老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『死闘!角竜ディアブロス』(クロオビブレイド編)

ラームです(ぺこり)

今日はP2ndGの村上位クエストの意義について同僚と協議しておりました。


自分:「上位モノブロスとか、上位ナナとかと戦うためでは?」

同僚:「いや、オトモアイルーをより活躍させるための場としか考えられませんよ」

自分:「!!!!」


いやー、すっぱりと気持ち良い結論が出て良かったです(爆)
(……よく考えてみたらオフライン集会所では普通に連れていけるんじゃないだろうか)

さて、では本題の教官チャレンジへ参りましょう。
今回は大剣・クロオビブレイドでディアブロスに挑みます。


【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・こんがり肉×10
・ペイントボール×20
・音爆弾×10
・閃光玉×5
・砥石×20
・クーラードリンク×5
・角笛
・小タル爆弾×10
・大タル爆弾×3
・大タル爆弾G×2

今回は閃光玉を持ち込んでみました。
そして……千里眼の薬は忘れていますね(死)



【基本戦術】

・潜行突き上げ→尻尾振り
・突進の出かかり
・ショートレンジの突進後

大剣では上記のようなチャンスに尻尾を狙っていけるので、それを主軸に。
位置取りが悪くて尻尾を狙えないような場合にはできれば翼膜、または脚を狙います。

音爆弾で飛び出してきた時の攻撃は溜め斬り(最大)を翼膜へ。
飛び上がって降りてくる時にもう一度溜め斬り(最大)を翼膜か尻尾、最悪体のどこかに当てます。



【狩猟記録】

まずは支給品から応急薬・携帯食料・携帯砥石を取り出し、さっそく井戸経由で川辺(エリア7)へ。
川辺に着いたら角笛を鳴らして戦闘開始。まずはエリア中央の大岩を利用して戦います。

前回は転倒を狙うためにまずは脚を攻め立てましたが、今回はまず邪魔っけな尻尾を切断する事に。
背中判定の部位に刃が当たらないように、ちょっとまだるっこしいですが武器を出してから斬り上げへ。
4回ほど角が大岩に突き立った頃に尻尾を斬り飛ばしました。

しかしまあ、いつもながら気持ちの良い切れっぷりです。
闘技訓練で溜め斬り(最大)一発で尻尾が切れ飛んだのにはさすがに吹きましたが(爆)

その後は同様に大岩による拘束を狙ってから、大タル爆弾を使いつつ角折り。
二本とも折れた直後にディアが移動のための潜行に入りました。
ここで怒り状態に入るまで音爆弾からの攻撃を繰り返した後、ディアは高台広場(エリア3)へ。

こちらも体勢を整えてから追撃。
ゲネポスの掃討も早めに済み、高台広場でも順調に戦闘を進めます。

ところで、今回は尻尾を基本的に狙っていますのでディアが時々大きく飛び跳ねます。
クロオビソードの時は正直体力を削っている感じが全くしなかったのですが、今回は気分的にも手応えがある感じです。

と、ディアが再び川辺に戻ります。
川辺でしばらく戦闘した後、15分針頃ディアはまたまた高台広場へ。前回と同じ移動経路です。
前回と違ったのはここからで、高台広場で戦闘を始めてからすぐに常時怒りを確認。
怒りの沈静化を確認してから潜行に合わせて音爆弾→大タル爆弾G×1を投入。さらに体力を削ります。

ほどなくディアが再び川辺へ。よし、今回はここで決着を!
勢い込んだラーム、ここまで使っていなかった閃光玉の投入を決定。

ディアの振り向きに合わせて……

おりゃ!(閃光玉を投げる)→ディア潜行(失敗)

くっ、なかなかやりおる。ならば潜行突き上げで出てきたところに……。

うりゃ!(閃光玉を投げる)→ディアの視界に入ってない(失敗)

くそー!(やぶれかぶれの閃光玉)→これが成功(もはや成功感ゼロ)

泣きながら目がくらんだディアブロスの足元に駆け寄り、残りの大タル爆弾Gと小タル爆弾をセット。

さあ離れ……(ごっ)

ディアブロスに蹴られました(死)直後に大タル爆弾Gが炸裂して吹き飛ぶラーム。

カッコ悪すぎる……。
先日の相方が相手もろともの覚悟の自爆を成し遂げた勇士ならば、今のラームはまるで迷子のキツネリ……ではなく、
ピンポンダッシュで逃げ遅れて、関係者各位から大目玉を食らっている小学生のようです(滅)

よろよろと立ち上がったラーム、またしても泣きながらまだ目がくらんでいるディアブロスに攻撃し……
見事に尻尾に弾き飛ばされます。

もう書いていて恥ずかしいのですが、相当頭に血が上っていますね(死)

さらに、この辺りでラームの背後に黒い影が……。
閃光玉におびき寄せられたアプケロスたちがゆっくりと近付いてきておりました。まさに不注意の極み(泣)
ここでエリアチェンジをすれば良かったのですが、
すっかり血が上っていたラーム、日頃の恨みもあってアプケロス相手に大立ち回り。
結局アプケロスの掃討に手間取り、ディアを逃がしてしまいます。

ディアのマーキングは北の砂漠(エリア2)に移動。
時間的には前回より全然早いのですが、かつてないグダグダ感に苛まれつつ追いかけます。

北の砂漠にてディアを捕捉。
潜行してこちらに向かってくるディアの進行ルートから外れ、飛び出した後の尻尾振りを見切って尻尾へ武器出し攻撃。
そのまま斬り上げへ繋げて、よし回避!

(パッパカパー♪)

ディアの巨体が崩れ落ちました。

……あと二撃だったんかい!!


