老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

沈黙の榴弾

ラームです(ぺこり)

本筋の進行もついに一息つきましたので、
P2Gを始める前から取り組もうと思っていた徹甲榴弾の運用研究をのんびりとやっております。
自分が好きなボウガンは徹甲榴弾の装填数が多いものが多い(イーター系、カンタロスガン)ので、
しっかり練習しておけば愛銃たちの可能性をさらに拡げる事ができそうです。

ちなみに現状では、

1:弾自体は頭に当っても爆風が違う所に当る
2:爆風が近接の邪魔になる

が大きな課題でしょうか。

課題1はモンスターの動きを一から吟味する必要がありますね。
榴弾自体を頭に当てる事はそれほど難しくはありませんが、
一瞬のタイムラグをおいてから発生する爆風を頭に当てようとすると、なかなか難しかったりもします。
逆にモンスターの動きによっては榴弾自体を頭に当てなくても爆風は頭に当たる事があり、
この辺り悩ましくも非常に面白いです。

課題2も1に絡んできます。
ハンマーや狩猟笛で気絶を狙う場合は他の近接剣士も分かっているので優先的に場所を空けてくれるのですが、
ボウガンの弾は背後から急に飛びこしてくるのでそうもいきません。
榴弾を撃ち込むよーと言えば良いわけですが、
前述のように自分が扱う榴弾の効果は、現状モンスターの機嫌で随分左右されてしまっています。
それで手間取って近接剣士の攻撃チャンスを潰してしまうのは面白くありません。

色々と思うところはありますが、まずは全種を榴弾で気絶させるところから始めてみようと思っています。
どのくらい当てれば気絶するのか、持ち込み弾で何回気絶させられるのか……
P2Gから加わった要素で分からない事だらけですが、故に面白くもあります。
このもう一つの“砲術”をしっかりと練磨して、要所で気絶を決めれるカッコ良い(笑)ガンナーを目指してみましょうか。

それでは今回は少し短いですがこの辺りで失礼致します(ぺこり)
皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/04/29(火) 10:54:22|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<立てよ狩人! | ホーム | 老兵は死なず、我と共に在り>>

コメント

ダメな子ほどなんとやら、と

徹甲榴弾は使い方と言うか使いどころが難しいですね
角欲しさにディアやモノブロ相手に徹甲榴弾で頭を狙ってみたりしているのですが、くしざし状態の時しか頭にまともに爆発が当たりませんし、そのせいで中々スタンしません(>_<;)
しかもどう考えてもガンナーソロにスタンはいらないような気がしますし、貫通弾を撃っていた方がダメージ的に良いような・・・
まさかまだまだ榴弾っていらない子なんj・・・ゲフンゲフン

う~ん・・・どうにかしてP2Gになり性能が向上したこの弾に光があたるようにしたいものです
ただ徹甲榴弾のためだけに砲術王までつけるのも大げさな気がしたり
このままだと「徹甲榴弾でスタン」→「浪漫」になりそうですね

  1. 2008/04/30(水) 20:25:27 |
  2. URL |
  3. 燻ぶるサンタ #Ijt6/zQ.
  4. [ 編集]

影も光の中では目立つもの

何とも初コメですー

徹甲榴弾の気絶蓄積値を見ていると、麻痺ビンや毒ビンの蓄積値が髣髴としてきます
ドスの解析では何か気絶蓄積値も減少していく風なことを書いていたので
もしかして徹甲榴弾というのは敵が暴れて近接が無理なとき
わずかな隙を狙って運用できるかもしれないように設計されているんじゃないかと
思ったりもしました。いずれにせよボウガン4人で集まるんでもなければ
徹甲榴弾だけで気絶を取るのは現実的ではない雰囲気ですね?
確かに頭が弱点である敵が多い中近接を差し置いて頭に榴弾連射するわけには
いきませんからね。
それでも頭が高い敵には効いたりするんでしょうけど。

それで、P門外の私にとってはこちらのほうが本題になってしまいますが
今度改めまして私のリンク集にこちらのブログを追加させていただきましたので
ご挨拶申し上げます。
私の私的なツールとして使っているつもりですけど、自分の道をしっかりと持っていること
自分の狩りに感動と興奮をしっくりと抱くその姿、私の励みにもなっています^^
ますますお互いの道に光あることを願いまして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
  1. 2008/04/30(水) 22:16:31 |
  2. URL |
  3. さふぃ #Sz7wXT42
  4. [ 編集]

