんが、
それだけ丼$魔さんが綴られている記事がラームに感銘を与えているのだとお思い下さいませ(笑)

自分はモンハンへの愛情であったり、楽しみ方を求めていく姿勢といったものには優劣はないと思っています。
(そこに個々人ごとに好き・嫌いという感情は入ってくる場合があるかもしれませんが)

世界の枠を越え、龍の姿を探り往く人。
涼やかな緑の風を以て友を援け、狩りを描き出す人。
相棒と定めた武器を見失ってなお、自身の狩猟に新たな可能性を求めて未知の難に挑む人。
すでに多くの人が挑んだ故の深奥に、自分の信じる相棒を以て臨む人。

それぞれの道に、それぞれかけがえの無い価値がある。自分や丼$魔さんが歩む道もまたそうでありましょう。
そういう人々が互いに歩む道にさらなる楽しみを与えながら、歩を進めて行く事ができれば素敵ですね^^
自分もまた狩猟生活の活力源、その確かな一つとして『女神の機械槍』様の記事を楽しみにさせて頂こうと思います。

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも素敵な道行きを^^


追伸:甥の方言は九州のものでありますね。想像通りでしたでしょうか(笑)
  1. 2009/09/26(土) 20:57:07 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/354-aa332681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。