老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『轟竜ティガレックス』(クロオビランス編)

ラームです(ぺこり)

何やらMHP2ndGの情報がそろそろ明らかになるのでは、という噂が。
まだまだ先の話ではあるんですが、それでもやはり少しでも情報を知りたいと思ってしまう自分。
ま、情報自体はいずれ出てくるのでしょうし……過度に期待をし過ぎないようにして待つ事に致します(笑)

さて、今回の教官チャレンジは先送りにしていた砂漠ティガの最終編。クロオビランスでの狩猟記録を振り返ります。
これが済めば、しばらくはティガと顔を合わせない事になります。上手く締めくくる事ができるでしょうか。

【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・こんがり肉G×10
・強走薬×5
・ペイントボール×20
・閃光玉×5
・砥石×20
・クーラードリンク×5
・小タル爆弾×2
・大タル爆弾×2
・大タル爆弾G×2

強走薬グレートではなく普通の強走薬を持ち込んだのは、ストックが余っていたからです(爆)
元々基本戦術の補助で適度に使う予定でしたので、こっちでOKと判断しました。



【基本戦術】

雪山で戦った際、『振り向き始めに合わせて突進→ティガの振り向き完了前に尻尾方向へ突き抜けつつ離脱』が
結構良い感じでしたのでこれを主軸に。

しかしこれではダメージが少ないかと思い、
片手剣でのティガ戦で基本戦術とした『突進を回避→追撃して後脚に武器出し攻撃』に
キャンセルをかけて突進を繰り出す事にしました。

怒り突入時には閃光玉が続く限り投入し、ティガが自由に動くターンを潰しつつ転倒狙いで後脚にアタック。
閃光玉が切れた後はジャンプ攻撃からの確定行動時に後脚を狙います。



【狩猟記録】

まずは例によって支給品(応急薬・携帯砥石・シビレ罠)を支給品ボックスから取り出し、南の砂漠(エリア5)へ。
今回のティガはこちらに気付かず砂漠を横断していたので、そのまま背後に回り込むように移動してペイントします。

すると何故か棒立ちになるティガ。
全く動かない(辺りを見回しもしない)ので、この隙に尻尾に集中攻撃を加えます。
この状態がしばらく続き、切断まではいきませんでしたが、怯みを発生させるところまで攻め込む事ができました。

戦闘行動を始めたティガをネコ村前広場(エリア9)方面出口に誘導しつつシビレ罠→大タル爆弾×2のコンボ。
爆発を背後に確認しつつ、ネコ村前広場に入ってアプケロスを掃討しておきます。

掃討が完了し、南の砂漠に出てから本格的に戦闘を開始。
まずは結構ダメージを与えていた尻尾に攻撃を集中して、すっぱり切断。
すぐにティガが北の砂漠(エリア2)へ移動したので、それを追いかけます。

ここからは基本戦術を実行して攻め込んでいきますが、これも良い感じでした。
振り向きの削りダメージこそ発生するものの許容範囲で、
またティガの尻尾を抜けた辺りで停止すれば、その後のほとんどのアクションに対応できます。
(前進噛み付き等、距離が開かない攻撃をティガが行った際には、振り向いてさらに突進を仕掛けたりもしました)

ちなみに、始めは強走薬を飲みながらの戦術展開でしたが思ったよりスタミナの消費は無く、途中からは飲んでいません。
怒り時は事故が起きるといけないので突進は使わず、怒り一回に対して閃光で拘束して焦らず攻撃していきます。

そんなこんなで今回はティガからの直撃を一回も受ける事無く進行します。
ガレオスにはどつかれましたが(怒)

と……20分針に差しかかった直後、南の砂漠での戦闘中にティガが足を引きずりました。
時間も早めでいつもなら勢い込むところですが、今回は自分ながら妙に冷静でした(爆)
逃げようとするティガを転倒と怒り突入でしばし足止めしつつ、体力を削ってから逃がします。
ネコ村前広場に逃げ込んだティガのマーキングがぴくっと動いて停止するのを見てから進入。最後の仕上げに。

大タル爆弾Gをセットして……起爆!

沈黙の轟竜

かくして狩猟成功。
クリアタイムは23:51(残り時間26:09)でした。

クエスト達成!




【反省会】

教官チャレンジ、対ティガ戦では初めて1日(1分=ゲーム内の1時間と換算)以内にクリアする事ができました。
しかも自分にとっては最も苦手な武器であるランスで。
回復薬の消費も持ち込みでは薬草×4のみ、ティガからの直撃弾は一発も無し。

下位のクエストですし、上手い方からすれば何の事はない結果でしょうけれども……ちょっと嬉しいです(笑)
これも苦労した片手剣や、他の武器での狩猟経験のおかげかな、と思います。

もっとも次のティガは上位になり、また複数頭の狩猟もありと厳しくなる事は確実です。
さらに経験を積んで、上位ティガにも通用する技術を身につけねば。

ともかく良い形で下位ティガ戦を締める事ができました。
次のディアブロスにも気持ち良く挑めそうです。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2007/11/14(水) 10:03:06|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<教官への道・集会所☆5『死闘!角竜ディアブロス』(クロオビソード編) | ホーム | 火山に死す>>

コメント

お疲れ様でした

こんばんはー。
ティガ篇お疲れ様でした。連日の精力的な更新に頭が下がります。

チャージですか、考えたこともなかったですな。あたしはポタ専なので、実際の多くのハンターさんの戦い方というのを目にすることがないのですが、やっぱりいろいろですな。
しかしたて続けにディアいきますか。ハンマーではよく肉質を調べてからが吉かもですね。

ところで先日の「漢起爆」からの思いつきでプチ起爆特集やっちゃいました。お友達の方にはくれぐれもよろしくお伝えください(ナニをだ)。

あ、雑誌フラゲ組からP2G情報来ましたね。ミナガルデマップ入るみたいです。本当に集大成になりそうですな。

それでは、また。
  1. 2007/11/14(水) 23:56:59 |
  2. URL |
  3. HUNTER's LOG #grGQ8zlQ
  4. [ 編集]

ありがとうございます!

>HUNTER's LOG様

こんばんは、いらっしゃいませー(ぺこり)

そういえば、ランスのチャージ攻撃は味方を吹き飛ばすわ威力は低いわ……
という事で本職さんはあまり使われませんですね。
今回はガード性能+が無いため攻撃を受け止めつつ戦う事ができず、
半ば回避手段として戦術に組み込んだ次第です。
(いかにもにわかランサーという感じですが(汗)
ステップで華麗にティガと戦うランサーさんもいらっしゃるそうで、
そういう動きができればなぁ……と思います。

起爆特集ですかー!
さっそく相方に見てもらう事にします(笑)
しかし片手剣ではジャンプ斬りが有効なんですね。
選択自体は間違っていなかったんだ……(爆)

そしてP2ndGの情報ありがとうございます。
某所とHUNTER's LOGに掲載された情報で大まかな形は掴めたように思います。
色々と感じるところはありますが……もう少ししてから、改めて記事にでも書いてみようかと思います。
ただ、楽しみにしている事だけは確かです(笑)

今日もご来訪ありがとうございました(ぺこり)
また、いつでもどうぞ!
  1. 2007/11/15(木) 08:57:39 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/18-ca17059e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。