老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

老兵は死なず、我と共に在り

ラームです(ぺこり)

世の中はいよいよ大型連休ムード一色となって来たようですね。
自分にも連休があれば色々と用事を済ませつつモンハンに没頭できるのですが……世の中はそう甘くありません(泣)
サービス業なんて、サービス業なんて……(ぶつぶつ)

と、貧乏暇無しの体現者の愚痴は置きまして(笑)
昨日記しました通り、今日は集会所Gクラスの最終緊急クエストに挑んでおりました。

標的は雪山深奥に現れた謎の巨大モンスター。
どうやらポッケ村に迫りつつあるこの未知の強敵に、散々回り道をした末にようやく挑む事になりました。

今回はこの挑戦の顛末を記そうかと思います。

(集会所Gクラス、最終緊急クエストのほぼ完全なネタバレとなります。続きをご覧になる際はご注意ください)




挑むクエストは集会所G☆3緊急『絶対零度』。討伐目標は崩竜、ウカムルバスです。


武器はスノウギア=ドライブを用います。これだけは絶対に譲らないと決めていました。
決戦場は雪山深奥ということもあり、おそらく寒冷地に適応しているはずの崩竜に氷属性は通じないでしょう。
が、その素材のほとんどを雪山で揃える事になるスノウギア=ドライブ。いわば雪山は故郷です。
その故郷を切り崩しつつ歩を進める崩竜に対して奮起し、必ずやその性能の限界を見せてくれるであろうと信じます。
また、スノウギア=ドライブの通常型砲撃は崩竜の弱点であろうと思われる火属性を最も多く含む砲撃型。
武器の属性は通じずとも、人の手で加えられた爆炎は効果が高いはずです。

今までに様々な相手をこの銃槍を手に狩猟してきました。
今回に限ってスノウギア=ドライブを持ち出さない理由はありません。
爆弾アイルーのジライヤをオトモに、奮起して雪山深奥に向かいます。


クエストが出現してから姿だけは一度見ておりましたが、本格的に戦うのは初めてです。
まずはガード性能+2、心眼の装備で崩竜の攻撃を見極めるべく挑みます。

が、慣れない攻撃に四苦八苦しているうちに、ものの10分くらいで二死してしまいます。
やはりGクラス最終緊急クエストのモンスター、一筋縄ではいきません。
その中で基本はアカムと同様の戦い方がある程度通用する事をなんとか確認しますが、15分針の辺りでついに三死。
得るものはありましたが、無念の撤退となりました。

次いでガード強化、砲術王などを試しつつ崩竜の動きを見極めていきます。
6戦目には一回も力尽きず、50分間戦い抜く事に成功。また、崩竜の尻尾の切断にも成功しています。
アカムと同様の性質であれば瀕死時にしか尻尾は切れないはずで、
スノウギアの攻撃力と砲撃でも崩竜の体力を十分に削れているという実感を確かにしました。

そして7戦目、50分戦い抜いた装備では火力が及ばなかった事を鑑みて新たに装備を整えます。



【装備・食事・オトモ】

砲撃戦装備

武器:スノウギア=ドライブ

頭:剣聖のピアス
胴:ラヴァXメイル(大砲珠×3)
腕:金剛・真【篭手】(鉄壁珠×1)
腰:バサルXフォールド(大砲珠×2)
脚:金剛・真(大砲珠×1・石壁珠×1)

発動スキル:砲術王、根性、ガード性能+1、心眼

スノウギアの切先を捻じ込み、砲撃主体で攻撃を行うための装備です。
ちなみに根性は装備を揃えただけで発動した副産物です(笑)


食事:千年蟹×黄金米(体力UP&防御力UP)

キッチンスキル:なし


オトモ:ジライヤ(黒メラ・相討覚悟・切断・爆弾のみ/LV20・攻撃力120・防御力380/高速回復・爆弾強化・大タル爆弾)

崩竜は素早く動くタイプではないので、爆弾タイプのオトモが最も有効であろうと判断しました。



【準備したアイテム】


<ポーチ1>

・回復薬(10)
・回復薬グレート(10)
・秘薬(2)
・元気ドリンコ(10)
・こんがり肉G(10)
・砥石(20)
・ホットドリンク(5)
・モドリ玉


<ポーチ2>

・活力剤(10)
・ケルビの角(10)
・いにしえの秘薬
・調合書1
・調合書2
・調合書3
・調合書4
・調合書5


<ポーチ3>

・素材玉(10)
・ドキドキノコ(10)
・鬼人薬グレート(3)
・硬化薬グレート(5)
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪


