老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

攻メ抜ク

ラームです(ぺこり)

本日は日付が変わって数時間してから帰宅しまして、まずは入浴と遅い夕飯を済ませました。
時計を見ると、さすがにこの時間ではdosに上がってもどなたもいらっしゃらなさそうな感じです。

ならばやる事は一つ、とP2Gを立ち上げてポッケ村へ。
待ちかねた様子のスノウギア=ドライブを担いで、一昨日から挑戦しているGクラスシェンガオレン戦へ向かいました。




挑むクエストはG☆3クエスト『迫り来る仙高人』。
標的は超巨大甲殻種、砦蟹シェンガオレンです。

ここまでで5回挑戦し、いずれも撃退に終わっています。
この日もまずは撃退から始まりまして、どうにも思わしくない感じです。

ここでちょっと頭を冷やすために、ネットや公式ガイドブックを基にP2ndから変更になった点を色々と検証してみる事に。
ダメージ計算などをしてみると、やはり上方突きの下方修正が満足なダメージを与えられていない原因であるようです。
このまま以前(P2nd上位)と同じような戦い方をしていても、討伐はおぼつかないだろうとの考えに至りました。

紙とシャーペンを取り出し、準備からクエストの流れ、立ち回りをああでもないこうでもないと書き殴っていきます。
やがて考えがまとまりましたので、さっそく実践してみる事に。
防具とスキルに関しては途中から用い始めていたもので大丈夫という思いがありましたので、そのままにしました。

結果は時間切れ直後の討伐。
(シェンガオレンは時間切れの後でも、ダメージが足りていれば討伐は可能です)
崩れ落ちるシェンガオレンの様子を無念の思いで見守りますが、もちろんこれで納得がいくはずもありません。
また、立ち回りが満足なものでなかった事を鑑みて「これでいける」との思いを確かにしました。

この後の8戦目では残念ながら立ち回りが思うようにいかず撃退。
しかしもう達成が時間の問題である事は明らかでした。
スノウギア=ドライブの性能は十分。ならば……もはや言うまでもありません。

先の防衛戦での反省点をふまえて立ち回りをより強くイメージしつつ、ドンドルマへと向かいました。



【装備と食事】

対砦蟹装備

武器:スノウギア=ドライブ

頭:S・ソルZヘルム(耐震珠×1・爆師珠×1)
胴:シルバーソルメイル(抗震珠×1)
腕:ディアブロXアーム(抗震珠×1)
腰:シルバーソルコイル(爆師珠×2)
脚:ウカムルケマル(爆師珠×2)

防御力:567(護符爪無し)
スキル:攻撃力UP【中】・耐震・ボマー・心眼

3戦目あたりから今回のクエスト用に新調した防具セットです。
珍しくゴージャスな(笑)素材をふんだんに用いたセットとなっています。
(故に、これで何とか討伐したいという思いがありました(爆)
火事場を用いる事も考えたのですが、
ダウンをガードしそこねた時の事と柔らかい弱点を攻撃できる事を考慮して今回は使用しませんでした。


食事:リュウノテール×シモフリトマト(体力40UP&攻撃力大UP)
キッチンスキル:ネコの防御術【大】・ネコの体術【小】・ネコの火薬術

例によって火薬術を用いています。本当にキッチンアイルーたちには頭が上がりません。



【持ち込んだアイテム】

<ポーチ1>
 ・大タル(10)
 ・爆薬(20)
 ・大タル爆弾(3)
 ・大タル爆弾G(2)
 ・小タル爆弾(10)
 ・小タル爆弾G(5)
 ・力の護符
 ・力の爪

<ポーチ2>
 ・ツタの葉(10)
 ・竜骨【中】(10)
 ・回復薬グレート(10)
 ・強走薬グレート(5)
 ・怪力の種(10)
 ・砥石(20)
 ・空き
 ・調合書G

