老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベスト・スキル

ラームです(ぺこり)

体調の方はほぼ回復しまして、快気祝いという事でさっそく狩猟に出かけたりしております。
と、いっても病み上がりという事で下位レイアなどですが……(笑)

さて、先日の事。体調がまだすぐれなかった時に相方と双剣についてちょっと話をしてきました。
そのお題は『P2Gの双剣でクエストに挑む時、一つだけスキルを発動させられるとしたら何を使う?』です。
要は双剣を使う時のベストスキルは?という事ですね。


まず、自分の答えは『心眼』でした。

双剣は暴風の如き連続攻撃が光る武器ですが、初撃や途中の攻撃で弾かれてしまってはあまり意味を為しません。
鬼人化して乱舞を使えばいいのでしょうけれども、
自分の場合は特定の技の隙が大きくなり、切り込み技である切り払いが咄嗟に出せないのをもどかしく感じてしまいます。

咆哮に関してはP2Gではほとんどのモンスターが耳栓無しでも対応できるようになっていますし、
低下しやすい切れ味も非常に優れた切れ味を持つ武器群の登場で緩和されているように思います。

結局のところ、自分の攻撃リズムを邪魔されない、自分が気持ち良く立ち回るためのスキルを優先した感じです。


対して、相方の答えは『ランナー』でした。
ちなみに最初は『マカツボ』と言っていました……アイテムですし、P2Gにありませんがな(爆)
(↑dosではマカ漬けのツボに回復薬グレートを仕込んで二段階待つと、強走薬グレートができるためです)

鬼人化して突入し、スタミナの許す限り貼り付いて主に乱舞で攻撃する相方らしいチョイスです。
自分は一回連撃を入れると(もしくは相手の動きを見て途中で)転がって間合を取る立ち回りをしますので、
双剣を使っていてもあまりランナーを必要と感じた事は無く、最近はスッパリ外してしまっています。
と、もちろん大きなチャンスの時には鬼人化しての乱舞も使います。念のため(笑)

相方が用いる、このスタイルは強力かつ有効です。
ほぼ常時スーパーアーマーという事で仲間の剣士もアタックをかけやすいですし、何より攻撃力がダンチ(古)ですね。

相方のスタイルを強走効果に任せて乱舞を乱発する、本格の在り方ではないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
ですがこれは相方が様々な試行を重ねた上で、最も双剣を有効に使いこなせると判断した結果です。
(MHGの頃は、今現在の自分と同じようなスタイルで戦っていました)
例え“虐殺”と呼ばれるような戦法に用いられるような戦術でも、
それが自分や仲間にとって有益なものであれば貪欲に取りいれ、誰に憚る事も無く実行する。
これはなかなか骨のあるスタイルではないでしょうか。
実際のところ動きの素早いテオやドドのパンチをひらひらとすり抜けながら、
隙が大きいはずの乱舞をバシバシと叩き込む相方は尊敬に値すると常々思っています(笑)


……と、ちょっと話が逸れてしまいました。

昨今はスキルの組み合わせも自由度が広がり、多くの有益なスキルを発動させて狩猟に挑む事も可能となっています。
しかし時にはこのように『この武器を使う時のベストスキル』というものを改めて考えてみるのもなかなか面白いです(笑)
意外とそういうところから自分の良い癖悪い癖、あるいは自分でも気付いていなかった拘りが見えてくるかもしれません。


さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/11/21(金) 17:23:38|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<哀・狩人 | ホーム | 迅竜?の生態>>

コメント

お邪魔します

はじめまして、いねといいます。
いつも読ませて戴いてます。今回はベストスキルということで自分も一言。
僕は最近ヘビィボウガンをよく担ぐのですが、専ら"自動マーキング"を偏重しています。
最短コースで目標に辿り着く、或いは目標のエリア移動を待つという対面の選択肢の広がり。
ペイント付着に生じるデメリットの消滅。
何よりポーチの省スペース。
結構旨みが多いと思っています。
それではまた。
  1. 2008/11/23(日) 00:40:39 |
  2. URL |
  3. いね #SFo5/nok
  4. [ 編集]

