老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

竜撃銃士の記憶・決闘、氷牙の騎士

ラームです(ぺこり)

ロックラックではそれまでご縁を得る事が叶わなかった多くの狩人と出会う事が出来ましてホクホクしているのですが、
どうも自分空気を読めてないなぁ、と思う事が何度となくありましたり。
狩りに出た後はまだ大丈夫な方だと思うのですが、問題は街にいる時です。
ここでは具体的な例は避けておきますが、街で話をしている時も狩場同様に色んな事に注意し、
良い流れを遮る事が無いようにしないと・・・と思う今日この頃であります。
もし何かお心当たりの方がいらっしゃいましたら、どうぞ反省に免じて今回はご容赦頂ければ幸いです;
こっちの方も精進あるのみ、ですね。


と・・・そろそろ今回の本題へ。

最近は夜に時間が取れないのをいい事に、各モンスターに慣れるために村で色々と練習を積んでおります。
おかげで随分モンスター達の動きや次の判断が見えるようになってきたのではありますが、
少し気を抜くとあっさり1ダウンを献上してしまう事もまだ珍しくありませんね(滅)

今回はそんな修行の一幕、凍土のベリオロス戦をお送り致します。




【クエスト】

 村☆5『氷牙竜・ベリオロス!』



【装備】

 武器:擬装竜撃銃『トート・ギフト』
  バレル:海造砲【火刃】(博士珠×1)
  フレーム:ポイズンギフト
  ストック:ポイズンギフト(博士珠×1)

 頭:探求のピアス
 胴:インゴットレジスト(抑反珠×1)
 腕:インゴットガード(抑反珠×1)
 腰:陸奥【腰当て】(抑反珠×2)
 脚:陸奥【具足】(抑反珠×1)
 守:城塞の護石(効果持続+10・抑反珠×1)

 スキル:調合成功率+45%/反動軽減+3/アイテム使用強化

 最近の本気装備です。
 トート・ギフトにて使用可能な竜撃弾の反動を完全に減殺しつつ、
 また同時に竜撃弾の調合供給をポーチに余裕を持たせたまま可能としています。



【アイテム】

 <ポーチ1>
  ・カラ骨【小】(10)
  ・カクサンの実(10)
  ・ホットドリンク(5)
  ・落とし穴
  ・大タル爆弾G(2)

 <ポーチ2>
  ・カラの実(99)
  ・ハリの実(99)
  ・ニトロダケ(20)
  ・LV2 通常弾(99)
  ・LV1 回復弾(12)

 <ポーチ3>
  ・回復薬(10)
  ・回復薬グレート(10)
  ・秘薬(2)
  ・生命の粉塵(3)
  ・こんがり肉(10)
  ・ペイントボール(64)
  ・力の護符
  ・守りの護符

 <弾丸ポーチ>
  ・LV1 散弾(60)
  ・LV1 毒弾(12)
  ・LV2 毒弾(8)
  ・減気弾(20)
  ・LV1 徹甲榴弾(9)
  ・LV1 拡散弾(5)
  ・LV1 竜撃弾(10)
  ・LV2 竜撃弾(10)

 毒テングダケが入っていない意外は、ほぼいつものパッキングです。
 しかし弾丸ポーチもマイセットが欲しいと思うのは自分だけでしょうか・・・(笑)



【基本方針】

 遠距離射撃戦にて毒化→減気弾でのスタミナアタックで氷牙竜の機動力を低下せしめ、
 然る後に竜撃弾を用いた接近攻勢をかけて勝負を決する。



【狩猟記録】



準備が整いましたらまずはエリア3でメラルーたちを何匹か退散させておきます。
後々ここが戦闘域になった場合に非常に邪魔なためです。(実は退散させきれておらず、後にまた一手間かかりました;)

次はエリア2に移動し、飛来した氷牙竜と交戦開始。
ここではおおよそ方針に則って戦闘を展開できているのですが、
まだ動きを完全に見切れてはおらず被弾が目立ちます。
(それでも最初は氷牙竜が一撃繰り出すごとにダメージを受けていましたから、随分ましにはなりました(笑)

なるべく翼を狙いつつ、毒化からスタミナアタックへ・・・が、
ここで飛翔からのダイブアタック、そして突進の往復で1ダウンを喫してしまいます。
今回はチャチャを連れて行っているのですが、ソロでこれをやられた時に対応できるものか・・・非常に不安です。