回復に時間を取られていては攻撃の手数が減ってしまうので、大きく減らされた時はいにしえの秘薬で一気に回復します。
また、研ぎと回復が同時に必要になった時など、体勢を本格的に整えたい時ははモドリ玉でキャンプに戻ります。



【基本戦術】

基本的に腹下に陣取り、崩竜がアクションを起こした後(場合によってはガード後)に斬り上げや上方突きなどで一撃。
その後砲撃を連発で叩き込みます。
ただし、位置が合っていたり、脚への砲撃で大ダウンを起こした場合は顔に向かって連続攻撃を行います。
ちなみに竜撃砲は腹下の攻撃タイミングに冷却が完了していればどんどん撃っていきます。


・尻尾を振る体勢に入った場合の対応

 崩竜の左半身側にいた場合は腹を突き抜けるか、顔の動きを追うようにして踏み込み斬り上げで右半身側へ抜け、
 氷雪波の範囲外へ逃れつつ攻撃していきます。
 最初から左半身側にいた場合はそのまま攻撃から砲撃連発で攻撃します。


・潜行後の対応

 なるべく武器を収納し、砕氷突進に備えます。
 砕氷突進をしてきたら当たる直前に崩竜を斜めに飛び越すような形でダイブ。
 ただし壁際や潜行後の武器の収納が間に合いそうにない時はそのままガードして、被害を最小限に抑えます。
 ガードした場合や回避をミスして当たってしまった場合は防御力低下状態になるので、
 隙を見てなるべく早く硬化薬グレートを飲んでおきます。



【狩猟記録】

雪山深奥に到着すると、例によって崩竜が氷を割って現れました。
さっそく交戦……といきたいところですが、まずはモドリ玉を使ってキャンプへ。
砲弾の装填と鬼人薬グレート、こんがり肉G、ホットドリンクの使用を済ませます。
ここまでの戦いでは隙を見ながらの下準備に時間を取られていた印象があったので、
今回は思いきって最初からモドリ玉を使い、十分に体勢を整える事にしました。

準備を済ませたら再度決戦場に進入し、今度こそ戦闘を開始します。
崩竜の姿が見えませんが、こういう時はエリア中央の初期地点に戻ってきます。
崩竜の出現地点に回り込み、十分な体勢で現れた崩竜に攻撃を仕掛けます。

崩竜は張り付いていないと色々な意味で厄介な攻撃をしてくる事が多いので、
なるべく間合を離さないように気をつけながら交戦します。

しかし、やはりまだ討伐に成功していない相手です。
顎振り上げ後、崩竜の後脚付近に降って来た雪玉に当たってしまったり、
砕氷突進を回避し損ねたりして痛手を受けながらの戦いとなってしまいます。

特に危なかったのは潜行後の武器収納が遅れ、その後の突き上げが直撃した時です。
ラームは防御力低下状態、また体力も少し減っていました。
「あ、これはダメだ><;」と一死を覚悟しましたが、体が光って体力がごく僅かだけ残ります。
なんと、副産物のスキルであった『根性』にこの局面で助けられた模様。
立ち上がり、「何もするなー!」と祈りつつ崩竜の腹下でモドリ玉。何とか事無きを得ました。

そのような感じで、時間の経過と共に徐々に回復薬が減っていきます。
30分を過ぎた頃には回復薬グレートが枯渇。
ここからはある程度のダメージでもいにしえの秘薬で回復させなければなりません。

と、崩竜が脚への砲撃で大ダウン。
よし、チャンスだと顔に向かって水平突き→砲撃の連撃で攻め立てようとしますが……
なんとここでジライヤが投げた小タル爆弾が痛恨の誤爆。吹き飛ぶラーム。
ラームが立ち上がる間に崩竜は態勢を立て直してしまいました。
こ、ここでかぁぁぁ……!!

