老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪山の主は誰ぞ

ラームです(ぺこり)

先日来重点的に挑んでいたティガへの立ち回りが安定して来たように感じたので、
成果を確かめるためにGクラスのティガの狩猟に赴きました。
その結果薬草×2、回復薬×2の消費で討伐に成功。うむ、まず合格と言って良いようです。

これならば当面の目標として思い描いていたクエストに挑む事も可能だろうと判断。
アイルーたちに留守を頼み、装備と準備を整えた後にスノウギア=ドライブを担いで集会所に赴きました。




【クエスト概要】

集会所クエストG☆3 『ダイヤモンドダスト』(大連続狩猟)

成功条件:全ての大型モンスター(ティガレックス→ラージャン)の狩猟
指定地:雪山<夜>

依頼主:ふもとの村の老人

 近ごろ、雪山がずっと悪天候に見舞われておるのじゃ。
 獲物がとれず腹の減ったモンスターは互いに争い合っておる。助けておくれ!


雪山はもともと食料に乏しそうな雰囲気がありますが、
ティガとラージャンが両方来たのでは天候以前の問題のような気も(滅)
ともあれどうにかこの二頭の「客人」を排除して、相棒の故郷たる雪山に秩序を取り戻さねばなりません。

と、今回はできるだけ30針到達前にクエストの達成を目指します。
もちろんタイムアタックというわけではなく、後々のための課題です。



【装備と食事】

黒き銃槍士

武器:スノウギア=ドライブ

頭:三眼のピアス(名匠珠×1)
胴:スティールUメイル(研磨珠×1)
腕:金色ノ篭手・真(研磨珠×2)
腰:クロムメタルコイル
脚:ミラバルZフット(匠珠×1/研磨珠×1)

防御力:489(護符爪有・制限解除)
発動スキル:ガード性能+1/砥石使用高速化/斬れ味レベル+1

食事:リュウノテール×シモフリトマト(体力UP&攻撃力UP)
キッチンスキル:なし

色々と考えましたが、この後に控える大本命のクエストに備えて装備を選択。
結果ガンランス用としてはかなりオーソドックスなスキル構成になりました。
食事はもっとも食べる回数が多い定番の食事。スキルは発動しませんでしたが、さてどうなりますか。



【準備したアイテム】

<ポーチ1>
 ・素材玉(10)
 ・光蟲(10)
 ・閃光玉(5)
 ・砥石(20)
 ・ホットドリンク(5)
 ・特産キノコキムチ(5)
 ・空き
 ・空き

<ポーチ2>
 ・ペイントボール(20)
 ・千里眼の薬(3)
 ・薬草(10)
 ・回復薬(10)
 ・回復薬グレート(10)
 ・秘薬(2)
 ・元気ドリンコ(6)
 ・こんがり肉(9)

<ポーチ3>
 ・調合書1
 ・調合書2
 ・調合書3
 ・調合書4
 ・守りの護符
 ・守りの爪
 ・力の護符
 ・力の爪

雪山での長期戦に備え、ホットドリンクの他に特産キノコキムチも持ち込みしました。
ホットミートも持ってこようかと思いましたが、30針までという目標もありましたので今回はキムチのみで臨んでみます。
なお、閃光玉の調合セットは怒りに入った直後のティガを拘束するためのものです。



【基本戦術】

<ティガレックス>

間合が離れている時は突進や飛びかかりを追いかけ、尻尾や後脚に踏み込み斬り上げで攻撃しつつ接近。
振り向きの前脚に当たるのが嫌な時は尻尾を狙う方が良いのですが、後脚に比べてダメージは低くなってしまいます。
この辺りは自身の残り体力や間合などを考慮して狙いを決めていきます。
また、遠距離で岩石飛ばしをしてきた場合はこれも攻撃チャンスです。
ティガに向かって右前方からダッシュで接近し、頭に一~二撃加えます。

