老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルーキーライフ

ラームです(ぺこり)

まずはお知らせを。
教官チャレンジとスノウギア=ドライブでの挑戦をそれぞれのカテゴリに改めてまとめました。
『教官への道』と『白鱗の銃槍と往く』がそれですね。
もし一連の記事をまとめてご覧になりたい方がいらっしゃいましたらご利用くださいませ。
自分が過去の記録を参照する以外には使われないかも分かりませんが(笑)


さて、近頃ドンドルマへ赴く機会が増え、
緑風の射手や一途な重砲士を始めとする素晴らしい狩人たちに同行させていただく機会を得ています。

それぞれの“道”と交わる事の喜びを強く感じ、
PTでの狩猟というものはこれほどに面白かったかと驚いているのですが、同時に痛感するのが自分の力不足。

例えば同行者がどこを攻撃しようとしているかはある程度の予測をつけ、
攻撃位置が被らないようにしなければならないのですが、今の自分はそれが非常に宜しくないです。
「あっ」と思った時にはソロと同じような立ち回りをして味方の射線を潰してしまったり、攻撃を当ててしまったり……。
最近はガンランスを持ち出す事が多いのですが、
味方を吹き飛ばしやすい上に一般的でない立ち位置を要求される武器種を用いるのですから、
仲間の位置やその攻撃予測に関する視野はより広く持たなければならないはずです。
それを多少なりとも身につけるために色々な種類の武器を手にしてきたのですから。

しかしそういう磨いていきたい“道”があるという事はまた、大きな楽しみでもあります。
相方もドンドルマに再び足を踏み入れ、先頃は老山龍砲と共に歩く狩人とも改めてお知り合いになれました。
今になって(今だからこそ、でしょうか(笑)熱くなってきたドンドルマ。
彼の地での狩猟をより熱く楽しいものにできるよう、ハンターランク1に戻ったつもりで再び精進を始めてみようと思います。
また野良回りでも始めますか……。

お心当たりの皆様、もし見かけましたらまたどうぞ宜しくお願い致します(礼)


それでは今回は少し短いですがこの辺りで失礼致します。
皆様もどうぞ、良い狩りを!

  1. 2008/07/26(土) 14:23:08|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<共に狩場を往くモノたち・ハードボーンキャノン | ホーム | 銃槍記・『遺されし教訓』より>>

コメント

あたしの夢はひとつかなったのかもしれません

こんにちは。

もう、何と言いますか…感無量です。
  1. 2008/07/26(土) 17:16:11 |
  2. URL |
  3. HUNTER's LOG #grGQ8zlQ
  4. [ 編集]

 私もドスでは立ち回りには苦労しました。太刀の場合、最後は斬り下がりで、モンスターのコンボを一撃のみで抑えたり、攻撃自体を回避していたのですが、常に狩っているレギュラーメンバーからは邪魔だとOrz それからはコンボの最後は突き→回避というパターンでしか終われず、なんとなしに太刀を置きました。
 求人に通い始めたときも、古龍相手なので超絶で参加しました。それまでハンマーの人と狩った事がなかったのですが、自分も頭に行ってしまい、ハンマーの人は思うようにプレイできず、一度で落ちてしまいました。
 そんな事を繰り返したり、見たりして4人が巧く機能できるかということを、考えたりしてなんとかやっていけるようになったのですが、相手次第ってとこもありますよね。予測のつかない立ち回りを魅せる猛者のハンターさんもいますし・・・
 求人でのガンスは一番難しいかもしれませんね。なんだかんだ言っても半分は飛び道具ですしね。大体クエ開始前に、「遠慮なしにいきましょう」「どんどん撃っちゃってかまいません」みたいな会話を交わしてからスタートしていたと記憶しています。
  1. 2008/07/26(土) 18:31:34 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

在りし日の 風が渦巻く ドンドルマ

こんにちわ、シュガシュガです。
先日はありがとうございましたー、たった二戦とは言えとても楽しい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございます。

あらら、上でLOGさんが涙ぐまれて・・・(笑。
思えばP2を始めたあの日、HUNTER's LOG様を目にすることがなければ私がこうやってドンドルマに立つことも無かったのでしょうか。
そうやってLOGさんから撒かれた種はさふぃさんからの水を飲み、ラームさんの光を受けて、たくさんの狩人様を肥料としてついに自分の道を見つけるにまで至ったのです。
ドンドルマの再興を!なんて声を荒げるほど崇高な目的を持って上京したわけではございませんが、私が私の狩りをする上でそれが副次的な効果をもたらすようであればほんと、感無量でしょうね^^
それだけに先日ご一緒させて頂いた喧嘩師さんの「ドンドルマはこれからだ!」というお言葉はとても心に残りました。