気を取り直して再度エリア2へ突入。
減気弾を撃ち尽くした後はLV2毒弾の連射で再毒化。
さらに速射対応のLV1徹甲榴弾で攻撃を仕掛けます。

と、ここでベリオロスがエリアチェンジ。戦闘域は隣のエリア3へ移行します。
残っていたメラルーを散弾で退散させ、ややあってベリオロスの気抜けブレス。スタミナが無くなったと見えます。
ここが攻勢のかけどころ。まずは落とし穴を設置し、これに嵌ったベリオロスに竜撃弾で攻撃を加えます。
左翼に2撃、右翼に1撃で両翼のスパイクを破壊。
これでスタミナが回復したとしても、ベリオロスの機動力は最早万全足りえません。

さらに牙を折るべく追撃を・・・と思いきや、一撃加えたところでなんとブナハブラの攻撃で麻痺してしまうヴォローナ(滅)
何故かベリオロスを落とし穴やシビレ罠に上手く嵌めた時に限って麻痺させられたり、
バギィに眠らされたりする気がするのですが、あれは非常に切ないです・・・;;
今回の小型モンスターは普段の戦闘ではあまり鬱陶しくないのですが、こういう要所での働きが鋭いようです。

この時は拘束時間もあまり残ってはいませんでしたし、チャチャが吹き飛ばしで助けてもくれましたので、
こちらの大きな被害とはなりませんでした。

落とし穴から脱出した後もベリオロスのスタミナ切れは続いていましたので、引き続き竜撃弾での接近攻勢。
ベリオロスは通常状態ですと竜撃弾の発射をステップで上手く外してくるのですが、
さすがにこの状態では上手く避ける事が出来ないようです。

ややあって疲労状態の回復と同時に脚を引きずり、再び隣のエリア2に移動する氷河竜。もう一息です。
エリアチェンジ時に使ってくる上空からの強襲を避けたらLV1拡散弾でお返しを叩き込み、
その後は再び竜撃弾に装填弾を切り替え、数発撃ち込んだところでフィニッシュとなりました。



【狩猟を終えて】

ベリオロスの機動力はナルガに輪をかけて素早いですが、
激しいアクションが多いせいか他のモンスターと比較してもやや疲れやすく、
また疲労状態時の運動能力の低下も顕著です。
スタミナアタックが可能な武器の時は序盤から積極的に狙っていくのが良いように思えます。

個人的な課題としては、とにかくまだまだ被弾が多いです。
特に三角跳びがどう動いても避け切れていないので、なんとか対処できるようになりたいところですね。

最後に、凍土の小型モンスターはなるべく事前に始末しておくべきだと思いました(爆)



ベリオロスについても賛否はあるようですが、
個人的には通常・疲労・部位破壊各時のメリハリが非常にハッキリしている面白い相手だと思います。
ナルガのように戦闘そのものが、というよりも最初は圧倒的に優位の氷河竜をいかに不利な状況に追い込んでいくか、
そういう狩猟全体の流れをコントロールする面白味のある、まさに「狩り」甲斐のあるモンスターですね。


さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
皆様もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2009/08/29(土) 20:49:22|
  2. MH tri-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<大きな一歩と、ボウガンの楽しみ | ホーム | ボウガンという道>>

コメント

はじめまして

はじめまして、ラームさん。
私はsisと申します。
このたび、ラームさんの記事に大変刺激を受けて竜撃弾を使うためにボウガンを使い始めたりした、ミーハーな狩人です。
本日からオンラインに入れるようになりましたので、もしお会いできることがあったらよろしくお願いします。ついでにボウガンのなんたるかを教えていただければ……。
使用ボウガンは
バズルボローカ
ロアルスリング
ポイズンギフト
の対竜調理砲<マルヤキクン3号>となります。

それでは、ロックラックで出会えることをいのって、失礼いたします。
  1. 2009/08/29(土) 23:14:57 |
  2. URL |
  3. SIS #CofySn7Q
  4. [ 編集]