しかしジライヤを連れてきたのは他ならぬラーム自身ですし、ジライヤも頑張ってくれてはいます。
それに怒る暇もないので(爆)気を取り直して戦闘を継続します。

残り10分のアナウンス。

頻繁に潜っていた崩竜が、この辺りではまとまった反撃を狙える尻尾振りや倒れ込みを連発。
良い感じに削れているという感覚はありますが、確かめる術はありません。
体勢を整えに戻ったキャンプで、最後のホットドリンクを飲みました。

残り5分。

今回は尻尾を狙えずにいたので、尻尾は切れていません。
しかし、その分腹や頭に十分な砲撃と打撃を叩き込めているように思いました。
ここまで粘って攻撃したのですから、もう成否に関わらず最後まで攻撃を行うのみです。
しかし、ここで切れ味が低下。
時間が迫る中、キャンプに戻る手間を惜しんで崩竜から少し離れてスノウギアに研ぎをかけます。

今にして思えば迂闊の極み。こちらに素早く狙いを定めた崩竜が、砕氷ブレスを放つべく足を踏ん張ります。
あー、しまった!と思った時、ジライヤが投げた小タル爆弾が見事に崩竜の頭に炸裂。
アカムが音爆弾でそうなるように崩竜は大きく体勢を崩して大ダウン。研ぎも丁度終わり、最適の攻撃態勢です。
先程の失点を打ち消して余りあるジライヤの大殊勲。(我ながら作り話のようですが……(笑)
もんどりうっている崩竜に近付き、一気呵成に攻撃を加えます。

崩竜も意地を見せ、この攻勢ではついに倒れませんでしたが……
この大ダウンから復帰してややあって、ついにスノウギア=ドライブの砲撃が崩竜の命に届きました。

故郷に轟く

かくして崩竜ウカムルバスの討伐に成功。クリアタイムは48:07(残り時間01:53)でした。

激闘の終わりに

老兵は死なず、我と共に在り



【狩猟を終えて】


<残った消費アイテム>

・回復薬(1)
・いにしえの秘薬
・元気ドリンコ(8)
・こんがり肉G(9)
・砥石(4)
・活力剤(2)
・ケルビの角(2)
・素材玉(1)
・ドキドキノコ(1)
・鬼人薬グレート(2)
・硬化薬グレート(1)

よく考えてみたらいにしえの秘薬でスタミナは回復するので、元気ドリンコかこんがり肉Gは解氷剤にしておくべきでした;


Gクラス岩山龍を撃破した時、ラスト緊急もスノウギア=ドライブでいけるはずだという確信を持ちましたが、
やはりそこは未知のモンスター、すんなりとは行かせてくれませんでした。
被弾をある程度は抑えられるようになったものの回復薬はほとんど底をつき、
また大きなピンチをオトモに救われたりもしています。立ち回りはまだまだ詰めていかなければならないようです。

しかしそれはまた別にして、今回の討伐の達成を非常に嬉しく思います。
スノウギアのGクラス強化先が無いと分かった時、少なからず落胆した事を覚えています。
しかしその事が結果的には今、自分により大きな喜びを与えてくれています。本当に不思議なものです。

狩猟の道には果てが無いとはいえ、集会所最終緊急クエストはやはり一つの区切りです。
それを達成できるスノウギア=ドライブは完成型の評に相応しい武器だと、今こそ胸を張って言いましょう。

Gクラス強化が無いスノウギア=ドライブは、以前自分がコメントへのお返事で記したように“老兵”であるのかもしれません。
ですがこの“老兵”は死んではいません。消え去りもしません。
これからもラームと、いつか越えられない壁に当たっても歩き続けていくと思います。

白鱗の銃槍

ポッケ村に戻ると、様々なものがラームの前に現れました。
相棒の魂を受け継ぐものもその中に発見。自分へのご褒美として(笑)さっそく作成しました。
自分の相棒はもはや『スノウギア=ドライブ』以外はありえませんが、
この新たな力にもその魂は宿っているはず。しっかり使ってあげようと思います。



さて、今回も長くなりました。この辺りで筆を置く事に致します。
ここまで読んでいただいた皆様、お疲れ様でした。
宜しければまた次回もお付き合い頂ければ幸いです(ぺこり)

それでは皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/04/27(日) 08:28:01|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<沈黙の榴弾 | ホーム | 二転び二起き>>

