老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なんとなく狩人な日々

ラームです(ぺこり)

妙に忙しい日が続いております。
休憩時間にP2Gは触れるのですが、自宅にいる時間が短いのでドンドルマの方へなかなか行けず。
老山龍砲の双門、自分も見たいのですが……年休取ったろか(爆)

さて、今日は日々の出来事の中から、モンハンに関係ありそうな事をいくつか記しておきたいと思います。
ブログらしい……といえばそうなのでしょうか(笑)




【再請求】

 ある日の休憩中、妹から電話がかかって参りました。
 すわ、あんまり息子(甥っ子)のゲーム熱を焚きつけるなというクレームか……と思ったのですが。


 「この間送ってもらったゲームの地図ね、何セットか送ってもらって良い?」


 どうも先日送った白地図は、書き込みが過ぎて「黒地図」になってしまったとの事。
 存分に使ってもらって嬉しいのではありますが……一体どのような使い方がされたのか(爆)
 ともあれコピー用の原本と書き込み用の白地図をまた何セットか用意、
 あとは保存用のファイルを一緒に送ってあげました。今度実家に帰ったら見せてもらいましょう(笑)



【モンハン脳】

 ある日の仕事場の光景。


 同僚:「(仕事締めまで)まだあと2時間ありますねぇ……長っ」


 自分:「ラオ4回行くと思えば余裕っしょ」


 同僚:「また○○さんのモンハン脳がw天鱗出なかったら切ないですよ」


 自分:「失敬なwこの間“激天”で出た天チケットで交換すればいいでしょ」


 同僚:「それだとラオ行く意味がw」


 しばらくして、休憩が終わった相方が登場。


 相方:「(仕事)終わりそう?」


 自分:「時間内にはー」


 相方:(残った仕事量と時計を見て)「あー、ラオ2回分もあれば余裕かね」


 自分&同僚:「……」


 この職場は全員モンハン脳です。



【峡谷旋風ブライリュー】

 フロンティアをやっている友人のところで新バージョンベルキュロスを見てきた相方、
 次の日の仕事場で、都会に行った田舎代表(笑)と化して色々と教えてくれました。


 相方:「なんかな、シューティングのボスみたいだった」


 同僚:「ほほう……」


 相方:「ガノのビームあるでしょ、あれの3倍速バージョンとかね、尻尾から出てきた弾がホーミングしてきたりね」


 自分:「なんかすごいですねぇ」


 相方:「大雷光虫みたいな弾を全周囲にばらまいたりもしてたぞ」


 同僚:「それなんてシューティングですか」


 相方:「たぶん沙羅○蛇やね。飛び方も変だったし」


 いや、それコ○ミだし飛び方は関係ないんじゃ(爆)

 それにしてもシューティングのボス、と評されるモンスターですか……うーん。
 ビジュアルがそれっぽいといえばそれっぽいだけに、なんだか気になります。
 戦っていて楽しければ良いのでしょうけれども……
 何にせよ、やっていない自分が意見すべきところではないのかもしれません。



今回はちょっととりとめのない記事になりましたが、
概ねこのように忙しくもややモンハンにまみれた生活を送っております。
銃槍記なども仕事中に脳内で(爆)まとめつつありますので、その辺りは時間ができた時にしっかり記したいですね。

さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
皆様もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2009/02/06(金) 19:58:25|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<よいちのゆめ | ホーム | 爆炎の往く先は>>

コメント

  モンハン度数はかなり高いと思われますねw 『ラオ~分』ですか・・・うちらの場合は比較対象は「ヤマツカミ」でした(ドス時代の)
 「ドスのヤマに比べたら~」こんな感じで用いられていました。そんな我々もモンハン度数高いですねw

 甥っ子くん頑張っているみたいですね。自分はそうなのですが、地図が大好きで昔からあのような白地図を見ると、妙に冒険心がくすぐられます。甥っ子くんもやはり男の子・・・もしかしたら、地図に自分だけの世界を垣間見ているが為、気がついたら片っ端から色んなものを書き込んでいた・・・そして真っ黒にw でも、ゲームとはいえ見ているものと、地図を照合していると、脳が鍛えられて良いのではないかと思います。
  1. 2009/02/07(土) 09:48:21 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

