老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『黒き角竜の猛攻』(クロオビボウガン編)

ラームです(ぺこり)

一日お休みを頂きつつ、引き続き教官チャレンジを進めていきます。
黒ディア編も後半に差しかかっていますが、今日は軽銃・クロオビボウガンでの狩猟を振り返ります。

そういえば、MHGで最初にオンラインに繋いだ時に担いでたのはこのボウガンでした。
うーむ、懐かしい……。

しかし汎用軽銃の見本ともいうべきこのボウガンは、まだ時代の流れに取り残されるような性能ではないはず。
奮起して挑みます。


【準備したアイテム】

・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・硬化薬グレート×3
・ホットドリンク×5
・千里眼の薬×3
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・こんがり肉×1
・閃光玉×5
・音爆弾×6
・大タル爆弾×3
・大タル爆弾G×2
・LV2 通常弾×99
・LV3 通常弾×99
・LV1 貫通弾×60
・LV1 拡散弾×3
・LV1 毒弾×12
・LV2 毒弾×8
・LV1 睡眠弾×12
・LV2 睡眠弾×8
・ペイント弾×10
・角笛

ポーチ満杯での出発です。
こんがり肉が一つなのは、キャンプで食べた後に携帯食料を詰め込む隙間を作るためですね。



【基本戦術】

通常戦闘時は通常弾系を装填し、ショートレンジ突進を回避後にディアの斜め後方から尻尾裏を狙撃します。
おもむろに出す尻尾振り、怒り突入時の唸りモーションにある尻尾の判定に注意。

潜行を始めた時に近距離であればとりあえず1~2発、可能なら尻尾裏か翼膜を狙って撃ち込んでから軸をずらします。
この時は飛び出してくるディアの斜め後方にポジショニングできるように移動し、ディアが飛び出したら尻尾裏を狙撃。
ディアが尻尾振りに入るようならチャンスなので、そのまま尻尾裏へ連射します。

怒り突入時も基本戦術に変更なし。
振り向きなどが恐ろしいスピードになるので、欲張って撃ち過ぎないように注意します。

咆哮モーションが見えた時、範囲内から離脱できない場合は変に回避をしないようにします。(硬直が結果的に長くなる)
あととにかく潜行してくれるように祈っておきます。

以上、原種編と全く同じです(爆)



【狩猟記録】

キャンプに到着したラーム、まずは腹を満腹にして狩猟に臨むべくこんがり肉にかぶりつきます。
ババコンガもかくやという勢いで骨まで残さず食べつくすと硬化薬グレートを飲み、支給品ボックスへ。
今回はポーチに空きがないので、音爆弾と、携帯食料だけを取り出します。

準備が済んだら地底湖(エリア6)経由で川辺(エリア7)へ。
地底湖方面出口近くのゲネポスを倒したところで黒ディアが飛び出してきました。狩猟開始です。

まずは黒ディアをいなしつつ、寄って来たゲネポスたちを始末。
ゲネポスの掃討が終わったら角刺し拘束から黒ディアにLV2毒弾を撃ち込み、一回目の毒状態に。
次いで片角を折るべく音爆弾→閃光玉で動きを封じ、睡眠弾で眠らせてから大タル爆弾Gを頭へ仕掛けます。

状態異常の嵐

↑目眩、毒、睡眠……酷い状態です(爆)ちなみにラームは大タル爆弾Gの中です。

当然と言いますかこの一撃で片角が消し飛びますが、こう派手に折れると回収できるかどうか心配です。
ほどなく黒ディアは南の砂漠(エリア5)へ移動。こちらも追いかけます。

南の砂漠での戦闘ですが、ここでは少し苦戦してしまいます。
咆哮からの突進は仕方がないとして、尻尾振りの範囲を見誤って一撃、潜行飛び出しの位置予測を間違えて一撃……
およそやってはならない事を次々としでかし、回復薬が湯水のように無くなっていきます。
全く何をやっているのでしょうか……><;

どうにか黒ディアを追い払い、戦場はネコ村前広場(エリア8)へ。
門番メラルーを村に押し帰してから、ここで二回目の毒化を狙います。
音爆弾と閃光玉で拘束してから残りのLV1毒弾×12とLV2毒弾×1を撃ち込みますが……毒化しない!?

