老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

英雄の証

ラームです(ぺこり)

今回はまず、二篇の文章を紹介させて頂きたいと思います。
『HUNTER's LOG on PORTABLE』様において掲載された文章です。


『英雄の証・前編』

『英雄の証・後編』


人の書いた文章で記事を書こうとしていると思われても仕方がありません。
しかしそれでも、一人でも多くの『モンスターハンター』にこの文章を読んでもらいたいと思い、ここに道筋を記しておきます。

『P2Gも最後の敵倒したし、これで終わりかな?』と思っている方もそろそろいらっしゃるかもしれません。
まずはこの文章に目を通して下さい。
そして、その文章にはっきりとしたものでなくても何か共感できるものがあったなら、
きっとこの『モンスターハンター』というゲームは貴方にとってもっと素晴らしい世界を内包しています。

新しいRPGが発売されて、友人たちがモンスターハンターをやる事がなくなったとしても、
貴方は『モンスターハンター』と自分なりに楽しく付き合う事ができるはずです。
大丈夫。同志は大勢おりますし(笑)、何もモンスターハンターだけをやれというわけでもありません。

先達の道を参考に、自分だけの道を連綿と組み上げていく楽しさ、奥深さ。
また、そういったハンターたちと互いの道を見比べて、また新たな狩りを見出す喜び。

自分だけの道へ

一人でも多くのハンターがそういった『モンスターハンター』の楽しみに目覚め、
あるいは新たな道標となってくれる事を願いつつ、今回は筆を置く事に致します。


それでは今回は短いですが、この辺りで失礼致します(ぺこり)
どうぞ皆様も、良い狩りを。
  1. 2008/04/15(火) 09:30:29|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<見果てぬ頂 | ホーム | 登山準備>>

コメント

いやもうガンサーの星ですよ?

こんばんはー。
拙い一文の紹介に貴重な紙面割いて下さり、恐縮です。お便りもありがとうございました。
ま、あたしの触媒効果に反応しちゃうのが幸か不幸かは微妙なとこでもあろうかと…(ゲフンゲフン)。

ラームさんはもうガンサーの星ですよ。どこの誰がそんな真似をしてるというのですか。もうラオはエリア2の入り口で一旦立ち止まってニイって笑うんじゃないですか。また来たか、みたいな。

こうなるともうチャレンジというより「理解」ですよね。よりラオを、よりモンハンを「知る」ために立つ。ここではどんどん数字を出して行くことをおススメします。怯み間隔の最短時間、怒り頻度・回数、考えられる最適な1エリアの与ダメ量。どこぞにボーンシューターで灰ラオやってる阿呆がおりますが、この意義はミクロな最適解を出せることです。そして、上達の可能性を数字で追えることです。

ラオについて知らぬことはない。そう言えたら老先生もほめてくれるでしょうか。
  1. 2008/04/16(水) 00:15:34 |
  2. URL |
  3. HUNTER's LOG #grGQ8zlQ
  4. [ 編集]

証をこの手に>HUNTER's LOGさん

いらっしゃいませ!こんばんはー(ぺこり)

いえいえ、こちらこそ本当にありがとうございます。
『英雄の証』には本当に勇気付けられ、また狩場へ臨むための活力を多いに頂きました。
HUNTER's LOGさんに触発されるのは、ハンターにとっては幸せな事であると思います。
問題がもしあるとするならば、モンハンにのめり込みすぎて日常生活に支障が出る可能性がある事くらいかと……
いやもちろん、これは受け取り側の問題ですが(笑)

ガンサーの星ですか……何だか泣きそうです。
HUNTER's LOGさんにそう言って頂けた事を本当に誇りに思います。
未熟者なりに“自分の道”を歩む事ができているのでしょうか。もしそうであればこれ以上に嬉しい事はありません。
お言葉を胸に、これからも一層精進していきます。

そして岩山龍戦へのアドバイス、ありがとうございます。
立ち回りを詰めるために討伐可能な銃槍で挑んだりして、より有効な方法を模索中です。
またさっそく怯みまでの時間や怒りの回数などをしっかり記録して、手法の比較検討なども始めました。
自分のできる事、武器の性能、そして岩山龍。
お言葉通り、まずはこれらを充分に理解するところからまた始めてみようと思います。

