老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雷光を越えて

ラームです(ぺこり)

オリンピックでは日夜各国の選手たちが技を競い合っておりますね。
薬物、判定の疑惑や国同士の軋轢などが取り沙汰される事もありますが、
それでも選手たちが修練の成果を発揮し、一心に高みへ向かって進むその姿はやはり単純に美しいと思います。
もちろん自国の選手に頑張って欲しい思いはありますが(笑)、
国籍に関わらずより多くの選手が全力を出し切り、悔いの少ない結果を得られる事を祈ります。


さて、それではモンハンの話題へ。

数日前にギルドカードをふと見てみましたら、モンスターの討伐数が概ね100を越えていました。
おお、結構やったもんだなぁ……と思ってページを見直していると、
ギルドカードに記載され、かつ100頭討伐の称号が付くモンスターの中ではキリンのみ70数頭というところ。
ならばこの際ガンランスでは苦手としている対キリン戦の修行を兼ねて100頭まで行こう、と思い立ちました。

99頭目までは村下位~集会所上位で対キリン戦の戦術を練磨し、
100頭目を卒業試験としてGクラスのキリンに挑む事にして修行開始。

修行時代

しかし……倒せる事は倒せるのですが立ち回りが全く安定しません。
楽勝の時はあっけなく倒れてくれるのですが逆に追い込まれる事も多く、
一度などは村下位のキリンに残り1ミリの体力まで追い込まれる有様。

あーでもないこーでもないと連戦するうちに、あっという間に99頭目を討伐してしまいました。
やむを得ないので、とりあえずそれまでの20数戦で得た事を糧にとにかくも卒業試験に挑んでみる事に。

さてどうなります事やら。




挑むクエストはG☆3クエスト『山紫水明の地』です。
もう一つの『雷電』でも良かったのですが、古塔の戦闘曲が好きだったりしますのでこちらで。



【装備と食事】

砲撃戦装備

武器:スノウギア=ドライブ

頭:剣聖のピアス
胴:スティールSメイル(銃器珠×1)
腕:ハイメタSアーム(大砲珠×2)
腰:バサルUフォールド(鉄壁珠×1)
脚:ハイメタSグリーヴ(大砲珠×2)

防御力:527(爪護符あり)
スキル:砲術王・ガード性能+1・心眼

食事:リュウノテール×シモフリトマト(体力40UP&攻撃力大UP)
キッチンスキル:ネコの体術【小】・ネコの防御術【小】

本当は夜叉・真などを用いて素早く体勢を立て直す事を重視した装備を作ろうかとも思ったのですが、
敢えて日頃用いる装備で行ってみる事にしました。



【持ち込んだアイテム】

<ポーチ1>
 ・活力剤(10)
 ・ケルビの角(10)
 ・薬草(10)
 ・回復薬(10)
 ・回復薬グレート(10)
 ・秘薬(2)
 ・元気ドリンコ(10)
 ・こんがり肉(10)

<ポーチ2>
 ・素材玉(10)
 ・ドキドキノコ(10)
 ・砥石(20)
 ・調合書1
 ・調合書2
 ・調合書3
 ・調合書4
 ・調合書5

<ポーチ3>
 ・いにしえの秘薬
 ・モドリ玉
 ・鬼人薬グレート(2)
 ・硬化薬グレート(3)
 ・守りの護符
 ・守りの爪
 ・力の護符
 ・力の爪

ここまでの連戦で被弾せずに戦う事は無理だと分かりました(爆)ので、
いにしえの秘薬調合セットを持ち込んでキリンに押し負けないように回復体勢を整えました。
また、砥石や集中回復など時間を大きく使う場合のためにモドリ玉も調合材料を持ち込んでいます。



【基本戦術】

砲撃を主軸としてダメージを与えていきます。
基本的にエリアの隅近くで武器を展開したまま待ち構え、
キリンの突進やケルビステップを近くで止められるようにしておきます。

攻撃のチャンスは落雷時ですが、前脚を振り上げる周囲落雷の場合は手を出さずに。
間合いに気をつけて砲撃を主軸に攻撃し、必ず水平突きなどに繋げてステップで左に回避。
避けた後は左に歩きながらキリンの出方を窺い、攻撃可能な落雷が来るようなら再び攻撃を行ないます。
(上記は基本姿勢です。
 もう少し詳しく書きたいのですが、とにかく動きが素早くて自分もその時々に応じた直感的な対応しかできません)

