老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

立てよ狩人!

ラームです(ぺこり)

今日から5月ですね。
この間お正月だーと言っていたような気がするのに、時の流れは早いものです。

さて、最近のP2Gでの狩猟模様はと言いますと、相変わらず徹甲榴弾の運用を集会所下位などで練磨しつつ、
まだ作成していないガンランス、ヘビィの素材を収集しております。
大方のモンスターとは戦う事自体が楽しくもあり、さほど問題なく素材が集まってきておりますが……
厄介なのはGクラスdos古龍たちでして、にが虫を噛み潰したような顔で(実際にそうらしいです(笑)討伐に赴いております。

今日はテオ、ナズチ、クシャルをそれぞれ2戦討伐(テオは同僚と一緒に撃破してきました)。
ナズチとクシャルは自宅に戻ってから挑んだのですが、
この4連戦ではやる気の無い雇い主に代わってオトモのジライヤ(爆弾強化系)が怒涛の活躍。
ナズチが姿を消す間もなく爆弾で怯ませまくり、2戦目では大タル自爆でなんとナズチを成敗。
しかも成敗した後はナズチの頭の前で顔を洗っていました。なんという余裕っぷり……おそろしい子!

続いてクシャルに挑んだわけですが、ジライヤの勢いは留まるところを知らず。
小タル爆弾を取り出せば飛んでいるクシャルを叩き落とし、(ラームも吹き飛ばされていましたが……(爆)
大タル爆弾を取り出せばブレスを吐き出す眼前に突撃して頭を破壊。
クシャルももはや、空気と化したラームよりジライヤに狙いを絞っていた印象でした。
そしてやっぱり止めはジライヤの大タル突撃。

発火能力?いいえ、オトモです

うぅむ、どうも雇い主がやる気の無いのを見てとって、叱咤するために奮戦してくれたのかもしれません。
嫌いな相手とはいえ、自ら望んで討伐に来たのであれば全力で戦うのがせめてもの礼儀。
オトモに教えられてしまうとは、全くもって未熟の一言です><;

dos古龍たちのタフさは相変わらずですが……多少は戦いやすくなったようにも思いますし、
これからはオトモに余計な負担をかけないように気合を入れて討伐に臨むとしましょう。

MVP

おまけに今日のMVP、ジライヤを。先日の集会所最終緊急といい、苦労をさせております(笑)

それでは今回も少し短いのですが、この辺りで失礼致します(ぺこり)
皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/05/01(木) 10:10:41|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<銃槍記・『序文』より | ホーム | 沈黙の榴弾>>

コメント

ww

ラオを出さずに☆3から連続討伐をプレイしているので、まだG級の古龍を尊顔を拝んだ事がありません・・・が容易に想像がつきます。間違いなくタフであろうことを。
 正直、古龍には私もうんざりなのですが、彼奴らの素材って何故にあんなに利用価値が高いのだろうかと・・・
 もともと武具収集が好きなのが災いとなり、レアアイテムは手に入らず、悶々とした日々を送っていますw
 ラームさんのヌコ、かなり活躍していますね。うちの子達はいまいち数値の伸びが悪くて、止めをさせるほどの攻撃力も無い訳で・・・いつか、止めを刺す日が来ることを祈りつつ、トレーニングに邁進させたいと思っています。
  1. 2008/05/01(木) 12:38:49 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

オトモハンター

どうも、P2G楽しんでおられるようですね。
G級古龍は・・・・・・テオにかなり苦戦しました。
私はガンランス以外ろくに使えないので、エンデ・デアヴェルトで行ってみたのはいいですが。
一戦目では角さえ折れず・・・・・><
まだまだ甘いようです、G級JUMPテオなんかが来たらと思うと・・・・・・
私のオトモは、大抵砲撃で吹っ飛ばすか切り上げで巻き込むかなので平和主義を採用しました。遊撃手の雇用も考えてます。
鬼人笛硬化笛真回復笛でサポートに専念してもらう。結構な確率で吹いてくれます。
これから先も強敵ぞろいですし、オトモと一緒に修行に励もうと思います。


  1. 2008/05/01(木) 18:18:32 |
  2. URL |
  3. Night #Ik3TjJOs
  4. [ 編集]

オトモそういえば最近狩場に連れて行ってないな

どうも、サキムラです。
僕のワトソン君は最近筋トレしかさせてませんね。モンメ君もいますが、あまりまだ使えんので素振り中です。久々に連れて行ってみようかなぁ。

G古龍は面倒なようですね。僕の友達にナズチとテオが大好きな奴がいるので助かります。(特にナズチ。彼はナズチが見えるそうです(マジか?)
あ~、テオですが、村上位であっさり2死したんでまだパターンに慣れてない感じがあります。粉塵爆破が見極められるようになったのは嬉しいですが、なんか物足りない感じも……あの理不尽な感じも嫌いじゃなかったのかもなぁ(謎
どうでもいいですが、姿消せる意外はナズチが一番生物っぽくないですかね?足切ればこけるし、急所切れば怯みやすいし……
まぁ、あくまで僕の感性ですので、気にせずに。

では、また。
  1. 2008/05/01(木) 21:17:25 |
  2. URL |
  3. サキムラ #pLrNGPhI
  4. [ 編集]

オトモと古龍と狩人と>Gouさん・Nightさん・サキムラさん

御三方様、いらっしゃいませー!(ぺこり)

