老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

銃槍記・『輝き続ける光』より

ラームです(ぺこり)

ここしばらくはあれが欲しい、これも欲しいと思い立ってはふらふらと狩猟に出かけております。
一昨日のフルフル亜種×2などが良い例ですね。(気を抜きすぎてああいう目に合いましたが……)
そろそろ教官チャレンジを再開しようかな、と思う今日この頃ですが、
こういう自堕落(?)な狩猟生活もこれはこれで楽しくて仕方がないという……どうしましょう(マテ)

それはさておき、今回はまた『銃槍記』から一文をお送りしようと思います。

明確な強化方針が定まり、安定した強化発展を始めたガンランス。
その存在がようやく広く認められるようになっていきますが……。




スティールガンランスという傑作機の登場は、銃槍という武器種の存在を広く世に知らしめた。
そしてその事が、傑作機にさらなる発展の機会をもたらす。

街のハンターズギルドが銃槍の実用性と可能性を認め、
工房組合に対して銃槍開発の資金援助を行なうと共にギルドに所属する討伐隊専用銃槍の開発を要請したのである。

潤沢な資金を得た工房の職人たちはスティールガンランスをベースに、
さらに大量のマカライト鉱石や紅蓮石など良質な素材を惜しみなく投入。
スティールガンランスの長所を受け継いだ『討伐隊正式銃槍』を完成させる。

極まりゆく光

より強靭になった武器強度は元からの長所であった攻撃力と切れ味をさらに向上させ、
砲撃の威力や装飾品による拡張性は据え置かれたものの改悪される事もなく、高いレベルで引き継がれていた。
後には基礎フレーム素材にドラグライト鉱石などを用いてさらに基本性能を高めた『近衛隊正式銃槍』も登場。
この銃槍は一般的な鉱石を用いていたそれまでのモデルと比べて倍近い継戦能力を手に入れており、
「切れ味が短い」と不満を漏らす使い手は皆無であった。

唯一の難点は湯水のように高額な素材を用いた結果、作成費用が大きくかさむ事になってしまった事くらいであろうか。
(天文学的価格といわれるハンマー『グレートノヴァ』には及ばないものの、それに準ずる程の費用ではあったらしい)
このため一般のハンターがこれらの銃槍を手にするには、
ギルドに貢献した証明書である“宝石券”や“勇気の証”をある程度の素材と共に工房に提出しなければならなかった。
(工房が後にギルドにこれらを提出し、足りなかった分を換金する仕組みになっているようだ)

しかし性能については先に述べた通りであり、武器としては最早欠点を探す方が難しい程の完成度であった。
アイアンガンランスから始まった銃槍強化の系譜は、ここに一つの到達点を迎えたのである。


スティールガンランス、そして正式銃槍系と成功が続く銃槍開発。

銃槍という武器がいよいよ他の伝統ある武器群と肩を並べ、独自の輝きを放つ時が来たのだ。
多くの銃槍使いがそう思った事だろうし、当時の私もそう信じて疑わなかった。


(銃槍記・『輝き続ける光』より抜粋)



正式銃槍系はアイアンガンランス系の最終モデルという事もあり、高いレベルで安定した性能を持っています。
特に近衛隊正式銃槍は上位に上がってからも通用する性能を持っており、随分とお世話になったものです。
(上位武器であるシザーキャノンとほぼ同等の性能を持っています)
フォルムもお気に入りで、dosの途中強化モデルで武器倉庫に保管してあるのはこれとハイドラバイトくらいです(笑)

討伐正式隊銃槍を手にして近衛隊正式銃槍のスペックを見た時、
「諦めずに強化して来て良かった」と思うのと同時に基本強化がいよいよ極まったと思いました。
で、この先はいよいよ属性付きの銃槍がバンバン登場してくるのだろうと期待していたのですが……(涙)

と、それでは今回はこの辺りで。
ここまでお読み頂いた皆様、お疲れ様でした。
宜しければまた次回もお付き合い頂ければ幸いです(ぺこり)

本日もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/05/15(木) 05:08:09|
  2. 銃槍記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<共に狩場を往くモノたち・夜砲【黒風】 | ホーム | 近くて遠い>>

