老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

姿重なる歌

ラームです(ぺこり)

先日『村に帰って、机について』様方の記事『雑記帳 遠い音楽』にて、
管理人のシュガシュガさんお気に入りの音楽の紹介がされていました。
どのような曲なのだろうか……とさっそく聴いてみますと、
これが実に素敵な雰囲気を持つ音楽でして、自分も強く心を惹かれます。

穏やかでありながらも同時に秘められた力強さを感じる曲風は、
モンスターハンターの世界が持つ「空気」に通じるものがあるようにも。
もし民族音楽調の音楽がお嫌いでなければ、ぜひ一度耳を傾けて頂きたい音楽です。

さて、上のように非常に素敵な音楽を知る機会を得たのですが、
実は自分も以前より、モンハンへのモチベーションを高める音楽を一曲持っております。
元はモンハンとあまり関わりの無い由来の曲ではあるのですが、
狩りから戻った後やここの記事を記す時、また他の狩人の方の足跡を辿る時によく聴いています。

今回は一つシュガシュガさんに倣い、その曲について一筆記してみようと思います。




【時空のたもと】
作詞:菜穂/作曲:Taja



(ニコニコ動画より。
 動画右下のフキダシ付ヒヨコを一回クリックして頂くと動画中に流れるコメントが消えます。
 ログアウトしていても見れるので大丈夫だとは思いますが……。
 もしご覧になれない方がいらっしゃいましたら、その旨お教え頂ければYouTubeの方で探してみます)


動画に使われている画をご覧になるとお分かりになるかもしれませんが、
この曲は数あるガンダム作品の一つである、とある映像作品のオープニングテーマ、及び劇中歌です。

ちょっと物悲しい曲で、これでモチベーションが上がるのか?という方もいらっしゃる事かと思いますが(笑)、
自分にとっては歌詞がハンターの歩みを表しているように思えるのがお気に入りの理由です。
特に曲の最後のあたり「唯一つ進むべき路の彼方を眺めては 大いなる力に顔を上げ今も 未知を辿る……」の歌詞には、
スノウギア=ドライブでGクラスに挑む中で何度となく勇気付けられました。
また曲そのものも派手さはなくとも、心の芯に響いてくるような力強さがあると思っています。


自分は何かの拍子にこの曲だけを知り、以来ずっとお気に入りの音楽として聴き続けているのですが、
出典元である『機動戦士ガンダム MS IGLOO -1年戦争秘録-』を見る機会が、つい先日ようやくありました。
フルCGの映像作品であり、正直出来には少なからざる不安を抱いていましたが……。

しかしいざ見てみると、今まで見ていなかった事を思わず後悔してしまったほどの内容でありました。

時代遅れの巨砲。
その座を奪われた陸戦の王者。
欠陥機の烙印を押された幻の量産機。

戦争という大きなうねりの中で現れるも、様々な事情により時代の表舞台に立つ事がなかった兵器群。
それでも共に戦場を往くそれらの兵器に己の存在意義を投影し、命を賭けて一瞬でも光輝かせようとする人間達。
その不器用ながら一途な姿は、どこか自分がその歩みを眩しく思うハンター達の姿に重なるように感じました。
自分はこの作品のために作られた「時空のたもと」に、気付かないうちにそれを感じていたのかもしれません。

特に自身の「相棒」に思い入れのある狩人であれば、ご覧になって損のない作品かと思います。
小説版も登場人物達の心情がより詳細に描かれており、お勧めです。興味とお時間のある方は、ぜひ。
(ただし地球連邦軍がかなり悪役っぽく描かれていますので、そこだけご注意ください(笑)


それにしても、全く関わり無いはずのものに対する活力を人に与えるとは……。
音楽、そして言葉の力というものは実に計り知れないですね。
(それも受け取り手の感じ方次第、なのではありましょうが)


と、それでは今回はモンハンと直接関わりの無い記事となってしまいましたが、この辺りで失礼を致します(ぺこり)

皆様もどうぞ、お気に入りの音楽と共に良い狩りを^^
  1. 2009/01/10(土) 19:15:50|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<森丘歩き | ホーム | 浪漫の裏側に>>

コメント

こんにちわ、シュガシュガです。

こちらで紹介されてからIGLOOが気になって仕方ありませんでしたが、方々探し回ってようやく作品を見る機会がありました。

もう、とにかく武器への愛を感じる作品でした。
特に時代遅れの武器という1・2話は、痛烈にMHP2ndでのGクラス武器が登場してからの上位武器を表しているようで思わず感情移入しておりました。同じ境遇を持つ私も痛いほどの気持ちが・・・。ラームさんが紹介された理由がよくわかりましたです。

ご紹介ありがとうございました!
この作品が老砲と私に更なる火を点けたことは言うまでもありません(笑。
ラームさんとスノウギアの戦いもささやかながら応援しております。

お邪魔しましたー。
  1. 2009/01/21(水) 19:21:32 |
  2. URL |
  3. シュガシュガ #-
  4. [ 編集]

万人が顧みずとも、ただ一人その輝きを知るならば>シュガシュガさん

いらっしゃいませー^^

おぉ、ご覧になりましたか!
楽しんで頂けたご様子で、紹介した身としてはほっとしております(笑)

1・2話は確かに、自分たちのような狩人にとっては切ないものがありましたね……。
自分と、自分が命を預けるモノが時代に取り残されていく。
その事に気付いた時の彼らの心中はいかばかりだったのでしょうか。
しかし彼らはそれを悟った上でなお再び立ち上がり、自分の手で「相棒」を輝かせました。
その光芒は小さなものであったかもしれませんが、確かに歴史に刻まれたのです。

あの作品を見て、自分も「スノウギア=ドライブ」という武器がモンスターハンターの世界に確かに在ったという事、
そしてその武器が彼の世界において何を成し得たかという事を、自分の手で残したいと改めて強く感じました。

む、火がつきましたか……何よりです^^
自分もスノウギア=ドライブに秘められた数多の輝きを引き出すべく、これからも精進していこうと思います。

今回はコメントを頂きまして、ありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2009/01/23(金) 10:20:41 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/266-18d32b88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。