根性です!
たとえルーツ様でもJヌコでも根性の付いたウチを一撃で倒すコトはできまい!
・・・の割には力尽きた回数が多いCHIHIでした
  1. 2008/11/23(日) 09:14:33 |
  2. URL |
  3. Chihi #-
  4. [ 編集]

うーん…双剣なら回避性能あれば便利かもしれませんね。近接の中でも、よりショートレンジで、張りついている時間が長い武器だと思っていますので、より避けやすさをチョイスしたいのです。単純に回避が下手なだけなんですが…
相方さんの不思議ワールドには、度々度肝をぬかれますが、マカ壺を選択するとは…私も双剣縛りプレイの際には、何故マカを排除したのだカ○コンよ!と、毎日ゲリョ討伐に時間を割いていました。きっと私も相方さんのように、乱舞を主体にした攻撃の組み立てをしているんだと思います。
  1. 2008/11/23(日) 13:56:35 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

お返事>いねさん、Chihiさん、Gouさん

御三方様、いらっしゃいませ!

--------------------------------------------------

>いねさん

はじめまして。ラームと申します(礼)
いつもお時間を割いてこちらをご覧頂いているとの事、誠に嬉しく思います。

おお、自動マーキングですか。素敵なチョイスです。
ソロ・PT狩猟のどちらでも色んな場面で活躍してくれる、汎用性・有効性共に非常に優れたスキルですよね。
自分もヘビィを用いる時、スロットに余裕があればまずこれを採用しています。
dosではガンナー用にこれ一つだけを発動させたマイセットを作っていたりも(笑)
そんな感じですので、P2ndで鷹眼のピアスが出た時はかなり嬉しかったですw

採集ツアーの大型モンスター回避から黒龍戦の着地見極め(笑)まで、
一見地味ながら非常に心強い、まさにベストスキルに足る存在だと思います。

--------------------------------------------------

>Chihiさん

うむ、根性も良いですよね。これがあるだけで黒龍系などの一撃必殺モンスターと戦う時の安心感がまるで違います。
しかし決戦場などではこれが発動した直後にクーラー効果が切れたりすると酷い事に……(笑)

そういった特殊な討伐戦以外でもGクラスモンスターの攻撃力は実に半端無いですし、
咄嗟のガードが出来ない双剣では色んな局面で役に立ってくれるかと思います。

や、まぁ……残り体力は1ですから、力尽きるのは珍しくないと思いますよ?
根性を使っても力尽きる事があるのは自分も同じですorz(爆)

--------------------------------------------------

>Gouさん

Gouさんは回避性能をオススメですかー^^
仰る通り一撃離脱タイプではない双剣にとっては、回避距離よりこちらの方が合っている気がしております。
ガードのできない太刀や双剣の時は、相方や自分もよく発動させて狩猟に臨んでいますね。
双剣・ランス・ガンランスのように近距離で貼り付いて戦う武器にはなかなか有効だと思います。

マカ壷は撃龍槍などの時間を計るのにも良かったんですが……。
相方はGouさんと同じく、やむなくゲリョスを狩りまくってストックを作っているようでございます。
それでも一回ごとにやっていてはとてももたない、という事でランナー装備を使っておりますね。
攻撃属性・異常属性の双属性双剣などを使わせますと相乗効果で凄い事に(笑)
ここぞと言う時に使うにしろ、主体として立ち回るにしろ、やはり乱舞には華があるなぁ、と感じます^^

--------------------------------------------------

今回はコメントを頂きまして、ありがとうございました(ぺこり)
またいつでもお越しくださいませ。そしてどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/11/24(月) 12:26:38 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/244-2c96ea72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。