また、砂塵の街で>sisさん

いらっしゃいませー!(ぺこり)
こちらではまだ初めまして、でしたね(笑)当ブログの管理人、ラームでございます。

昨夜はせっかく訪ねて頂いたにも関わらず、当方の都合でご一緒できずに本当に申し訳ありませんでした。
お名前とIDはしっかりと控えておりますので、時間の合う時に必ずご一緒させて頂こうかと思います。

ロックラックは昨夜が初めてでいらっしゃいましたかー。
自分もtri-ではまたルーキーハンターになったつもりでやっておりますし、
人に何かを教えられるほどの腕前ではないのですが(笑)、
またお会いできました時は存分に語り、共に狩りを楽しんで参りましょう。

しかし対竜調理砲ですか・・・これはネーミング共々実に素敵ですね。
ぜひご一緒して、モンスターをこんがりと仕上げてみたいところです(笑)

砂塵の街での狩りはまだまだこれからです。また必ずお会いしましょう^^
  1. 2009/08/30(日) 19:57:35 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

ベリオ初見の時は本当に泣きそうになりました。
アクションの1つ1つはナルガより遅いけどこいつの方が速くね? という意味不明な状態に陥ってました。
近くにいる時のノーモーション飛び掛りが未だに回避できません……もうちょっと動きを観察する必要がありそうです。
どうせナルガ2号みたいなもんだろ? と思ってましたが全然違いました…。うれしいような厳しいような。
しかし凍土のBGMはいいですね。ナルガのように専用BGMではありませんが、ベリオロスの雰囲気とよく合います。
  1. 2009/08/31(月) 00:58:46 |
  2. URL |
  3. Night #Ik3TjJOs
  4. [ 編集]

ラームさんお久しぶりです
街では何度か見つけたのですが、メッセージを送るとクエスト中だったり接続されてなかったり(泣)
物欲センサーならぬ

ご縁センサーが発動したみたいです (笑)


dos、P2Gとボウガンを使って来たのですが、tryでは今の所ランスです 
下位でパーツをひと通り集めてからと思っていたのですが
相方に引っ張られる感じで上位になってしまいましたもう少しゆっくり歩きたいものです

突然ですが減気弾はやはり頭部に当てた方が良いのでしょうか? また長々とすいません
ではでは街の片隅より
  1. 2009/08/31(月) 01:00:38 |
  2. URL |
  3. KIYO #-
  4. [ 編集]

ベリオロス狩猟記、楽しく読ませていただきました(*'-')
まさに『狩猟』ですね、ついうっかり「これはtryの地へも狩猟に行くべきか!?」と思ってしまった…
スタミナを削ったり部位破壊をしたりで起動力を奪いつつ、ジリジリと獲物を追い詰めていくという……まさに自分の思い描く狩猟の理想像がここにあった……

まだまだフロンティアの地も開拓しつくしていないのに、こんなにミリキ的な狩り場が手の届くところにある……う~ん、贅沢な悩みが増えてしまった。
次なる狩猟記を楽しみにしてます(*'ω')b
  1. 2009/08/31(月) 08:13:37 |
  2. URL |
  3. たきてそ #X.Av9vec
  4. [ 編集]

お返事>Nightさん、KIYOさん、たきてそさん

御三方様、いらっしゃいませー^^

--------------------------------------------------

>Nightさん

やー、ベリオ手強いですねぇ;
リオ夫婦、ディアブロス同様に“似て異なる”モンスターである氷牙竜、
個人的にはプレイヤーと相対するモンスターとして見事なデザインだと思っていますが、
やはりまだついていけない動きが多々ありますね。
(自分は近距離を前脚で薙ぎ払う攻撃と、三角跳びが特にかわしきれないでいます)
初見から数回のうちは思わずコントローラを捻り壊しそうになった事もありましたが(笑)、
それでもどうにか動きを追えるようにはなってきてはおりますので、やはり慣れてはくるようです。
仰る通りじっくりと動きを観察していくのが、ここは最善の攻略法であるかもしれませんね。

そして凍土の戦闘BGM、素敵ですね^^
今回はモンスター専用のBGMがあまり無いようですが、
その分フィールドとそこに生きるモンスターの雰囲気が良く出ているように思います。
ギギネブラの不気味さとベリオロスの格好良さ、そして凍土というフィールドの美しくも苛酷な環境。
凍土のBGMは特にその辺りを上手にミックスさせている感じで、自分も非常に気に入っております。
専用BGMというのも素敵なものが多く非常に好きではありましたが、
今回のようにフィールド全体の雰囲気を表す統一BGMの方が自分は好みでありますね(笑)
またそちらベースの方が、ここ一番の専用BGMも活きそうな気がしましたり。