コメント

老いてますます盛んなり

さて、と
まぁ、ラームさんならそのうち挑戦して、なおかつ倒せると思っていましたが、やはり凄いな、と
いつも通り相棒との堅い絆、信頼の証を見せてくれるというかなんというか・・・
なんかそろそろ賛辞の言葉が尽きてきましたが(笑)、おめでとうございます
今後の相棒との挑戦も気になりますねw

あと、昨日S・アルバレスト改にて、非火事場G級ラオ討伐完了しました
前回コメントした時には火事場は書きましたが、非火事場も一応終わってたりw
ですが「ネコの暴れ撃ち」が発動しており、なんとなく納得出来ないな、と再度挑戦しておりました
拡散調合が使う必要が無かったのにはS・アルバレスト改のポテンシャルの高さに驚きもしましたが、やはり名銃の正統後継機だな、と
これでようやくG3へ進めますが、未だにヤマさんにも遭遇してなかったり(汗)
ギザミ2頭に勝てません(涙)

自分のことが長くなりましたが、この辺で失礼させてもらいます
それでは次の機会に・・・
  1. 2008/04/27(日) 08:45:47 |
  2. URL |
  3. 燻ぶるサンタ #Ijt6/zQ.
  4. [ 編集]

雪山奥の花火

どうも、サキムラです。
いやはや、ガンランスによる討伐は「簡単」ではありませんが、相性はいいと思ってます。
が、スノウギアとなると話は別。火力不足、属性、通常型砲撃etc様々な要素があげられますが、それでも倒せたのは何よりラームさんの気力があったからでしょうね。

最近見事なまでにヘビィにはまっている僕ですが、とうとうネロディエルキャストとグラビモスギガロアを作りました。ネロディエルキャストに関しては、僕のブログに下手な考察なんか書いてますが(苦笑)
両方とももの凄い火力で敵を圧倒させます。いやぁ、今作のヘビィは本当に強い。
そのうち2ndGにて2ndキャラを作ろうと思うのですが、そいつは生粋のガンナーとして成長させてやろうと思います。

ああ、そうだ。ウカムとヘビィは意外と相性がいいです。何故かと言いますと、突進がこないからですね。あと、火炎弾がもの凄く強いと言うことにもあるかと。僕は倒せませんでしたが、オススメです。

それでは、次の挑戦を心待ちにしております。
  1. 2008/04/27(日) 15:59:41 |
  2. URL |
  3. サキムラ #pLrNGPhI
  4. [ 編集]

天に愛されてますね~

覇龍と対を成す、崩龍討伐おめでとうございます

最後の最後まで、スノウギアドライブ見事ぶち抜いてくれましたね~
ラームさんと、スノウギア本当に天に愛されているようですね。
オトモの一挙手一投足すら、神がかってるとしか・・・

サキムラさんも仰るとおり、ウカムにランス系は相性がいいですが、制限時間があるという事からすると、相棒を知り尽くしたからこその成功ですね。
グロックも、そんな狩りを楽しみたいです。

当面、グラビモスギガロアを使い倒そうと思っております。
錬金の書も手に入りましたので、モンスターハンターに挑む時には担いでいきます。

先に成功されたラームさんに、御意見を頼るかもしれませんが、その時は是非ご助言下さい^^

今度は、どんな事で驚かせてもらえるのか、今から楽しみです。
  1. 2008/04/28(月) 03:10:34 |
  2. URL |
  3. グロック #-
  4. [ 編集]

凄い!!

灰ラオや祖龍にひきつづき・・・ウカムまで・・・・
いくらなんでもスノウギアDではウカムは・・・と思ってしまっている自分・・・属性の相性までを無にしてしまったラームさんには脱帽ですOrz ガンスが最早、手足となっているようですね。
 私はキークエのみを消化して、かろうじてウカムを討伐したので、まったりと連続討伐を消化しはじめました。面倒くさそうな☆3の最後のクエからスタートしたのですが、連続討伐侮りがたし・・・ですね。流石は☆3の最終・・・MHGの訓練所を思い出しましたw
 このブログを読み始めてから、MH大全2に載っている武器の説明書きを読みふける日々が続いています。2からは太刀を好んで使っているのですが、愛刀が何本か存在している浮気者は、なにを隠そう私ですw
  1. 2008/04/28(月) 12:48:40 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