<ポーチ3>
 ・素材玉(3)
 ・ドキドキノコ(3)
 ・空き
 ・調合書1
 ・調合書2
 ・調合書3
 ・調合書4
 ・調合書5

ボマースキルを最大限に活かすべく、爆弾を練金用調合素材も含めて持ち込みました。
スタミナは強走薬グレートで維持し、多少なりとも回復に使う時間を短縮します。



【基本戦術】

シェンガオレンが動きを止めている時は、ヤドと胴体の接合部下に陣取って弱点を上方突きで攻撃。
(ダウンをガードするため、シェンガオレンの後方に向かって突く)
この時大ダウンが発生しそうであれば一撃ごとのシェンガオレンの反応に注意しつつより慎重に攻撃する。

シェンガオレンが拠点攻撃のために動き始めたら脚への攻撃を開始。
各種攻撃のうち、特に立脚酸弾は発射態勢に入ったところに爆弾を仕掛けるなどして可能な限り怯ませる。
他二種の攻撃は怯みが間に合わない事もあるので、
とりあえず脚へのダメージを蓄積させておいて、後の通常モード時に大ダウンを狙う。
なお上位では脚への攻撃は一本に集中させたが、今回は4本とも満遍なく攻撃し極大ダウンも狙っていく。

爆弾の使い所は上記の攻撃阻止の他、拠点攻撃後の立脚モード→通常モードへの移行時にヤドを狙って設置。
これによってヤドの怯みによる大ダウンを安全に誘発する。

ヤドの怯み、ないし通常モード時の脚への攻撃によって大ダウンが発生した場合、
ヤドと胴体部の接合部に入り込み(シェンガオレンの左側からだと入りやすい)、攻撃を行なう。
この時の攻撃方法は弱点に対して垂直に位置取り、水平突き1~3→砲撃のコンボを繰り返す。
水平突きは位置がずれてくるので、攻撃が弾かれるようならステップ後の方向修正などで調整。
この攻撃をいかに的確に行なえるかが討伐の成否に大きく関わると思われる。

なお、竜撃砲の使用はこれで大ダウンが発生した場合のガードや追撃に支障が出るため、やや慎重に。
怯み蓄積の状況を判断して発射する事。



【防衛戦記録】

クエストが始まったらまずは支給品ボックスから支給用大タル爆弾×2とバリスタの弾×8を入手。
ついで連絡通路(1)でバリスタの弾を二つ採取して撃龍槍壁の広場(3)へ向かいました。

上位編と同じく、姿の見えないシェンガオレンに向かってバリスタを全弾発射。
空いたスペースにモドリ玉を調合してキャンプに戻ります。

キャンプでは武器工房の入口でバリスタの弾を5つ採取。
連絡通路でさらに4つ採取して再び撃龍槍壁の広場へ。
スノウギア=ドライブに火薬を装填したらバリスタに取り付き、触角が谷間から除いた辺りから射撃開始。
全弾撃ち込んだらいよいよ下に降りてシェンガオレンに直接攻撃を開始します。

怪力の種を飲んでまずは脚を攻撃。一回目の攻撃(倒れ込み)を脚を一段階破壊して阻止。
攻撃失敗後の後退に合わせて支給用大タル爆弾をヤドに当てておきます。
次に方向転換を始めたのでモドリ玉を調合しつつ完全に向きが変わるまで脚を攻撃し、キャンプへ。
支給用大タル爆弾を取り出したら急いで広場に戻り、撃龍槍を起動。
立脚酸弾の発射態勢に入ったシェンガオレンにヒットし、上手い具合に怯んでくれました。
視点が戻るまでの間に砥石と怪力の種を使い、下に降りて再度アタックを仕掛けます。

この後十分ほどは基本戦術通り、大ダウンを誘発しつつ攻撃を重ねていきます。
特に今回は直接攻撃による大ダウンが発生した後のガードが上手くいっており、
その後の弱点攻撃へスムーズに繋げる事ができていました。
また、大ダウンそのものもほぼ狙い通りに発生させる事ができており、
それを見越した砥石と怪力の種の使用タイミングも良い感じであったと思います。

