老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デカい口を叩こう

ラームです(ぺこり)

今回は『サフィニア邸で休日を』のさふぃさん発信のバトンを一つ受け取ってみようと思います。

 ※参考記事:サフィニア邸で休日を-5/26付『バトン放ってみる』

申し上げるまでもないかもしれませんが、これから記す事は一種のジョークでありますので、
ぜひ心を広くしてご覧になることをオススメします(笑)




スノウギア=ドライブをナメている全ての人へ。


「は、Gクラスですか?自分が強化されてあっちに行ったら厨武器呼ばわりされそうなんで」


「他のガンランスがね、お前のせいで変なクセがついたハンターばかり来るっていうんですよ。
 クセがあるのはアンタたちだっての」



ええ、好きなんです。ガンランスって武器にね、拘ってる人が。
そういうハンターを上位で本格のガンランス使いに育てるのは自分の仕事。
レアな素材を新入りに要求してふんぞり返ってるような、
他のガンランスには絶対に譲らない。



                                                    Snowgear-Drive



スノウギア厨乙(爆)

ハンターではなくて武器そのものに喋らせるような感じにしてみましたが、いや何という慇懃無礼……。
でももしスノウギア=ドライブが自分の在りように誇りを持っているとしたら、こんな風になるんじゃないのかなと(笑)

日頃ビッグマウスなど叩きませんので慣れないところはあると思いますが、いかがでしたでしょうか。
もし自分もやってみたいけど場所が無い、という方がいらっしゃいましたらこの記事のコメント欄でも構いませんので、
どうぞお一つ思いのたけをぶち上げてしまってみてくださいませ(笑)

それでは短くなってしまいますが、今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)

皆様も時には、想いを誰にも憚らず言葉にしてみませんか。
  1. 2009/05/27(水) 16:51:16|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<言ノ葉の繋ぎ手 | ホーム | G-Rebirth>>

コメント

面白そうですねぇ…。じゃ、自分も一つ。

けむり玉とこやし玉の使い方が分かってない全てのハンター達に

「友人同士でですね、けむり玉やこやし玉を投げまくって遊ぶ奴は、真の狩人とは言えないね。何故なら、あれこそが最強のtoolだよ。基本技である、未発覚落とし穴がどんなに楽しくて、しかも強いか知ってるか!?Gグラビの腹破壊とか楽勝なんだぜ」

「しかも、イベントクエストの闘技場二頭クエスト、けむり玉のあるなしで分断の難易度は大きく変わっちまう…というか、けむり玉ないと分断不可能だし、果ては竜王の系譜だって分断できちまう!!」

こやし玉も、二頭合流を阻害できる立派なアイテムだ。
まぁ、道具の使い方を理解して初めて、ファイターではなくハンターだと言えると思うぜ。Be tool!!!

…いかがだったでしょうか?
やはり失礼なような気はしますが、ラームさんの作って頂いた機会に甘えましたという事で一つ!
  1. 2009/05/27(水) 19:34:24 |
  2. URL |
  3. 丼$魔 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

不肖ワタクシも
ガンナーをナメている全ての剣士達へ
「彼は麻痺弾しか撃たないかもしれない。高台から距離なんて関係なくただ通常1を撃っているかもしれない。硬直を無視して散弾を水平撃ちしているかもしれない。」
「だがなぁ剣士の半分の防御力で圧倒的な攻撃力のモンスターと狩場で対峙したときから彼らもガンナーの端くれなんだ。一度もガンを担いだことの無い者が批判だけをするんじゃない!!誰もが最初は何にも知らないんだ。」
一度でいいガンナーで狩場に立ちその勇気の片鱗を感じてみろ!!
少し冗長でしょうか?
某掲示板はじめ色んなところで聞くガンナーに対する批判はたしかにそうなのですが、間口を狭めているような気がしています。
初心にかえってもう少し優しい狩場になればいいですよね。
  1. 2009/05/28(木) 15:42:53 |
  2. URL |
  3. トクメイ #-
  4. [ 編集]

お返事>丼$魔さん、トクメイさん

御二方様、いらっしゃいませー^^

--------------------------------------------------

>丼$魔さん

おぉ、けむり玉とこやし玉で来ましたか。確かにナメられていそうな感じが……(爆)
双方使うタイミングを心得ていれば有用なアイテムなのですが、
やはりそんな手間をかけるくらいなら斬りかかった(あるいは撃ちかけた)方が早い、というのが一般的でしょうね。
そしていつしか、その効果エフェクトのみが珍重されるネタアイテムに……。

確かな効果を持ちながらアイテムボックスの隅に追いやられるアイテム達、
でもそれを使いこなしてこそハンターであるという丼$魔さんの声、少なくとも自分はしかと受け取りました。
さっそく触発されて双玉を使った狩猟を展開したりして、その使いでに今更唸ったりしております(笑)

我々はファイターならぬ、ハンターである。今回のコメントは忘れないように心に留めておこうと思います。

--------------------------------------------------

>トクメイさん

これはまた熱い叫びです。自分としても非常に感じ入るものがありますね。

ガンナーは各行動において『知識』が重要になってくるためか、
「デキて当たり前、そうでない奴は地雷」のように思われる事が結構多いように思います。

でも本当はそうではないんですよね。
『あるヘビィガンナーの生涯』様のような優れた道標に全てのガンナーが事前に触れるわけではないし、
ガンナーとして歩を進めていく中でも触れる事はないかもしれない。
そういうガンナーはソロやPTで狩りを続ける中、手探りで自分を磨いていくしかないわけです。
そうして歩を進めようとする中で何も知らず(時々ワザとやっている人もいますが)に散弾の水平撃ちをしてしまい、
「ガンナーやめちまえ」などと激しい罵倒を受けたらどうなるか。
ガンナーはおろか、ハンターとして歩を進める事すら嫌になってしまう可能性は非常に高いように思えます。

自分はまず遠距離武器に魅力を感じつつハンターとしての歩みを進めてきましたので、
最初から近接専門の方がガンナーに対してどういうイメージを抱いているか、それを想像するには限界があります。
しかしまずは一見して戦力になっていない、そのガンナーを良く「見て」ほしい。そう思います。
悪意を以て薄ら笑いを浮かべているか、それとも知識が未だ少なくとも一生懸命に弾を撃っているかは、
きっとその言動に表われてくる。
そして自分が見極めた結果が後者であるならば、より良い狩りを紡ぐためにそのガンナーに提案をしてほしい。
「その立ち回りだと○○なので、こうしてみてはどうでしょうか」と。
それがもし同じ立場であり、またより視野を広く持てるはずのガンナーであるならば、なおさらの事でしょう。

全てのハンターがガンナーを経験する事は好みの問題もあり、実際にはやはり難しい事だろうとは思います。
でも自分が相手の立場になった時の心情を想像する事、これは誰にでもできるはずです。
『ガンナー』という凄まじく大きな枠で捉えては、見えるものも見えない。

まず『人』を見て、その『心』を慮り、そして共により良い思い出を彼の世界で刻めるように『言葉』を交わす。

奇麗事かもしれませんが、ガンナーに関する事のみならずそうあってほしいと願います。

--------------------------------------------------

今回はコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
いずれの想いもしっかりと自分の心に響きました^^

またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。それではどうぞ、これからも良い狩りを。
  1. 2009/05/29(金) 13:24:01 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/317-b6b684ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。