コメント

近衛隊正式銃槍まできましたか・・・今回はガンスのほか、『グレートノヴァ』にも触れられていましたねw あれはやっぱり宝石の塊なんでしょうねw 研ぐ際にはかなりの慎重さが要求されそうです。
 P2Gでは太刀を収集するのに躍起になり、まだガンスは1本(黒銃槍 )のみしか作成していませんが、お金に余裕ができれば気に入った一品を、是非とも探してみたいと思っています。 砲術レベル5ってのが、どのくらいの威力なのかも気になりますしねw 
 銃槍記読んでいると、ラームさんがだんだん王立学術院の書士隊に思えてきましたw
  1. 2008/05/15(木) 20:07:34 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

こんばんは。
ご無沙汰しております。

銃槍記楽しく拝見させてもらっています。
武器の発明から工房の苦悩などなど深い考察に
おもわず読みいってしまいます。
実はラームさんはギルドの人なんじゃないかと
思ってしまいますw

大砲モロコシの成り立ちが凄く気になる
Sasamingでした。
  1. 2008/05/15(木) 23:12:05 |
  2. URL |
  3. Sasaming #POQ5NLzM
  4. [ 編集]

今回の企画は非常に楽しく拝見しています。
まるで公式のような設定は、かなり設定資料等を
読み込んでいるなあ、と感じています。
続きも楽しみにしていますので、ゆっくりでいいですから頑張ってほしいです。
  1. 2008/05/16(金) 08:56:05 |
  2. URL |
  3. moto #-
  4. [ 編集]

お返事>Gouさん、Sasamingさん、motoさん

皆様、いらっしゃいませ!(ぺこり)
少々お返事が遅れました。申し訳ありません;

--------------------------------------------------

>Gouさん

グレートノヴァは素材にライトクリスタルやらノヴァクリスタルやらをふんだんに使っていますが、
ハンターが持ってきた素材だけでは天文学的な価格にはならないでしょうし……他にも何かありそうです。
色々と想像をかき立てられる武器ですね(笑)

太刀の収集、進まれていらっしゃるようですねー。
そしてガンランスは黒銃槍ですか。また渋い一品を選ばれました(笑)
今回はG武器も含めて銃槍の種類もまた増えておりますし、きっとお気に入りの一本が見つかるかと思います。
ぜひじっくり吟味されてみてください。
砲術付きのレベル5砲撃ですか……そういえばその辺りまだしっかり試していなかったような。
今度またコンガにでも付き合ってもらって試してみるとしましょうか。

書士隊のようだと評して頂き、誠に恐縮です。
所詮一ユーザーの二次創作ではあり、考察や文章の奥深さも知れたものなのですが(笑)、
それでも情熱だけは公式である書士隊にも負けないように記事を記していきたいと思っております。
これからも宜しくお付き合い頂ければ幸いです。

--------------------------------------------------

>Sasamingさん

ご無沙汰しております。といっても頻繁に覗かせて頂いてはおりますが(笑)

モンハンに登場する個性的な武器の数々。
あれらを開発するには、やはり並大抵ではない苦労があるのだろうなぁ……という思いを前々から持っておりまして、
銃槍記ではその辺りを妄想なりに考察を加えて重点的に記しているつもりです。
故に、そういったものが少しでも伝わっておりましたら非常に嬉しく思います。

そういえばギルドはぜひ内部に入り込んで、色々な裏事情とかを密かに調査してみたいですね。
そんな事やってたらギルドナイトに消されるかも分かりませんが(笑)

大砲モロコシですか……いやはや、色々と凄い武器です。嫌いではありませんが(笑)
あれの成り立ちについても色々と考えている事はあるのですが、今はまだ秘密という事でお願い致します(爆)

--------------------------------------------------

>motoさん

銃槍記を楽しんで頂けているようで、とても嬉しく思います。
非常に一人よがりな企画ではないかという思いがありましたので、安心させて頂いています。

一応今までに目にした文献と自分の経験に妄想を織り交ぜた形で記しておりますが、
他にも色々な資料があるでしょうし、「この部分については公式にこういう設定がある」等ご存知でしたら、
ご指摘頂けると嬉しいです。(何とかつじつまを合わせて修正したいと思います(笑)

しかし、これはいよいよしっかり書かないといけなくなって来たようですね(笑)
第三次発展期(P2G)の最後まで記そうと思っておりますので、宜しければどうぞお付き合いくださいませ。

--------------------------------------------------

狩猟記録でも何でもないラームの妄想を交えた文を楽しみにして頂き、本当にありがとうございます。
楽しんで頂いている方がいらっしゃる事を忘れずに、じっくりと記していこうと思います。

今回はコメントを頂きありがとうございました(ぺこり)
またいつでもお越しくださいませ。そしてどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/05/17(土) 09:17:27 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/145-9ec09e9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。