その後ティガが接近戦(スピンアタック・咆哮・前進咬みつき)を展開してくるようならばガードした後に反撃します。
反撃の手数はガードした攻撃によりますが……

・スピンアタック:斬り上げ→上方突き→ガード
・咆哮:斬り上げ→上方突き→斬り上げ→ガード
・前進咬みつき→上方突き→斬り上げ→ガード

ガード時の状況によって変化は加えますが、以上を基本に。
突進などで間合が離れた場合は基本的に反時計回りに動きながら、再び突入の機会を窺います。
小技として、非怒り時の突進ガード後は振り向き様の上方突きが尻尾に当たりますので、そちらも適宜。
砲撃・竜撃砲は基本使用せず。壁に咬みついたり威嚇で動きを止めている時の連撃などに用います。

ティガが怒り状態に入ったら合図の咆哮に合わせて閃光玉を使用しますが、
この時も無闇に突っ込まずに、確実にティガの挙動を見極めてから攻撃を仕掛けます。
立ち位置はスピンアタックが当たらない距離、ティガに対して向かって右前です。

閃光拘束時の待機位置

閃光拘束中にティガが取る主な行動と、それに対するこちらからの攻撃は以下の通りです。

・スピンアタック:終わり際に踏み込み切り上げで頭へ一撃。余裕があればもう一撃入れる。
・咆哮:ガード後に頭へ斬り上げ→上方突き。
・岩石飛ばし:頭に踏み込み斬り上げ→そのままもう一~二撃。
・威嚇:斬り上げ→バックステップで噛みつきを避ける→もう一度斬り上げ。

いずれの場合も最後の攻撃にキャンセルをかけてロングバックステップで基本の待機位置へ。
絶対に無理な突入をしないように心がけます。


<ラージャン>

中距離を保って時計回りに移動し、様子を見つつ各種突進やブレスの隙に攻撃を仕掛けます。
ラージャンの各種攻撃に対応する基本行動を、下のように設定します。


・突進、ケルビステップ、ローリングアタック、スピンアタック

 追いかけて攻撃を加えますが、真後ろから仕掛けると不意のバックジャンプで痛撃を受ける事があります。
 ラージャンの右斜め後方から踏み込み、銃剣or撃針の先端を後右脚の「かかと」に引っかけるような感じで。
 一撃入れたらすぐに左方向へサイドステップを行ない、反撃に備えます。
 この戦術はラージャンの怒り時には行ないませんが、
 ケルビステップ後のバックステップには位置を合わせた早めの踏み込み斬り上げで一撃入れ、
 その後はサイドステップでラージャンの攻撃範囲外に逃れます。


・ブレス

 顔を狙うのが最も良いのですが、その後の位置取りの事を考えて右後脚へ。
 もっとも良い攻撃は踏み込み斬り上げ→水平突き→斬り上げ→砲撃→踏み込み斬り上げですが、
 出足が遅れるなどした場合は適宜途中を省くようにします。


なお、上記の展開後は振り向いたラージャンが接近戦用の技を繰り出してくる事もあります。
その辺りへの対処は下のように行ないますが、ラージャンは至近戦を継続するには少々厳しい相手です。
基本的にはなんとか離脱して中距離の間合に戻す事を考えます。


・デンプシーロール

 基本的には手を出しませんが、やむなくガードする羽目になった時などは即座に振り向いて上方突きで一撃。
 その後はバックステップで距離を取ります。


・倒れ込み

 倒れ込みをガードし、上方突き→砲撃→踏み込み斬り上げなどでこちらの軸を動かしつつ攻撃。
 この後も接近戦用の攻撃が来る可能性が高いので、十分に注意します。


・バックジャンプブレス

 踏み込み斬り上げ、歩き武器収納、ステップなどで回避を。
 ガードする場合は着弾点を正確に見極め、その中心点に向けたガードを行ないます。
 ラージャンの着地点が近そうな場合は、踏み込み斬り上げなどで回避しつつ攻撃します。


