老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魔王撃つべし

ラームです(ぺこり)

今回は前回に引き続き、G級マ王ディアの狩猟にスノウギア=ドライブで挑んだ記録を記そうと思います。
ちなみに今回はちゃんと正面きって戦っております(笑)




挑むクエストはG☆3の配信クエスト『マ)王 マオウ再び!』。狩猟目標は旧砂漠のディアブロスです。

体力は推定10000。
体力に関して言えば黒龍やウカムなどに比べると可愛いものですが、
ディアブロスはご存知のように動きが素早く、攻撃機会が限られるのが厄介です。
また雑誌系クエストの常として鬼の攻撃力を誇っていますので、
攻撃を受ければ確実に痛手となり、回復に時間を取られてしまいます。

前回までの挑戦で体力を削りきれるメドはつきましたので、
とにかく大ダメージを受けて攻撃のリズムが断たれる事がないように心がけるようにします。



【装備・食事】

対黒龍装備

武器:スノウギア=ドライブ

頭:剣聖のピアス
胴:ハンターUメイル(爆師珠×2)
腕:ハイメタSアーム(大砲珠×2)
腰:ハンターUフォールド(爆師珠×1・銃器珠×1)
脚:ハイメタSグリーヴ(大砲珠×2)

防御力:527(護符爪込み)
発動スキル:砲術王、ボマー、心眼


食事:リュウノテール&シモフリトマト(体力UP&攻撃力UP)
キッチンスキル:ネコの防御術【大】、ネコの火薬術


ディアブロスの攻撃はガード性能が無くともノックバック(中)までで済むので、ガード性能を付けて行きませんでした。
また、弱点を攻撃できる機会が少なく、砲撃の配分を多めにして攻撃するために砲術王を付けています。
キッチンスキルは例によって火薬術と、今回は防御術【大】が発動しています。



【準備したアイテム】

<ポーチ1>

・大タル(10)
・爆薬(20)
・鳴き袋(10)
・ペイントボール(20)
・大タル爆弾(3)
・大タル爆弾G(2)
・音爆弾(10)
・閃光玉(5)

<ポーチ2>

・怪力の種(10)
・回復薬(10)
・回復薬グレート(10)
・秘薬(2)
・調合書1
・調合書2
・調合書3
・調合書4

<ポーチ3>

・素材玉(10)
・光蟲(10)
・元気ドリンコ(10)
・砥石(20)
・守りの護符
・守りの爪
・力の護符
・力の爪


ディアブロス戦で有効と思われるアイテムを、調合素材を含めて持ち込んでいます。
怪力の種はディアブロスのエリアチェンジ追撃前に飲み、少しでも与えられるダメージを加算していきます。



【基本戦術】

可能な限り音爆弾→閃光玉のコンボで動きを拘束し、脚に攻撃を加えていきます。
角刺し拘束は自分の場合、下手に固執すると逆に手数が減る事があるので今回は全く狙わずに。
高台も今回は用いません。

爆弾は音爆弾で飛び出してきたところに設置し、ペイントボールで起爆します。
ただし起爆のタイミングは割とギリギリなので、状況によって飛び上がって降下してくるのに合わせて。
(もっともマ王ディアはかなり大きいので、飛び上がられても普通に当たる事が多いです(爆)
爆弾が無くなったら竜撃砲を同様のタイミングに入れていきますが、
竜撃砲の方はそれ以前でもディアが転倒した場合は積極的に撃ち込んでいきます。
(通常の立ち回り中に撃つのは危険です)

閃光拘束中の脚への攻撃は主に右脚前から。
『通常攻撃2:砲撃1』程度の割合で、脚の動きを見ながら各種攻撃を使い分けていきます。


怒り時など拘束ができない時間帯は基本的にガード→反撃で凌いでいきます。

・ショートレンジ突進→突き上げのガード後
 一拍おいてからディアの右脚方向へ斬り上げると尻尾裏にヒットするので、続けて砲撃を1~2発。

・潜行→突き上げのガード後
 すぐに斬り上げを出して体のどこか(笑)に当てて、砲撃には繋げずにすぐにバックステップなどで離脱します。

至近距離で潜行された時は突き上げにガードをめくられる時もあるので、
少し潜行地点から離れて横向きにガードするように心がけます。



【狩猟記録】

スタートは砂漠北側(7)南端から。まずは北上して旧ネコ村前広場(10)へ向かいます。
旧ネコ村前広場で丁度地上に出てきたディアと遭遇しますが、ここはそのままスルー。
次は地底湖入口(4)に向かってゲネポスを掃討し、そのまま岩場入口(1)にも赴いてアプケロスも片付けておきます。

以上で下準備は完了。旧ネコ村前広場に戻ってディアとしばらく戦闘します。
ここではチャンスにゲネポスやランゴスタに邪魔されると悔しいのでアイテムは使用しません。
と、すぐにディアは地底湖入口へ。後は発覚状態を途切れさせなければ地底湖入口と岩場入口を往復するだけです。
ここからは音爆弾と閃光玉、そして爆弾を惜しみなく投入していきます。

ダメージを受けると立て直しに時間がかかるので、
拘束時以外は一か八かの攻めをせずに基本戦術通り安定した反撃だけを行なう事を徹底します。
それでも振り向きの足踏みや尻尾の見切り間違えで徐々に体力が減っていきますので、早めに回復を心がけました。

ひたすら岩場を往復するディアのエリアチェンジに合わせて怪力の種を飲みつつ、戦闘を継続します。
このエリアチェンジ時はなぜかディアがボーっとしている事が多く、攻撃のチャンスでもありますね。