残り10分を少々過ぎた辺りでシェンガオレンが立脚酸弾の体勢に移行し始めたので、最後のモドリ玉を調合。
キャンプで打ち上げタル爆弾×5をかっさらって広場に戻ります。
広場に戻り二回目の撃龍槍を起動。今回は怯ませる事ができず、拠点に酸弾が直撃しました。
しかしここまで概ね二回に一回は攻撃を阻止できていましたので、そちらの心配はあまりしていません。
下に降りたらさっそく打ち上げタル爆弾(火薬術でGに変化)を全弾脚に叩き込んでから攻撃を継続します。
ここで全ての脚の二段階破壊が完了したので、次の立脚で部位破壊を完成させて極大ダウンを狙います。

と、倒れ込みを一回挟んでシェンガオレンが方向転換を開始。ここが勝負所です。
まずは狙いを定めた脚を攻撃し、爆弾の一撃で怯みが起きるようにしておきます。
それが済む頃にシェンガオレンが完全に立ち上がりました。
スノウギア=ドライブに砥石をかけ、怪力の種を飲んだら酸弾の発射態勢に入ったシェンガオレンの脚に爆弾をセット。
万が一怯まなかった場合に備えて次の爆弾を調合しつつ離脱します。

爆発。脚が一気に元の色に戻りましたが、ここで焦って突っ込んでは吹き飛ばされてしまいます。
シェンガオレンが完全に崩れ落ちたのを確認してからヤドと胴体の接合部に突入し、猛攻を加えます。
ここでは上手い具合にヤドの判定に引っかかり弱点を継続して攻める事ができました。
この間に残り5分のアナウンスが大老殿から響いて来ます。

ここまで調子良く攻めれていた事もあり、あわよくばこの攻勢で……と思いましたが、そこはさすがにGクラス。
意地を見せて踏みとどまったシェンガオレン、再び動き始めました。
しかしこちらも今回は考え得る万全の態勢で出張ってきているのです。
怯み発生のタイミングを間違えないように気をつけつつ、残った爆弾を投入してダウンを奪い、弱点を攻撃します。

と、ついに爆弾が練金調合分を含めて枯渇。残り時間は体感でおそらく2、3分というところ。
これで……!と思って放った竜撃砲は脚に見事に決まりましたが、まだ討伐には至りません。
歯噛みをしつつ残り1分のスパートに備えて砥石と怪力の種で体勢を整えていると、
さすがにもう厳しいのか、よたよたと(何故かこの時は本当にそう見えました(笑)立ち上がるシェンガオレン。
拠点に鋏を振り下ろそうというのでしょう。もうボロボロのはずなのに見上げた根性です。
(こちらも緊張で指が震えたりして切迫した精神状態でしたが……)

しかしそうはさせじと追いすがり、脚目がけて攻撃を叩き込みます。
照準砲撃で一撃入れてから水平突き、水平突き、砲撃、水平突き、砲撃、水平突き……そして締めの斬り上げ。

ファイナル・アタック

もう砲身で殴りつけたかのようなこの一撃が、ついに難攻不落の砦を陥落せしめます。

崩れる砦

かくして砦蟹シェンガオレンの討伐に成功。要した時間は28:30(残り時間01:30)でした。

激戦を終えて

その歩み、なお止まらず



【討伐を終えて】

やはりと言いますか難儀しました……やれやれ;
過去の戦術に固執してしまったのが、今回シェンガオレンに対して難儀をした原因かもしれません。
上方突きに修正が加えられているのは分かっていたのですから、もっと早く思考を切り替えていれば良かったです(滅)

戦略も戦術も、時の流れと共に移り変わって行くもの。
過去の成功は参考にするべきだが、決してそれに囚われてはならないという事を改めて実感させられた気がします。

慢心するのはまだまだ早い。気持ちを新たにして、スノウギア=ドライブと歩いていきたいと思います。


<残った消費アイテム>

 回復薬グレート(6)
 強走薬グレート(3)
 怪力の種(1)
 砥石(13)



さて、それではこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/08/04(月) 06:02:11|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<偉業と弱点の間に | ホーム | 攻メ難シ>>

