老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

銃槍記・『始まりの銃槍、アイアンガンランス』より

ラームです(ぺこり)

今回は『銃槍記』より始まりの銃槍、アイアンガンランスについて記した一文を。

ハンターの生活が一振りのハンターナイフから始まるように、ガンランスにも始まりの一機が存在します。
ゲームの進行的にはとるに足らない性能しか持ち合わせていないその一機は、
しかし後に繋がる“道”の確かな出発点でもあったのです。




始まりの銃槍

銃槍という武器種において全ての基礎となった武器、『アイアンガンランス』。

この武器のさらに基礎となったアイアンランス改に鉄鉱石、陽光石といった素材を用いて大幅な改修を加え、
ついに実用の域に達した砲撃機構を組み込んだ、初めて『ガンランス』の形を成した記念すべき武器である。

実用武器としての(ある種奇跡的な)構造バランス。
精密ながらも激しい衝撃や動作に耐え得る強度を持った砲撃、竜撃砲、装填、冷却の各種機構。

後に最新鋭の銃槍にも応用され続ける技術群は、この銃槍の完成によって確立されたものである。
数々の失敗を乗り越えて、新たな武器系統を生み出した工房関係者の喜びは想像に難くない。
(試作品の開発製作、運用試験においては爆発事故などで何名かの死傷者が出たと伝え聞いている)

しかしながら、序文でも触れたようにアイアンガンランスの武器としての性能は非常に低いと言わざるを得ない物であった。
手に取る前に感じた欠点はすでに述べた事なので繰り返しては記さないが、
実際に使ってみるとやはり万全の状態から数度突いただけで手応えが落ちてしまう、
最大の売りである砲撃と竜撃砲が予定していた火力を得られていないなど、
(暴発を防ぐための制御機構、リミッターが何重にも組み込まれていたためでもある)
小型~中型モンスターとは何とか戦えても、大型モンスターに対しては全く通用するレベルではなかった。

もちろん工房も折角完成させた銃槍を放っておいたわけではなく、急ぎ強化計画が進められた。
かくしてフレームをマカライト鉱石で補強するという伝統的な手法を用いた『アイアンガンランス改』が登場する。
これにより銃剣部や武器自体の耐久力は若干向上したのだが、
やはりアイアンガンランスが抱えていた基本的な問題は解消されぬままであった。

銃槍という武器が大型モンスターと対等に戦うための力を得るには、未だいくばくかの時と試行錯誤が必要だったのである。

(銃槍記・『始まりの銃槍、アイアンガンランス』より抜粋)



P2ndからは骨銃槍が最初の一機になっておりますが、
自分にとっての始まりの銃槍は、やはりdosのアイアンガンランスに他なりません。
単に性能だけを見れば見るべき所は全く無いのですが、
あの世界において銃槍が実用武器として世に出たのは、かなり大変な出来事であったのでは……と想像しております。
その開発製作に携わった人々の苦労に思いを馳せる時、この武器を見る眼もおのずと変わろうというものです。

ちなみに最初に作ったアイアンガンランスは、今もガンチャリオットに姿を変えて狩猟の最前線に立ち続けています。
始まりの銃槍から最高峰の銃槍へ。
武器を扱い始めた当初の想いを引き継ぎつつ共に歩を進めていけるのは、強化式の武器の良いところだと思います(笑)

さて、それでは今回はこの辺りで。
ここまでお読み頂いた皆様、お疲れ様でした。
宜しければまた次回もお付き合い頂ければ幸いです(ぺこり)

本日もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/05/07(水) 06:53:59|
  2. 銃槍記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<銃槍記・『光と、それに埋もれた影』より(前編) | ホーム | 物欲滅却すれば無もまた楽し>>

コメント

 こうやって武器の事を突っ込んで考えると、それに関する素材とかにも焦点があたってきますね。あの爆炎に耐えうる鉱石ってのはかなりの硬度があるのでしょうね。骨系のガンスにしても、モンスター達の骨密度は非常に高いとかw そう考えると、工房の炎の温度は一体何度あるんだとか・・・想像したらきりがないけど、妄想するのは非常に楽しいものです。

  1. 2008/05/07(水) 11:44:48 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

アイアンガンランス

私もアイアンガンランスGを作ろうと業炎袋を集めております。
実際不思議なもんですよね・・・・・。
スノウギアとかヘルスティングとかリヴァイアサンとか、よく出来たもんです。
P2Gにて砲撃Lv4,5が追加されましたが、その裏には一体どれだけの苦労があったんでしょうね。
  1. 2008/05/07(水) 18:17:07 |
  2. URL |
  3. Night #Ik3TjJOs
  4. [ 編集]

お返事>Gouさん、Nightさん

お二方様とも、いらっしゃいませ!(ぺこり)

--------------------------------------------------

>Gouさん

自分は「この素材はどこに使われてるのかな?」などと考えるのが好きでして、
『銃槍記』ではその辺りの妄想を交えつつ記事をお送りしております(笑)
時に意外な素材などが使われていたりしまして、素材から武器を見るのもなかなか楽しいものです。
各種チケットがどうやって武器になるのか、そこに秘められた知られざる経緯とかですね(爆)

Gouさんも記事をご覧になられて、「いや、そこは自分はこう思っている」というのがありましたら、
こっそりとでも結構ですのでコメントで教えて頂ければ喜びます(笑)

銃槍は特に開発の苦心が見て取れる武器だけに、これからも妄想による文が次々と出て来る事かと思いますが、
今後とも宜しくお付き合い頂ければ幸いです。

--------------------------------------------------

>Nightさん

G武器にもいよいよ取りかかられましたかー。
地味に色々な素材が要るので、コンプリートするのは大変そうですね。自分も他人事ではないのですが(笑)

攻撃属性付きのガンランスについては、この後に『銃槍記』で自分なりの考えを記して行こうかなと思っています。
おそらく凄まじい開発経緯があったはずだ……と思っておりますので、書き応えがありそうです(笑)
例に挙げられた砲撃レベルにしてもそうですが、銃槍は武器種の中でも特にシリーズごとの進歩が著しい武器ですね。
その裏側(ラームの妄想ではありますが(笑)を、個々の銃槍ごとの魅力を交えながら記していければと思います。

--------------------------------------------------

今回はコメントを頂きまして、ありがとうございました(ぺこり)
またいつでもお越しくださいませ。そしてこれからも、どうぞ良い狩りを!
  1. 2008/05/08(木) 06:00:34 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/140-7f9bc604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。