シューティング…

そんな呼び方をされているのですかベルキュロス…。
最近になってようやく戦えるようになりましたが、ぼっこぼこにされております
(。>_<)(>_<。)

今回の配信で登場したベルキュロスは攻撃パターンが増えており、三倍速ガノビームに球雷のような地雷をまき散らしたりと、確かに言われてみればシューティグ
Σ(・ω・ノ)ノ

他にも自分の周囲にバリアを張ったり、地面を数秒間帯電させたりと、かなり隙の少ないモンスターです。
戦ってて楽しそうなので、早く動きを覚えたいものです…!



壁|ω・)
(楽しそうな職場で羨ましいなぁ…)
  1. 2009/02/07(土) 16:33:25 |
  2. URL |
  3. かみざい #-
  4. [ 編集]

職場やら甥っ子やら、身の回りに同じゲームを楽しむ人がいるとは羨ましいです^^

誘導弾、高速ビーム、バリアと様々な能力があるようですねえ。
ただ、噂の雷弾地雷(?)は、地面にばらまいて設置するのではなく、至近距離で直当てを狙え!と雷舞竜とやらに言ってやりたいです(笑)
  1. 2009/02/08(日) 21:16:17 |
  2. URL |
  3. りむ #-
  4. [ 編集]

そういえば前に「ニヘニへ」しながら描いてるに違いないとSunさんに言われた。

こーんばーんはー。うわはははは!
これは嬉しいですねー!
やっぱり甥っ子君とはどうにも目線が一緒らしい(笑)。もう雪山とかポポだらけになってますよ、きっと。そこにはポポいねーからというエリアまで。

いやあたしもね、この間の記事で地図送ったとの由を聞いて、妹さんが怒っちゃって「諸悪の元凶→俺」という流れをそこはかとなく心配していたのですが(笑)、反対で何よりでした。

人は、切り離された情報を伝達するためではなく、総合的な夢を描くために地図を描いてきました。その起源はというならば、我々ホモサピエンスより古いかつての狩猟民が一万数千年前に描いた洞窟壁画がそうなのであろうと思います。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/ラスコー洞窟

彼らは実にたくさんの動物をその壁面に描いた。そこにたくさん描けば描くほど現実の動物達も賑やかになっていくんだと信じ、願ったのです。

甥っ子君の「黒地図」は、きっとその頃の人間の夢のあり方を物語ってると思います。しっかり見てあげてください。
  1. 2009/02/08(日) 22:17:00 |
  2. URL |
  3. HUNTER's LOG #grGQ8zlQ
  4. [ 編集]

お返事>Gouさん、かみざいさん、りむさん、HUNTER's LOGさん

皆様、いらっしゃいませー!
お返事が遅れまして大変申しわけありません><;

--------------------------------------------------

>Gouさん

dosヤマツは大層時間が(しかも何もしない時間がほとんど)かかるモンスターでしたから、
あれに比べれば大抵の時間は短く感じてしまいそうですねw
日常の些細な事をついついモンハンに置き替えてしまう。これも一種の職業病なのでしょうか(笑)

お、Gouさんもですか……実は自分も地図が大好きな子供でした。
もちろん眺めているだけでは飽き足らず、色々な描き込みをしては怒られておりましたね。
今でも実家にある「日本地図集」には自分の落書きが所狭しと残されております(爆)

本当にどうしてだか、地図を見ていると冒険心みたいなものがくすぐられますよね。
今思い返してみると、あれを自分は自分たちが住む「日本」の地図としては見ていなかったのではないかと思っています。

それはおそらく、全く未知の自分だけが知る『世界』であったのでしょう。
その無垢な世界に想像から生まれた様々な事柄を描き込んでいく「世界を作っていく遊び」をしていたのかもしれません。
故に、その土地ごとの風土や気候を全く知らない子供の時分でも楽しむ事ができていたのかな……と思います。
全く以て一人遊びここに極まれり、という感じですが(爆)

