老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FBC-荒法師、最後の戦い-

ラームです(ぺこり)

今回は予告通り、フルフルベビーカップ・世界記録?へ挑んだ記録を引き続きお送りします(笑)
前回までの挑戦では世界記録?(当時)には届いたものの、レース中に納得のいかない事がいくつか出てきました。

悪い点を明確にして、それを一つ一つ潰していけばより良い結果が出るのは自明の理です。
よってレース中に気付いた事、また反省点を明らかにする事によってさらなる高みを目指す事にしてみましょう。




<世界記録?に挑め・その五~反省>

ではポイントとなる点を挙げて、その解決策を模索していきます。

・フルフルベビーが採れない
 これは運次第としか言いようがありません(爆)

・スタートダッシュ
 どうもキャンプの段差を降りた後の爆弾設置→強走薬摂取に一瞬手間取るな、という印象です。
 もっと安定した状況で行なう事により、行動のミスを少なく出来る可能性があります。
 これまではキャンプで強走薬の摂取を行なっていましたが、
 次からは山麓湖畔(1)から大氷柱の回廊(5)への入口でこれを行なう事にします。
 スタミナが増えていない状態でもそこまではダッシュできますし、
 走っている途中で落ち着いてアイテムの選択ができるはずです。

・山頂のトンネル
 これを前転で抜けるのに意外に時間を使うな、という印象でした。
 距離自体はさほど長くないのですが……。
 あるいは回避距離UPを用いる事で一気に抜ける事ができるかもしれません。次回からは採用してみる事にしました。

・モドリ玉の調合
 キャンプに戻ってからウインドウを開いて調合していましたが、少し時間をロスしている印象がありました。
 より迅速な調合を行なうためにモドリ玉が炸裂した瞬間にウインドウを開き、
 キャンプについた瞬間に調合ができる状態にまで持っていきます。
 また、調合後はスタートボタンでウインドウを一気に閉じるのは必須です。

とりあえずはこんなところでしょうか。



<世界記録?に挑め・その六~再出走準備>

反省点をふまえた上で吟味し直した装備は以下の通りです。

疾る黒

武器:カンタロスガン

頭:ナルガSヘルム
胴:ガブラスーツボディ
腕:ドラゴンXフィスト
腰:ハイドベルト
脚:ナルガSレギンス

発動スキル:回避距離UP/高速剥ぎ取り&採取

空気抵抗の軽減性能はそのままに(爆)、山頂のトンネルを一秒でも早く抜けるために回避距離UPを採用しました。
また「意外とクシャナSハディの突起が邪魔だった」という選手の意見を取り入れ、
今回は腕防具の方に鉤爪のあるドラゴンXフィストを配しています。この変更が吉と出るか凶と出るか……。



<世界記録?に挑め・その七~YUKIYAMA>

YUKIYAMAには魔物が棲んでいる」とは誰が言った言葉であったか。(いや実際棲んでいるのですが)
ついに再びこの舞台に立つ時がやってきました。

今回はさらに精神集中を高めるために伴走者のオトモもおらず、一人での挑戦です。
栄光を祈る村長の怪しげな呪言を背に、出走体勢に入ります。








Go!!


まずはキャンプの段差を華麗に転げ降ります。
いつも頭を地面にこすって痛いポイントですが、今回はナルガSヘルムの防護によりそういう事もありません。

着地した後はダッシュで山麓湖畔へ。アイテム選択をしながら段差に手をかけます。
と、二段目に手をかけた時に天佑がラームの背を押します。
いつもは邪魔な事この上ないランゴスタが段差に手をかけたばかりのラームの背をぷすりと一刺し。
諸事情によりラームは一瞬で段差の上に移動しました。
僅かな時間を競うこの競技、もたつく段差の登攀をキャンセルできたのは非常に大きな助けです。
エリアチェンジ前の小タル爆弾設置→強走薬の摂取も上手く決まりました。後は山頂を目指すのみです。

山頂に到着。ここまではダッシュするだけですので問題はありません。
肝心のトンネル抜けですが、さすがに一回転では抜けられませんでした(死)
しかしそれでも前回よりは早く抜けられたような気がします。
一気に段差と崖を登り、念を込めてクシャルの抜け殻にピッケルを振り下ろします。


『氷結晶を手に入れました』(ポロリン♪)


『円盤石を手に入れました』(ポロリン♪)


