老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

道は続く

ラームです(ぺこり)

昨夜は少々頭痛がしており、また故あって気分が沈んでいました。
少しでも気分を紛らわそうと思い、薬を飲んで頭痛を鎮めてから温暖期のドンドルマへ。

フレンドリストはあまり点灯していない様子。
上がっておられる“喧嘩師”さんもご友人とクエストに出かけていらしたので、
あまり良い調子ではないし今日はソロでいいかな……と準備をしてクック狩猟に出かける事に。

クエスト自体は大過なく成功に終わり、首尾よく地獄耳を入手。
街に戻ってシールド仕様の超クック砲でも作ろうかなどと考えていますと、喧嘩師さんがご友人と一緒にご来訪。
ご友人の方が竜玉が欲しいのに出ない、という事で雪山の赤フルに行きましょうと提案してみます。
準備中にさふぃさんもいらっしゃって、丁度4人のPTとなりました。




赤フル戦では山麓湖畔(1)での待機から。
他所からのスタートとなった自分が集合場所に向かうと、
さっそく赤フルの着地点に落とし穴と爆弾が仕掛けてありますな。
さらに拡散弾で先制射を加える、とのさふぃさんの言葉。

うむ、盛り上がってきました(爆)
意識していらっしゃるのかどうかは分からないのですが、
さふぃさんは支援の腕のみならず味方をノせるのが非常に上手いように思います。
こちらも先制射に便乗するべくヴォルキャノンに拡散弾を装填しておきました。

ややあって赤フルが飛来。
落とし穴に嵌った赤フルに爆撃が加えられた後、近接を担当された喧嘩師さんとご友人が怒涛のラッシュ。
先制攻撃が終わった後も的確な攻撃が加えられ、胴体、頭と首尾よく部位破壊がなされていきます。
その頃の自分はと言いますと、立ち回りが近すぎて噛みつきを一撃もらった後、
起き上がりにさふぃさんからの回復弾をシールドで受け止めたりしていました(滅)

最後は東側中腹(6)に逃げた赤フルを追い詰め、動きが止まったところを連続転倒や怯みで拘束して成敗。
ご友人にも首尾よく竜玉が出た模様です。良かった良かった。
何か「こんなにいらないのに」という声が聞こえた気がしましたが、良くある事なので気にしません(爆)


その後は密林ザザミ、雪山ドドへ。

特に圧巻だったのは雪山ドド戦で、4人ともガンランスでの出陣となりました。
喧嘩師さんがブラックゴア、ご友人が龍木ノ槍、さふぃさんが銀火竜銃槍で自分が盾蟹銃槍とよりどりみどり。
もう出撃前から鼻血が出そうでしたが、お楽しみはこれからです。逸る気持ちを押し隠して雪山に向かいました。

さて、この一戦をどう記せばいいのか……自分にとっては非常に心躍る一時でした。

とにかく常にどこかで砲声が轟くよう状況で、ドドが動きを止めれば四方から竜撃砲が炸裂。
ドドの素早い動きを恐れない、肝の据わった竜撃砲の撃ち方を拝見したりして学ぶ事も多くありました。

位置取りや立ち回りもガンランス4本なのに皆さん非常にしっかりされており、
自分はついに吹き飛ばされる事がなかったような……(そして自分は何度か味方を吹き飛ばしていましたorz)

最後は巣に逃げ戻ったドドを喧嘩師さんが落とし穴に嵌めて、竜撃砲四門の一斉射。

……これをロマンと言わずして何と言う!
(本当に、可能であれば動画として保存でもしておきたかったです(笑)

残念ながらこの一斉射では決着が付かなかったものの、少ししてドドの討伐に成功。狩猟達成となりました。

とても楽しかったのですが、自分にとっては反省点もいくつか。
特に思ったのは、シビレ罠と落とし穴は持って行くべきだったなぁ……と。
ガンランスが4本揃うというのは珍しいケースですが(笑)、この編成だと罠が非常に活きます。
もちろん戦術的にも意味のある事ですが、
竜撃砲を一斉に叩き込むチャンス……即ち精神的同調を図る機会を作れる事が実に大きい(笑)
これもあまり意識されていない事なのかもしれませんが、刺激を受けました。
クエストを盛り上げ、楽しもうとする意気込み。自分はまだまだのようです。

と、この日はもう時間も遅く、ここまでで散会。皆さんと別れの挨拶を交わしてジャンボ村への帰途に着きます。


今回の狩猟は自分の鬱々とした気分を文字通り吹き飛ばし、大きな活力を与えてくれました。

一つの物事と向き合い、付き合っていく中には楽しい事ばかりがあるわけでありません。
不愉快な事や辛い事、我慢がならない事も多くある。自分はその事を今まさに噛みしめています。

しかしそれでも自分は『モンスターハンター』における狩猟を楽しいと思っているし、
その楽しみをもっと深く追求して行きたいと思っている。
色んな思いを抱いた上で、歩みを止めずに一つ一つの狩猟をしっかり楽しんで行こう。

そんな事を改めて強く思った、ドンドルマでの一日でした。


さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/08/08(金) 19:38:17|
  2. MH dos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<照準砲撃 | ホーム | しるべ失われようとも>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/191-d9b3a79b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。