ホーミング落雷のモーションに入った場合は可能な限り武器をしまってキリンに近付きながら回避。
その後に威嚇モーションに入った場合は竜撃砲か砲撃を交えた連続攻撃を。
古塔のキリンは非常に大きく、上方突きでも角に届かないので通常時の角への攻撃は諦めます。
(斬り上げは下からすくい上げるため、脚などに当たってしまう)

切れ味が黄色までは上記の戦術で交戦し、オレンジになったらモドリ玉を使ってスタート地点に戻って体勢を整えます。



【討伐記録】

いよいよクエスト開始です。
秘境に降りる手前のスタート地点で硬化薬グレートを飲み、こんがり肉を食べたら意を決して飛び降ります。

秘境に到着。さっそくエリアを見渡してみますと……いました。結構な大きさのキリンを発見。

こちらに気付いていませんでしたので、これ幸いと先制攻撃。
一瞬動きを止めましたので竜撃砲も撃ち込んでいます。なかなか幸先の良いスタートです。

しかしここからはやはりといいますかキリンのペースで戦闘が進みます。
あの広い秘境を狭いと言わんばかりに駆け、跳ね回るキリン。
まともに追いかけても効果的な打撃を入れられない事は分かっていますので、
エリアの隅の方でひたすら待ちながら近づいて来たキリンに砲撃を叩き込んでいきます。

威嚇以外はほぼ全く隙のない幻獣を相手に、緊迫した時間が続きます。
特に怒り時などは割と生きた心地がしませんが、攻撃しなければ討伐はできません。
半分以上運を天に任せて、次の一手を決め打ち(相手の出方に関わらず先に決めておく事)しながら立ち回ります。

20分くらいまではこれまでの連戦が活きたのか、こまめに削られてはいきますが致命打はありませんでした。
しかしついに、20分半ばに起き上がりに突進を重ねられて力尽きてしまいます。
さらにこれで集中力が切れ、すぐ後の25分針にこれまた連続の落雷突進で力尽きるラーム。

こりゃダメかな……という思いが一瞬頭をよぎりますが、物資もまだ残っていましたので続行。
どうも自分は諦めが悪いようです。

気持ちを落ち着けながら、1回目に力尽きた時は忘れていた鬼人薬グレートと硬化薬グレートをしっかりと摂取。
体勢を十分に整えてから三度秘境に降り立ちます。

安全なパターンで攻撃できる相手ではないので、戦術は変わりません。
こちらの勘が冴えるか冴えないか、そして回復の物量と使用タイミングが全てです。
ここからは上手い具合に被弾の間隔を空けながらの戦闘を継続。
ダメージは受けていますが、適宜回復して攻撃を重ねていきます。

と、キリンが明らかに怒りにくくなりました。どうやらこちらの攻撃もしっかり通じている模様です。
残る怒りはこれまで通りならばあと1回。俄然やる気が湧いてきました。
連続で攻撃を受けたり、モドリ玉をケルビステップで邪魔されてあわやという場面もありましたが、
どうにか切り抜けつつ追い込みをかけていきます。

残り10分。回復薬グレート、回復薬共に枯渇。残りは薬草といにしえの秘薬数セット分のみです。
ここでおそらく最終の怒りに突入したキリンに対し、迷わずモドリ玉を投げるラーム(爆)
被弾を確実に避けれず、回復が心許ない状況で怒っているキリンをまともに相手にするのは自殺行為です。

十分に体勢を整え、精神的にも少々休憩を取ってからこれを最後の突入とするべく飛び降ります。
この時キリンはまだ怒っていましたが、しばらく余裕を持って回避モードでウロウロしているとすぐに怒りが収まりました。
再びエリアの隅でスノウギア=ドライブを展開し、キリンを待ち受けます。

ケルビステップで突っ込んでくるキリンの勢いも、ここまで来るとさすがに若干衰えているかのように感じます。
これをいなしてすぐ後ろのエリア隅でステップを続けるキリンに向けて竜撃砲を発射。キリンが大きく吹き飛びました。

チャンスです。体勢を立て直したらすぐに角に向かって踏み込み斬り上げ→水平突き→切り上げへ。
立ち直ったキリンの突きかかりをステップで避け、背後から砲撃。
この後キリンの周囲をくるくると回りながら攻撃を続け、なかなか良い感じにダメージを蓄積させる事ができました。