なお、砲撃や竜撃砲はこちらも有効に使用できる局面やチャンスが少ないため、基本的に使用しません。



【狩猟記録】 

雪山に到着。しかしこの二凶を同時に相手にする事になっては面倒極まりありません。
山麓湖畔(1)で待機して、潜入している観測班からの合図を待ちます。

やがて山頂方向に狼煙を確認。どうやらラージャンの方が一旦退いた模様です。ティガ強いな……(死)
ともあれこの好機を逃す手はありません。いよいよ狩猟開始です。

こんがり肉とホットドリンクで体勢を整えたら、大氷柱の通路(4)→山頂への道(5)→山頂東側(6)へ。
ここにはブランゴが二頭たむろしていますので、一度掃討しておこうと銃槍を振るっておりましたら、
二頭目が倒れたところで滑空音。続けてティガが低空飛行でエリアを飛び回り始めます。
ティガのこのような姿は見た事がなく、何事かと思ったのですが……降下途中にこちらを発見したのでしょうか。
ともあれ交戦開始です。

このティガ戦では、ここまでに積み重ねてきた修練が大きく功を奏する形となりました。
山頂東側と山頂(8)を往復しながらティガと交戦を続けますが、大きな被弾が一度もありません。
閃光拘束時の攻撃も良い感じに加える事ができていました。

かくして二回目の山頂でティガの討伐に成功。
ここまでに要した時間は確認時点で約17:40(残り時間約32:20)です。

轟竜撃破

うむ……モンスター同士の争いで体力が減っているのに乗じた形ではありますが、まずまずの結果です。
また大技の直撃をついに一度ももらわなかった事に確かな手応えを感じます。
さすがに振り向きの判定に少しずつ削られて回復は必要となりましたが、それも回復薬×1つと薬草×2で済んでいます。

インターバルの間に体勢を整えて待つ事数十秒。
競争相手の絶命を感じ取ったか、ラージャンが山頂に降り立ちました。さっそく後方から先制攻撃を加えます。

……と、いきなりのスピンアタックで吹き飛ばされるLahm。体力が半分程度失われました。
むう、幸先悪いスタートです(死)

ティガ戦とはまったく逆に、このラージャン戦では被弾が目立ちました。
加えて振り向きの前脚にも削られる事が多く、回復薬がどんどん減っていきます。
体力が減った状態では行動選択にも余裕が無くなってくるだろうという思いから、
早めの回復を心がけていましたので力尽きる事こそありませんでしたが……。

ラージャンとの戦場は山頂から山頂西側(7)、そして巣穴(3)へと移行していきます。

しっかりとダメージは稼げているように思いましたが、同時にやはり被弾の多さが気にかかります。
特に地形で「滑った」ケルビステップに3度ほど巻き込まれたのはくらわなくても良いダメージであり、
周囲の地形把握がきちんとできていない証拠です。これはちゃんと身につけなければ……。

やがて目標にしていた30針も経過。少々残念ですが、回復に時間を取られている以上仕方のない事です。
さらに意識を集中させてラージャンとの戦闘を続行します。

巣穴での戦闘を経て、ラージャンは再び山頂西側へ。
丁度スタミナが一枠減ったLahm、特産キノコキムチを頬張りつつ追走します。
余談ですが今回はスタミナが減った場合は最優先で回復させています。
ラージャンはともかくとして、ティガとの接近戦時は一枠でも減っていると非常に危ないためです。

そろそろこのラージャンは倒れるな、という感覚がありました。
しかしここで油断をしたり楽観的な思考に基づいた攻撃を行なってはいけません。
追い込み時こそ細心の注意を払って堅実な攻めを行なう。
地味な考え方かもしれませんが、Gクラスとはそれが要求される場だと思っています。

力尽きる様子など寸分も見せずに狩場を跳ね、吼え猛る金獅子。
しかしスノウギア=ドライブの小さくとも確かな一撃が、その命に届く時はすぐそこまで来ていました。

金獅子撃破

かくして雪山の二凶討伐に成功。要した時間は38:29(残り時間11:31)でした。

雪山の主は

激闘の終幕



【狩猟を終えて】

前半のティガ、後半のラージャンで明暗がはっきり分かれた狩猟になりました。
回復系アイテムのほとんどをラージャン戦に投入する羽目になった事からもそれは明らかです。
ラージャンに対する立ち回りはある程度固まっていると思い込んでいたのがいけなかったようですね(滅)

