老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道(P2G)・集会所☆5『赤竜と緑竜』(クロオビソード編)

ラームです(ぺこり)

噂のアクラ・ヴァシムは大サソリでしたか……割と大きく安堵いたしました(笑)
(個人的な好みですが、やはりモンハンに双頭竜とかはちょっと合わない気がします;)
新武具やイベントなども多く企画されているようで、フロンティアもいよいよ安定期に入ってきたのでしょうか。
今までに色々と思うところもあったフロンティアですが、
独自の路線を進めつつ、今も遊ばれている皆様がより楽しむ事ができるようになっていけば良い事だと思います。

さて、今回は久しぶりに教官チャレンジの顛末を記します。
再開後の初クエストは集会所☆5『赤竜と緑竜』……いわゆる森丘夫婦です。
錆付いているはずの普段使わない武器の勘を取り戻すには絶好のクエスト。
クロオビ防具の埃を払って身に付け、まずは片手剣クロオビソードを手に森丘へと向かいました。




【準備したアイテム】

<ポーチ1>
 ・薬草(10)
 ・回復薬(10)
 ・回復薬グレート(10)
 ・こんがり肉(10)
 ・元気ドリンコ(10)
 ・ペイントボール(20)
 ・千里眼の薬(3)
 ・砥石(20)

<ポーチ2>
 ・大タル爆弾G(2)
 ・大タル爆弾(2)
 ・閃光玉(5)
 ・落とし穴
 ・空き
 ・空き
 ・空き
 ・空き

<ポーチ3>
 ・空き
 ・空き
 ・空き
 ・空き
 ・守りの護符
 ・守りの爪
 ・力の護符
 ・力の爪



【基本戦術】

<対リオレウス>
閃光玉で動きを封じてから頭を攻撃していきます。拘束は基本的に非怒り時に。
非拘束時はホバリングからの着地や、滑空攻撃後の振り向きブレスに合わせて頭を攻撃します。

<対リオレイア>
ブレスや近距離ダッシュ咬みつき、サマーソルトの着地際に頭を狙って攻撃します。
突進への追撃は足を狙って仕掛けますが、慎重に(距離が大きく開くようなら無理して攻撃しない)



【狩猟記録】

久しぶりの通常フィールドでの夫婦戦に、若干心を躍らせながらキャンプに到着。
まずは支給品から応急薬、携帯食料、支給用閃光玉を取り出してポーチに入れます。
携帯食料でスタミナを最大値まで増やしたら、いよいよリオ夫婦の狩猟に向かいます。

どちらから狩猟にかかるかは人それぞれかと思いますが、
自分の場合はまず巣穴入口(4)にいるレウスを第一目標としています。

一路巣穴入口に向かい、キョロキョロしているレウスの目の前を横切って戦闘開始です。
まずはさっそく飛び上がったのを見て、落とし穴と大タル爆弾Gを設置。
ペイントボールで起爆してから斬り込み、ダメージを稼いでおきます。
落とし穴から飛び上がった後は怒り咆哮が来るのでしっかりガードし、ここからは怒りが解けるまで通常の立ち回りです。
怒りが解けたら閃光玉で動きを封じて集中攻撃を加えていきます。

そうこうしているうちにレイアが来そうな頃合になったので、巣穴方面出口の近くで交戦するように心がけます。
少ししてレイアのエリア進入を知らせる咆哮。急いで段差を登って巣穴(5)へ退避します。

巣穴ではなぞの頭骨を探してから森丘断崖(6)へ。
ゆっくり降りて、ランポスの狩場(2)→展望広場(3)を経由して巣穴入口に戻ります。
様子を窺うとすでにレウスしかいない模様なのでさっそく戦闘を再開しますが、
レウスはすぐにエリアを移動してしまいました。マーキングが向かう先は展望広場(3)。こちらも追走します。

展望広場でも戦術は変わりません。
先程と同じように通常時は閃光玉で拘束して攻撃、怒り時は無理に攻撃せずに安全確実を第一に立ち回ります。
しかし途中で怒り突進を一撃もらいましたが、凄まじいダメージでした……上位では即死ではないでしょうか、これ(泣)
その一撃以外は大きなミスもなく、ここでレウスの討伐に成功しました。

火竜撃破

ここまでの経過時間は12:28(残り37:32)です。

次はレイアを捕捉するために千里眼の薬を一飲み。
折り良く森丘トンネル(9)に向かって移動する姿を捉えました。
少し消費していた薬草を手早く採取したら先回りして、着地際にペイントボールを当てておきます。
次いで北側の広場に誘導するために一目散に逃走。
しかしこのレイアに追いかけられる光景、いつも何かの映画のワンシーンを思い出します。
(何の映画かは忘れてしまいましたが、おそらく冒険活劇でしょう(笑)

首尾よく誘導に成功し、比較的スペースに余裕のある場所で戦います。
しかし尻尾を狙うとなるとまたちょっと狭いので、ここでは尻尾は狙わずに。
やがてレイアは巣穴(5)に移動したので、こちらも全力で巣穴に向かいます。

巣穴では十分なスペースがあるので、ブレスの隙などに尻尾を狙って切断しておきました。
しかしここでは痛恨のミスが。
何故か「下位レイアはダブルサマーをやらない」と思い込んでいたラーム、
サマーの着地に攻撃を叩き込んでいたところを痛烈なしっぺ返しをくらいました(滅)
幸い体力はちょくちょくと回復させていたので力尽きはしませんでしたが……情けない><;
この後はさらに気を引き締めて攻撃を行ないました。

巣穴では決着がつかず、戦場は巣穴入口(4)へ移行します。
ここではレウス戦で残っていた閃光玉も使って攻撃を集中させ、すぐにレイアを巣穴に追い立てました。
こうなればほぼこちらのものですが、先程の一件もあるので無理をしないように立ち回ります。

しばらくして、レイアの断末魔が巣穴に響き渡ります。

雌火竜撃破

かくして狩猟成功。かかった時間は27:28(残り22:32)でした。

今日のクエスト確認




【狩猟を終えて】

分断、立ち回り共に概ね順調な狩猟でありましたが、夫婦から痛烈な攻撃を一撃ずつもらってしまいました。
幸い応急薬と薬草くらいで対処できたのですが、
これは下位クエストであるという事と、薬草が多く自生している森丘に助けられた部分が大きいようです。

このクエストを越せばいよいよ上位に足を踏み入れる事になります。
これまではクロオビ装備で持ち堪えられていた攻撃も、そうでなくなる事があるかもしれません。
楽観的な攻撃を行なわずに、もっと慎重な立ち回りを心がけるようにしましょう。



P2Gに舞台を移して初となった教官チャレンジでしたが、
やはりクロオビ装備に身を包むと心が引き締まるような気がします。
これからも折を見て、少しずつでも進めていきたいと思います。
とりあえずは上位を目指して頑張りましょう(笑)

さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/06/22(日) 06:59:36|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<共に狩場を往くモノたち・クロノスパンツァー | ホーム | 秘められし処>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/165-53694a65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。