老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最高の一回

ラームです(ぺこり)

妙にプライベートが立て込んだりして、更新の間が空いてしまいました。
忙しい中でも日に何回かモンハンを触るのですが、これがまた何かに取り憑かれたように集会所下位のレイア三昧。
おかげで特に技術的・素材的な進捗はなく。もうレイア狩りは趣味なのかも分かりません(滅)
単に急いで討伐するのではなくてしばらく泳がせたり行動を観察したおかげで、
レイアの着地ポイントや移動経路に関してはより理解を深められたのではないかとは思います。
(密林限定なので役に立つ機会は少ないかもしれませんが(爆)

前に読んだモンハン小説では作中にクックだけを狩るという猟団が登場していましたが、
自分もいつかそういう感じになるのでしょうか……。
作中では幾多の狩猟経験を経て最終的にクックの狩猟を極める事にした猟団だと述べられており、
そういう職人的なスタイルには惹かれるものがあったりもします(笑)

自分が下位レイアのクエストに求めているもの。
それはレイアを狩猟するという一事だけではなく、クエストそのものを制するような『最高の狩猟』をする事。
そしてそれはおそらく自分にとっては目の前の戦闘に集中しがちなGクラスよりも、
ある程度余裕の生まれる下位において成し得る事ではないかと思っているのです。

まだ自分にも漠然としか見えていないのですが、
それは単にノーダメージでレイアの討伐に成功するという事ではなく、
また単に罠やアイテムを駆使して圧勝するという事でもないような気がします。
しかしそれらと全く繋がりがないかといえば、そうではない。

これが狩猟だ、と自分を納得させられるような『最高の狩猟』。

あと何百回とクエストをこなしても見出せないかもしれないし、次のクエストでその一回に辿り着くかもしれません。
しかしやらなければその一回には辿り着かない。

レイアは自分にとっては非常に楽しい相手ですので、挑み続けるのは苦ではありません。
見果てぬ夢かもしれませんが、焦らずにこれからもちょくちょくと歩を進めてみようと思います。
もちろんまだまだやりたい事は多くありますので、そちらにも手を出していくつもりですが(笑)

さて、それではちょっと短いですがこの辺りで失礼致します(ぺこり)
皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/07/22(火) 20:19:56|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<銃槍記・『遺されし教訓』より | ホーム | 魔王撃つべし>>

コメント

 お、モンハン小説なら私も読んでいます。確か、赤鳥のなんたら・・みたいな名前でしたよね。
 
 G級クエの場合、そのモンスターに集中してしまいがちな故に、雑魚がよりウザく感じるのでしょうね。私は武器の試しに99クエに行く事がありますが、ドスなどに比べると、怒ると動きがかなり早く感じてしまい、意外に必死になっている自分がいますw その点、レイアのほうが基礎を充実させるにはもってこいのモンスターのような気がします。狩猟自体を楽しむ余裕は常に持ち続けたいものですね。
 ※ラームさんは職人肌なタイプなのかも・・・
  1. 2008/07/23(水) 19:26:14 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

怪鳥の恐怖>Gouさん

Gouさん、いらっしゃいませ^^

です、『赤鳥の翼』ですね。
貫通弾一発で何頭もの小型モンスターを仕留めるヘビィガンナーよりも、
直に活躍するシーンの無い彼らの方が何故か好きだったりするのです(爆)

うーむ、そうですね……。
配置などはdosと比較した場合はやはりソロ前提という事であまり無茶なものではないのですが、
それはそれとしてやはり邪魔ですね(笑)
『クエストそのものを制する』となるとやはり小型モンスター達への対応も含めてという事になりますので、
自分のような楽したがりはそういったところがよりソフトな下位に理想追究の場を求めてしまいますねw
あるいはそういったものが厳しいGクラスの方にこそ求めるものがあるという可能性もあるのですが……。

いやー、クックを始めとする大型の鳥竜種は動きを見た場合、実に“強い”と思います。
彼らが弱いといわれているのはひとえに肉質と体力のおかげだと……。
その証拠にスカーフェイスガルルガなどは仲間うちでは強すぎる強すぎるとdos古龍並の嫌われようです(爆)
Gクラスでは大型鳥竜種全般に突進→急停止→攻撃のパターンが付いてさらに凶悪度が増しておりますし、
武器の練習となると、もうGクラスではレイアくらいしかいないのではないか……とか思ってます。
いやっ、クックは永遠の先生ですけれども!(笑)

自分は職人肌タイプ……なのでしょうか。
そういう志向でいたいとは思うのですが、ついあれもこれもと手を広げてしまうような人間ですので、
そう言って頂いていいのかどうか……でも少し嬉しく思いました(笑)

今回もコメントを頂きましてありがとうございました(ぺこり)
またいつでもお越しくださいませ。そしてどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/07/24(木) 08:04:35 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/181-aa6c8f6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。