かわいい子と共に旅路を行く>燻ぶるサンタさん

いらっしゃいませ!(ぺこり)

自分が道標と仰ぐガンナーの皆様方ですら「撃てる音爆弾」以上の価値をついに見出す事ができなかった弾丸、
新たな力が加わったとはいえなかなかに手強いです(笑)

仰られるように、気絶はソロガンナーにとって閃光目眩ほどの絶対的な効果が無いのも悩みどころですね。
これを撃つ時間があれば貫通弾を通した方が効率的に良さそうではあります(泣)
現状ではフルフルの放電時のように、モンスターが動きを止めているものの剣士が接近できないような戦局では
まずまずの効果を上げておりますが、麻痺並に有効活用するにはもう一味必要かな?と感じています。

自分も爆炎が好きな事もありまして、どうにかこの弾丸の運用に光明を見出したいと思っております。
使わなければ良いアイデアも思いつかないでしょうし、
ここはひとつ腰を据えて長い目でこの頑固者(笑)と付き合っていってみる事にします。

今回もコメントを頂きありがとうございました(ぺこり)
また、いつでもお越しくださいませ。そしてどうぞこれからも、良い狩りを!
  1. 2008/05/01(木) 07:22:47 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

影、輝くとき>さふぃ様

いらっしゃいませ!(ぺこり)

Dosで初めて麻痺ビンや毒ビンを用いた時に「思ったより(状態異常に)なりにくいなー」と感じたのを覚えております。
P2Gにおける徹甲榴弾もLV1を撃ち切るか撃ち切らないか、それも全弾頭に爆風がヒットしてようやく気絶……
という事が多いので、使用感として通じるものがありますね。

ソロでの気絶を狙った徹甲榴弾の有効運用は、攻撃効率の事を考慮しても少々難しいものがあるようです。
仰られるように「近接武器が攻撃出来ない間の気絶蓄積値の蓄積」こそが最適に近い運用法かもしれません。
このところ味方狩猟笛の「離脱前の一撃」が決まった所に合わせての撃ち込みを協力してもらって試しておりますが、
狩猟笛の一撃で怯んだところに合わせて爆風が決まったり、逆に爆風で怯ませて次の隙を作ったりと中々良い感じです。
打撃武器の気絶補助としては割合優秀な感じが確かにしております。
そう思う一方でなんとかソロでも有効な運用を……と思ってしまうのですが(笑)

しかしボウガン4人で頭に徹甲榴弾の集中砲火……そういう光景を一度で良いから見てみたいものです。
これで気絶に持ち込めたら、自分などはその後の追撃を忘れるほど幸せかもしれません(笑)
ともあれせっかく新たな力が加わった徹甲榴弾、それが報われるかどうかは別にしてじっくりと使い込んでみようと思います。

そしてリンクのお知らせ、ご丁寧にありがとうございます!
自分にとって大きな道標の一つであるさふぃ様のリンク先に加えて頂いた事、大変光栄に思います。
こちらこそ、今後ともどうぞ宜しくお願い致します(礼)

ハンターとしてもブログ管理人としてもまだまだ未熟なところが多々ございますが、
さふぃ様をはじめとする皆様のように『モンスターハンター』のさらなる楽しみ方を模索しながら、
ご覧になられている皆様に狩猟への活力をお分けできるような記事を記せるように精進して参ります。

今回はコメントを頂きまして、ありがとうございました(ぺこり)
また、いつでもお越しくださいませ。そしてどうぞこれからも、良い狩りを!
  1. 2008/05/01(木) 07:27:54 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

火竜を空で気絶させ隊

こんにちわー、お世話になっていますシュガシュガです。

鉄甲榴弾の使い道ですが、私もちょこちょこ撃ってみるんですが、中々スタンしてはくれませんね。
そんな中で私が比較的効果的なのかなー、と感じたのがグラビモス亜種とディアブロスです。

