老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

銃槍記・『光と、それに埋もれた影』より(前編)

ラームです(ぺこり)

今回は例によって『銃槍記』から一文をお送りします。

通常の狩猟記録を放っておいていいのかなと思わないわけではないのですが、
楽しみにして頂いている方もいらっしゃるようですし、もうこの際吐きだせる物は吐き出してしまおうと思います(爆)

さて、未だ狩猟武器としては不十分な性能のガンランス。
しかし片手剣にアサシンカリンガ、ヘビィにアルバレスト改があるように、
ガンランスという武器にもやがて一つの“光”が現れる事になりました。

今回は初期のガンランサーたちにとって希望の“光”となった銃槍についての一文です。




安定した動作を維持したままの改良には成功したものの、
アイアンガンランス改は未だ武器としては不十分な性能しか持ち合わせていなかった。

本来ならば即座に次段階の技術改良を進めるはずの工房の職人たち。
しかし何故か、彼らはすぐに行動を起こそうとはしなかった。
彼らは、アイアンガンランス改を手に狩場に赴いたハンターたちの声が戻ってくるのを待っていたのである。

やがて、アイアンガンランス改を狩猟に用いたハンターたちの声が次々と工房にもたらされる。
切れ味が悪い、砲撃、竜撃砲の威力が思ったように出ていない。芳しくない評価が大半であったと聞く。
(狩人が武器に命を預ける以上、未成熟な武器に対する評が厳しくなるのは当然でもある)
しかし工房の職人たちの最大の懸案事項であった暴発事故の報告。
これはアイアンガンランス同様、同銃槍改についてもついに一件もなされる事が無かった。

ここに至って、工房の職人たちはついにある一つの決断を下す。
それは即ち、銃槍への生物素材の導入であった。
まずマカライト鉱石と陽光石を用いたパーツに内部構造を差し替えて砲身や内部機構の衝撃に対する強度を高め、
内部発火機構に火炎のブレスを吐き出す竜種から採れる火炎袋を組み込んだのである。

火炎袋の投入は大きな挑戦であった。
生物素材は非生物素材と比べて武具の構成材としては安定性に欠けるものの、
上手く組み込めば武具に爆発的な性能向上をもたらす事ができる。
職人たちも無論それを承知してはいたが、
銃槍という武器の特殊性(ひとたび誤動作を起こせば、即大きな事故に繋がる)故にそれを躊躇していたのである。
しかし内部機構の安定した動作が確認された今、この挑戦を躊躇う理由はもはや存在しなかった。

こうして、後に「銃槍を使いたければまずこれを目指せ」と言われる名機『スティールガンランス』が誕生したのである。

銃槍の“光”

外装こそアイアンガンランスと変わらないが砲撃・竜撃砲の威力は格段に高まり、
(どれほど威力が増したかは、当時の大タル爆弾Gの作成素材に火炎袋が用いられていた事からも想像されたい)
その砲撃の威力に耐えるために与えられた武器全体の強度はそのまま“切れ味”の向上にも繋がった。
さらにこの銃槍の開発中、それまでかなりの大きさであったリミッターの大幅な小型化にも成功。
空いた場所にハンターの技能発揮を助けるとされる装飾品用のスロットまで設置できるようになる。
このように設計に余裕が生まれた事は、後に続く新型銃槍の登場をも期待させるものであった。
(事実、スティールガンランスの後継機には第一次発展期における最高峰の性能を持つ銃槍が多い)

私自身もこの銃槍を手に多くのモンスターの狩猟に成功し、大きく広がった銃槍の可能性を身をもって感じた。
銃槍という武器は、ここにスティールガンランスという“光”を得て、雄飛の時を迎える事となったのである。


しかし、強すぎる“光”は人の目を一方向にしか向けさせなくするものでもあるのだろうか。

あるいはこの“光”が打ち消した“影”は、
第一次発展期の銃槍にとってもっと大きな可能性を秘めていたのかもしれないと、私は今にして思うのだ。(後編に続く)