目標である30針は越えてしまいましたが、
ラージャン戦の方に詰めていける要素が多くあったように思う事から、収穫はあったと考えています。
あとは火竜と迅竜にどれほどの立ち回りができるか……。

ともかくラージャンに対する立ち回りはまだまだ修練を重ねなければなりません。
ティガへの立ち回りを維持しつつ、次はラージャンに重点的に挑んでみようと思います。


<残った消費アイテム>

 ・素材玉(5)
 ・光蟲(5)
 ・閃光玉(3)
 ・砥石(12)
 ・ホットドリンク(1)
 ・特産キノコキムチ(2)

 ・ペイントボール(17)
 ・千里眼の薬(3)
 ・薬草(5)
 ・回復薬(2)
 ・回復薬グレート(2)
 ・秘薬(2)
 ・元気ドリンコ(6)
 ・こんがり肉(9)



さて、それではそろそろ失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2009/01/18(日) 10:30:52|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<門阪学園・二学期(ドス) | ホーム | 破り、爆ぜるモノ>>

コメント

スノウギアで、ついにあのクエストに挑まれるのですね。

最近のラーム様の記事を見ていて、そんな気がしていました。一時の平和は「決戦」へのフラグですからね(笑)

金獅子と最も相性が悪いと言われるガンランス。
いかに被ダメージを抑え、いかに手数を稼げるか。DOSに登場したモノ同士、熾烈な戦いになりそうですね。

残りの3頭にしても、ガンランスでは決して戦い易い相手では無いと思いますが、ラーム様とスノウギアが紡いでいく新たな道を、私も愛銃と共に応援しております。どうぞご武運を!
  1. 2009/01/18(日) 12:52:59 |
  2. URL |
  3. じゅんじゅん #-
  4. [ 編集]

火竜・迅竜・轟竜・金獅子と言えば、あの、最高峰のクエストですね・・・

私はその前に、金獅子を倒せる気がしません←

かなり険しい道だと思いますが、ラーム様とスノウギアならば、きっと成し遂げられますよ!
ご武運を!
  1. 2009/01/19(月) 00:24:25 |
  2. URL |
  3. Rio #/rM0jDVc
  4. [ 編集]

 無死って凄いですね・・・ラージャンのようなトリッキーな動きを相手に、ガードと回避の判断が咄嗟にできるところに凄さを感じました。しかも一撃が重い相手に冷静になれるとは・・・私ならラージャン相手となると、ガードor収納回避の判断が遅れがちになってしまうでしょう。
 他に火竜と迅竜がセットになるクエって・・・冠となるあのクエに挑まれるとは・・・武運を祈るばかりです。
  1. 2009/01/19(月) 11:26:47 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

お返事>じゅんじゅんさん、Rioさん、Gouさん

御三方様、いらっしゃいませ^^

--------------------------------------------------

>じゅんじゅんさん

ずいぶん回り道をしましたし、またすでにそれを越える難易度のクエストもありますが(笑)、
P2Gにおいてスノウギア=ドライブと共に往く道の、
その一つの目標地点として定めた件のクエストにいよいよ挑んでみようかと思います。

仰る通りラージャンはソロのガンランスにとっては少々厳しい動きをする相手でして、
特に今回は確実に安全なタイミングだけで攻撃していては時間が足りなくなるおそれがあるのが難儀です。
今は村下位の最後の招待状などで立ち回りを検討しておりますが、さて……。

そういえばガンランスはラージャンとも同級生でしたね。
dos古龍たちに比べればかなり仲よく付き合ってきたとは思いますが(笑)
お互いに登場から時を重ねて新たな力を得た者同士、一つ雌雄を決するつもりで改めて挑んでみようと思います。

応援ありがとうございます(礼)
すでにじゅんじゅんさんのネロ-炎帝戦にはとても大きな活力を頂いておりますが、また新たに力を頂いた思いです。
相棒共々、頑張って参ります!

