老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『黒き角竜の猛攻』(クロオビブレイド編)

ラームです(ぺこり)

ここ数日、自分の住んでいる地域では割と寒くない日が続いていて過ごしやすいです。
もうしばらくこの気候が続いてくれると出勤や帰宅が辛くなくていいのですが。

さて、昨日は眠り生肉を食べたババコンガよろしく寝入ってしまいましたが、
今日はしっかりクロオビ装備で黒ディアの狩猟に挑んでまいりました。

今回の得物はクロオビブレイド。
原種でのチャレンジでは一番やりやすく感じた武器でしたが、黒ディアにはどうでしょうか。


【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・ホットドリンク×5
・千里眼の薬×3
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・こんがり肉×10
・小タル爆弾×10
・大タル爆弾×3
・大タル爆弾G×2
・ペイントボール×20
・閃光玉×5
・音爆弾×6
・砥石×20
・角笛

原種に挑んだ時と違うのは、クーラードリンクがホットドリンクになっている事。
そして千里眼の薬を持ってきている事。つまりほとんど変わりがないですね。



【基本戦術】

・潜行突き上げ→尻尾振り
・突進の出かかり
・ショートレンジの突進後

上記のチャンスに尻尾を狙います。
位置取りが悪くて尻尾を狙えないような場合にはできれば翼膜、または脚を狙います。

音爆弾で飛び出してきた時の攻撃は溜め斬り(最大)を翼膜へ。
飛び上がって降りてくる時にもう一度溜め斬り(最大)を翼膜か尻尾、最悪体のどこかに当てます。



【狩猟記録】

まずはキャンプで支給品(応急薬・携帯砥石・携帯食料・音爆弾・ペイントボール)を入手。
井戸に飛び込んで川辺(エリア7)に向かいます。

川辺に到着。黒ディアが出てくるまでの間にゲネポスを少しでも減らしておこうと暴れまわりますが……
今日の黒ディアは機嫌が良いらしく、なかなか飛び出してきません。

こういう時こそ角笛の出番です!(←嬉しい)

角笛をかき鳴らすと黒ディアが地中から飛び出しました。ペイントボールを投げつけて、狩猟開始です。

まずはいつも通り中央の岩に突進を誘い、拘束しながら角を折ります。
ちなみに今回は角折りに爆弾を使わずに普通に攻撃を行っています。
爆弾系を最後の追い込みに使おうと思ったためです。

角折ったり!

5分経たないうちに両角とも破壊完了。ここからは基本戦術を展開して戦っていきます。

しかし、原種に比べると動きが速いせいで、原種戦と同じタイミングで剣を振り始めても当たらない事が。
仕方がないので戦闘しながら攻撃の間を計っていきます。

今回の黒ディアの常時怒りまでの移動経路は、
川辺(7)→北の砂漠(2)→川辺(7)→南の砂漠(5)→川辺(7)→高台広場(3)→川辺(7)です。
この途中では黒ディアの直撃弾をもらっていません。
(ゲネポスには蹴られて麻痺させられた上に何回か噛みつかれましたが……黒ディアは遠くで吠えてました)

30分針、川辺で常時怒りを確認。
この怒りが解けたところで音爆弾。飛び出してきたところに大タル爆弾Gをセットして爆破。
さらに飛び上がっての降り際に閃光玉を使い、この有効時間内に残りの爆弾を全てつぎ込みます。
この後は怒り沈静化までは無理せずに手を出し、
音爆弾→閃光玉のコンボで動きを封じた時に一気に踏み込んでダメージを与えていきます。

と、ディアが北の砂漠へ逃げていきました。感覚的にあと少しで倒れそうな感じがしたので、
北の砂漠に入ってしばらくして出た「残り10分です」のアナウンスにもあまり動じなかったように思います。

月下の砂漠で大剣を振るう事数回。
ついにクロオビブレードの切先が黒ディアの魂に届きました。

ファイナルアタック!

かくして狩猟成功。
クリアタイムは41:07(残り時間08:53)でした。

黒き女帝、月下に伏す



【反省会】

時間はそれなりにかかっておりますが、自分ではなかなか順調であったように感じました。
大剣、やはりブロス種には相当使いやすいです。

ちなみに回復系の消費は薬草×10と応急薬×6でした。

立ち回り自体はだいぶ固まったように思います。
課題としては空振りが少し目立ったので、武器を降り始めるタイミングの見極めの練磨をする必要がありそうです。

ところで今回は音爆弾や閃光玉、爆弾系を最後の追い込みに使いました。
使うタイミングとしては序盤の方が楽なのですが、自分としては終盤で一気にたたみかける方が好みですね(笑)
この辺りもハンター各人で力を入れるタイミングが違うのでしょうか。


さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2007/11/29(木) 08:51:54|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<過ぎ行く季節へ | ホーム | 備えあれば寝落ちなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/32-3fd23f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。