老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

舞うに刃の他は要らず

ラームです(ぺこり)

先週あたりから咳が出始めた風邪が長引いておりまして、さらにここ二日ほどはどうやら山場を迎えた様子。
なかなか半端無い熱が出ましたので、お休みを頂いて自宅で療養に励んでいます。
病身とはいえ24時間眠り続けているわけにもいかず、
起き出して薬を飲むついでにP2Gをやったりドンドルマに出かけたりもしているのですが……集中力が持ちませんね;

ちゃんとした記事にしたい事もいくつかあるのですが、
そんな感じで思考の取りまとめや文章の推敲ができずに間が空いてしまいました。
いつもご覧頂いていらっしゃる皆様には大変申し訳ないです(涙)


最近はP2Gの2ndキャラでよく使っている事もあり、双剣がなかなか楽しいです。
今作では通常攻撃と鬼人化の連携能力がさらに強化されており、
ガンランスのように「攻撃を組み立てる楽しみ」が強まってきたと思います。

ところで鬼人化の解除モーションが好きな方っていらっしゃるんでしょうか。
「気」の散る音と“舞”を締めるかのような動きがすごく格好良くて、自分は大好きです(笑)
鬼人化の解除は納刀でもできるのですが、意識的に解除を使ってしまう事も多いですね。
もっとも解除ならではのメリットも全く無い訳ではなく、通常攻撃にキャンセルをかけて行なう事が出来たりもしますので、
場合によっては納刀よりも素早く鬼人化を解除する事ができて重宝しています。

自分が双剣を用いる際にあまり強走薬を飲まないのは、
実は以上のような鬼人化の発動・解除という「リズムの切り替え」が好きなせいでもあったりします。
(強走薬を飲んでいても発動や解除はできますが(笑)
強走薬を併用した双剣運用は確かに強力かつ有効な戦術です。
しかし双剣と言う武器種はシリーズを経るごとにモーション特性や連携性能に改良が加えられており、
その力を借りずとも強力かつ面白い戦いが出来るように調整されてきていると感じています。

P2Gでは弱体化したと言われる事もある双剣ですが、今こそその一対の刃が真に輝く時かもしれません。
自分はここで改めて双剣という武器種と、腰を据えた付き合い方をしてみようと思っています。


さて、それでは今回は短いですがこのあたりで失礼致します(ぺこり)

皆様もどうぞ、風邪には気を付けられて良い狩りを^^
  1. 2008/09/23(火) 14:58:46|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<宴の終わりを告げる風 | ホーム | 霞の彼方の新天地>>

コメント

狙い目

こんばんはー。
双剣スタートハンターの端くれといたしましては、鬼人化状態でとどめを刺して、即座にムービースキップ。倒れこむモンスターを背景にカメラを向いて鬼人化を払う。
これを狙うのはデフォです(キリッ

要は血振りですね。

ちなみにそのままくるっとモンスターのほうを向いて完全に倒れるのに合わせて納刀、とできると100点です(笑)。ランゴに邪魔されると剥ぎ取り邪魔されるより腹が立ちますな(爆)。
  1. 2008/09/23(火) 20:45:28 |
  2. URL |
  3. HUNTER's LOG #grGQ8zlQ
  4. [ 編集]

ドスでは双剣を塵粉稼ぎの為に、乱舞推奨な雰囲気にのまれ、そのまま鬼人乱舞が体に染み付きましたw
2Gでは、3rdキャラで双剣スタートし、村クエでは練習を兼ねて、強走なしでプレイする事に喜びを感じていたのですが、これがkaiに繋いで複数でプレイすると・・・やっぱり立ち位置が被ることがあります。で、相手にも楽しくプレイしてもらう為には・・・「スーパーアーマー発動!!」ってな具合でやはり鬼人化・・・集団戦は難しいとつくづく感じました。
 夏場の疲労が残っているのでしょうか・・・くれぐれもお大事に!!
  1. 2008/09/24(水) 12:34:42 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

乱舞!