お返事>燻ぶるサンタさん・サキムラさん・グロックさん・Gouさん

皆様、いらっしゃいませ!(ぺこり)
当方の都合で少々お返事が遅れました。申し訳ありません。

---------------------------------------------------

>燻ぶるサンタさん

いつも暖かい賛辞のお言葉を頂きましてありがとうございます。
自分も今回は「達成できないかも……」と思う事はありませんでした(笑)

いよいよ集会所の狩猟も一段落しましたので、これからはより自由に歩を進める事ができそうです。
とりあえずはガンランスとヘビィ用の装備を本格的に突き詰めていこうかと思っています。
また何か思い立ちましたらそちらにのめり込むかもしれませんが(笑)

と、非火事場S・アルバ改でのGクラス岩山龍討伐達成、おめでとうございます!
キッチンスキルが納得行かれませんでしたかー。そのお気持ち非常に分かる気が(笑)
Gクラス岩山龍は非火事場で臨んだ場合、武器の性能を十分に活かさなければ討伐が難しい相手だと感じています。
S・アルバ改がいかに名銃とはいえ、やはりそれを十分に活かした燻ぶるサンタさんの技量あっての達成です。
本当にお見事でした。そしてお疲れ様でした。

むむ、ギザミ2頭に難儀されていらっしゃいますか。
自分もギザミは最も苦手とする相手の一角でして、常々頭を悩ませております。
自分の場合は前にも少し記しましたが、回避距離UPのスキルと装填速度が速めのヘビィを用いています。
原種用に電撃弾、亜種用に水冷弾が撃てればなお良いですね。
基本はこちらへターゲッティングをして向かってくるギザミに対して数回回避。
あらかじめ軸をずらしながらある程度の距離を取り、
距離を取りながら貫通系の弾を脚→胴→脚と通るように撃ち込んでいます。
確か原種と亜種では移動エリアが被らないようでしたので、一頭ずつ落ち着いて仕留められて大丈夫かと思います。

とはいえやはりヘビィにとっては非常に厳しい相手ですので、
回復アイテムの十分なご用意と、オトモの同伴は必須でしょうか。
自分も未だに回復薬が半分以上は無くなります><;

あるいはお使いになられるのであれば極鎚ジャガーノートなど、
攻撃力の高いハンマーで一気呵成に勝負をかけられてもよろしいかと。
(この場合は防御力の高い防具が必須となりますが)

なかなか難儀なクエストではありますが、一頭ずつはそうタフではありません。
理不尽な動きで攻撃を受けてしまってもエリア移動で仕切り直すなど、
落ち着かれて対処されれば達成は遠くないと思います。
(燻ぶるサンタさんは相当ヘビィに慣れておいでのようですし(笑)
同じくギザミを苦手とする者として、心より応援させて頂きます。頑張ってください!

---------------------------------------------------

>サキムラさん

崩竜と戦っていて思いましたのは、やはり基本はアカムだなぁという事でした。
アカムはランス、ガンランスとは相性が良いので、崩竜に対しても同様のようですね。
火属性に弱く?なっている分はアカムよりもガンランスにとっては相性が良いかもしれません。
これからはどうにか被弾を減らして、せめていにしえの秘薬は無しで討伐ができるようになりたいものです。

おっ、黒銃二挺作られましたか(笑)
ネロデュエルは単純にデュエル改の強化版かと思っていましたが、思いきった仕様にしてきておりますね。
ギガロアの装弾性能はロアと同じですが、故に使い手のカスタマイズ次第でどのように化けるのも同様と、
こちらも非常に使いでがありそうです。
今回のヘビィは特に『取り回しが悪く、融通が効かないが大火力』という点が強く前面に押し出されているように感じます。
ライトが『多彩な戦術を状況に即応して取れる』のとは良い意味で差別化が図られているようで、
個人的に非常に嬉しいところです。
(もちろんそれぞれの長所を逆転させたような銃もありますが)

そういえば崩竜は確かにあまり突進をしてきませんですね。
遠距離武器にとっては少し戦いやすいのでしょうか?攻撃範囲はアカム同様かなり広そうですが、
今度はヘビィでも行ってみましょうか。