後で公式ガイドで確認しましたらば、黒ディアは原種よりも基礎耐性が50も高いようです。(効果は大きい)
また、途中で寄って来たランゴスタに惑わされて一発外したのも響いたように思います。
貴重なダメージ源をフイにしてしまい、実に気分が重くなります。
(特にP2ndでは状態異常系弾は肉質無効ではないのでなおさらです)

しかし思惑通りに行かないからといって投げ出していては狩人の名折れ。
尻尾を狙いつつ戦闘を続行。しばらくして黒ディアが南の砂漠に戻ったので、追いかけます。

南の砂漠ではよく潜ってくれたので、非常に尻尾が狙いやすかったです。
が、ここでの戦闘で通常弾系が弾切れに。不安を覚えつつ、川辺へと向かった黒ディアを追いかけます。

川辺に入り、ふと川の方を見るとぽつんと佇むゲネポス。
……最初の移動の時に入り直して始末しておくべきでした(死)

通常弾がないのでなるべく気付かれないように戦おうとしますが、
角刺し拘束から翼を貫通弾で狙っている最中、ついに気付かれました。
こんな時にと思いますが、放っておいてどんな事故が起きるともしれません。やむなく貫通弾で始末します。
この直後に黒ディアの残っていた角を破壊。この辺り(20分針)で常時怒りも確認します。

たたみかけるべく音爆弾→閃光玉から睡眠弾→大タル爆弾へ。
考えてみればここの大タル爆弾と前半の大タル爆弾Gは逆にすべきだったように思います。
今日の狩猟にはなんとなくキレがありません……(いつもはキレがあるのかという疑問がありますが(爆)

閃光効果中に拡散弾も残らず撃ち込み、後は真剣勝負あるのみ。
潜行からの飛び出しに合わせて、横から貫通弾を通していきます、が……

弾が切れました……orz

久々にやらかしました(滅)
ここまでやったのですからリタイアは断固拒否。となれば、支給品のLV1通常弾で狩るしかありません。
キャンプに向かう途中、黒ディアが北の砂漠(エリア2)へ。キャンプにも近いので、好都合です。

キャンプでLV1通常弾、LV1散弾×10、応急薬、消耗していたホットドリンクを補充し、では戦闘再開と北の砂漠へ。


入った途端、キャンプ側出口に陣取っていた黒ディア怒りの咆哮。

突進を受けて壁際に押し込まれます。

黒ディア潜行開始。風圧であうあう怯むラーム。(プレイヤー:逃げれぇぇぇぇ!)

硬直解除。急いで横方向に逃げますが……(ザバーン)


……出て来たばかりのキャンプにネコタクで帰る羽目になりました(泣)

しかし、奴さんももうずいぶんへたっているはずと信じて気を取り直し、
食料と硬化薬グレートの二つ目を飲んで再度北の砂漠へ。

今度は大丈夫でした。途中咆哮からの突進に一回轢かれましたが、この時は無事にその後の追撃をかわしています。
LV1散弾を撃ち切った後はLV1通常弾を尻尾に集中。粘る黒ディアを川辺に押し戻します。

川辺に戻った黒ディアに近付くと、何故かいきなり索敵モードに入る黒ディア。
きょろきょろと辺りを見回す女帝の尻尾に、これ幸いとLV1通常弾を撃ち込む事数発。

最後の一弾

何とか討伐しました(汗)
かくして狩猟成功。クリアタイムは31:56(残り時間18:04)でした。

今日の狩猟結果



【反省会】

狩猟自体は成功に終わったわけですが、どうも不満が残る狩りになりました。

今回、回復系の消費は回復薬(グレート除く)を全て消費しています。
事前の情報収集、計画立案、立ち回り……どれももう少ししっかりしなければ、上位での達成はおぼつかないでしょう。
(状態異常を戦術に組み込んでいるのに耐性のチェックを怠っているとか、もう……)

……もう少し頑張ります(泣)



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2007/12/03(月) 05:16:56|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<電撃的な一日 | ホーム | 教官への道・集会所☆5『黒き角竜の猛攻』(クロオビハンマー編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/35-269421c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。