老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

狩人強走曲

ラームです(ぺこり)

随分と更新の間を空けてしまい、いつもご覧頂いている皆様には申し訳ありませんでした;
先日の件を実はあれからまだ少し引きずっていたのですが、プロレス好きの仲間と心ゆくまで語り合い、
また気分を紛らわそうと赴いた各狩場では良いメンバーに恵まれて心地良い狩りができまして、
おかげでもう胸につかえがあるような状態ではなくなったようです。(お心当たりの皆様、本当にありがとうございました)

さて、それでは気を取り直して・・・。
皆様は時折このブログの記事に出て来る『相方』を覚えていらっしゃるでしょうか。
今回は自分にモンハンを教えてくれた、その相方の最近のお話を記そうかと思います。




相方は切断系の武器を好んで使う狩人で、特に双剣と太刀の扱いを得意としています。
MHGにおいては双剣を使う際には強走薬を使わない立ち回りをしていた彼ですが、
ドンドルマに赴くようになると強走薬グレートを簡単に作れる『マカ壷』の存在もあり、強走双剣士にスタイルを変えます。
dosも中期になってくるとホットドリンク代わりに強走薬グレートを飲むという勢いで、
「マカ様バンザイ」「薬とツボの無い狩猟生活なんて・・・」と公言して憚らないように・・・(どこの危ない新興宗教かと)。


しかしそんな強走長者の相方にもついに受難の時が訪れます。
新しい狩場であるP2nd、及びP2Gにおいてはマカ壷は存在しておらず、
強走薬グレートをを入手する方法は大幅に制限されてしまう事に。

やむなくあまり好きではないゲリョス退治に精を出す相方。
ランナーや体術といったスキルにも手を出したりしますが、やはりしっくり来ないようでありました。
自分は向精神薬が切れたかの如き相方の様子を哀れにも思いましたが、
もしやするとかつての強走なしのスタイルがまた見れるやも?と期待。生冷たい目で放置する事に(爆)


ところが先日来、相方が再び強走薬グレートを多用するようになりました。
諦めてゲリョスを狩りまくっているのかと思えば、狩猟数を見るにそんな感じでもない。
改造などに手を出すのを好まない人なのは承知しているのでその線も考えられず・・・。
不思議に思った自分はどういう事かと直接尋ねてみる事に。


 ラーム:「最近よく強走薬(グレート)使ってますよねー」


 相方:「おう」


 ラーム:「トレニャーにエキス持ってきてもらってるんです?」


 相方:「いや?」


 ラーム:「そうなんです?でもゲリョスもあんまり狩ってないみたいですし、じゃあどこから・・・」


 相方:「調合でエキス作ってる」


予想外すぎた(爆)

確かに練金調合の『魚竜のキモ』×『龍殺しの実』で狂走エキスが出来ますが、あまりにも効率が悪そうな・・・。

しかし話を詳しく聞いてみると、案外悪い方法でもなさそうな感じなのです。
ゲリョスを倒したとして入手できるエキスは平均1~2個といったところ。
無論強力な武器を使えば何分もかからずに仕留める事は可能なのですが、
相方は大型モンスターとの連戦をあまり好まない人でして、この方法の場合はそれがネックになっておりました。

対して練金調合では魚竜のキモの出方にもよりますが、
魚竜のキモの採取クエストで剥ぎ取り名人を発動させておけば概ね10分程度で20個の狂走エキスを入手可能です。
(龍殺しの実は火山のクエストのたび、合間を見つけて採っておく)
これは対象を狂走エキスに絞って集めようとするならば、時間的にもなかなか悪くない方法ではないかなと思います。
クエスト達成後の採取をおろそかにしない相方のような狩人にとっては、ですが・・・(龍殺しの実的な意味で(笑)


自分にとってはリストを埋める程度の意味しかなかった彼の練金調合。
それを実用してしまおうという発想は自分にはなかったもので、少なからず感心をする事になりました。
そうまでして強走薬グレートが使いたいのか、という思いも無いわけではありませんが(爆)
でもそうやって自分がやりたいようにやるための準備、
そのやり方一つでも世界の中で出来る事を色々吟味して、『自分にとって』効率の良いやり方を構築していく。
それもまた素敵な狩猟生活の1ページではないでしょうか(笑)

何か足りないものがあるとつい行商おばあちゃんから買ってしまう自分ですが、
そういう『自分なりのやり方』も何か一つ見つけてみたいな、と思った今日この頃でありました。


さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2009/06/18(木) 23:58:58|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<門阪学園・春休み | ホーム | 星は流れて消えども>>

コメント

いやあ、自分もその相方さんと全く同じ方法で強走薬Gを作ってます。
村☆2の魚竜のキモ納品クエストでエキスを荒稼ぎしつつ、G火山に龍殺しの実を取りに行き、農場で緑の種を植えながら、トレニャーに沼地500に行ってもらいます。
また、ゲリョスを倒しつつ、クモの巣とネコの紅玉取って、錬金術でハチミツ作って美味しいです(^O^)

最も効率のイイ採取パターンを編み出すのも結構楽しいですよ!

そして俺はガンスランス・ヘヴィと双剣使いなので、強走薬Gはいくらあっても困らないです♪
  1. 2009/06/19(金) 00:45:22 |
  2. URL |
  3. 丼$魔 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

 私の場合はまず、錬金の書を手に入れるところからスタートさせないといけないと・・・Orz
 双剣縛りでは、乱舞廚と言われようと自分の最効率は「乱舞メイン」と決めていましたので、かなり強走薬を必要としていました。(ガソリンみたいなものですねw)
 今回のラームさんの記事は、あまりに「目から逆鱗」でした・・・完全に失念していました。もうすでに1stキャラへと移行してしまっていたので、以前ほど強走薬が必要とならなくなってきてはいましたが、今ストックしてある99個以上の6割は、トレニャーに採取してきてもらったものです。金冠づけも兼ねて、私には丁度良い素材収集の仕方かもしれません。
 武侠世界から戻ってきたら、是非とも試してみたいです。
  1. 2009/06/19(金) 15:55:04 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

お返事>丼$魔さん、Gouさん

御二方様、いらっしゃいませー!
お返事が遅くなってしまい、申し訳ありませんです;

--------------------------------------------------

>丼$魔さん

おお、ここにも強走薬の匠が・・・。
農場やゲリョスもしっかりと併用されているあたり、プロの仕事です(笑)
そういえばトレニャーさんの500ツアーもなかなか侮れませんよね。
自分も火山の紅蓮石をはじめとしてお世話になっております。

採取パターンの組み上げ、楽しいですよね^^
効率・・・と言ってしまうと首を捻られる方もいらっしゃるかもしれませんが、
経験を積みながら少しずつ組み立てていくマイルートとでも言いますか、
一種の最適解を見出していく楽しさというのは確かにあるように自分も思っております。
トレジャーハンティングなんかはその方面における最適の場だと思うわけですが、
あのモードの欠点は楽しみが「それしかない」事ですね(爆)
あまり進んでやる魅力に乏しく(自分はあれが意外に楽しく、気分転換にちょくちょくやっていますが)、
多くの方にとってほぼギルドカードの項目埋め専用モードとなっているのは残念な事です。
tri-のシングルモードにある『モガの森』がそのあたりを上手く組み替えたものであってくれると嬉しいのですが・・・。

しかし相方と丼$魔さんのお話を伺っていたら、またぞろそういう楽しみ方がしたくなってきましたねー。
自分にとっては大がかりな狩りが一段落している今こそ、
色々な資料や他の方の狩りを拝見しつつ、採取の方にも精を出して行こうと思います^^

--------------------------------------------------

>Gouさん

マカルパ倍加セットで錬金術スキルを発動させるという手もありますよーb(爆)

なるほど、ガソリンですか・・・。
考えてみれば鬼人化というのはハンターの体に相当な負担をかけているのでしょうから、
強走薬のようなアイテムを使って「丁度いい」感じになるのかもしれませんね。

いやー、自分もまさかあの調合を実用する事があろうとは思ってもみませんでした。
だって魚竜のキモに龍殺しの実とか、一考して集める面倒くささ№1ではないですか!?(笑)
龍殺しの実が20個持てるようになったという些細な変更を見逃さない、これも見事なやり方だなぁと感心しました。
自分も狂走薬といえばトレニャーのお土産がほとんどでしたが、
今回教わったこのやり方も自分で集めている感じがたまらなく素敵ですよ。ぜひ一度お試しください^^

武侠の心をより固めてのご帰還、お待ちしております(笑)

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)

またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、本日も良い狩りを^^
  1. 2009/06/22(月) 14:11:42 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/324-29e825ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。