双剣は私も好きな武器ですね。一時期練習してました。
普段動きの鈍いガンランスを使っているからか、あの軽い動きが魅力的でした。
動きの参考にしようと見た動画で、双剣の魅力に取り付かれてしまいました。
ガンランスの砲撃とはまた違った、舞うような美しい動き・・・・・・すばらしいです。
ただ、腕がついてこないのが悲しいですね・・・・・・。
PTプレイ時に『双剣で行こっかな~』とか言ったら、『やめてくれ! それだけはやめてくれ!』と言われる始末。
何とか、うまく使えるようになりたいものです。
  1. 2008/09/24(水) 18:24:33 |
  2. URL |
  3. Night #-
  4. [ 編集]

お返事>HUNTER's LOGさん、Gouさん、Nightさん

御三方様、いらっしゃいませ!(ぺこり)

--------------------------------------------------

>HUNTER's LOGさん

こんばんはー^^

おぉ、血振りですか……これは格好良い締め方です。
さっそく参考にさせてもらいまして、100点が取れるように精進してみます(笑)
クエストの締め方にも拘りを持っておられるのは実に素敵ですね。
こういうのが狩猟生活に味わいを持たせていくのだなぁ……と思います。
しかしランゴのKYっぷりはクエスト達成後も全く変わりませんね。といいますか酷くなるような気が(爆)
3では虫除け用の塗り薬でも出してくれないかなと思います。

遅ればせながら双剣を楽しんでおりますが、ほぼ銃槍とヘビィの生活でしたので使いこなせていないのが悲しいです;;
これからも折につけ、ご指導頂ければ幸いです^^

--------------------------------------------------

>Gouさん

dosでの自分は何故か乱舞をあまり使わない癖がついてしまっておりまして、
クックからテオまで通常の立ち回りをせざるを得ない状況です(爆)
おそらく最初は強走薬をケチろうと思っていたのでしょうけれど……。
P2シリーズでは各モーションが使いやすくなった事もあって、そのままの流れで双剣を扱っています。

いやー、しかしそうですよね。
双剣は鬼人化していると(SA付きの)仲間が安心して斬り込んで来れるという利点があります。
自分もこの間ドンドルマでラージャンの狩猟に出向いた時、
PTの片手剣士さんに結構譲ってもらっているのを背中で感じていました。
相方たちとの狩りではもう習慣になっていますので、それなりに遠慮なくやらせてもらっておりますがw
ご一緒した方に「この双剣邪魔;」などと思われないためにも、
今のスタイルをソロ・PT関わらず貫いていくならば立ち回りをもっとよく考えなければなりませんね……。
武器をちょっと持ち変えただけでも考える事が一気に増えるのは、良い事なのか悪い事なのか(笑)

ご心配ありがとうございます。おかげ様で気分は優れませんが咳は収まってきたようです^^
Gouさんもどうぞお気をつけ下さいませ。

--------------------------------------------------

>Nightさん

ガンランスを普段使っている者からしてみると、あの動きの軽快さは憧れますよね^^
巧い双剣士の方は本当に舞うかのような動きでモンスターを追い込んでいきますので、見ていて惚れ惚れします。
自分もああいう風に動き回ってみたいとはMHGの頃から思っている事ではありますが、腕の方はさっぱり上達しません;;
しかし千里の道も一歩から。プロフィールの好んで使う武器にいつか双剣を追加できるよう、頑張ろうと思います(笑)

ご猟友にそこまで止められると言うのは、過去に何かあったのでしょうか(爆)
自分も双剣のを用いたPT戦での立ち回り方については色々考えておりますが、
未だ基本の立ち回り方もおぼつかない状況でして、如何ともし難いですね;
まずは基本を抑えたいところですが、さてはて……ともかく色々と試してみようと思います。
お互いに少しずつでも精進してみましょう^^b

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、ありがとうございました(ぺこり)
またいつでもお越しくださいませ。そしてどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/09/25(木) 01:31:34 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/215-a9bfffcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。