コメント

乙ガレ様でしたw

 やっぱり討伐に成功してしまうあたり、ラームさんとスノーギアDには不可能がないのかと思ってしまいます。私が初めてG級の砦蟹に赴いた際は、タイムアップと同時に討伐したかのような表示になり、一瞬なにが起こったのか分かりませんでした。クリア後に、やはり討伐したことになっており、驚いたことを思い出しました。時間切れ直後の討伐を良しとしないラームさんの心意気にハンターとしての意地を感じてしまい、無限の可能性をも感じさせてもらいました。
 ※今回のような堅い装備を拝見するのは初めてで、ちょっと新鮮でしたw
  1. 2008/08/04(月) 12:45:23 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

ありがとう

先日は有難う御座いました。
他にも楽しい狩り仲間がいらして短い時間でしたが充実した狩りが出来ました。
これからも研鑽していこうと思っております。
また街で見かけたら相手してやってください。

話はかわってガレオン×ドライブ達成おめでとう御座います。
最近ラームさんのスノウギアドライブが特殊仕様なのかと思えてきました(そんなことはない)
私の持っているドライブとはちがうラームさんのドライブ・・・・
よき狩りの相棒は単なる道具ではなくなるのかもしれません。
シュガシュガさんのブログにもそんなようなことが書いてあったような。
数々の偉業は持ち主と武具との魂の交感がなすのかも知れません。
と、大げさに書きましたがそう思わせる力がこのゲームには詰まっていますね。
では駄文しつれいしました。
  1. 2008/08/04(月) 17:09:41 |
  2. URL |
  3. moto #-
  4. [ 編集]

お疲れ様です。
ウカム装備一つも持っていないのですが、使い勝手いいのですかね?(おかげでウカム行く気力すら沸かない)よく考えたらG古龍防具一つも持ってないかもしれない。それはそれでいいですけどね。

シェンも用事ないので最近行きませんね。ガオレンズホオビーが渋い顔してますが、無視してしまう。(アーティが強すぎるせいなんですけどね)今度シェンいってみるかぁ。

ラームさんの防具センス結構いいですね。僕はフルセットでずっと揃えてしまう人だったので(最近違いますけど)センスに難航しております。
オーダーメイドな防具一式を一度作ってみたいものですねぇ。その時はジーパン(ガブラス)履かせてみましょうかね(笑)

では!
  1. 2008/08/04(月) 19:16:02 |
  2. URL |
  3. サキムラ #pLrNGPhI
  4. [ 編集]

お返事>Gouさん、motoさん、サキムラさん

--------------------------------------------------

>Gouさん

いらっしゃいませ!砂竜的な労いのお言葉ありがとうございますw

Gouさんもタイムアップ後の討伐を経験されていらしたんですね。それも初回とは。
自分は知識としては知っておりましたが、実際にこうなったのは始めてでした。
記事中ではあまり悔しがっていないように書いておりますが、実際は相当に悔しかったです(笑)
その悔しさが次回への挑戦に繋がったといえばそうですので、悪い事ばかりではなかったですが。

そういえば今回は(レア度的に)カラフルな防具セットでの挑戦になりましたね。
仲間うちではやれG級防具アレルギーだとかやれ貧乏性だとか言われている自分ですが、
こうやって紅玉や崩天玉も防具にしっかり使っているのです。うむ、これ今度相方に言っておきましょう(笑)

スノウギア=ドライブの限界はもっと先、自分の見えない所にあるようです。
ゆっくりじっくり、歩を進めていこうかと思います^^

--------------------------------------------------

>motoさん

いらっしゃいませ^^

こちらこそ先日はありがとうございました。
今後もご一緒させていただく時は、どうぞ宜しくお願い致します。

お祝いを頂きましてありがとうございます。
うむ、実はラームのスノウギア=ドライブにはドスギアノスの天鱗をですね……すいません(爆)

自分の相棒たる武器に対する思い入れというものは、間違いなく一つの力だと思います。
そして共に幾多の狩猟や討伐戦を潜り抜けていく中で、そういうものは更に深く強まっていくものです。
そういった思い入れや経験が、武器を単なる狩りの道具から“相棒”にしてくれるのではないかと思います。

武器は意志や言葉を持ちませんが、“魂”は持っていると感じています。
それには元となった生命があり、職人の誇りが込められている。
そこに狩人の“道”が交わった時、手にした武器にその狩人にしか見えない“魂”が生まれるのだと。

