老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道(P2G)・集会所☆5『赤竜と緑竜』(クロオビハンマー編)

ラームです(ぺこり)

P2Gでは闘技場激昂ラージャン×2同時のクエストが配信されておりますね。
いよいよこれが最後の配信でしょうか。

クエスト自体は高台におびき寄せてモドリ玉使用などで上手く分断が出来れば、
それぞれの体力もP2Gのダブルヘッダーらしく抑え目ですし、
片方の攻撃がもう一方に当たりでもしない限りはあまり問題なく達成できるようです。
自分は分断するまでに一死を喫してしまいましたが……(滅)
(高台のすぐ側だったおかげでモドリ玉は使わずに済みました(笑)

二、三戦してみた感じでは煌毛が出やすいような気がしますので、
足りてらっしゃらない方はこの機会に入手されるのも良いかもしれませんね。
また、ラージャン二頭と乱戦してみたいという方にもオススメではあります。いや、自分にはちょっと無理ですが……(爆)


さて、思えば一年前に主にやっていた事といえば、今現在は停滞しまくりの教官チャレンジでありました。
今回は久し振りにその道を歩いた様子を記してみようと思います。

標的は久し振りの相手としては申し分ない森丘夫婦。
クロオビ武器中では抜群の破壊力を以てラームを驚かせ続ける、クロオビハンマーで挑みます。




【準備したアイテム】

<ポーチ1>
 ・薬草(10)
 ・回復薬(10)
 ・回復薬グレート(10)
 ・こんがり肉(10)
 ・元気ドリンコ(10)
 ・ペイントボール(20)
 ・千里眼の薬(3)
 ・砥石(20)

<ポーチ2>
 ・閃光玉(5)
 ・空き
 ・空き
 ・空き
 ・空き
 ・空き
 ・空き
 ・空き

<ポーチ3>
 ・空き
 ・空き
 ・空き
 ・空き
 ・守りの護符
 ・守りの爪
 ・力の護符
 ・力の爪



【基本戦術】

<対リオレウス>
閃光玉で動きを封じてから頭を攻撃していきます。拘束は基本的に非怒り時に。
非拘束時はホバリングからの着地や、滑空攻撃後の振り向きブレスに合わせて頭を攻撃します。

<対リオレイア>
ブレスや近距離ダッシュ咬みつき、サマーソルトの着地際に頭を狙って攻撃します。

また、両者とも突進後の振り向きに対してスタンプを狙っていきます。
ちなみに頭への攻撃で気絶したら、縦振り×2→振り上げを頭へ2セットです。



【狩猟記録】

久し振りのクロオビ装備を一式身にまとったラーム、森丘のキャンプに降り立ちます。
クロオビ防具たちは教官チャレンジ用にP2nd以来強化せずにいるので、
限界突破防具に慣れてしまった今では防御力がやや心許なく感じてしまいますね(笑)
ともあれ支給品ボックスから応急薬・携帯食料・携帯砥石・支給用閃光玉を取り出して、
まずはレウスがいるはずの巣穴入口(4)へと向かいます。

巣穴入口でレウスを捕捉。まずは支給用閃光玉で動きを封じて、
動きを見ながら頭に縦振りや溜め攻撃などを適宜当てていきます。
閃光玉の効果時間中に気絶に追い込む事は出来なかったのですが、
反撃を一度ももらわなかった事は久し振りにしては上出来でした。
また一回怒らせる事には成功し、咆哮を安全にスルーする事にも成功しています。

後は基本戦術通りにレウスの頭を集中攻撃。
しかし久し振りのクロオビ装備、そしてハンマーにしてはなかなか良い調子で、
途中で振り向きにスタンプを入れようとして突進を受けてしまったのを除けば、全く攻撃をもらわずに進んでいきます。
レイアの邪魔も入らず、思ったより随分早く脚を引きずり始めるレウス。
その後の立ち回りも順調で、5分経過直後にレウスの討伐に成功しました。

一丁上がり!

次はレイアの討伐に向かいますが、レウスが倒れる直前に影が巣穴の方から飛んでいったのが見えておりましたので、
おそらく森丘トンネル(9)にいるだろうと当たりをつけて、携帯食料と携帯砥石で体勢を整えてからそちらへ向かいました。

北側から進入し、通路の奥を見てみると……いました。こちらにゆっくり歩いて来ています。
落とし穴でもあれば待ち伏せをしても良かったのですが、
今回は持ってきていないので早々に気付かせて戦闘を開始しました。
レウス戦の調子が良かったので、レイア何するものぞという気分ですね。

が、やはり慢心は良くありませんでした……(滅)
初っ端からダブルサマーソルトの二発目が直撃。
その後も振り向きに合わせたスタンプで怯まずに突進が直撃したり、尻尾の一撃をもらったりと散々です。
どうにか体勢を立て直したものの、一回怒らせた直後にレイアは飛び去ってしまいました。

レイアを追走して巣穴(5)に向かいます。
ここでは先の戦闘を教訓にして、より安全な立ち回りを意識しました。
(振り向きへの攻撃は諦める。サマーソルトの着地には早めにスタンプを合わせるなど)
そのおかげかここでは直撃弾をもらう事もなく、気絶も短時間に二回取れています。

結局ここからは危なげなく、エリアチェンジもさせずに討伐。

ラスト・スタンプ

かくして狩猟成功。要した時間は11:57(残り時間38:03)でした。

久し振りのクエスト確認



【狩猟を終えて】

やはりクロオビハンマーの攻撃力は半端ないなぁという印象です。
久し振りに使った事もあり、立ち回りもレイアに対しては特に良くなかったはずですが押し切ってしまいました。
立ち回りはレウスに80点、レイアに60点というところでしょうか。点数以前に非常に楽しかったですが(笑)

しかしレウス、レイア共に旧モーションはもう飽きても良いくらいに付き合ってきているはずですが、
未だに「やっぱり面白いな」と感じるのはなんなのか……(笑)

ハンマーを扱う楽しさ、夫婦戦の面白さ。
教官チャレンジ、まだまだ得るところは多くあるようです。これからも折を見て進めていこうと思います。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/11/01(土) 23:22:36|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<数は無くとも、人は在る | ホーム | 時は過ぎゆくままに>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/235-711b6d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。