老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無くて七癖、武器に一癖

ラームです(ぺこり)

最近は今まで全く音沙汰が無かった反動か、triの情報がよく出てきているようです。
ひょっとして開発はもう結構進んでいるのでしょうか……。
最新作を一刻も早く楽しみたいという思いは確かにあるのですが、
一方でまだまだP2Gやdosでの狩りを突き詰めていってみたいとも思っておりますので、その辺りちょっと複雑です(笑)

しかしtriでは武器にもまた色々な変更が加えられるのでしょうね。
個人的には武器種全体にかかる変更を行なうよりも、
もう少し細かく踏み込んで個々の武器に「クセ」を与えて欲しいかなと思っています。

現状でもボウガンは装填速度・装填可能弾種などにより一挺ごとに「クセ」が異なりますが、
近接武器においてはそれはあまり無いように思うのです。

例えば、キリンを相手にした時の武器が老山龍砲とクイックキャストのどちらかだった場合。
リロードタイミングやその時々の装填弾の選択により似たような立ち回りになる事は少ないはずで、
むしろ立ち回りを用いる銃に応じてしっかり変えなければ危険な場面が出て来ると思います。
同カテゴリーの武器であっても、老山龍砲に対する習熟はクイックキャストに対する習熟とはなりません。
(もちろん基本的な部分で共通している部分はあるのですが)

これが近接武器であったらどうでしょう。
近接武器は同カテゴリーの武器であれば、全てのアクションが同じタイミングで行なえます。
攻撃力や切れ味によって目的達成までの時間は異なるでしょうけれど、
個々の武器ごとに基本的な立ち回りを大きく変える必要はありません。
ある武器に対する習熟が、そのまま同カテゴリーの各武器に対する習熟に繋がっているのです。

自分はそこに狩人一人ごとに異なる“正解”を見つけられるような武器の「クセ」が欲しいと思っています。

Fで登場しつつあるようなリーチの差異でも、武器を振る速度の差異などでも良い。
弓ならば弦の強さによって溜めが終了するまでの時間が微妙に異なるというのも面白いかもしれません。

また、ある要素に特化している「クセ」の強い武器が登場する事によって、
そういった要素を薄めた「量産型」の武器にも一定の価値が生じてくるのではないかと思うのです。
(各武器に「クセ」が欲しい本当の理由は実はそれだったりもします(笑)

こういう要素を導入するのは調整など非常に大変だと思いますし、また今のシステムによるメリットもあるでしょう。
ですがこれから先は狩人一人一人が武器の一つ一つに自分の狩猟生活においての意味を見出しやすくなり、
それによって単に数値の差のみによらず、確固たる「相棒」を選ぶ事ができるようになっていけば素敵だと思います。


さて、それではこの辺りで失礼致します(ぺこり)
今回はこれからのモンハンへの希望……というよりは妄想をお送りする形となりました。
また逐次似たような事を書き出すかもしれませんが、適当に笑い飛ばしつつでも(笑)お付き合い頂ければ幸いです。

本日もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/10/04(土) 22:26:36|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<再び教えを乞う | ホーム | 嫌よ嫌よも……>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/220-862abf1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。