しかしキリンもさるもので、実に粘ります。
落雷や体の大きさを活かした突進でラームの体力と、残り少ない回復アイテムを削っていきます。

ラームの体力が尽きるのが先か、キリンの体力が尽きるのが先か。
いずれにしても終局が近付いた持久戦。

最後の一撃を以てその苦闘を制したのは……ラームとスノウギア=ドライブでした。

雷光を越えて

かくしてキリンの討伐に成功。要した時間は43:11(残り時間06:49)でした。

持久戦の果てに

装備一式



【討伐を終えて】

思いっきりグダグダです(死)
防御・回避が確実でない分を回復アイテムの物量で補ういわゆる『ごり押し』での勝利ですが、なんとかかんとか。
キリンは機動性と一撃ごとの威力が低いガンランスにとっては鬼門である、という事を改めて確認しました。
次回作では落雷をガードできるようにガード範囲+スキルとか実装していただけませんか……(滅)

ラームとスノウギア=ドライブにとってある意味超巨大種以上に苦しい一戦となりましたが、
それをどのような形であれ一回で越せたのは嬉しい事でもあります。
もう二度とガンランスでキリンとは……と達成直後は思わなくもなかったですが、折を見てまた腕を磨こうと思います(笑)


<残った消費アイテム>
 ・薬草(5)
 ・元気ドリンコ(9)
 ・こんがり肉(7)
 ・砥石(9)
 ・素材玉(4)
 ・ドキドキノコ(4)
 ・モドリ玉
 ・活力剤(1)
 ・ケルビの角(1)
 ・鬼人薬グレート(1)
 ・硬化薬グレート(1)



さて、それではこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/08/16(土) 20:19:05|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<撃てと囁くモノ | ホーム | 『一時休戦といこうじゃないか』>>

コメント

正直言って

老山龍や黒龍、紅龍の討伐報告の時以上にビックリしました。
ガンランスの天敵Gクラスキリンをまさかスノウギアドライブで倒してしまうとは・・・・・・。
砲撃⇒ステップで左に回避という戦法は私もよく使います。
ですが、スノウギアで、というより砲撃タイプ通常でそれをやると考えるとゾッとします。
私はいつもキリンにはナナソレイユで行きますが、やっぱり通常と拡散だとダメージ差が・・・・・・・。
通常型のほうがリロード回数が少なくなるってのはあります。
が、VSキリンは結構リロードチャンスあったような(明後日の方向への突進とか)。
とにかく、キリンには私もずいぶん苦しめられたので、今回の記事を読んで、改めてラームさんとスノウギアドライブを尊敬しました。すごいです。
  1. 2008/08/17(日) 11:30:00 |
  2. URL |
  3. Night #-
  4. [ 編集]

雷撃対砲撃>Nightさん

いらっしゃいませー^^

今回の挑戦は、まさに以前Nightさんからお聞きした体験談が原動力となっております。
題材をお借りして申し訳ありません;
いやしかし予想はしておりましたが、本当に厳しい戦いでした。
倒せるかどうかに関してはキリンの体力は少なめという事もあって危惧はありませんでしたが……。

「Nightさんはどんな感じで戦われているのかなぁ」などと考えながらやっていたのですが、
基本戦術としてはあまり変わりないのでしょうか。最終的に行きつく所は同じという事ですか……(笑)
最終的にGクラスキリンに挑むまでに色んなガンランスを用いてみましたが、
落雷に対してより安全な間合から攻撃するなら放射型、転倒→角への通常攻撃狙いならば拡散型が有効ですね。
通常型は……仰られるとおりキリンに対してはメリットがないようです><

称賛のお言葉ありがとうございます^^
しかし自分にとってはこの道の先駆者はまさにNightさんでいらっしゃいます。
最初にガンランスでキリンを……と思い立たれてから達成されるまでの苦労を思う時、
自分でもその苦しさを味わっただけになおの事尊敬の念を抱かずにはいられません。
今回そうした尊敬できる狩人に少しでも近付けたのであれば、本当に嬉しいです(笑)

今回もコメントを頂きましてありがとうございました(ぺこり)
またいつでもお越しくださいませ。これからもお互いに良いガンスライフを^^b
  1. 2008/08/17(日) 18:19:44 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