--------------------------------------------------

>Rioさん

はい、「顔」役たちが集うあのクエストです(笑)

む、金獅子が厳しいですか……。
自分も剣士で挑むと未だに難儀する事が少なくない相手です。

自分の場合は剣士で挑むのに慣れなかった頃は、ラージャンを中心に時計回りに移動しながら様子を見て、
隙の大きいブレスを吐いた時に近寄って一撃(手数の多い武器の場合は二~三撃)→キャンセル回避で離脱、
という手段を取っておりました。
消極的に思えるかもしれませんが、ラージャンの体力は多くはないので、
複数頭狩猟でない場合は余裕を持って仕留める事が可能ですね。
またこの立ち回りを身に付ける事によって、他の攻撃できる隙も見出しやすくなってくるように思います。
近付きっぱなしですと非常に戦いにくい相手だという印象を持っておりますので、
オーソドックスですが「ヒットアンドアウェイ」を常に意識して立ち回っておりますね。

ボウガンや弓の場合はもう少し楽でして、剣士と同じように時計回りに移動しつつ、
突進後の隙に背後から脚を撃ったり、ブレスのように大きな隙を見て撃ち込んでいけば良いかと思います。
注意すべきは怒り時のケルビステップ後、確定のバックジャンプで間合を詰められる事でしょうか。
この時はケルビステップを確認したらバックステップ後にラージャンがいる位置を予想し、
そこから少々おおげさに離れておくとその後の対処がしやすいですね。

ラージャンの姿や攻撃モーションは迫力に満ちており、その圧迫感で立ち回りを誤る事もあるのですが、
安全第一を意識して戦うと意外に体力も高くはなく、すんなりと撃破する事ができるようにもなってくる相手です。
まずは「時計回り」を鉄則として、動きと威圧感に少しずつ慣れていきながら隙を見出していかれると良いと思います。
「最後の招待状」などは気分的に落ち着きようがありませんので(爆)、オススメは上位の雪山ラージャンでしょうか。
巣穴の大雷光虫をある程度片付けておけば、ラージャンに集中して戦う事ができますので良い練習になりますかと。

……むう、なんだか余計なお世話を全開でやっているような気がしますな(滅)
しかし慣れてきますとなかなか面白い相手ですので、
そこに至るためのちょっとしたコツを……と思い、上のような事を申し上げました。
ぜひじっくりと相手をしてやってみてくださいませ^^

そして応援ありがとうございます!自分とスノウギアならば……と言って頂けると大変嬉しく、また活力が湧いてきます。
まずはこちらもラージャンへの立ち回りをさらに練磨して、万全の態勢で彼のクエストに臨もうと思います。

--------------------------------------------------

>Gouさん

ラージャンとの接近戦時は、本当に集中力と判断力が求められますね。
自分のように反応速度が鈍いオールドタイプにはさらに辛いのですが、何とか経験だけで反応しております(笑)
接近戦時の選択肢があと二手ほど少なければ、もう少し楽に相手ができるのでしょうけれど……。
そこもラージャンがラージャンたる所以ですか。

応援ありがとうございます。
縛りとしてはもっと厳しいもの(例えば村クエストで揃えられる装備だけで、など)で達成された方もいらっしゃいますし、
それを考えれば達成して然るべきなのかもしれませんが、用いる武器は時間との勝負にはやや不利なガンランス。
やはり不安でもありますので、励ましを頂けるのは本当にありがたいです^^

Gクラスのクエストを抜けて、村上位のクエストをスノウギア=ドライブで突破できぬ理由はありません。
そして何よりも彼のクエストを相棒と共に達成するのは、一度黒風でクリアしてからずっと目標にしていた事です。
今までに培ってきた事を全て出し切れるように、頑張ります!

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、ありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。それではどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2009/01/19(月) 19:15:16 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/270-bb2b3476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。