最近は岩山龍が「自分を越えてみせろ」と言っているような気がしてきておりまして、
エリア2の進入時にはおじぎのアクションをするのが通例になっています(笑)
簡単には褒めてくれないでしょうけれど、いつかは必ずかの老先生に認められる存在になろうと思います。

今回はコメントばかりかアドバイスまで頂きましてありがとうございました(ぺこり)
また、いつでもどうぞ!
  1. 2008/04/16(水) 08:40:43 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

スノウギアの底力

どうも、サキムラです。

以前、非火事場メテオフォールでGラオ討伐しました。あのP2のラオをゴールドヴァルキリーで破った装備です。ガン防具は未だにあれぐらいしか持っていません。
僕は、貫通弾をメインに運用しているブログをみてボウガンを使い出したので、貫通を主に使用しています。そのため、貫通強化や追加がつくギザミ装備を愛用しているのです。

話を戻しまして。非火事場で撃退なしで行けたのが正直意外でした。腕があがったのか、メテオフォールが強いのか分かりませんが、3~4分残ってました。
要因としては、貫通の使用量をあげたということ、最大数弾生産があったことなどがあげられますが、僕は別の理由があると思います。

「エリア外射撃」です。

近接の場合、エリア1はもちろん、エリア入り、出るときなど、攻撃チャンスがありません。一方、クリ距離など無視すれば、攻撃チャンスは近接に比べ、多いことになります。

なにを常識的なことを大真面目に語ってるんだと思うかもしれませんが、すなわち、「ただでさえチャンスが少ない近接武器で、攻撃力が低い武器で討伐しようとしている」、僕が考えたラームさんのチャレンジ内容です。

決して不可能とは言いません。できる人はできる、できない人はできない。少なくとも、僕はできません。なぜなら、ガンスに対する「愛情」が僕にはないからです。
ラームさんが願うならば、きっと勝利の女神は微笑むでしょう、ラームさんと、その背中にあるスノウギアに。

えー、相変わらずの長文、失礼しました。(書くのに十分近くかかりました)
それでは、ちょっとかっこつけてみた、サキムラでした。

「追記」
対ヤマツ検証
メテオフォール 一死 二十五分針
ジャガーノート 零死 二十五分針

というわけで、ハンマーの攻撃チャンスが少ない事が原因だと思われますが、一死と零死で時間が変わらないということは、へビィと相性がいいと考えられます。
先日ヤマツ黒嵐の記事を見たときに少し気になったので、チャレンジしてみた次第です。はっきり言って自己まんz(ry
肉質調べず、なにも考えず通常とか貫通とか適当にばら撒いてたので、正直言って五分ぐらい詰めれるんじゃないかと。
ええと、オチないですので。
  1. 2008/04/16(水) 18:52:18 |
  2. URL |
  3. サキムラ #GUmh/CnE
  4. [ 編集]

その隙間に砲撃を>サキムラさん

いらっしゃいませ!(ぺこり)

おお、お疲れ様でした!
もうサキムラさんも立派なガンナーですね(笑)
そしてあのクラスの武器で非火事場討伐が可能という事実に、とても勇気付けられます。
(丁度そのクラスくらいの攻撃力でやっておりますので(笑)

おっしゃる通り、剣士はラオがエリアに完全に侵入するまでの間、基本的には指をくわえて見ている事しか出来ません。
この時間は惜しいと思っておりまして、石ころ(笑)などで攻撃してはおりますが、なかなか結果に繋がりませんですね。

励ましのお言葉、ありがとうございます。
非常に厳しい取り組みである、とは色々と計算や試行を重ねてみて自分でも痛感しているところです。
しかし自分はまだ完全な立ち回りをできていない、とも思っています。
詰めていく隙間がある限り、そこに向かってスノウギア=ドライブと踏み込んで行きます。
いつか勝利の女神が微笑んでくれるように、精進してみましょう。

ヤマツですが、これからはどんどん討伐時間が短くなってくるかもしれませんねー。
特に攻撃をしやすい弓やボウガンなどは正確な肉質が分かり次第詰められていくのではないでしょうか。
(おそらくDos準拠であろうとは思っておりますが)
Dosの時は今の討伐時間くらい塔の頂上で待っていなければならなかったので、
なんだか時代の移り変わりを感じてしまいますね(笑)

今回はわざわざ時間をかけてコメントを考えて頂き、本当にありがとうございました(ぺこり)
また、いつでもどうぞ!
  1. 2008/04/17(木) 09:00:46 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/127-38a8dfb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。