老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

味狩人

ラームです(ぺこり)

このところちょっとリアルの方が忙しくなってきまして、思うようにモンハンに使う時間が取れません。
クシャル戦をもう少し良いペースで連戦して感覚を掴みたいのですが……ま、地道に精進するとしましょう。

後、伝え聞いたところによると三龍たちの体力は撃退時にある一定値以下だった場合、
また一定の値まで回復するのだとか。(よって二戦目に一撃入れただけで討伐という事態は起こらないようです)
これが本当ならば、今黒風で一定値以下にできていると仮定して二戦目のタイムはあまり参考にならないようですね。
ここはSasamingさんのように上位クシャルに挑んで一戦ごとの時間を比較した方が良いですか……。

しかし一戦討伐こそ達成できていませんが、
クエストを重ねるごとに黒風が古龍に向いている銃だな……という思いを強くしています。
リロードスピードは古龍のイカサマくさい(笑)1回ターンにも十分対応し、
主力弾である貫通弾は障壁に阻まれる事無くダメージを与えていく事が可能。
一戦討伐に囚われなければ、自分が用いる武器の中では最も安定した戦いができる武器になりつつありますね。
クシャル以外では角を破壊できませんし、尻尾も切れませんが(滅)


と、閑話休題しまして……皆様はクエストに出る前にどのような食事を採られているでしょうか。
ポッケ村のラームは大体リュウノテールを焼いた物にシモフリトマトのソースをかけて頂いておりますが、
時々東方風の味が食べたくなったらば紅蓮鯛の煮つけをおかずにして黄金米を食べたり、
採取に出かける前などは景気付けに幻獣チーズを肴に黄金芋酒を一杯やったりもしています。

こういうのは意外と好みが出るようで、自分の知り合いには大体固定のメニューがある模様です。
例えば同僚は同じ肉&野菜でもキングターキー&キングトリュフの『キングセット』がメインの食事ですし、
(この組み合わせでいくとレアアイテムやキングサイズが出やすいと言っています(笑)
また相方の場合はたてがみマグロと黄金米を合わせた特上トロ以外は口に運ばないようです。面白いものですね。

一方dosでは食事をするには食材を集めなければならず、これが面倒だという意見もあるようです。
そのお気持ちは分からなくもなかったりするのですが、自分はこのdosからの仕様が結構好きだったりします。
百花繚乱(寒冷期のレイア2頭クエスト)ソロのために古塔まで出向いて古代豆を集めたり、
「あ、今の季節にはアレが採れるんだった」と出かけたりするのは結構楽しいものです。
また、自分で採ってきた食材を使った食事を食べた時はクエストに臨む時の気持ちも自然違ってくるような気がします。
手軽に素早く望み通りの食事ができるPシリーズのキッチンもいいのですが、
こうやって食材一つでも歩いて採ってくるdosの仕様も味があって良いのではないかと思います。

次回作に食事があるとして、どんなシステムが採用されるでしょうか……。
自分は基本いつでも食材が選べるPシリーズのキッチンスタイルで良いと思いますが、
効果をある程度自由に組み合わせられるカスタム飯も自分で採ってきた食材で作れるようになると良いかなぁ、
などと思っています。(要はPとdosのシステムを混ぜた感じですね)
あと料理ごとにグラフィックを変えて欲しいとかむにゃむにゃ(爆)

キッチンスキルに助けられたり、ドンドルマで食材に対する拘りを拝見する機会が多いこの頃、
自分の分身が何百回と食べてきたであろう食事についてふと考えてみたくなり、今回の記事を記してみました。
世のハンターたちが避けて通れぬ食の道。きっと狩り同様にそれぞれのスタイルがあるのでしょうね。
こういう細かいところにも拘りが持てるようにシステムが進化していけば素敵だな、と思います。


さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します(ぺこり)

皆様もどうぞ、美味しい食事を^^
  1. 2008/08/23(土) 20:05:50|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<嵐貫く風 | ホーム | グッドガンスと風の壁>>

コメント

お食事

こんばんは。
ご無沙汰してます。

自分もdosの食事システムが結構好きでした。
dosではハンターの生活感を出したかったとのことで導入されたシステムらしいですが
食材集めが楽しかったですね。
人が集まらないときなんかに銀シャリ草を取りに行ったり。
Pシリーズはボックス内調合ができたりと楽にはなりましたが
随所にあったハンターの生活感がなくなりつつあるのは少し寂しい気もします。

私の食事は基本的に黄金芋酒とチーズですね。
こんなものばかり食っていると痛風になりそうな気がしてしょうがないですw
それでは。
  1. 2008/08/24(日) 02:09:48 |
  2. URL |
  3. Sasaming #mQop/nM.
  4. [ 編集]

食材求めて3000歩>Sasamingさん

いらっしゃいませ!こちらこそご無沙汰しております(ぺこり)

食材集めの同志がいらっしゃった事に少なからずほっとしております。
季節を間違えて高級食材で腹を壊した日々が今となっては少々懐かしく。
あの仕様に関してはまさに「生活感を出したい」という狙い通りの効果が出ていましたね。
空振りが多いdosの新仕様の中では割と輝く存在だと思います(笑)

Pシリーズでシステム周りがどんどん便利になっていくのは良い事だと思うのですが、
同時にハンターが一から十まで準備を整えて狩りに臨むというような雰囲気、
Sasamingさんが仰るような生活感は薄れていきつつあるように感じますね。
(Pシリーズは携帯機用なので、そういったものにかける時間を敢えて短縮させている節がありますが)
利便性とハンターの生活感、この二つが上手く共存できるような環境が出来上がれば良いのですが……。

スタミナ重視の食事がメインですかー。弓師さんらしいなぁと思います^^
しかし確かにそればかりだと痛風が出そうな感じがしますね……
あ、でもハンターは狩場で肉も食べますし、場合に応じて魚も食べたりしますので大丈夫?かもです(爆)
でもたまには魚介とご飯でカルシウムなども補給してあげてくださいねw

今回はコメントを頂きましてありがとうございました(ぺこり)
またいつでもお越しくださいませ。そしてどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/08/24(日) 06:06:58 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/200-f63f345f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。