この二つは部位破壊時を除けば頭に近接は寄りにくいです。
ディアブロスなんかは閃光→榴弾と繋げれば爆風は流れないし、スタンに繋がれば拘束が一段と伸びます。

また使用するボウガンをかなり限定する戦術であるとも思います。
装填速度が遅かったり装填数が少なかったりすると、かなり難易度は上がりますよね・・・。
うーん。PT戦でガンナーがスタンさせたりしたら拍手喝采モノだろうに・・・(笑。

さて今日はこのへんで失礼します。
またこちらも何か発見したら報告しますね!
それでは~。
  1. 2008/05/02(金) 10:09:59 |
  2. URL |
  3. シュガシュガ #-
  4. [ 編集]

スタン・ガンナー>シュガシュガさん

いらっしゃいませ!お世話になっております(ぺこり)

参考になるお話、ありがとうございます。
ディアブロスは頭の位置が高いですし、部位破壊も含めて効果的かなと思った相手でしたが……
仰られるように黒グラもそうですね。
近接剣士にとっては両者とも攻撃機会を見出しにくい相手でありますし、
気絶で拘束ができれば大きな攻撃支援となりそうです。

ボウガンの選択は重要になりそうですね。
仲間にハンマーか狩猟笛がいれば単発装填でも十分でしょうけれど、
自分だけで気絶させようと思うならば、連発装填の方が間を置かずにタイミングも取りやすいです。
幸い自分の場合は良く使うボウガンがそうでしたので、あまり問題はありませんでしたが(笑)
実は最近、リロードが速く徹甲榴弾全LV対応のメテオ系が気絶も取り入れた戦術には向いているような気がしています。
徹甲榴弾自体の装弾数は少ないのですが、
気絶した時に貫通弾という高い攻撃力を持つ弾丸を集中運用できるのは大きな強みではないかな、と。
まだ試行の段階ですが、PT戦で打撃武器と組んだ時はメテオ系が一番有効に機能している気がします。
増弾のピアスを付けた時などはさらに良い感じです。
(黒風では徹甲榴弾がLV1しか対応していないので、一発芸のようになってしまうのが少々……)

戦術も運用もまだまだ未知の部分が多い新徹甲榴弾ですが、もう少しその可能性を追求してみたいと思いますので、
どうぞこれからも一つ宜しくお願い致します(笑)

はい、今回もコメントを頂きありがとうございました(ぺこり)
またいつでもお越しくださいませ。そしてどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/05/02(金) 16:47:41 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

スタン・グレネード

二度に分けてしまって申し訳ないのですが、榴弾の件で御報告です。

というかもう御存知かもしれませんが、LV1榴弾速射の気絶値蓄積はは速射による軽減を受けません。どうも着弾時のダメージのみみたいですね、軽減されるのは。

また、各モンスターのスタンに達するまでの値もP2に比べて減少している気がします。
ドスファンゴにLV1榴弾速射を撃ったところ、5発目の榴弾で気絶=榴弾LV1の気絶蓄積は1発20なので、ドスファンゴの気絶値は100となっている模様です。

ラーデグ・・・恐ろしい子!
  1. 2008/05/04(日) 12:37:28 |
  2. URL |
  3. シュガシュガ #-
  4. [ 編集]

10倍徹甲拳>シュガシュガさん

再度いらっしゃいませー(笑)

む、徹甲榴弾の気絶値、やはり速射による軽減はありませんか。
頭の動きが遅い相手や、ドスファンゴをはじめとする全身頭判定(爆)のモンスターには効果が高そうですね。
ついにラーデグの時代が始まりましたか……しかしラーデグの3連バレルにどうしても及び腰になってしまう罠(爆)
徹甲榴弾の可能性を確かめるためにも、ここは個人の好き嫌いを乗り越えて作ってみますか!(←まだ作っていなかった)

しかしハンマーなどで狩猟に行きますと気絶耐性高くなったのかな?と感じる事が多いのですが、
そんな事もないんですね……。
モンスターごとの気絶軽減率が影響しているのでしょうか。

と、非常に参考になるお話をありがとうございました(ぺこり)
また、いつでもお越しくださいませ。そしてどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/05/05(月) 06:58:29 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/135-6fff6d85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。