老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

峯山龍、来たる

ラームです(ぺこり)

先日(と言ってももう結構前の話ですが(笑)、
ロックラックでの☆3緊急クエストの峯山龍狩猟をベビー先生、ミリィさん、Rさんに手伝って頂き突破に成功、
無事に上位ハンターになる事が出来ました。




峯山龍そのものはすでに体験していたのですが、討伐可能な狩猟は今回が初めて。実に貴重な経験になりました。
前半は撃退戦とほぼ変わりがないのですが、特に中盤から後半にかけて初めて体験する事が多かったですね。
特に撃龍槍を叩き込んだ後の演出はニクいの一言。自分は興奮しすぎて少々浮ついてしまいましたが・・・(滅)

ジエンと支援

-腹下で竜撃弾による攻撃を敢行したものの押し潰され、慌てて離脱を図るヴォローナを癒す回復弾速射の図-

狩猟はメインアタッカーたるRさんと右往左往するヴォローナ(爆)をベビー先生とミリィさんの的確な支援と射撃が支え、
時間的にもある程度余裕を持って討伐に成功。初めての峯山龍討伐を非常に良い形で終える事が出来ました。

峯山龍、轟沈

(ご協力頂きました御三方様、本当にありがとうございました^^)


日は変わりまして、昨日(9/5)より上位峯山龍がロックラック近海に接近との報せ。
お世話になっておりますVさんやじゅんじゅんさんが一緒にいらっしゃるところにお邪魔し、さっそく赴いてみました。

が・・・初戦はなんと自分の3ダウンで撤退。いずれも体力150近くからの即死で、防御力が全く足りていない模様です。
(その節はご迷惑をおかけしました・・・;)
これが真の上位峯山龍の力かと慌てて防具を強化、どうにか即死はしなくなりましたがとにかく一撃ごとが重い。
これ以上迷惑をかけるのも憚られましたので、
Sasamingさんがいらっしゃってからは密かに強化しておいた剣士防具に着替えて大剣や太刀で狩猟に臨みました。

背中に跳び移り果敢に部位破壊を狙うSasamingさん。
恐ろしいほどの弾幕を展開し、何度も峯山龍を怯ませるじゅんじゅんさん。
峯山龍のアタックを設備で的確に阻止しつつ、味方の危機を回復弾速射で救助と八面六臂の支援の手を見せるVさん。
そしてやっぱり右往左往するヴォローナ(爆)と、4人ともそれぞれに奮戦。

しかし上位の峯山龍、攻撃が重いのみならずまた実にタフでした。
4人がかりでも初回は撃退どまりで、その後街に帰って戦術などを検討しつつ何度か討伐はしましたが、
いずれも残り時間は1分程度とギリギリです。
それでも装備や戦術でまだまだこれから詰めていけそうな感じはあり、得るものが多い連戦でもありました。
何より皆がこの巨龍戦をしっかりと楽しんでいるのが感じられ、
自分にとっても失敗こそあれこの狩りを心から楽しむ事が出来たのは本当にありがたい事です。
こういう狩りの時間は、過ぎていくのを本当に惜しいと思いますね・・・。

ロックラックの街を熱く湧き立たせる峯山龍戦、また時間があればぜひ赴いてみたいものです。


さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2009/09/06(日) 23:35:34|
  2. MH tri-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<竜撃銃、そしてガンランスのようなモノ | ホーム | 大きな一歩と、ボウガンの楽しみ>>

コメント

黒き鳥飛来

ども
少し間が空きましたが先日のお礼に参りました。
楽しい時間を有り難うございます

しかし
P2Gからラームさんに(勝手に)お世話になっていたので、お会い出来た事に感動と緊張で記憶が所々消失しております(笑)

相方は隣でラームさんの生ペコリを「かわいい人だね」と大変失礼な事を申しておりましたので…
次の機会には竜撃弾で!?こんがりとお仕置き(笑)
お願いします


上位ジエン
ラームさんとお仲間たちで1分残しとなると…

自分達の凸凹コンビでは無理です
いや無理でした。(苦)