色んな要素でハンターを惹きつけているtri-の狩場。
これからもお互いに腰を据えてじっくりとその魅力を探し、そして付き合って参りましょう。

--------------------------------------------------

>KIYOさん

お久しぶりですー^^

ありゃ、それは申し訳ない事を・・・。
メッセージもハンターの状態に関わらず保管されると良いのですけれどねぇ;
当方としてもなんとかご縁センサーの突破を図りたいと思います。
一人の時はなるべくゆっくりと準備をするようにいたしますので、
もしお見かけになったらまず簡単な挨拶の一声からでもどうぞ(笑)

お、ランスを手に取られましたかー。
今回のランスもまた非常に面白味を増した武器だと思っています。
特にガンランスの砲撃と同じように“間”に挟めるガード突き、あれは良い感じですね。
上手く使ってモンスターのターンをこちらのものにしつつ攻め手を維持していければ、
味方を巻き込みにくい武器ですし相当な戦力になるのではと思います。

ちょっと急ぎ足になってしまわれましたか(笑)
その辺りは相方さんに合わせてあげられても宜しいのではと思いますよー。
もちろんKIYOさんがお嫌でしたら無理に合わせられる事もないのですが、
モンハンというゲームは装備を充実させてからの楽しみも大変多くありますし、
そこからまたゆっくりと、ハンターとしての歩き方を求められていくのも素敵な在り方かと思います。
(未知の道程をあんまり駆け足で急ぎたくは無いかな、というお気持ちは自分も同じではありますが・・・(笑)

と、最後に減気弾について。
以下はwikiで確認したもので、確定しているとはまだ言い難い情報ですがまずは参考までに。
減気弾は頭部にヒットさせると通常のスタミナダメージの値にボーナスが加算されるとの事です。
つまり頭部にヒットさせれば気絶値の蓄積とスタミナダメージの増加というメリットがあるわけです。
ただ頭は狙いにくいモンスターもおりますし、減気弾の着弾ダメージ(体力)も肉質無視な上になかなか強力です。
また状態異常弾と同じように一定時間内にスタミナダメージが一定量を突破すると、
それまでのスタミナダメージとは別に一気にスタミナを奪うこともできるようですので、
場合によって敢えて頭部に狙いを絞らず、チャンスには集中して撃ち込んでいくというのもまた正解ではありそうですね。

減気弾もなにぶん新しく登場した弾丸で運用のセオリーなども確立されてはいないようですが、
自分はなかなか重要度が高く、また運用研究のしがいがある弾丸だと認識しています。
これからどのように使い方が広がっていくのか、実に楽しみなところです。

--------------------------------------------------

>たきてそさん

氷牙竜狩猟の記録、楽しくお読み頂けましたようで嬉しく思います^^
tri-では今までのシリーズで蓄積してきたものを土台として、一層『狩猟』というものが作り込まれているように思います。
最初は絶対的に優位であるモンスターを、個の力では劣るハンターが手管を尽くして徐々に追い込んでいく感覚。
これは本当によくここまで表現できるようになったものだなぁと感心し、また楽しんでいるところです。
ベリオロス戦などは特にその傾向が顕著で、未だに難儀をする相手ながら本当に楽しいです(笑)

Dosをベースとして、その世界を意欲的に広げていくフロンティア。
そこで得られるものはきっと多く、また得難いものであろうと思います。
それをふまえてなお、自分はぜひたきてそさんにはtri-の狩場も体験してほしいと思う次第です。
tri-も従来のシリーズと比較して決して良いところばかりではなく、
特にオンラインでのコミュニケーション周りの不備は目をつむり難いレベルです(滅)
でも、例えばオフラインだけでもこの世界を感じられる事は、
開拓地にあって“ハンター”で在り続けるたきてそさんにとって大きなプラスになると思います。
ご自身の道をしっかりと見定めていらっしゃる方に安易に何かをお勧めしてしまうのは本来は憚られるところなのですが、
それを敢えてお勧めするほどtri-において「モンスターハンター」が得たものは大きいものだと、自分は感じております。

