老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黒風唸る

ラームです(ぺこり)

どうも近頃眠くなるのが早く、難儀しています。
そんなに疲れているとは思っていないのですが、どこか悪いのか……。
ドンドルマにももっといたいのですが、寝ぼけまなこで参加しては他の方に迷惑なので自重せざるを得ません;

そんな中でも空いた時間には昨日記した通り、主に黒風で三龍戦に挑んでおります。
まずは慣れるために三龍共に適度に行っておりましたが、
立ち回りそのものはだいぶ慣れてきたように思いましたので当面の標的をクシャルに絞る事にしました。

クシャルはこれまで三龍の中では最も時間がかかっている相手でして、
なんとか時間を縮めたいと思いつついつもの回避距離UP&貫通強化装備であれこれ。
何度か戦ってみてどうにか二戦目5分針まで安定するようになって来ましたが、一戦討伐にはまだ遠いような感じです。

主力弾である貫通弾を頭(30%)→背中(30%)と通して行きたいのですが、
障壁が発生している時は背中の肉質が上がっている(20%)のが厄介ですね。
先に通常弾で頭を狙って障壁を消すか、それとも貫通弾の回転を重視して障壁ごと撃ち抜くか……。
また一戦討伐には総合的な火力が及んでいないように思いますので、
立ち回りとスキルによる攻撃力の上昇がもう一、二手ずつは要るようです。

そういえば毒弾の使用や、どのLVの貫通弾を調合するかも考えないと……
今まで正面から向き合ってこなかった取り組みだけに、本当に考える事だらけです(笑)

風の龍と黒き風

それでは本日は非常に短くて申し訳ないのですが、この辺りで失礼します(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/08/19(火) 19:53:52|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<グッドガンスと風の壁 | ホーム | 撃てと囁くモノ>>

コメント

なんというか

ガンナー経験値がまるで違うラームさんに、かじった程度の私が意見するのもなんですが、
どんな弾を使うのか? 状態異常は狙うのか? 調合するのはどの弾か?
なんて悩みこそがガンナーの醍醐味だと最近思うようになりました。
黒グラは毒が効くから毒弾を使おう、水冷弾を調合するのもいいな・・・・・・
なんて、相手にあわせて色々と戦術を組み立てる楽しさ。
これこそがガンナーの醍醐味なんじゃないかなぁ~と思いました。
記事とあんまり関係のないコメントですいません。
私もガンランスで一戦討伐目指してみましょうかね・・・・・棘の道ってレベルじゃない気がしますが。

  1. 2008/08/20(水) 15:44:36 |
  2. URL |
  3. Night #-
  4. [ 編集]

 お盆返上の業務でお疲れのようですね。クシャをヘビィにて、1戦討伐ですか!? 大体私は弓でクシャに挑んだ際に、矢が跳ね返ってきて驚いた事で、弾も跳ね返ってくるのではないかと勘違いを・・・大丈夫なのですね・・無知とは恐ろしいものですw 
 最近錆びたブログの管理人に、スペシャリストを集めてkaiをやる。との声をかけられ、何故か双剣縛りキャラで2ndを作成する事と相成りました。PC無いのでkaiも何もないのですがw とりあえず、慣れない武器で頑張ってみたいと思います。
  1. 2008/08/20(水) 19:21:33 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

お返事>Nightさん、Gouさん

--------------------------------------------------

>Nightさん

いらっしゃいませ^^

戦術を自分の得物や相手に応じてあれこれと練っていく事、楽しいですよね(笑)
もちろん近接武器での狩猟においても戦術の組み立ては楽しいものですが、
一つの武器で多彩な戦術がとれる遠距離武器においては更に深い楽しみがあると思っています。

限られた時間の中で数ある戦術からどれを採用し、どれを諦めるのか。
そしてクエスト全体の中でそれらの戦術をどのように散りばめていくのか。
頭を悩ませ、何度も試行を繰り返した末に達成に辿り着いた時の感動はなかなか得難いものがあります。
戦術を組み立てる楽しさ。それはまさにNightさんが仰るようにガンナーにとっての醍醐味の一つかと思います。
どうぞ存分に楽しまれてみてくださいませ^^

基本的にガンランスは一点突破型の武器ではなく、
戦局を維持しつつ安定したダメージを与えていく武器だと感じていますので、
制限時間の短いGクラス古龍の一戦討伐には少々厳しいところがあるかもしれません。
しかし砲撃などが有効な場面もありますので、詰めて行けばなんとか……?とも思いますが。
可能性があるとすれば真黒銃槍かデアヴェルトくらいでしょうか……ううむ。

--------------------------------------------------

>Gouさん

サービス業は他の方が休みの時が一番忙しいので、難儀をしております;
実家にも一度戻ってお墓参りにも行って来たいのですが……。

クシャルの風バリアはなかなか強力ですが、跳ね返ってくる弾は実は限られておりますね。
貫通系・状態異常弾系・散弾などは反射せずにバリアを貫通します。
逆に単発弾だと火炎弾やペイント弾みたいなものも跳ね返してきますが(爆)
ちなみに弓だと状態異常ビンを付けていると貫通するようになるそうで、
強力な無属性弓を使ってクシャルに挑む方などは小技として使っておられるとか。色々やりかたがあるものです。

錆びたブログさんではなかなか面白い展開になってきておりますねw
Gouさんは双剣担当ですか……
個人的にP2シリーズの双剣は地味に良い調整が加えられ続けて来ていると思っています。
これを機会にじっくり楽しまれてみてくださいませ。その後の展開も楽しみにしております(笑)

--------------------------------------------------

今回はコメントを頂きましてありがとうございました(ぺこり)
またいつでもお越しくださいませ。そしてどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/08/21(木) 18:58:04 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/198-12b06122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。