ではでは街の片隅より



  1. 2009/09/07(月) 01:28:50 |
  2. URL |
  3. KIYO #-
  4. [ 編集]

謎合金

ども、SISです。
ジエン・モーランですか……。自分もイベント下位を体験してきましたね。
奴に竜撃弾で挑む場合、極限まで反動を殺して隙を減らし、同時にシールドを装備しておけばガンナーでも剣士以上の生存能力が得られるのでお勧めです。が、この場合、レベル3を運用するとパーツの都合で撃てる竜撃弾の種類が偏っちゃうんですよね……。レベル1を多様したいところではあるのですが。最近逆鱗をようやく手に入れて火竜弩を運用し始めましたが、通常攻撃スペックが劣悪で悩ましいところです。

私も昨日、ついにランク30になりまして緊急を残すのみであります。ずっとスペックにほれこんで追い求めてきたイビルジョーフレームまであと少し。……勝てるかはまた別として。

なんかさっぱりあえませんが会えた時はよろしくおねがいします。
  1. 2009/09/07(月) 05:51:36 |
  2. URL |
  3. SIS #CofySn7Q
  4. [ 編集]

こんにちは
上位入りおめでとうございます

ジエンと支援・・・?

えーと、実に3週間ぶりの峯山龍でしたね!
自分は前回、回線が不安定だったため落ちまくり
素材が全く集まりませんでしたが、今回は堪能できました

前回は防御150程度で挑んで
即死→キャンプから甲板へ→圧し掛かりが被さっていて即死
と野良で2死のコンボを決めた記憶があり、右往左往の状況がリアルに想像できますw
あの緊張感は今のうちに味わっておくべきですねw

それにしても、峯山龍は何故か作業感が少なくて楽しいです
大砲撃ってるだけでも楽しい
野良でもパーティーとの一体感が感じられて好きなモンスターです
素材から出来る装備もカッコイイし、久しぶりに充実した休日を過ごせました

しかしこれで上位のナバル装備も製作可能になるわけですが、
あの村の戦いは、そっと記憶の奥に仕舞っておきたいのですよね・・・
一期一会といいますか

まぁそんなこといいつつ狩りまくるんですけどねw

それでは
  1. 2009/09/07(月) 18:25:47 |
  2. URL |
  3. auri #-
  4. [ 編集]

ぬ、なんだか凄い過大評価されているような・・
どうも^^ 先日はお世話になりました。
 峰山龍、ラオ程の作業感はありませんが、
街を守るという緊張感がなんだかすっぽぬけ。
 老子ラオ様はいずこ・・・
右往左往ですと?;
 背中に飛び乗り、劣化した甲殻に銃口を突き立てて目一杯龍撃弾を叩き込んでいた貴方が何を仰る;
 後半はエンシェントを担いで前線を駆けていた方が;
私なんか回復弾外すし拘束失敗するし;
 ・・まぁ、終わったこ・・と。。。 orz
また、ご一緒する機会に恵まれましたらどうかどうか
相手をしてやって下さいな^^;(暇なときにでも)
では、そろそろお暇しますー ノシ
  1. 2009/09/07(月) 22:08:32 |
  2. URL |
  3. Vishnu #-
  4. [ 編集]

お返事>KIYOさん、SISさん、auriさん、Vishnuさん

皆様、いらっしゃいませー!

