老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

しるべ失われようとも

ラームです(ぺこり)

狩人が“道”を断たれる様を目にするのは、その道行きを拝見する事が好きな自分にはとても辛い事です。

去年は数多くそういう光景を目にし、外野でありながら胸が締め付けられる思いをしました。
今年は“開拓地”も落ち着いてきた事だし大丈夫だろうと思っていましたが……その矢先にまた一つ。
それぞれの原因に対して言いたい事は山ほどありますが、ここでは記しません。

それまでの道行きに満足して自ら歩を止められたのであれば、寂しくはありますがそれで良いのでしょう。
しかし外的な要因でその“道”が断たれた、その方の無念や憤りはいかばかりのものか。
また、その狩人と繋がりを断たれた猟友たちの感情はどのようなものか。
そういった事に思いを馳せると胸が痛み、また何もできない自分を悔しく思います。

去年はその思いが強まってモンスターハンターをやめようと考えた事もありました。
しかし今は、狩場に立ち続ける事が自分にできるせめてもの事ではないかと考えています。
彼らの歩みを覚えている自分や他の狩人たちが狩場に立ち続けている間は、
彼らが真摯に取り組み、その足跡を刻んだ“道”はまだ完全には絶えないだろうと思うのです。

もちろん、自分が心の底からモンスターハンターを楽しむ事も忘れずに。



狩場を去らざるを得なかった、道標たる狩人たちの新たな道行きに光あれ。

そして願わくば、その道が再び素晴らしき狩場へと至らん事を。
  1. 2008/08/07(木) 15:50:46|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<道は続く | ホーム | 偉業と弱点の間に>>

コメント

“道”を断たれる・・・ラーム(又はフレの方?)さんに何が起こったのか、凄く考えてみたのですが、憶測でしかない意見になってしまうので、発言は控えておきます。
 私がドスをプレイしはじめてから、ある程度経ったときに、かなりの数のハンター達が銀河へと旅立っていきました。P2Gになっても、ドスのときとおなじように銀河に旅立っている方達が多数いたと思います。
 私は元同僚の夫婦にP2G面白いよ・・・とたき付けた結果、夫婦はポッケ村へとその姿をみせることとなりました。一人では得られない楽しさ。それがMHにはつまっていると思いました。私はもうすこし、P2Gを楽しむことができそうです。
  1. 2008/08/09(土) 11:31:43 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

一時を共に歩く>Gouさん

いらっしゃいませ^^

詳しくは記しませんが、今回狩人としての“道”を断たれてしまったのはdosで狩猟をご一緒させて頂いた方です。
その理由もご本人の意志によるものでないところが大きく、
狩猟の様子を見ていて眩しく思うほどに楽しまれていた方が狩場に行きたいのに行けない、
その状況を見守るしかできない時、無念さと無力感に囚われずにはいられませんでした。
そんな感じでここ数日は少々憂鬱な気分でしたが、今は気を取り直してドンドルマやポッケ村に赴いています。

去る人がいて、来る人がいる。
それは複数の人が関わる一つの“場”においては、ある意味当たり前の事なのでしょうね。
ならばせめて自分は、その人と共に楽しむ時間を精一杯大事にして行こうと思います。
自分もまだまだP2Gを楽しんで行くつもりです。どうぞ少しと言われずに(笑)、Gouさんも楽しまれてくださいませ^^
(と言っても今の時期に新たなお仲間を引き入れられるのですから、心配は全くありませんねw)

今回もコメントを頂きましてありがとうございました(ぺこり)
またいつでもお越しくださいませ。そしてどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/08/09(土) 14:09:44 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/190-e4ec760b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。