老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

思考して、試行する

ラームです(ぺこり)

昨夜は何日かぶりにドンドルマの方へ足を伸ばし、
重弩士の御二方と共に百花繚乱(レイア原種&亜種in密林)に挑んだり、
ガンランスを担いだ御三方と同じクエストや四本鎌(ギザミ×2in火山)に出向いたりしておりました。

上位レイア二頭を15分針程度で沈める重弩の威力に改めて舌を巻いたり、
途絶える事の無い砲撃の轟音に心を震わせたり……といずれも非常に楽しい狩りができたのですが、
いざ落ち着いて自分の立ち回りを振り返ってみると被弾したり味方に攻撃を当ててしまう事が多く、
まだまだPT戦での精進が足りていないように思います。
どうも味方の支援や暖かな雰囲気に甘えて、立ち回りが少々おざなりになっているようです。うーむ。
ノリで攻め込むのではなく、しっかりと戦局を見据えて戦う感覚を養わねば……。

PT戦はあらゆる意味で奥が深いです。


閑話休題。

少し思うところがあって、集会所下位~上位のティガにスノウギア=ドライブで挑んでいます。
しかしこれがクエストの達成こそ問題なくできるものの、なかなか納得の行く立ち回りができずに悶々としていましたり。
一度などは下位のティガにキャンプ送りにされる有様で、こちらの血管が浮き上がっています。

ガンランスのように機動力と一撃の威力が低い武器の場合はガードしつつ貼り付いて戦わねばならないわけですが、
ティガの攻撃は多段ヒットするものが多く、スタミナの回復が追い付かなくなったところに大きな一撃をもらう事も。
位置取りに気をつけるようになってからはそういうスタミナ切れの回数は減ってきているのですが、
それ以外でもさあ反撃だ、というところに不意の突進や前進噛み付きの直撃をもらってしまったり……ああもう!(死)
とりあえずティガ・牙獣系の前脚判定の異常な大きさと残り具合は自重するべきだと思いますorz

……などと、愚痴をこぼしている暇があったら雪山に出向いて活路を探った方が良いのですが(笑)
思い通りにならない戦い故に、色々と試行する楽しみを久しぶりに見出してもいます。
さらに先に往くために、この重戦車の如き飛竜と今しばらく重点的に付き合ってみようと思います。

先へ往くために

強走薬……という手もありですか。うーむ。


それでは、今回は短いですがこの辺りで失礼致します(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2009/01/15(木) 18:33:52|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<破り、爆ぜるモノ | ホーム | 森丘歩き>>

コメント

初めましてー

牙獣とティガの足は異常ですね・・・
下手にガードすると、振り向きでスタミナがガリガリ持っていかれて・・・
かといって下手にガードを解くと避けきれず尻餅→酷い目に・・・

狂走薬っていうのはそういう時のためにあるんでしょうが、私は貧乏性なので使えません(笑)

是非、対策を打ち立てて下さいませ(他力本願
  1. 2009/01/15(木) 22:43:35 |
  2. URL |
  3. Rio #/rM0jDVc
  4. [ 編集]

初めまして^^>Rioさん

いらっしゃいませー^^

連中の場合は判定が方向転換の軸となる後脚にないため、判定の移動が凄い事になっておりますね。
ビジュアル的に判定の大きさはまだ納得しないのでもないのですが、
明らかに動き終わった後の前脚に判定が残っているのはいかがなものかと思わざるを得ません。
個人的にこの前脚判定と蟹二種の横歩き鋏振りにおける「予約当て」はゲーム中で最も納得の行かない判定です。

もちろん巨大な体躯を持つモンスター達であるが故に、
判定にある程度の仕込みをいれておかないとゲームにならないというのは理解しておりますが、
それをあからさまに見せ付けられると少々萎えてしまうのも確かです。
もう少し上手いごまかし方は無いものかと……。
少なくともガノトトスのタックルなどにはそれを多少なりともごまかしてしまう迫力と勢いがあるように感じるのですが。

はっ……すいません、初めて声をかけて頂いたお客様に愚痴を漏らすとは><(滅)

この記事を上げました後、自分もどうも強走薬はもったいないなぁ……と思いまして(笑)、
体術+2とガード性能+1を発動させて臨みましたらかなり良い感じで削りを凌ぐ事ができました。
ティガ単体を相手にするのであれば、これはなかなか良い感じかなと思っています。

しかし今回ティガと立ち回りを繰りひろげているのは、そのもう一つ先のさらに先の目標を見据えての事ですので、
ティガだけに合わせた装備のセッティングで安定して戦えるようになっても、という感じです。
さて、どうしたものか……ここはやはり自分の腕を何とかするべきところなのでしょうね(笑)
非建設的な愚痴をこぼしてばかりではなく、何とか対策を見出せるようにさらに修行を積んでみようと思います。

今回はコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、Rioさんも良い狩りを^^
  1. 2009/01/16(金) 12:40:24 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/268-14e3b0b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。