--------------------------------------------------

>KIYOさん

いえいえー。こちらこそ本当に楽しい時間を過ごさせて頂き、ありがとうございました^^
当方の都合で短い時間しかご一緒できなかったのが、本当に残念でした。
幸いお時間は合いそうな感じがしておりますので、またきっと折を見て狩りをご一緒させて頂こうかと思います。
自分もこうして狩猟録を綴っているだけの一狩人でございますので、
またお会いできました時はどうか気を楽にされてくださいませw

なぬ、かわいい人ですか・・・初めて受ける評ですねぇ(爆)
自分の方こそ素敵な狩人たちとご縁を得る事が出来て、言動がちょっと浮かれてしまっていたのかもしれませんねw;
いやいや、竜撃弾は人に向けて撃つとギルドナイトが飛んできますから、
ここは然るべき弾丸で支援すると見せかけてどんどんモンスターに突入して頂くというお仕置き?を・・・という事で(笑)

上位峯山龍、タフですねー。そしてダメージが重いです。
しかし自分たちもあれこれ試行しながらやっておりましたし、装備も各人未だ万全ならざるところではありましたから、
これからはまたどんどんやりようが詰められていくところだと思います。
色んな知恵が積み重ねられて、いつかお二人でも峯山龍を仕留められる日が来るかも分かりませんよー。
(それはそれとして、次に砂嵐が近づいてきた時はぜひご一緒させて頂きたいですねー^^)

モンスターハンターtri-、そのひとまずの“枠”の限りは見え始めてきたこの頃ですが、
峯山龍をはじめとして枠の中に秘められた未知はまだまだ多くあります。
それをどう見出し、楽しみ、繋いで、そして自身の道となしていくか。祭りはまだまだこれからです。
しっかり、じっくりと楽しんで参りましょうb

--------------------------------------------------

>SISさん

いやー参りました。てっきり緊急クエストくらいのダメージかと思っていたのですが、甘く見すぎてしまいました。
あれはあれで良い経験(というか薬)になったのではありますが・・・自分の場合はまず防御力の底上げからですね。
次回からはアドバイスを参考に、また竜撃銃で峯山龍狩猟に臨んでみましょうか。

んむ、火竜砲バレルですかー。実は自分愛用しております(笑)
確かにバズル辺りと比べると通常系攻撃弾が少々物足りなくなってしまいますが、
LV3竜撃弾にシールド付きというのがなかなかどうして竜撃撃ちのハートをくすぐってくれますw
汎用性は少々犠牲になりますが・・・。ま、色々悩んで参りましょう。

お、上位進出おめでとうございますっ。
ジョーフレーム、竜撃撃ちにはたまらないスペックですよね。
自分もぜひ手に入れてみたい一品ではあるのですが、ジョーが怖くて挑めておりませんな(爆)
もう少し装備を整えましたらなんとかしてみたいところですが・・・。

むう、SISさんとはなかなかご一緒できませんな;こちらも随時探させては頂いているのですが・・・。
またお会いできましたら、またモンスターの丸焼きをこさえに出かけましょうb

--------------------------------------------------

>auriさん

こんにちはー。どうも、お祝いありがとうございます^^

ギク、よく見てらっしゃいますな・・・(爆)

今回の峯山龍接近は少し間が空きましたね。皆が凄い勢いで狩りすぎたのでしょうか(笑)
ぬは、それは何というコンボ・・・といいますか、150で即死ですか。厳しいですね;
(3ダウンした時の防御力が100を切っていたとはとても言えない・・・)
いやもう本当に右往左往という言葉を切って貼ったような有様でした。思い返すと自分でも笑ってしまいますね。
何この地雷みたいな(笑)それでも自分を励ましながら狩りを共にしてくださった御二方に感謝です。
ううー、もうあの緊張感はいいです。堪能しすぎましたTTとりあえずは頑張って防具の強化にいそしみます・・・。

様々なところで意見をお伺いしますが、峯山龍戦は本当に作業感が無くて良いですねー。
部位破壊まで完全に終えて討伐するにはPT各人がそれぞれの役割をきっちりとこなす事が求められますから、
それがまたいっそう一体感を深めるのかもしれませんね。
ん・・・今回のお祭り、存分に楽しまれたようで何よりです^^
おお、峯山防具完成しましたか?男女共に老山防具っぽくもまた独自の色が出ており、カッコいいですよね。
自分も素材が揃ったら剣士用のを一式作ってみたいところです。またお祭りが来ましたら頑張りますか(笑)