最近特にそう感じていたので、“魂の交感”という表現をとても素敵に感じました。
これからも武器に“魂”を見出せる、そんな狩人でありたいです。

本当に、良いゲームですよね(笑)

--------------------------------------------------

>サキムラさん

いらっしゃいませ^^
労いのお言葉ありがとうございます。

ウカム装備ですかー。
今回は基調としているシルバーソルに合わせて違和感が少ないので採用してみましたが、
使い勝手に関しては狩人それぞれの感じ方になってしまうと思います。
防御力もウカムを倒した後ではどの防具もさして変わらない状況になりますし。
あ、見た目としては腕と脚はG級防具にしてはクセがなくて使いやすいのではないかと……(爆)

シェンは……あまり用事はないかもですね。天殻がすごくいる、という事もないですし。
でもトゥーカはいいですよー(笑)

防具セットのセンスは自分ではちょっと分からなかったのですが、
そう言って頂けるという事はあまり酷くはないのでしょうか(笑)
自分は全身セットよりは少々手を加えた方が好きなのですが、全身同シリーズというのも良いですね。
今はむしろそういう人の方が少ないでしょうし、アピールとしても個性的ではないかと思います。

いやー、ガブラスはやはりボデーですよボデー。
鍛えた体のラインをさりげなく出しつつ、余計な装飾を排した機能的かつシックな様相は素晴らしすぎて言葉にでk(略)

……失礼しました(爆)
ジーパンも好きですので、上手く使われた装備を楽しみにさせて頂きたいと思います(笑)

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きましてありがとうございました(ぺこり)
またいつでもお越しくださいませ。そしてどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/08/05(火) 12:01:41 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]


遅くなりましたが、スノウギアドライブでのGシェン討伐おめでとうございます。

あ、今回も勿論ガッツポーズを(ぁ



いやはや流石というか、何と言うか‥‥。コメント書いた次の日に討伐するとは思ってませんでしたよ(笑

俺だったらエンデ担いでも出来なさそうorz


moto様の仰る通り、ラーム様のスノウギアドライブがホントに特殊仕様なんじゃないかt(殴





ちなみに私も本格的にガンランスを使い始めました。
取り敢えず攻撃力、属性、切れ味、スロットと至れり尽くせりなガンチャリオットを担ぎ、比較的戦いやすいリオ夫婦相手に、あーでもないこーでもないと自分なりの戦い方を模索しています。(前回言い損ねましたが、まだ上位です)



ガンチャリオットで上位夫婦に20~30分‥‥、前途多難です。
  1. 2008/08/07(木) 01:36:16 |
  2. URL |
  3. 灰銀 #ogz9v/Dw
  4. [ 編集]

新星の輝きに思う>灰銀さん

いらっしゃいませー!お祝いを頂きましてありがとうございます^^

灰銀さんのコメントを見たらなんだかやる気が湧いてきまして、どうにか仕留める事ができました。
うーむ、デアヴェルトくらいの攻撃力があればメイン脚狙いで無理せずとも……と思わなくもない、ような気が?(笑)
あ、いや……自分はもうしばらくシェンガオレンはいいですっ(爆)

おお、いよいよ本格的にガンランサーの道を歩き出されましたか。
リオ夫婦は楽しみながら立ち回りを磨くには良い相手ですね。
これで被弾などが少なくなってきたら、他のモンスターにも十分通用する基礎を身に付けられた事になるかと思います。
と言いますか、ガンチャリオットで上位夫婦20分針は前途多難どころかもう十分なんじゃないかとも(笑)

ここからGクラスに上がられたら作れる銃槍もさらに増え、どんどん楽しくなっていくと思います。
灰銀さんがこれからガンランサーとしてどのような道を歩かれて行くのか、今から非常に楽しみです。
どうぞお気軽に経過などお知らせくださいませ。

今回もコメントを頂きましてありがとうございました(ぺこり)
またいつでもお越しくださいませ。そしてどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/08/07(木) 15:08:41 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/188-e254d870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。