老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

暖かな風そよぐ地へ

ラームです(ぺこり)

狩人の道標(リンク)の追加に手をつけているのですが、
道筋を記しておきたい場所が多くなりすぎて意外に手間取っています(爆)
先方からはすでにこちらへの道筋を記していただいている場所もありますので(本当にありがとうございます)、
早くなんとかしたいところですが……。

しかし先方について一言記そうと思って記事を拝見していると、
モンハンがやりたくなって記事の方を中断してしまうという不具合が(爆)
いずれもそれだけ魅力的な場所である、という事なのですが(笑)


さて、ここ二日ほどは良い時間に空きがありましたので、ドンドルマに出向いておりました。
例によってフレンドリストが点灯している場所へ蛾のように(笑)ふらふら飛んでいったのですが、
10人越えで街門から先に進めなかったりした事も。
これはなんという全盛期……入れない残念さよりも、何となく嬉しさが先に立つような気がします(笑)

守衛の兵士に袖の下を握らせて、何とか街へ滑りこみます。
随分間が空いたにもかかわらず快く迎え入れて頂いて、有難い限りです。

で、ドンドルマに来たからにはまずは一狩り!と狩場に出向くわけなのですが……。
うーむ、やはりマズい事になっています。自分の腕が(滅)

攻撃を外しまくったり避け損ないまくったり……というのは無かったのですが、
思考がP2Gの仕様に適応してしまっているため、そこここでリズムを外した行動をしてしまい、
画面中の分身とのシンクロが思うように取れない事が少なからずありました。

複数のシリーズを同時に触っている以上は仕方のない事なのかもしれませんが、
他の方と一緒に狩りをする以上はしっかりと立ち回りたいですし、悩ましいです。
PシリーズとFなど、複数の狩場を股にかけて活躍しておられる皆様はどのようにバランスを取っておられるのでしょうか;

しかし、そんな多少の違和感はPTやチャットの楽しさが吹き飛ばしてくれるのも事実です(笑)
ザザミ二頭を爆弾を抱えたガンランス×3と睡眠ランスで囲んで焼き蟹にしたり、
リーゼント組で衣装を揃え(自分はシルバー担当でした(笑)たりと二夜とも実に楽しい一時でした。

爆撃槍陣

何人かの方と狩りをご一緒できなかったのが心残りでしたが、また機会も縁もあるだろうと思いつつ村への帰途へ。
ラストになったヤマツ戦からの心地良い眠気に身を任せて、ぐっすりと眠る事が出来ました。

今日からはまた何日か仕事の都合で良い時間に上がれないのですが、ドンドルマへはまた必ず足を運ぼうと思います。
それまではdosの環境でも十全に立ち回れるよう、密かに腕を磨いておきましょうか……。


と……それでは今回は短くて申し訳ないのですが、この辺りで失礼を致します(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/12/05(金) 16:59:51|
  2. MH dos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Raven's memory | ホーム | 緑風を思う、ある老兵の呟き>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/249-7500b608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。