---------------------------------------------------

>Gouさん

G級古龍たち、なかなかにタフな連中です><;
といっても最近はG級岩山龍で強化できる武器を使えば25分+15分で合わせて40分程度と、
トータルで見ればそれなりの時間であったりしますね。
実際には単体ディアとかの方が時間がかかる事もあるかもしれません。
今回のディアは疲れている暇もなさそうですが……(爆)

古龍の素材は今回はそれなりに使いますねー。
もっともdosの時のようになんでもかんでも塵粉持って来い!でなくなっただけでも有難いですが(笑)
古龍系のレアといいますと、やはり大宝玉でしょうか……自分も欲しいのですが、なかなか出ませんですね。
鋼、炎、霞の三龍からならば共通で出そうな感じがしておりますので、一番戦いやすいクシャルを狙っております。
狙いを定めた武具は一刻も早く手にされたい事かと思いますが、ひとつここはじっくりと攻めてみましょう。
焦るとセンサーの思うつぼですから(笑)

うちのオトモたちは現地訓練方式(笑)でして、育成途中でも結構止めを刺してくれる時がありますね。
時にはラームが採取に明け暮れている間に、オトモがブルファンゴ20頭を倒してくれた事なども。
こう書くとラームがサボっているように聞こえますが、大型相手の時はオトモに負けないようにしっかり頑張っております(爆)
こちらもまだ半数近くのオトモたちが育成途中ですが、彼(彼女)たちとの一回ごとの狩猟の記憶をしっかり胸に刻みつつ、
共に成長していければと思っています。

Gouさんもどうぞ、育ちつつあるオトモたちと良い狩りを!

---------------------------------------------------

>Nightさん

はい、目一杯楽しませてもらっております(笑)
これから先もどのような新たな道を見出す事ができるかと考えますと、年甲斐もなく浮かれてしまいます。

三龍それぞれと戦ってみた感じですと、やはり自分もテオが一番苦労しております。
特にガンランスですとさらに手強さが増しますね……クシャルとナズチはなんとかいけるのですが。
今は三龍とも一戦目の部位破壊を弓で、二戦目の尻尾切断と討伐を大剣や双剣で臨んでいます。
いずれガンランスでの立ち回りもしっかり確立したいと考えてはいるのですが、どうしても多少の面倒くささが……(爆)
対炎龍のスキルとかどういう感じなんでしょうね。あれがテオに有効ならば使ってみても面白いかもしれません。
といいますか、もうエンデ・デアヴェルトお持ちなんですね。羨ましいです(笑)
こちらも作りたいのですが、銀火竜の靱尾がなかなか出ませんでですね……あとは鎧竜の天殻が……><

G級JUMPテオ!なんという恐ろしい事を仰るのですか(爆)
しかしG級マ王は出てきたようですし(恐ろしすぎて今は挑む気になりません)、いつかは出てくるのでしょうか……。

なるほど、用いる武器種によってオトモの性格や育て方を決めるというのはアリですね。
いくらNPCとはいっても、無闇に攻撃を当ててしまうのはやはり不憫ですし。
完全サポート用のオトモですかー。
こちらでは似たようなタイプのオトモを最近育て始めたばかりで、まだ時々鬼人笛を吹いてくれるくらいです。
ピンチに真回復笛を吹いてくれたら嬉しいでしょうね。これは早く覚えさせないと(笑)

なかなか参考になるお話をありがとうございました。
Nightさんのオトモとの狩猟もより素敵なものになりますよう、お祈りしております。

---------------------------------------------------

>サキムラさん

やはりオトモは現場に連れて行って鍛えるのが一番だと思います(笑)
怖そうな相手にはしっかり育つまで連れて行かない、という選択も素敵だと思いますが。
うちはちとスパルタすぎるのかもしれません。
こちらの世界では大型連休ですし、何日かオトモたちを休ませてあげましょうか……。

何と、ナズチとテオが好きなご友人が……それは羨ましいです。
うちの職場などですと、

 自分:「何に行きますー?」

 同僚:「何でも行きますよー」

 相方:「何でもいいよー」

 自分:「じゃあ一人だとちょっとアレなんで、テオとか……」

 同僚&相方:「お 前 は 何 を 言 っ て る ん だ」

こんな感じで誰も行きたがりません(爆)

しかしご友人にとってのナズチは、サキムラさんにとってのレウスのように本当に楽しい相手なんでしょうね。
そうでなければ消えているナズチの姿が見えるといったお言葉は出てこないかと思います。
そういった相手がいると狩猟生活にも潤いが出ますし、そちらの意味でも羨ましいですね(笑)

テオも少し動きが変わっておりますねー。自分は相変わらず『あまり好きではありません』が(爆)
粉塵爆破がとりあえずどちらか分かるようになっただけでももうけものでしょうか。

ナズチが三龍の中では最も生物らしいかな?というご意見ですが、自分も同感です。
モチーフになった生物に近い姿や動きをしておりますし、そういう所もそう感じさせる原因でしょうか。
尻尾をバフバフやったりと、動きにいちいち“癖”が感じられるのも良い感じです。

サキムラさんはモンスターの事を良く見ておられると常々感じております。
自分も嫌いだ嫌いだとばかり言っておらずに、古龍にも新たな魅力を見出す努力をしてみましょう(笑)

---------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、ありがとうございました(ぺこり)
またいつでもお越しくださいませ。そしてどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/05/02(金) 16:10:42 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/136-cb8c96f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。