(銃槍記・『光と、それに埋もれた影』より抜粋)



ガンランスにおいて、初めて大型モンスターとも十分に戦えるようになったのが今回の『スティールガンランス』でした。
特に村クエストではかなり長い間使っていた事もあり、色々と思い出のある銃槍です。

自分にとって嬉しかったのは、攻撃が“通る”ようになり、砲撃を使った連携攻撃を有効に使う事ができるようになった事。
当時は「ガンランスはじまったー!」と喜んでいたものです(笑)

今なお「初心者用の一本」として評価され続けるスティールガンランス。
強化していく中での一つの通過点でありながら、間違いなく銃槍史に残る名機です。


さて、それでは今回はこの辺りで。
ここまでお読み頂いた皆様、お疲れ様でした。
宜しければまた次回もお付き合い頂ければ幸いです(ぺこり)

本日もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/05/09(金) 05:43:52|
  2. 銃槍記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<銃槍記・『光と、それに埋もれた影』より(後編) | ホーム | 銃槍記・『始まりの銃槍、アイアンガンランス』より>>

コメント

 おお、きましたね。
私もドスの時に珍しいもの好きということもあり、初めてガンスを作った際にはスティールまで強化して使用していました。ただ、なかなか砲撃で雑魚が死なない事で、砲撃に対するこだわりを捨てることとなり、Gよりも弱体したランスの替わりに使用する・・・といった変則的な使用の仕方をしていました。ドスからP2へとステージを変え、砲撃が強くなったと方々から情報を得て作ったガンスの初砲撃には感動したものです。スティールは正に、ガンスが脚光を得るにふさわしいスペックを持ち合わせていた名銃槍だという事には非常に同意できます。
 私の場合、初めて太刀に納得のいく切れ味を感じたのは鉄刀(神楽)でした。P2でも上位に上がる一歩手前まではほとんど神楽に頼っていました。
  1. 2008/05/09(金) 11:13:07 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

緑の領域>Gouさん

Gouさん、いらっしゃいませ!(ぺこり)

自分もLV2辺りになってからでしょうか、砲撃の威力が思うほど高くない事に気付いたのは……。
ここまでの記事でも記した通り、自分は連携攻撃に魅力を感じていたのではありますが、
方々の情報で砲撃のダメージを見た時はちょっと残念な思いをしたのを覚えております。
それでもその時は、いずれ属性が付けば……と思っていましたが。
変わってPシリーズでは砲撃だけで小型モンスターを倒せるくらいの威力になり、
竜撃砲も冷却時間が長くなったとはいえ、同様に威力が大きく強化されたのは喜ばしい事でした。
(少なくともより自分好みにはなりました(笑)
骨系銃槍の登場によってバリエーションも大きく増えましたし、
ガンランスが本当の意味で雄飛の時を迎えたのはP2ndと言い切ってしまっても良いかもしれませんね。

お、神楽ですかー。あれも緑ゲージが安定し始める武器ですね。
自分自身は太刀を用いる事はあまり無いのですが、ちょっと思い出があったりもします。
MHG、まだ神楽が大剣だった頃の話になりますが、
鉄刀系を気に入った相方が、これを作るために森丘でマカライト鉱石と大地の結晶を一生懸命掘っていたのを思い出します。
自分はまだモンハンを初めていなかった頃で、この作業を見て「あー、こういう感じのゲームなんだ」と(笑)
今では農場だけで揃ってしまうような数ですが、当時は森丘でマカライトが二個出ればフィーバーでした。
禊から、緑ゲージの長い神楽になった時の相方の満足気な表情がとても羨ましかったですね……。
思えば、あれも自分がモンハンを始める原動力となったのかもしれません。と、自分の話になってしまいました(汗)

さて、今回もコメントを頂きありがとうございました(ぺこり)
またいつでもお越しくださいませ。そしてどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/05/10(土) 07:54:27 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/141-c60793c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。