老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『死闘!角竜ディアブロス』(クロオビソード編)

ラームです(ぺこり)

今回から教官チャレンジは集会所☆5『死闘!角竜ディアブロス』(砂漠・昼)編に入ります。

角竜ディアブロス。
強さと速さ、そして脅威の体力を併せ持ち、追い込まれてからも怒りでさらなる力を見せつける暴君。
多くのハンターにとってそうであるように、自分にとってもこの飛竜はモンスターハンターシリーズを通しての難敵です。
教官装備でこの難敵に挑む日が来るとは……(村でやってはいますが)

今回の得物は片手剣・クロオビソード。
近接では片手剣で挑む事が多いため、立ち回り自体は何とかなるはずですが……では、いざ!

【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・こんがり肉G×10
・ペイントボール×20
・音爆弾×6
・砥石×20
・クーラードリンク×5
・角笛
・小タル爆弾×10
・大タル爆弾×3
・大タル爆弾G×2

開戦合図の角笛と音爆弾が入っています。
音爆弾が6個なのは支給品のものを合わせて10個にするためですが、
10個持ち込みで支給品は別途使用でも良かったかもしれません。



【基本戦術】

・潜行突き上げ→尻尾振り
・タックル回避後
・突進の出かかり
・ショートレンジの突進後
・振り向き噛みつき
・咆哮のガード後

上記の行動時に脚を狙って攻撃していきます。
転倒したら尻尾へジャンプ斬り→斬り上げ、振り下ろし、横斬り(状況によって手数を減らす)→回転斬り。

音爆弾で飛び出した時には大タル爆弾があれば一個ずつ使用。なければ翼膜部分を狙うようにして攻撃。
大タル爆弾Gは壁に角が突き刺さった時、角を破壊するために使用します。



【狩猟記録】

砂漠に到着。
いつもながら、ディア戦では開始時から独特の緊張感を感じます。
(自分にとって、ディア以上の存在感を持つ大型モンスターは他にまだいないです)

しかしまだ相対してもいない相手に呑まれていても始まりません。
支給品ボックスを開け、携帯砥石・応急薬・音爆弾を取り出してから井戸に飛び込み、地底湖(エリア6)へ。
地底湖からさらに川辺(エリア7)に向かいます。

川辺に進入してもディアの姿はありませんが……
静かな圧力というのでしょうか、この張り詰めた圧迫感たまりません(爆)

さっそく開戦の合図、角笛をかき鳴らしますとすぐそばの地面からディアブロスが飛び出しました。
いよいよ狩猟開始です。

まずは中央の岩へ突進を誘い、動きを封じます。
さっそく角折り……といきたいところですが、まずは両方の脚に一回ずつ怯みを発生させておくために脚に斬りつけます。
(2回目以降の怯みで転倒のため)

脚へのダメージ蓄積が済んだら大タル爆弾Gを使って角を折ります。
狩猟時間の短縮を考えるなら折らずにいた方が攻撃の機会が増えるのでしょうけれども……
やはり、この暴君の象徴たる二本の角をへし折ってこその勝利だと思えるのです。
(おそらく4本角辺りではそうも言ってられなくなると思いますが、ここではまだタイマンなので)

角はこのエリアで首尾良く二本とも折れ、後は基本戦術を主軸に戦闘を進めていきます。

……しかし手応えがない!(もちろん肉質的な意味で(死)
脚の肉質は30%なので、基本シュカシュカと気のない斬撃音が響く事になりますね。
弱点の尻尾はリーチのない片手剣では転倒させて狙うしかありません。
(咆哮ガード時などに狙う手もありますが、自分の腕では尻尾の背中肉質に当たる事が多々あり、安定しません(汗)

そうこうしているうちに5分針。ディアは高台広場(エリア3)へ移動しました。
体勢を整えて追撃します。

しかしここまで大技の直撃は全く受けていませんが、気になったのが潜行開始時の攻撃判定での削りです。
特に怒り時にこれを食らってしまうと結構なダメージ(薬草1つ分程度)になってしまいます。
いずれ上位で戦う時のためにもどうにかこれを食らわないようにしたいところですが……
とりあえず、怒り時の振り向きには注意して手を出す事に。

高台広場での戦闘では途中ゲネポスに麻痺させられるシーンがありましたが、どうにかディアからの直撃だけは回避。
やはりこの辺りはまっさきに掃討しなければなりませんね(死)
このエリアは程よい広さで戦いやすいのですが、ディアの滞在時間は短いのが特徴です。
ある程度戦ったところでディアは再び川辺に。

ここからは川辺と高台広場を往復しながらの戦闘となりました。
途中、突進は回避したもののその後の角振り上げに当たって空中遊泳や
タックルを奥へ回避しようとしてディアの足に引っかかって直撃という失態を披露しつつ、
25分針の時点で常時怒りを確認。

ティガならばクエストクリア同然の状況ですが、この砂色の暴君はここからが真骨頂です。
攻撃チャンスが少なくなり、四苦八苦しながら脚にダメージを蓄積させて転倒→尻尾への攻撃を繰り返しますが、
集中力が低下してきたのか、ここからタックルを二発ほどもらっています。

と、30分針を過ぎてしばらくした頃にディアが移動。
この時、戦闘に集中していたせいでペイントを付け忘れていました。
ディアは一度見失うと再補足に骨が折れる事がある相手です。
次からは千里眼の薬も持ってきましょう(汗)

少し慌てながら、土煙の消えた方向は確認していたので高台広場へ。

……いません(死)
そのまま北の砂漠(エリア2)へ。ここで補足しました。

弱っているとは思えないタフネスぶりを発揮するディアとガチ勝負をする事数分。
足首への一撃でついに暴君が砂漠に伏しました。

暴君の最期

かくして狩猟成功。
クリアタイムは35:09(残り時間14:51)でした。

もう少し時間を縮めたいところ



【反省会】

やはり瀕死になってからが長く感じます(実際10分程度戦っています)。
今回爆弾系を序盤に使用したわけですが、これを後半の常時怒り時に持ってきて一気にたたみかけた方が良いでしょうか。

また、タックルの見切りを今回は何度か失敗しています。
タックルの戻りは重要な攻撃チャンスですので、ここもしっかり避けれるようにしておかねば。
ちなみに回復系の消費は応急薬×8、薬草×6、回復薬×6でした。

しかしやはりディアブロス……疲れはしますが、面白いです!



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2007/11/15(木) 09:14:23|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<狩人の道標・『あるヘビィガンナーの生涯』 | ホーム | 教官への道・集会所☆5『轟竜ティガレックス』(クロオビランス編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/19-78658161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。