 古塔のキリンをスノウギアDで倒してしまうとは・・・
古塔に住まうキリンってビッグサイズなのがよく出るのであんまり行きたくないクエではあります。あの素早さによくもついていけるのが凄いところ・・・私ではクリアすらできない可能性が大だと思いますOrz 
 お盆で帰省した際に、クラス会で友人の一人と話したときに、P2Gをプレイしているとのこと・・・アカムを倒せずにいるらしいのですが、非常に楽しんでいるみたいです。探せば近辺に隠れたハンター達がいて、このゲームが多くの人達に愛されているのを感じて、何故か誇らしげな気持ちになってしまいました。
  1. 2008/08/18(月) 17:43:13 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

隠れた同志>Gouさん

いらっしゃいませ^^

どうにかやっつけましたが、思った以上に大変でした;
そういえば秘境のキリンは大きいですね……。
突進に交差砲撃を合わせるには体が小さい方が良いのでして、クエスト選択を失敗したかもしれません><

いやいや、あの素早さには自分もついていけておりません(笑)
ひたすらエリア隅で待ち受ける消極的な戦術で、キリンの機動力をどうにか半分くらいにしつつ戦っておりました。
それでもストレスが非常に溜まる戦いになるのは必至ですので、ガンランスでキリンはあまりお勧めしませんですw

ほうほう、ご友人が……そういうところで繋がる話題があると良いですよね^^
良い感じに楽しんでいらっしゃるご様子で、何だか自分まで嬉しくなってしまいます。
これからもより多くの人がモンハンに楽しさを見出されて、新しい“道”が生まれると素敵だなぁと思います。
自分の周りにも隠れハンターがまだいるかもしれませんね……ちょっと調べてみましょうw

今回もコメントを頂きましてありがとうございました(ぺこり)
またいつでもお越しくださいませ。そしてどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/08/18(月) 19:48:16 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

灰銀改め舞斗



やはりというか何というか‥‥。Gキリン討伐、おめでとうございます。

しかも雷電ではなく、山紫水明とは、ただただ驚くばかりですね。




ちなみに、私も以前のデータ (以前はGクラスまで進み、ウカムも倒していましたが、諸事情により1からとなってしまいましてorz) では、何度か戦った事があるのですが、その大きさと鬱陶しさからキリン戦は殆ど雷電の方に行っていまして(苦笑

雷電は雑魚がいるとはいえ、戦っていれば自然と枯れますし、キリンのサイズも小さめですしね。




私もいつしかガンランスでキリン、と行きたい所ですが、今の腕では確実に丸コゲにされるのが目に見えていますので(笑



いやはや、ラーム様とスノウギアドライブのタッグに敵は居ないのでしょうか?(笑

次の討伐報告も楽しみにしています。
  1. 2008/08/21(木) 01:43:21 |
  2. URL |
  3. 舞斗 #ogz9v/Dw
  4. [ 編集]

幻獣とまみえて>舞斗さん

いらっしゃいませー^^

称賛のお言葉ありがとうございます。
キリンの体力的にはいけるだろうとは思っていましたが、やはりキリンの動きに難儀をしました;

ありゃ、まさかメモリースティックがお亡くなりに……ご愁傷様です(涙)
もしPCとUSBケーブルをお持ちの環境でしたら、時々PCにバックアップを取っておくのも良いかもしれません。
自分はGクラスキリンと戦う時は概ね山紫水明の方ですねー。
キリンとの戦闘に徹頭徹尾集中できるのと、あとは記事中でも書きましたようにBGMが好きなのです。
旧沼地での戦いもMHGの頃を思い出して悪くないのですが(笑)

ガンランスvsキリンは辛いのですが、その中に独特の緊張感が生む楽しさがあるような気もします。
いきなりGクラスはアレですので、まずは村下位などで一度感覚を試されてみるのも良いかと思います^^

スノウギア=ドライブでの挑戦は幸か不幸か果てが見えません。
我が相棒はまだまだやれると息巻いておりますので、自分もまだ頑張ろうと思います。
これからも宜しくお付き合い頂ければ幸いです(笑)

今回もコメントを頂きましてありがとうございました(ぺこり)
またいつでもお越しくださいませ。そしてどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/08/21(木) 19:26:46 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/196-10d3dff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。