老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

狩人暇無し

ラームです(ぺこり)

このところ思うように自分の時間が取れずに更新が滞ってしまっており、
足を運んで頂いている皆様には本当に申し訳ないです;
正直仕事などマカ壷に入れてそこらに埋めておき、モンハン漬けの日々を送りたいのはやまやまなのですが・・・(滅)
リアルをおろそかにしない事もまた狩人の大事な努めでありましょう。
忙しさが落ち着くまで最大値の少ないスタミナをごまかしつつ(笑)頑張っていこうと思います。


tri-の情報も発売間近という事で順次明らかになってきておりますが、
中でも『モガの森』は特に自分にとっては良さそうな感じがしております。
採取ツアーとトレジャーを混ぜたようなものになるのでしょうか・・・。

森のおおまかな様子を聞き取り、
「お、今日はアレが出てきてるなら狩りに行こう」「どうも奥の方が妙な感じだから、今回は浅いところで採取だけ・・・」
などとその日の狩りを組み立てるのが今から楽しみです。力を入れて作ってあるといいなぁ・・・。
緊急性の高い依頼(通常クエスト)とは別の、
ああした「いるかもしれない」「あるかもしれない」という空気は狩りっぽくて好きですね。
「ま、獲物がない日もあらぁな・・・」というような事はゲーム中ではさすがになさそうですが(笑)

しかしこういうの季節と組み合わせると面白いんじゃないかなと思うわけですが、
どうも今回は時間の流れはなさそうですから、その辺りはちょっと残念かもです。うーむ。
なにはともあれ現物を見てから・・・という事になるでしょうけれど、さてはて。


と・・・間を置いた割に短い内容で申し訳ありませんが、今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
なんとか早めにメドをつけて、自分もミナガルデやドンドルマやポッケ村でウハウハせねばっ(爆)

それでは本日もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2009/06/28(日) 17:13:49|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<渡来間近 | ホーム | 門阪学園・春休み>>

コメント

こんばんわー。
ごぶさたしてますシュガシュガです。

お仕事、マカ壷に入れて放ったらかせたら素敵ですねえー(笑。…熟成して膨れ上がりそうですが;

3tri-のフィールド、水没林だったかしら。正直水中^^;?くらいに思っていたのですが(爆、水中で交戦するのではなく、狩猟に適したポイントへ向かうのにああいったジャングルの川やマングローブ(あったらいいなあ。)などへ入るのはいい感じです。
『山猫は眠らない』にもそういう描写があったようななかったような、ちょっと記憶にありませんが、こちらが川岸水面に潜んで狙撃や奇襲に利用するなど、映画チックな演出ができるかも?
水中フィールドがあるというのはモンスターの領域で無茶なアクションを行うというよりは、自然地形を利用した駆け引きに使ってしまえばかなり素敵なものにできるのではないかと思えるようになりました。

渡来までの一ヶ月、私も精一杯ウハウハしたいと思います(笑。
長々と失礼しましたー。
  1. 2009/06/28(日) 20:33:57 |
  2. URL |
  3. シュガシュガ #-
  4. [ 編集]

いらっしゃいませー^^
こちらこそ大変ご無沙汰してしまっております;

マカ壷(仕事)を放っておいたらなんだか壮絶な色の煙が立ち昇りそうですな・・・。
白→紫→黒→どどめ色とか(爆)
そのうち破裂して周辺のモンスターが凶暴化するのでしょうw


うむうむ、なるほど。
水というのは多くのモンスターが頼りにしているであろう『匂い』を遮断してくれそうですし、
川を伝って目的のモンスターに接近するというのも雰囲気があって素敵です。
自分たちがジャングルガビアルやガノトトスの如く、水辺から襲撃をかけるというのも大いに“アリ”ですね。
水から上がった直後は嗅覚頼みのモンスターがこちらを補足出来ないとか・・・まあ、今回はないですか(爆)

水中というのは陸地に比較してあまりにも人間の側が不利なように思えますが、
そう考えるとなかなかに面白い狩りを企図できそうな感じです。
地の利を活かすのもまたハンターの“やりよう”ですし、自分も想像を膨らませてみるとしましょう。
tri-の発売を前にして、また一つ色々考える楽しみが増えました(笑)

この所はなかなか忙しく、しばらく皆さんとお会いする事が出来ずに砂を噛む思いをしておりますが、
そんな中でシュガシュガさんたちの所で素敵な狩りの様子を拝見すると大いに励まされる思いがします。
(双門の二戦、追い風を受けての鎧竜戦、いずれも本当にカッコよかったです)
自分も身辺が落ち着き次第再び狩場へ赴こうと思います(うずうずしてます(爆)ので、
その時はどうぞまた一つ宜しくお願い致します(ぺこり)


今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを^^
  1. 2009/07/01(水) 21:16:40 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/326-9ce75f73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。