プレイに関しては正直、極度の緊張と興奮で皆さんの技を細かなところまで見れていなかったというのが現状です(爆; 恐らくラームさんと喧嘩師さんには何発か誤射してましたし・・・;
低ランクのゆえにご一緒して頂くのが恐縮ではありますが、ぜひまた(いやもっと)お近くで砲声をお聞かせ頂きたいものであります。

長々と失礼致しました。
それではまた狩場で!
  1. 2008/07/26(土) 18:47:29 |
  2. URL |
  3. シュガシュガ #-
  4. [ 編集]

お返事>HUNTER's LOGさん・Gouさん・シュガシュガさん

--------------------------------------------------

>HUNTER's LOGさん

いらっしゃいませ!こんにちは^^

事ここに至ったのは、紛れもなくHUNTER's LOGさんのおかげであります(笑)
縁あって『HUNTER's LOG on PORTABLE』を拝見する事がなければモンハンから手を引いていたかもしれませんし、
そうしていればブログを始める事もなく、様々な狩人の皆様とご一緒する事もなかったでしょう。
まったくもって、どれだけお礼を申し上げても足りません。


『HUNTER's LOG on PORTABLE』は自分を含む、何人もの狩人の“道標”であると改めて思います。

決してここではこうしなさい、こっちにいきなさいと指示をする“標識”ではない。
こっちにも道があるよ、あっちに行けばこういう道があるよと旅人に示す“道標”。

「あ、こっちにもこういう道があるんだ」

旅人は例えそれが自分の本来の行先ではなくとも道標の先にはどのような道があるのかと興味を持つ事ができ、
それが旅人同士の出会いに繋がっているのだろうと思います。

日々の楽しそうな狩猟模様から興味深い考察まで、
自分はいつもHUNTER's LOGさんの歩みから大きな活力を頂き続けています。
これからもどうぞ、良い狩りをお続けください^^

--------------------------------------------------

>Gouさん

いらっしゃいませ^^

斬り下がりは太刀のアクションの中でも特に周囲からの批判が大きいですね。
確かに攻撃範囲が広いために他の近接武器が干渉を受ける事も多いのですが、
あるいはそれを“受ける”側も少しは意識をするべきではないかと思っています。

自分の相方は太刀を好んで使いますので自分のガンランスとは攻撃範囲が干渉しあう事も多いのですが、
太刀は連撃性能が高い割には攻撃間隔(特に斬り下がりに繋げる時)は結構空きますので、
狩人ごとの連撃のクセをしっかり見切れば締めの斬り下がり前にこちらも距離を置く事は可能です。
これはもちろん自分と相方が互いの呼吸を知っているというのもあると思うのですが、
自分が自分がと攻撃した挙句、被弾を太刀の斬り下がりだけのせいにするのはちょっと美しくない気が(笑)
むしろ攻撃範囲の広い太刀と息を合わせて連携を取る事は、自分にとっては近接をやる時の大きな喜びの一つです。

ハンターはモンスターの攻撃だけを見切ればいいのではない、という事を自分は最近の狩猟で強く感じています。
「あっ、しまった」と言ってしまうような味方の攻撃を、呼吸を読んでするりと回避して唸らせる。
そういう近接のスタイルもカッコいいのではないかな、と思います(笑)
初見の方に対してもなるべく早くその呼吸を読み取る事ができる、そんな狩人を目指したいものです。

あ、「どんどん撃っちゃってください」はよく言われますねー。自分が未熟な証拠です(爆)
誤射ゼロを目指して、今日も精進すると致します。

--------------------------------------------------

>シュガシュガさん

いらっしゃいませ!こんにちはー^^

こちらこそ先日はお世話になりました。少し緊張されていたご様子でしたね(笑)
半分くらい偶然のような出会いで、こちらも驚きつつお会いできて本当に嬉しかったです。

狩人同士の道が交わって、その道に新たな風が吹く。本当に素晴らしい事だとつくづく思います。
これもHUNTER's LOGさんやさふぃさんのようにそれぞれの狩場をしっかりと楽しまれている人々がいらっしゃればこそ、
その周囲に人が集まってそれが成るのでしょうね。

こちらはシュガシュガさんのお手並み、ちらちらと拝見させて頂きましたよw(爆)
丁寧かつそつない撃ち込み、とにかくやみくもに手数を稼ごうとする自分には大変な参考になりました。
低ランクを気にする人はあの周辺には全くおられないと思いますよ(笑)
またぜひともご一緒させていただきたいです。もし見かけられましたらいつでも声をおかけくださいませ^^

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きましてありがとうございました(ぺこり)
またいつでもお越しくださいませ。そしてどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/07/27(日) 21:47:19 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/183-f23b84db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。