(今回は手違いで討伐の瞬間の画像がありません(泣)
ディアの足首を掴んで、ジャイアントスイングでもしようとしている絵でなかなか面白かったのですが(笑)


かくして狩猟成功。
クリアタイムは25:30(残り時間24:30)でした。

ヌハハハハ!(やけっぱち)



【反省会】

なぜ、こうも詰めが甘いのでしょうか(泣)
今回は全体的に良い感じに狩猟が進んでいたと思いますが、この辺りまだまだ修行が足らないなと思います。

目がくらんだモンスターへの攻撃タイミングの見極め。
周囲の状況の確認。

しっかりと身に付けるようにしなければ……(なんだか自動車教習を思い出します)

ちなみに回復薬の消費は応急薬×6と薬草×5でした。

しかしディアvs大剣というのはあまりやった事が無かったのですが、
頻繁に尻尾を狙う事ができたり、咆哮はガードできたりと、使ってみるとかなり相性が良いように思えます。
相方がディアにはクロームデスレイザーをよく持ち出すのも、納得がいった感じです。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2007/11/18(日) 06:51:46|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<決戦の地にて | ホーム | G、樹海に立つ>>

コメント

順調ですね!

こんばんはー。
ブログのほうへリンクを貼らせていただきました。本サイトが復活したら継承します。何か問題ありそうでしたらご一報ください。これからもよろしくお願いいたします。

さて、ディアに大剣は相性良いです。MHdosの4本も、最初のうちはどんどんクロームデスレイザーでソロが達成されていたように思います。MHGではランスが多かったですが、あれはランスの仕様のせいですね。MHP/P2/dosあたりでは間違いなく大剣がもっともやりやすいでしょう(弾かれると話が別ですが)。
あ、あとちょっとヒントになるのがP1の「英雄の証P」です。モノブロ相手ですが、あんな具合に近間をごろごろ転がって立ち回れたらちょっと幸せです。

ところで閃光玉ですが、視界に入ってる入ってない云々以前に、閃光の当たり判定を持たないモーションがあるんじゃないかと思ってます。確証の得ようがないので経験則に従うしかないんですが。

追記1:P2Gの村上位は上位素材が出るんですよ。多分。集会所ではソロが厳しい人のために、と書いてありましたし。

追記2:長々失礼。畏れ多くてA Gunner氏の紹介のとこにコメはできませんので(いやマジで)こちらで。
とても驚いたんですが…実はですね、武器の手入れをしてるんですよ(笑)。中の人の脳内には「携帯お手入れセット(笑)」なる木製トランクまであるのです(超アホ)。もともとそちら方面に明るくなかったんで、ミリタリー系の銃の手入れの仕方の本とか買ってきて…という念の入用です。もういろんな意味で末期です(笑)。
  1. 2007/11/18(日) 20:13:21 |
  2. URL |
  3. HUNTER's LOG #grGQ8zlQ
  4. [ 編集]

どうにか進めております(笑)>HUNTER's LOG様

こんばんは、いらっしゃいませー(ぺこり)


>リンク
 何と、自分にとってまさに道標となったHUNTER's LOG on PORTABLEにリンクを貼って頂けるとは……光栄に思います。
 当然、全く問題ありませんです。こちらこそ、どうぞこれからも宜しくお願い致します(改めて礼)。


>ディアvs大剣

 なるほど、ソロ4本も可能であれば相方が持ち出すわけですね。
 思い出してみると確かにディアの狩猟に相方が大剣を持ち出した時は、早めに済むような気がします。
 MHGの時の対ディアソロでは自分もランス組でした。(最後期はヘビィで挑んでいましたが)
 本職の方ほど上手く立ち回れていなかったわけですが、それでも割と気軽に勝ててしまっていたあたり、
 やはり当時のランスは本当に強かったんだと思い返されます。

 で、そういえばという事で「英雄の証P」を見返して来ました。実に良い感じの戦闘です。
 ガンナーズハイというのは時々聞きますが、それに対してインファイトハイとでも言うのでしょうか、
 そんな気分になれそうな立ち回りですね(笑)


>閃光玉

 ううむ、なるほど。
 角竜系は確かにMHGの時から、確実に視界に入っているはずなのに閃光玉が効かなかった事が何度かありました。
 モーションに閃光を受け付けない時間があるのだとしたら、それも合点がいくような。
 確実に決めるタイミングを今後の為にもしっかり身につけておきたいですね……この機会に色々試してみようと思います。


>追記1

 集会所はちと厳しいという方のための救済策、になるのでしょうか。
 村クエストオンリーでも、入手できる武具の幅が広がるわけですね。
 より強い武具を作る楽しみを、少し手軽に知ってもらおうというところでしょうか(笑)


>追記2

 おお、そうでしたか!しかもリアル方面での知識もしっかり仕入れていらっしゃるとは、想像以上です(笑)
 サイト(ブログ)様への感想としてちょっと変な感想かな、とも思ったのですが……
 自分にとってはそういう想像ができるような記事を書かれている事が素敵な事に思えたので、ああして書かせて頂きました。

 そして、携帯お手入れセット……良いです!
 狩りが一日を越えてキャンプに戻った村ビッケ嬢が、
 携帯お手入れセットで武器の手入れをしている姿が目に浮かぶようです。
 ……うーん、自分も割合末期なんでしょうか?(爆)いや、しかし「やるならとことん」ですから(笑)


今回もご来訪頂きありがとうございました(ぺこり)

また、いつでもお越しくださいませ!
  1. 2007/11/19(月) 09:02:47 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/22-6d18f18e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。