ぬぅぉぉぉぉぉぉ……!!(爆)
何という、何というタイムロス。山頂から円盤石を投げ捨てて何処まで飛ぶか記録を測ってやろうかと思ったほどです。
しかしそれもまた天命であるのでしょう。三回目でどうにかフルフルベビーに噛み付かれ、モドリ玉を炸裂させます。

その後は自分でも考え得る最適の走りができたと思います。山頂でもう一回氷結晶が出た以外は……orz

そして、挑戦は終わりの時を迎えました。

夢の終わりに

記録は04:39。大自然の妨害にも関わらず、前回の記録を越える事に成功しました。
(10/11、「いつかはメラルー」のChihi様が最速の記録を樹立されましたので、すでに世界記録?ではありませんw)


以下は、フルフルベビーに噛み付かれた腕を治療しながらのLahmのコメントです。


「……自然は厳しいって事で」


すいません(爆)



さてさて、二回にわたりちょっと脱線気味な記事で申し訳なかったです(笑)

しかしこれは意外とやり応えがある、と挑戦しているうちに思うようにもなってきました。
目的達成のためのスキル選択やアイテムの使用方法といった戦略考案。
ミスの許されないライン取り、正確な段差上りや前転のタイミングといったフィールドでの戦術展開。
さらにはフルフルベビー入手という運の要素。

まさに「雪山」というフィールドそのものを相手にしている感じがあり、非常に楽しかったです。
モンスターではなく、フィールドと手に汗握る戦いができるとは……。
フルフルベビーカップ発案者であり、現在は理事の座に退かれた(笑)m@rvorさんに大きな敬意と感謝を表しつつ、
今回の挑戦を締めさせて頂きたいと思います。

それでは今回はこの辺りで失礼致します(ぺこり)
人によっては全く面白くないと感じられた記事であったかもしれませんが、
ここまでお付き合い頂いてありがとうございました(笑)

それでは皆様もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/10/11(土) 16:40:57|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<道具あれこれ | ホーム | 頭文字L>>

コメント

ラームさん・・・すでにウチの記録も破られてしまいました・・・
4:35が驚きのタイムなんて言ってしまった自分がハズカシぃですorz
某Y氏がついに・・・4:30の壁を越えてしまいました・・・
しかし!さらに更新してやりました!
あと・・・2秒は行けるかも?です。
  1. 2008/10/12(日) 09:46:49 |
  2. URL |
  3. 元世界記録保持者だったChihi #-
  4. [ 編集]

タイム更新の連鎖を終わらせられたようですねw
きりがありませんからね。タイムの更新とか・・・自分で終幕させないといつまでも・・・
で、休み中にやっとこさ「武神闘宴」を終わらせることが出来たのですが、ラージャンがなかなか死なないので、幾度も心が折れそうになりました。ですが、何度も挑戦したおかげか、ヘビィーへの愛着が増したことは言うまでもまりませんww

  1. 2008/10/14(火) 12:36:43 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

お返事>Chihiさん、Gouさん

御二方ともいらっしゃいませ!お返事が遅れてしまって申し訳ありません;

--------------------------------------------------

>Chihiさん

公式結果を拝見して来たところですが、最終盤は凄まじいデッドヒートでしたね。
結果的にお二人から10秒以上も離されてしまいまして、自分の時代は去ったのだと痛感しました……(爆)

しかし普段はモンスターを倒す事だけに使っているテクニックや知識を、
こういった事に転用するのもなかなか楽しい物ですね。
これからはこういうクエストの楽しみ方も色々と模索していきたいなと思えた、良い挑戦でした^^

--------------------------------------------------

>Gouさん

うむ……これからは若い人達の時代ですw
とにかく老人なりに精一杯頑張ってはみまして、実に楽しかったです(笑)

そして闘宴制覇、大変お疲れ様でした!
ヘビィですと大将のラージャンには割と相性が良いはずなのですが、
途中に堅い連中が揃っておりますので集中力と弾丸がそこまで保たない事もありますね;
それを見事突破されたのですから、本当にお見事の一言です^^

しかし闘宴をも抜かれたと言う事は、Gouさんもすでに本格のヘビィガンナーですね。
どうぞこれからもヘビィに愛情をかけてあげてくださいませ。きっと応えてくれると思いますので(笑)

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、ありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽にお越しくださいませ。それではどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/10/15(水) 17:38:36 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/224-8fd5f89a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。