しばらくは自分なりにP2G歩き方を模索しつつ、じっくりと狩猟を進めてみようかと思います。
ご期待に添えるような挑戦に巡り合う時がまたいつ来るかはちょっと分かりませんが(笑)、
どうぞこれからも宜しくお願い致します。

---------------------------------------------------

>グロックさん

称賛のお言葉ありがとうございます。
苔の一念なんとやらですが、モンハンの神様が上手く調整してくれていたようです(笑)
オトモのジライヤも本当に良く頑張ってくれました。

相手によって武器を持ち替えるのはハンターとして当然の選択ですが、
「これを使えばどんな相手でも狩れる!」という武器が一つありますと、狩猟にまた違った楽しみが現れると思っています。
使えば使うほど、その武器が好きで好きでたまらなくなってくると言いますか……(危ない)
グロックさんも狩猟生活の中で、自然とそういった武器と出会えると良いですね。

そしてこちらでもギガロアのお話が(笑)
グラ砲系が持つユーザーに合わせた千変万化の対応力は、まさにヘビィの持つ無限の可能性を体現しています。
自分はあの対応力に畏敬の念を感じておりまして(笑)十分に使いこなせていないのですが、
使い手の要求に最高峰のレベルで応えてくれるボウガンであろうと常々思っています。
ぜひともグロックさんの色に染め上げてみてください。

『モンスターハンター』にもいよいよ挑まれるのですね!
自分の意見が参考になるかどうかはちょっと分かりませんが、もしお困りの事がありましたら遠慮なく。
お役に立てないかもしれませんが、朽ちかけた脳細胞をフル稼働させて(笑)お答えさせて頂きます。
それではどうぞ、御武運を!

---------------------------------------------------

>Gouさん

実は、崩竜に挑むに当たっては「属性が合わずとも倒せる」というある種の確信がありました。
岩山龍を撃破せしめた実績もその確信の根源の一つなのですが、もう一つはスノウギア=ドライブの攻撃力です。

『437』
この攻撃力はガンランスが始めて狩猟の舞台に姿を現したdosにおいて、ガンランスが持ち得る最大の攻撃力でした。
(ブラックゴアキャノン、ガンチャリオット)
当時攻撃属性の付いたガンランスは無く(5/1追記:ヘルスティンガーがありました(死)、
ガンランサーたちはこの最高437という攻撃力、
そしてまだあまり強くなかった砲撃、竜撃砲だけを頼りに狩りに赴いていました。

P2Gの開発に携わった人々が今までのシリーズとそれを遊んでいる人を本当に良く見ている、
というのはPシリーズをプレイしていると常々感じる事です。
ですので、おそらくこのガンランサーたちの様々な想いが詰まった『437』という数値でも、
最後まで突破できるように作っているはずだ、と何の根拠もありませんが(笑)確信を抱いていたのですね。
そしてP2Gは(まだ全てのモンスターを討伐したわけではありませんが)しっかり応えてくれました。
これからも『攻撃力437』でどこまで行けるか、折を見て挑戦していきたいと思います。

と、Gouさんもすでにじっくり狩猟モードに入られていらっしゃったんですね。
G3クラスはどのクエストもさすがになかなか難儀です。狩猟が上手く進むようにお祈りしております。
いやぁ、でもMHGの訓練所に比べれば楽なのではないでしょうか……などと言っておきましょう(笑)
あれは自分にとっても本当に苦行でしたから……(爆)(もちろん得るものもありましたが)

大全の武器解説、思わず読みふけってしまいますねー。
自分もどうかしたらモンハン用の時間の半分ほどを使ってしまうくらいの時があります。
いやいや……浮気者で良いではないですか。モンハンの武器はそれぞれが本当に色々な魅力を持っています。
好きな武器を一つだけに絞るなんてもったいないですよう(笑)
自分も“相棒”は決めておりますが、好きな武器はたくさんあります。

「おっ、いいなぁ」と思った武器や防具を作って、使って、狩猟を存分に楽しむ。とても素敵な事だと思います。
お互いにこれからも、好きな武器を使っての狩猟を楽しんで参りましょう!

---------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、ありがとうございました(ぺこり)
また、いつでもどうぞ!
  1. 2008/04/29(火) 08:24:20 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/134-ffbe0414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。