まあしかし何事もロハというわけには参りませんし(笑)、
またボリュームに関して言えばフロンティアやP2Gには及ばないのも事実だと思います。
ここは様々な方の狩猟録を参考にされつつ、ゆっくりとお考えになってみてくださいませ。
モガの村もロックラックの街も、ドンドルマやメゼポルタと同じく決して逃げはしませんので・・・^^

こちらもまた新たな局面を迎えつつあるフロンティアの様子を、
たきてそさんが綴られる狩猟録で拝見するのを楽しみにしております。
お互いにゆっくり、でもしっかりとモンスターハンターと付き合って参りましょうb

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを^^
  1. 2009/09/01(火) 18:55:38 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

こんにちは
F在住のリアフレからwiiごと持って遊びに来いとの指令が下り、ガンしかないと文句言われそう・・・と、ひと通りの近接武器を製作中です
輪を掛けて貧乏になりましたauriですorz

ベリオ討伐&撮影おつかれさまです

良いです・・・こういうの
戦略・戦術を立て、弾丸を準備し、戦いの流れを見る・・・
狩猟に明確なストーリーがあって、モンスターハンター本来の姿があり気がします
また今回はスタミナの概念が狩猟の世界を色濃くしていますね。
特にベリオロスは、部位破壊による機動力低下が、それをより顕著なものにしていてオレも好きなモンスターです
初見では、ナルガに比べて動きの鋭さがなくなったと感じましたが、
凍土の大地を考えれば納得できますし、徐々に加速する突進や迫力ある飛び掛り、回避不能な三角飛びw等、メリハリと重厚な迫力のあるモンスターだと納得しました
まぁスタミナに関してはオンのパーティープレイだとあっという間に削り取れてしまうのがちとアレですが・・・
三角飛びに関しては、壁に張り付いたベリオの尻尾側にブレードが展開されるようなので頭側に避ければいいのかな?とも思ったのですが、反応する時間がありませんw
壁に飛ぶモーションと左右位置の把握が出来ればとは思うのですが・・・ベリオさん、もっとたくさん飛びまわってくださらないと見切れませんw

と、相変わらず長文で申し訳ないです
次回の狩猟録も楽しみにしています
それでは、また
  1. 2009/09/02(水) 18:51:22 |
  2. URL |
  3. auri #gJPpiQho
  4. [ 編集]

騎士の隠し手>auriさん

いらっしゃいませー^^

おお、ご友人がtri-に興味を持たれましたか。ここはぜひ上手い事引き込んでゲフゲフ(爆)
auriさんはボウガンパーツを多く持っておられそうですから、あのシステムを理解して頂くには都合が良さそうですな。
そして近接武器の生産、色んな意味でお疲れ様でした(金策大変ですよね・・・w;)
今回は近接武器もまた使用感が今までと多少なりとも異なってきておりますし、ぜひ触って頂きたいところですよね(笑)
頑張ってきてくださいませ!(?)

狩猟記録に評価を頂きまして、ありがとうございます^^
強大なモンスターの攻撃を凌ぎつつ、様々な手段を用いて少しずつ戦力を削いで最終的に逆転する、
という流れを体感できるベリオロス戦には自分も強く『狩猟』というものを見出しており、
お気に入りのクエストになっておりますね。

ベリオロスについてのご意見、自分も同意致します。
発売前のムービーからナルガとクシャルのミックス的なモンスターかな?と思っておりましたが、
自分にとっては思っていたよりもずっと面白い相手のようです。
これまでベリオロスに関してはあまり良い評を目にしなかったので、
auriさんにとっても同様とのご意見を頂いてちょっと安堵をしています(笑)
PTプレイでは・・・流石に仕方のない事かもしれませんね。
ツーマンセルで挑むくらいだとまたさらに面白くなりそうですがw

三角跳びは本当に難儀なアクションですねぇー。滅多に見せないのも、いかにも『奥の手』という感じですし。
(そこがまたシビれるわけですが(笑)
いずれはしっかりと見切りをつけて、終盤の接近戦をさらに白熱させていきたいものです。


今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを^^
  1. 2009/09/02(水) 20:04:18 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/348-282e644e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。