20分針。何度目かのショートレンジ突進への反撃で尻尾が斬れ飛びました。
ちょっと安堵したのがいけなかったのか……潜行の風圧をガードし損ねたラーム、突き上げを思い切り食らってしまいます。
MAXに近かった体力がスズメの涙ほどになってしまいましたが、できれば時間の浪費は避けたいところ。
ここは思いきって秘薬を飲み、一気に体勢を立て直しました。

25分針、最後の爆弾で片角が吹き飛んだのとほぼ同時に常時怒りに突入。
ここからはさらに気をつけて立ち回らなければ回復薬がいくらあっても足りません。
特に潜行頭突きを食らわないように、振り向きに対しては常に頭一つ分のスペースを空けて陣取りました。
振り向きに斬り込まないのはもどかしいかもしれませんが、
今回のように攻撃力の高い相手には、カウンターを安全確実に決めていく戦いをしなければ勝利はおぼつきません。

怒りの沈静化を見極めつつ、音爆弾と閃光玉で動きを拘束、右脚に攻撃を集中します。
竜撃砲も音爆弾での拘束時と転倒時にどんどん撃ち込んでいきました。

35分針を経過。常時怒り突入から10分程度過ぎていますが、脚を引き摺る様子はありません。
(元からあまり脚を引き摺る光景を目にしない飛竜ですが(笑)
怪力の種はこの辺りで尽き、また音爆弾や閃光玉も使う暇がろくにないほどに攻め立てられますが、
ひたすらガード→反撃を繰り返して地道に体力を削っていきます。

残り10分。
立ち回りに大きなミスがない事と体感攻撃量からそろそろ倒れるなと思っていましたが、
実際にディアが倒れるまでは油断は禁物です。先程までと同様に受け止め、突き、撃ち込みを続けます。

倒れたところに竜撃砲を撃ち込まれ、立ち上がって怒り威嚇に入るディア。
この切迫した戦いの中ではこれとて重要な攻撃時間です。踏み込み斬り上げからの連携で砲撃を交えて3撃。
そのままガード姿勢に入ったところにディアのタックルが来て、それを凌いだ後の戻りに上方突きを叩き込みます。

と、これが最後の一撃に。断末魔が岩場に響き渡り、さしもの魔王がついに崩れ落ちました。

牙城崩れる

かくして狩猟成功。要した時間は42:21(残り時間07:39)でした。

今日のクエスト確認

途果てず



【狩猟を終えて】

とにかくダメージを受けないように……と思っていたのですが、やはり結構くらいました(死)
直撃弾ではなく振り向きや足踏みで少しずつ削れていくのですが、マ王ディアは体が大きいので避けにくいです;
しかし気をつけていた潜行頭突きは1、2度受けただけでしたので、その部分は上手くいったかなと思います。
回復薬系も最終的にかなり消費してしまったのですが、途中で来た応急薬には手を出しておりませんし、
とりあえず無くならないうちに討伐はできましたのでさしあたり上出来……と言って良いのでしょうか。

雑誌系のクエストはやおら攻撃力が高くて辟易としてしまう事が多いのですが、
そこは流石ディアブロスという事で(笑)結構楽しめた気がしますね。
マ○ジンもティガでしたし、できれば雑誌系クエストは通常種にして頂きたいところです(カニ、猿以外で……(笑)

・残った消費アイテム

 ペイントボール(9)
 音爆弾(6)
 閃光玉(4)
 回復薬(1)
 回復薬グレート(3)
 秘薬(1)
 元気ドリンコ(2)
 砥石(11)



さて、それではそろそろ失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/07/18(金) 00:15:00|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<最高の一回 | ホーム | 我、奇襲に成功せり>>

コメント

fromジャブロー

 うはっ、やっぱり期待どうりにやってしまいましたね。
正直、魔王の巨体での潜り奇襲は、どのように対応するのだろうかと思っていたのですが、1.2度喰らった程度のようですから、対策は充分だったのでしょうね。脚でガシガシと体力が削れていく様は、かなりのストレスになったのではないかと思います。あの尻尾振り回しの怒り時の早さは、ボンズも真っ青なスィングスピードですし、さっさと斬りたいのに巨体故に切り離すのも、ちょっと難儀・・・
 なかなか良い強化モンスターを作りだしてくれたものですw 彼奴とは本当の意味で死闘を繰り広げられる、楽しい相手ですねww
※ガン○ム、ついついアナログパットから手を離せなくて難儀しておりますOrz
  1. 2008/07/18(金) 12:41:21 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

宇宙世紀の狩人へ>Gouさん

Gouさん、いらっしゃいませ^^

なんとかかんとか……なのですが、やっていた時の感覚としては「あれっ、もう!?」みたいな感じでした。
思ったよりは早く倒れた印象ですね。改めて残りの回復薬の数を見た時に冷や汗をかきましたが(爆)

潜行開始の頭突きをくらってしまうのは余分な痛手なので、
非拘束時はとにかくディアの後方からの攻撃を徹底しました。
それでも拘束が解けた直後の潜行を数度くらってしまいましたが><

脚踏みでの削りはダメージのみならず、攻撃機械の損失としても地味にキツイですね。
この間合いに慣れさえすればもっと回復薬の消費を抑えられそうなのですが……。
尻尾も相変わらず判定が曖昧な上にスピードが速く難儀しました。黒ディアでないのが不幸中の幸いでしょうか。

さすがに非常にタフな相手でしたが、仰る通りなかなかに楽しい一時でもありました(笑)
また機会があれば……ええと、通常クエストの方で楽しませてもらおうと思います(爆)

今回もコメントを頂きましてありがとうございました(ぺこり)
またいつでもお越しくださいませ。そしてどうぞ、素敵な宇宙世紀の道行きをw
  1. 2008/07/19(土) 16:57:57 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/180-1a27c3ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。