老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『死闘!角竜ディアブロス』(クロオビランス編)

ラームです(ぺこり)

MHP2ndのプレイ中、ちょっと妙な事がありました。
討伐数の称号を狙って上位ドスガレオスの狩猟に勤しんでいたのですが、その途中の事です。

その時のラームは『龍弓【日輪】』を持ち出していました。
戦闘中、地上に叩き出したドスガレオスが腹滑りの体勢に入ります。
横に走って避けつつ、いつもティガの突進回避時にやるように振り向きざまに溜め2の貫通LV3を撃ち込んだならば……
なんと、ドスガレオスが潜行モーションも無く一瞬にして砂中へ。そのまますごい勢いで逃げてしまいました。

狩猟はつつがなく成功に終わりましたが、何とも驚きました。
考えるに、あの腹滑りのモーション時はドスガレオスは砂中にいるという判定なのでしょうか。
魚竜種は怒り突入時のモーションがない(いわゆる怒りキャンセル)ので、
腹滑り時に怒り状態になった時はその後のモーションがキャンセルされて一瞬にして砂の中にいる状態になると。

その後は生態調査モードへ。
15回ほどドスガレオスに挑みましたが、ついに同じ現象の確認はできず。
ガノトトスと同じように音爆弾で怒ってくれれば調べやすかったのですが……。
それ以前に腹滑りをなかなかやってくれません。おかげで随分討伐数を増やせましたが(笑)

しかしモンスターハンター、こういうところでも本当になかなか底が見えないゲームです。


……と、ここで締めちゃダメですね(爆)

脱線が長くなってしまいました。
今日は『死闘!角竜ディアブロス』最終戦、クロオビランスでのチャレンジを振り返ります。


【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・こんがり肉×10
・ペイントボール×20
・音爆弾×6
・閃光玉×5
・砥石×20
・クーラードリンク×5
・角笛
・大タル爆弾×3
・大タル爆弾G×2

またやらかしました(死)今回の忘れ物は千里眼の薬と小タル爆弾です。
両方とも一応、無くてもさほど差し障りのないアイテムに見えますが……。



【基本戦術】

ガード性能が無くてもノックバックを受ける事があまりないので、ディアブロスの攻撃が当たる範囲で立ち回ります。
ただし、潜行したら間合いを外します。

タックル、咆哮をガードした後、潜行飛び出し後の尻尾振りの隙には脚へ攻撃。
ショートレンジ突進のガード時はそのまま振り向いて尻尾裏か腹に当たるように上段突きを突き込みます。
(ディアブロスのサイズによっては届かない場合がありますが、その場合は脚へ)
回転尻尾攻撃は立ち位置の状況に応じて行動(ガードのみ、ガード後に反撃、攻撃)を判断します。



【狩猟記録】

キャンプで支給品一式(応急薬・携帯食料・携帯砥石・音爆弾)をポーチに詰め込み、川辺(エリア7)へ。

(ザバーン)

今回もやる気満々のディア。川辺に響く角笛の音が若干空しく聞こえますがそれは気のせいです(泣)

まずは大岩を使い、角刺し拘束から両脚を一回ずつ怯ませるまで攻撃していきます。
これが済んだら次は角を折るために大タル爆弾Gを1個使用。
角が一本吹き飛びますが、直後にディアは北の砂漠(エリア2)へ移動。

こちらもこれを追いかけますが、途中高台広場(エリア3)でゲネポスを掃除しているうちに発覚状態が解除。
ラームが北の砂漠に進入した直後にディアブロスは潜行してしまいます。
ここで見失ったりすると厄介なので、ここぞとばかりに再度角笛の出番です。ああ、役に立って良かった……(泣)

と、いう事で砂の中から飛び出してきたディアと再び戦闘を再開。ここでは基本戦術の通りに立ち回りを行います。
途中潜行開始の判定で一発もらいますが、その他は全てガードで凌ぐ事ができました。
これなら大丈夫かな、と思いつつ川辺に戻ったディアを追いかけます。

今度の川辺での戦闘ではまず残っていた角を大タル爆弾Gで爆破。
ついでショートレンジ突進の隙に尻尾の切断に成功します。
後は体力を削って行くだけですが……と、ディアが移動。……そういえばペイントしてない!(死)

慌てて土煙が消える方向を確認。どうにか確認に成功しました。
……忘れ物の影響が出ていますね(泣)

ディアが移動した先は高台広場。先程ゲネポスを掃除しておいたのでディアとの戦闘に集中できます。
忘れずにペイントをして、戦闘を続行。しばらくしてディアは三度川辺へ。

川辺での戦闘中、20分針で常時怒りを確認。
ここでまず大タル爆弾を投入する事にします。怒り状態の解除を確認したら潜行を待ち、音爆弾。
飛び出してきたディアに駆けよって大タル爆弾を2個設置します。
小タル爆弾を忘れて来ている事には途中で気が付いていたので、ペイントボールで起爆する事に。

(ぽい)……ディアの顎に当たりました。当然爆発せず(死)

ここで落ち着いて、ディアの着地際にもう一回投げれば良かったのですが、慌ててすぐにもう一つ投擲。
飛び上がってホバリングしているディアの下で炸裂する大タル爆弾。

ぬがぁぁぁぁ!!……大タル爆弾を作っている職人の人、ごめんなさい(泣)
穴が無くてもディアのように掘って潜りたいと思いました。

しかし小タル爆弾があれば、おそらくこんな事には……ここでも忘れ物の影響が(略)

気を取り直して戦闘を続行。
常時怒りでディアの動きが速くなっているので、攻撃のチャンスにも攻めすぎないようにします。
また、決められる場合は閃光玉で動きを封じて体力を削っていきます。

その後は大過なく状況が推移し……

暴君討ち取ったり!

北の砂漠へ逃げた後、転倒後の尻尾への攻撃で力尽きる暴君。

かくして狩猟成功。
クリアタイムは30:22(残り時間19:38)でした。

死闘を制して



【反省会】

立ち回り自体はさほど問題なかったように思えますが、
後半で大タル爆弾を外したのは個人的にちょっと痛恨の出来事でした。
冷静に判断が出来ていればしっかり当てられていたわけで、もったいないです。

しかしディアとの戦闘も一つ区切りが付いたわけですが、やはり非常に面白い相手です。
武器を選ばず戦闘が楽しめると言いますか、時間を忘れます(笑)
クックやレイアと並んで、自分の上達が実感しやすい相手であるのも理由でしょうか。
かといって連戦をするにはちょっとタフな相手なので、それはキツかったりしますが……。

次からは黒ディアとの戦いになります。
よりタフになった手強い相手ですが、一連の教官チャレンジがきっとためになるはず。頑張っていきましょう!



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2007/11/23(金) 09:18:48|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<行く先は違えども共に歩む | ホーム | 龍を滅ぼす力>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/27-bc44b730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。