我が甥もひょっとすると、そんな魅力に取りつかれて地図を黒く埋めていっているのかもしれませんね。
あの歳で自分だけの「モンスターハンターの世界」を構築できているとしたら、ちょっとすごいなぁと思いますが(爆)
(あるいは子供だからこそ、それを「作り」やすいのかもしれません)

今度送った地図には何が描き込まれていくのか。更に楽しみであります^^

--------------------------------------------------

>かみざいさん

ま、あくまでこちらの身内でだけ……でございますので、あまりお気になさらずに(笑)
相方も特に悪意を以てそう評した訳ではなく、動きを見ての単純な感想のようでした。

さてさて、自分も話を聞いてさすがに気になったので舞雷竜、見て参りました(もちろん他人の目を借りてですが)。
初期のベルキュロスを自分は知らないため、
変更点についてはなんとも言いがたいのですが……実にスピーディな飛竜ですね。
遠距離の各種攻撃については非常にいやらしい感じですが、
接近戦においては見た目より判定が弱い攻撃が多そうで、その辺りに活路があるのかなと思いましたり。
とはいえ実際に戦ってみない事にはどうしようもありませんが(笑)
あれヘビィガンナーどうするのかなぁ……。

しかしあのビームは脅威ですねぇ;
ガノのブレスより判定も強そうに見えましたし、なによりしつこすぎます(爆)
他所ものが口出しをしてはいけないのでしょうけれども、
あのスペックならばせめて3連くらいで確定行動の威嚇に移るとか……でいいのではないかとも。
しかし開拓地には強力な装備が多いと聞きますし、それも丁度良いという事になってくるのかもしれませんね。
噛めば噛むほど味が出る……という風になりますか。

かみざいさんと舞雷竜の一戦、いつの日か拝見するのを楽しみにさせて頂きたいと思います^^

--------------------------------------------------

>りむさん

何故だか狩人がいる環境には恵まれているようです。似たもの同士引き合うのでしょうか(笑)

かみざいさんへのお返事で記しましたように自分もちょっと見てきたのですが、
スピーディな動きと遠距離攻撃の豊富さになんだかACを思い出しましたよ(爆)
本当に地雷を直当てしてくるくらいの漢気は欲しいところですね。むしろ至近直上から爆雷投下とか……(竜撃砲)

フロート・タイプの飛竜としては試作型の段階でしょうから、
これからどんどん「らしさ」を出してきてくれるのかもしれませんね。期待したいところであります。

--------------------------------------------------

>HUNTER's LOGさん

こんばんはー^^
甥っ子大喜びだったそうです。自分からも改めてお礼を申し上げます(ぺこり)

妹に「何をそんなに書いたの?」と聞きましたらば、「とにかくいっぱいなんか書いてあってわからん」との事。
ハンターが見れば分かる仕様になっているのでしょうか……あーポポですか、描いてありそうです(笑)

妹からのクレームは自分も少し不安に思わないでもありましたが、
実は彼女は昔自分でもゲームをやっていまして、その辺全く無理解というわけでもないのです。
(もちろん今はお母さんとしての立場があるわけですが(笑)
とはいえああやって一本のゲームにどんどんのめり込んでいくような楽しみ方をした事がないので、
「うちの子はゲームするのに地図を持ち出して何をやってるの?」とやや困惑しているのが本音のようですね。
お父さんの方はそういう遊び方にも少々心得のある方ですので、二人を上手く導いてくれればと思っていますが。

なるほど、夢を描くために地図を描く……ですか。
甥っ子も自分の願いを筆に乗せて、白き地図にそれを託していっているのでしょうね。
そしてそういう願いを抱いて、彼の世界でハンターとして歩を進めていこうとしている。

うむ……どうも自分はハンターとして根源的な部分で、甥に遅れを取っているような気がしてなりません(笑)
それぞれの『道』ではあるのでしょうけれど、実に眩しいです。
一人の狩人として、彼の願いに満ちた黒地図をしっかり目に収めてこようと思います。

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、ありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2009/02/10(火) 22:29:42 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/277-c870d733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。