大海龍に関しての感慨は何だか分かりますね・・・良い意味であの一戦だけで十分と言いますか。
自分も討伐戦に赴くには結構なふんぎりが必要でした。
ま、ここは仰る通り色々とブツが必要になってきますから、仕方の無いところですが・・・。
(ナバル討伐戦は『そうなったかもしれない可能性の一つ』として自分を納得させております(笑)

峯山龍、大海龍共にまだ分からない事も多い相手ですが、これからも楽しく付き合っていきたいものですね。

--------------------------------------------------

>Vishnuさん

こちらこそ先日はお世話になりましたー^^

いやいや、決して過大評価ではありませんとも。
後ろから支えてくれる人がいなければ、峯山龍に初近接で腹に突貫したりはできていません(笑)
こちらが少々甘えすぎてしまった感もありますが、そこはもう少し自信をお持ちになられてもよろしいと思いますよー。

そうですねぇ・・・老山龍戦が街や村を守るための防衛戦であったのに対して、
峯山龍戦はあくまでも“狩り”なのですよね。そこには確かにこの後はない、という緊張感はあまりないようです。
自分としては半ば自身との戦いでもあった老山龍戦もとても好きなのですが、
あくまでも「ハンター」として皆と臨む事ができる、峯山龍狩猟もまた非常に好みですね。
これから先まだ老師に教えを請う事もあるでしょうし、
それぞれのクエストが雰囲気を別個に有していてくれた方が違いを感じやすくていいかな、とも思います^^

わはは、いやーまさに右往左往とはこの事だと自分で思いましたよ(爆)
でもただウロウロするだけではなくて、体当たりで挑む事で色んな経験を得る事が出来たのは実に良かったです。
やっぱり色んな武器で挑んでみるものですねぇ・・・。

峯山龍狩猟はまだまだ詰めていけるところがたくさんありそうです。
その過程で(また、たとえ慣れたとしても)失敗がいくつも発生しても、それこそ必要な経験かと思います。
自分自身も一つ一つの失敗を糧にここまで来ましたし、またこれからも失敗を糧にして歩んでいくつもりです。
ですので、どうぞ失敗に関してはどうぞあまりお気になさらずに。
険しい道に足を滑らせたとしても互いに支えながら、少しずつ峯を登っていくとしましょう。

またお時間の合います時は、ぜひご一緒させてくださいませー^^

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2009/09/08(火) 18:23:49 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

 自信を持つにはまず努力。 精進します・・

峰山龍を狩る中で何を見つけ出していくのか少々興味が湧く。 ボウガンの謎も・・ うーむ
 そろそろ本職の大剣に戻ろうかとうーんうーん言っておりますが、
もうボウガンにも弾丸にさえも愛着が・・・
 悩みどころです・・
さて、返信のお礼にと書き込んだのは良いものの
なんと打ったらいいのやら、(やれやれ・・)
 そろそろ邪魔になるのでお暇しますー
是非また、狩り場で^^
  1. 2009/09/08(火) 20:37:33 |
  2. URL |
  3. Vishnu #-
  4. [ 編集]

また、砂の海で>Vishnuさん

再びいらっしゃいませー^^

そうですね・・・自分もある程度の自信を持つにはまだtri-での経験は全然足りていないわけでして、
それを考えるにビスさんの思いにも大いに頷くところです。
一つ一つの狩りを楽しみながら、お互いにしっかりと精進をしていきたいですね。

お・・・世界探求者たるビスさんの本分が目覚めつつあるような(笑)
今回はまた武器の使いでにも色々と変化がありますし、悩ましいところです。
自分もハンマーやランスなど使いこなしてみたり、
太刀やスラッシュアックスのように考察をしてみたい武器もあるのですが、なかなか手が及ばないのが現状です・・・;

返信へのお礼、ありがとうございました(笑)
邪魔だなんてとんでもないです。またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。

それではまた、砂塵の街で!
  1. 2009/09/10(木) 08:27:06 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/350-4a761709
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。