老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

挑むもの(1)

ラームです(ぺこり)

もう連休に入られていらっしゃる方も多いでしょうか。こちらはまぁ……お仕事です(爆)
特にゴールデンウィーク期間は仕事場に詰める事になりそうでして、なんともかんとも。
しかし手当ての方は色をつけて頂けるとの事ですので、先々のモンハン出費のために頑張っておこうと思います(笑)

さて、Wii版MHGの発売とほぼ同時にtri-の新情報がファ○通さんに掲載されましたね。
こちらでは土曜に店頭に並ぶためにやや遅れての情報入手となったわけですが、
なかなかのページ数を割いてインタビューや情報が掲載されており、見応えがありました。

今回はその記事に目を通して感じた諸々を箇条書きにて記していこうと思います。
情報についてはすでに存じていらっしゃる方が多い事と思いますが、お付き合い頂ければ幸いです。



<tri-でハンターが使用できる武器種が確定>

シリーズ既存の武器種から大剣・太刀・片手剣・ハンマー・ランス・ボウガン。
新採用の武器種としてスラッシュアックスが登場となり、ハンターが使う事のできる武器は全7種となりました。
そして双剣・狩猟笛・ガンランス・弓が今回はお休みという事に。

不思議な事ですが「ガンランスないのか……」という悲しみや寂しさよりも「凄いな」という思いが先に立ちました。
(事前情報などでガンランスが今回は非登場であろう、とある程度覚悟していたからかもしれませんが)

失望や不満の声が上がる事は開発陣も承知の上でしょう。
しかしそれを十分に踏まえてなお『モンスターハンター』という世界をある一定の安定した場所に留めるのではなく、
新たな段階に進め、そしてさらにその先へと進む事ができる可能性を持つ土台を作り上げる事にしたのだと思っています。
少なくとも自分はこの仕様に開発陣がtri-にかける意気込みと覚悟を強く感じ、期待を一層深めました。


でも、その上で敢えて言いたい事があります。
今回姿を消す事となった武器たちそれぞれに、深い愛情や思い入れを持つ狩人がたくさんいました。

例えば当方から道筋を付けさせて頂いている『Dragon Jet Strom』のSasamingさん。
ここに初めてお見えになられた時、
「自分はまだ相棒と呼べるほどの武器は持っておりません。 それが見つかるまでMHをやっていたいと思います」
そう言っておられました。

その後Sasamingさんは「弓そのものが自分の相棒である」と見出され、さらに素晴らしい狩猟録を展開されてきました。
自分はその様子を本当に嬉しく思い、記事を楽しみ、
影響を受けてあまり使う事の無かった弓での狩猟にも楽しみを見出せるようになりました。

その弓が、相棒が登場しない。

Sasamingさんご自身は今回の件を冷静に受け止めておられ、その姿勢に感銘を受けています。
しかしこの報を初めて目にされた時の心中はいかばかりでいらっしゃったか、
それを考えると本当に胸が締め付けられる思いがします。


tri-での世界の再構築はそうした失望や悲しみ、不満や憤りの上に成り立つものです。
もちろん開発陣は承知しているでしょう。しかしそれを承知した上で、さらに心に刻んで欲しいと思います。
これをきっかけにモンハンそのものから足を洗われる方も間違いなくいます。
それを為さしめたのは、自分たちのした事なのだと。

その上でtri-を新たなモンスターハンターの可能性を示し、失望や悲しみを抱いた人を納得させ、
不満や憤りを抱いて狩場を去ろうとする人々の足を止めるに足る作品として作り上げて欲しい。そう切に願います。



<新武器・スラッシュアックス>

ちょっと重苦しくなりましたので(滅)、調子を変えまして。

元々斧のような形状の武器(クロオビハンマーなど)は結構好きでして、
しかもそれがなんらかのギミック搭載とくれば実に興味が湧きます。
柄付近にある弓のビンのような物が気になりますが……。
これが「ズギャッと刺して、ズズズと入って、ドカンという感じの攻撃」と関係あるのでしょうか。
辻本氏の「異なる二つのものを使いこなしていく楽しみがある」というコメントも気になりますね。

あるいはガンランスのポジションを補うような武器でもあるのか……。
色々と予想はできますが、触る時が単純に楽しみな武器ですね。



……む、武器種の件を記しているうちに、時間が無くなってしまいました;
箇条書きと言いながら二件のみになってしまいましたが、今回はこの辺りで一旦失礼しようかと思います。
続きに関してはあまり間を置かずに記そうと思いますので、またお付き合い頂ければ幸いです(ぺこり)

それではどうぞ、本日も良い狩りを。
  1. 2009/04/26(日) 20:31:42|
  2. MH tri-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<挑むもの(2) | ホーム | 会話が紡ぐもの>>

