老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

登山準備

ラームです(ぺこり)

先日Gクラスの岩山龍に挑んで以来、通常狩猟の合間にスノウギア=ドライブでの討伐の可能性を模索しています。
と、いってもまずはガンランスでの立ち回りを再度詰めていくところからですが。

まずはガンランスで討伐してみようと、
手持ちの武器の中では最も有効そうな溶解銃槍ヴォルガノスを手に出陣しましたが、結果は撃退。
……ううむ、これ最終強化版なんですが(死)

ともかく、ここ数戦で気付いたこれからの課題を。


・攻撃連携の再構築

 P2nd→P2Gでは上方突きのモーションスピードが遅くなっています。
 P2ndでの岩山龍戦ではメインの攻撃手段だっただけに痛い変更です。
 攻撃連携の組み立てを一から考え直す必要があります。


・ベストポジションのキープ

 バックステップのタイミングに失敗して、前脚の風圧を受ける事が数度。
 また、上方突きが深く入りすぎて、尻尾の判定に当たって弾かれる事が数度。
 スノウギアで挑むのならば、たった一回の手数でも明暗が分かれる事になるはずです。
 時間の浪費になるこれらの失敗は何としても避けなければなりません。

 また、砦前での迷子モードへの対応も同様です。
 脚の動きと、風圧の範囲をしっかり見切れるようになる事。これを練磨していきましょう。


スキルはまた別に考えるとして、この二つは最低限必須です。

溶解銃槍ヴォルガノスで数回挑んだ手応えは、全てが上手く行ってようやく討伐になるかな?という感じでした。
物理的に可能なのか不可能なのかもデータが出揃っていない今ではまだ分かりませんが……。

そこに白鱗の銃槍があるから

……と、言いますかまだ集会所も終わってない内から何をやってるんでしょうか自分は(死)
もちろんまだ完全に本腰は入れておりませんし、集会所を終わらせてから本格的に取り組むつもりではあります。
しかし下地を作っておけばいざという時に役に立つでしょうから、少しずつやっておく事にしましょう。
そのうちに光明が見えてくる事を信じて(笑)

さて、それでは今回は短い上に自分用のメモのようになってしまって恐縮ですが(汗)、この辺りで。
どうぞ皆様も、良い狩りを!
  1. 2008/04/14(月) 10:31:26|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<英雄の証 | ホーム | Gクラスを歩く>>

コメント

ふたたびあの山へ

こんにちわー、お久しぶりですシュガシュガです。

Gになり更に隆起したあの山へ、再びスノウギアで挑まれるのですね。
いいですねーいいですねー!

先日の記事では(携帯から見れることに気付きました)スノウギアではさすがにGラオは無理かもしれない、と書いていらっしゃったので、今回は挑まれないのかもしれないなあ…と遠い目をしていました。
それでもあの山に登られるのですね。

私はまだ麓にすら到着していませんが、遥か遠くだからこそ麓からは見えない山の様子が見えるかもしれません。
また、ラームさんが挑まれるその時には、今度はこちらが麓からの声を出す番です。しっかりとその背中と背中に担がれた銃槍を見届けたいと思います。
楽しみに待っています。

それではお邪魔しました、これで失礼します。
  1. 2008/04/14(月) 14:24:03 |
  2. URL |
  3. シュガシュガ #-
  4. [ 編集]

分水嶺>シュガシュガさん

いらっしゃいませ!お久し振りですー(ぺこり)

ひとまず新生活も順調な滑り出しをされていらっしゃるようで、一安心させて頂いております(笑)
携帯からコメントを書き込まれるのは少々大変かと思いますが、それでも当方にコメントを頂きまして嬉しい限りです。

はい、今回いよいよ本気を出した老先生に再度挑んでみようと思います。
正直もういよいよ限界が近いなと感じてはいるのですが、何か……不思議とやらずに諦める気にはなれませんでした。
P2ndにおいてのスノウギア=ドライブは自分が最上位の一角だと信じるに足る性能を持っていました。
実際自分が少し工夫しただけで、無理だと思っていた狩猟を次々と達成し、その力を示してくれました。

しかし今回、数値的な面ではスノウギア=ドライブは最上位の銃槍群に明らかに水をあけられています。
そして、そういった武器ですらある程度の長期戦を免れ得ないGクラスのタフなモンスター。
ならば今こそ狩人の知恵と腕がスノウギア=ドライブを補う時ではないでしょうか。
互いに足りない部分を補い合うのが相棒のはずです。
この山は自分がスノウギア=ドライブの相棒になれるか否かの分水嶺ではないか。そんな気がしています。

シュガシュガさんの応援、非常に心強く思います。
こういう取り組みをしておりますとどうしても視野が狭くなりますし、ありがたいです(笑)
何か思われる事がありましたら、どうぞ遠慮なくコメントされてくださいませ。

それでは今回もコメントを頂き、ありがとうございました(ぺこり)
また、いつでもどうぞ!
  1. 2008/04/15(火) 08:31:02 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/126-4c864465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。