コメント

僕の友人は太刀なかったらヤラネーかもと言ってたので、ひとまず彼は安心ですね。
でも、真摯に受け止められる人と受け止められない人がでてくるのではないかと思うのですが。

僕は不思議とお休みの武器種のうち3つは苦手(弓以外はあまりつかわない)なので全然Okなんですが(苦笑)

しかしtriはあまりやれそうにないかも。どうしても勉強とか絡んできますし、七月は課外や大会(演劇です)で埋め尽くされるかも。
買うにしてもお盆頃になりそうです。多分遅い参戦になるかと思われます。
正直、ゲーム以外のことが楽しくてそこまで楽しみに感じない、というのも。
10日ほどすればテスト(GW明け……)ですし。僕はMHGも参戦できそうにないですね。

それでは、また。
そのうちひょっこり出てきますw
  1. 2009/04/26(日) 22:07:29 |
  2. URL |
  3. サキムラ #pLrNGPhI
  4. [ 編集]

当然の如く批判が多い武器削除ですが、
個人的にはカプコン英断したな、と思っています。

正直な所、削除された武器はバランスや同系武器との差別化に課題があった事は否めませんし、
闇雲に武器種が増えていくばかりではいずれ飽和限界が来てしまいます。

ここらで一度リセットし、改めて「モンスターハンターを見直す」という作業に入ったのではないかな、と。

もちろん、世界観的に地域差や時代差を考えるという楽しみは別個にしています(笑)

余談ですが、
あれから体験版が届いたので遊びましたが、3の武器削除は「時代差」よりも「地域差」と考えた方がしっくり来るようです。

ランゴスタと全く同じ動きをする別の虫がいましたので…(笑)
  1. 2009/04/27(月) 12:16:15 |
  2. URL |
  3. hs    #-
  4. [ 編集]

お返事>サキムラさん、hsさん

御二方様、いらっしゃいませー^^

--------------------------------------------------

>サキムラさん

太刀は残りましたねー。ご友人はほっと一息つかれたところでしょうか(笑)
雑誌記事の方でも太刀の新要素に関しては今ひとつ言葉を濁してありましたが、
より本家に近い(と思われる)太刀がどのような輝きを見せてくれるのか、こちらとしても今から楽しみです。

愛用の武器種を強制的に手放さなければならなくなった人が、思わず感情的になるのは無理からぬ事です。
自分はそれもまた今回の件を真摯に受け止めての事だと感じるのですが、
思いを爆発させた後、勢いに任せて自らの道を閉ざす事はして欲しくないのですね。
でき得るならば立ち止まり、顧みて、考えを巡らせて、それからどうするかを決めて欲しい。そう願っています。

しかし充実した学生生活を送ってらっしゃるようで実に羨ましい。
それはモンハンやってる場合じゃないですよ(爆)まずはご自身が楽しいと思う事に全力で臨まれてください。
サキムラさんが今過ごされている時間は大変貴重なものです。
それは今現在の活力となるだけでなく、未来において間違いなく糧となるでしょう。

おっさんになりますとペースが至極ゆっくりになって変革を求めなくなりますので(笑)、
こちらはのんびりとモンハンをやりながらサキムラさんの狩場への到達をお待ちしております。
モンハンの世界で遊びたくなった時は、いつでもお越しくださいませ^^

テスト、頑張ってくださいー!

--------------------------------------------------

>hsさん

今回の件は仰る通り、まさに英断だと思います。
シリーズ作の開発に当たって、ここまで思い切った事は中々できないのではないでしょうか。
愛用の武器が無いのは寂しい事ではありますが、それ以上にtri-にかける期待を深めているところです。
そしてそういう大きな改革を行なうにも、単に開発事情のみを連想させるようなやり方ではなく、
公開した情報の中にユーザーが「あの世界において」そうなった理由を想像できるような要素を散りばめている。
その事に自分はまた一つ、開発側の思いを見受けるような気がしています。
(これが感じられなかったら、自分は今回の仕様にまず反発を覚えていたかと思います)

お、体験版遊ばれているんですね。いいですねぇー(笑)
体験版で触れる事ができるのは「孤島」のみでしたか。
hsさんがそう仰るとなると、孤島だけでも今までのフィールドとはかなり異なる風情があると取れますね。
ブレインフォックスの件もありますし、
これはあちらの世界での“理由”はやはり地域による技術伝播格差の線がいよいよ濃厚というところでしょうか……。
うむ、また一つ楽しみが増してきました。

今後も情報が逐次公開されていくとの事。
それらを糧に世界に思いを馳せ、楽しみながら狩猟解禁日を待つと致します。
それまでにMHGとtri-体験版にもぜひ触れてみたいですね^^

--------------------------------------------------

今回はコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)

またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。それではどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2009/04/27(月) 17:48:35 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/305-a08eda59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。