老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Gクラスを歩く

ラームです(ぺこり)

自分の住む地域では桜はほぼ全て散ってしまったようです。
青葉に混じって残っている花びらを見ると、満開の桜を見る時よりも胸に沁みるものがありますね。

さて、今日はちょっと簡単に、最近出かけた中から印象に残ったクエストをいくつか。




・ヘビィvsヤマツカミ戦

もう少しヤマツカミの素材が欲しかったので、再度挑戦。
動きは分かってきたのでヘビィで挑んでみる事に。
装備は黒風と回避距離UP。持ち物はカラハリに黒風が撃てる通常系弾種全て(LV1徹甲榴弾を除く)です。

古塔に風吹く

一死しましたが、30分少々で討伐。うーむ、今回のヤマツはあまり手強くないでしょうか……?
ヤマツがこちらに向きを合わせてから横に2~3回避で確実に攻撃は外れますし、
倒れ込みの時などに弱点(であるはずの)目や口も簡単に狙えます。
(特に倒れ込み時は目の周囲の部位の判定が弱くなり、目に当てやすいように感じました)
また、吸い込み攻撃も(回避距離UPのおかげかもしれませんが)ヘビィを展開したままでも余裕で逃げ切れる模様。
注意すべきは大回転アタックくらいですが、これも「あ、来る」と思ってからの武器収納→しゃがみが間に合います。
大雷光虫にはLV3散弾を使っていましたが、効果は今ひとつ。
頻度も低いようですし、もうエリアチェンジ限定でも良いかもしれませんね。

そして今更ながら地味に驚いたのがLV3貫通弾の反動が小さくなっていた事です。
反動覚悟でヤマツ目がけて撃ち込んでみると……あれ?なんで連射できるの!?みたいな。
使いやすくなった事は素直に嬉しいですが、LV3貫通弾の反動はそのままにしておいて欲しかったような気もします。
老山龍砲のために><(爆)

余談ですが、龍木ヘビィの性能はちょっと便利すぎるような……あれ、いいんでしょうかね(笑)



・密林でガルルガ×2捕獲作戦

ガノスプレッシャーに観察眼、罠師、自動マーキングの装備で。
一頭は隻眼ガルルガかと思いましたが、両方ともノーマル種のようです。

ガルルガも動きやルーチンに若干の変更が加えられているようです。
やたら間合を詰めてきたり、凶悪な方向修正が嫌で以前は高台ハメをする事が多かったのですが、
今回は攻撃方法がより豊富になった事もあり、まともに戦っても面白い相手になっていますね。
HUNTER's LOGさんが言われているように、『よりマジになれるように調整された』のでしょう。
対応弾種が豊富なガノスプレッシャーの弱点、装弾数の低さが一発の重みを増した事もあって非常に楽しい狩猟に。
合流に気をつけながら一頭ずつ捕獲。奇しくも二匹同じ場所で寝息を立てる事になりました(笑)

双子への子守唄



・火事場覇弓で老山龍Gへ

Sasamingさんの狩猟記事を拝見し、火事場覇弓で撃退という事実に度肝を抜かれた老山龍G。
大連続狩猟が一段落して、こちらにも出現したので体験してみる事に。覇弓、火事場+2と攻撃力UP【中】の装備です。

Sasamingさんは部位破壊を狙いつつ、という事だったのでこちらは徹頭徹尾弱点狙いで。
さらに空きビンにニトロダケ、爆弾系も調合素材込みでフルセットと本気です(爆)

まずはテラスから撃ち込み。一回しか怯ませられませんでした。
次にエリア侵入に爆弾を合わせると、大タル爆弾G×2でも怯みやしません(死)
これは本格的にヤバイと感じつつ、セオリーに従って弱点を狙いつつ最終エリアへ。

バリスタ全弾命中。P2ndならとっくにファンファーレがなっているでしょうが、微塵もそんな気配がなく。
老山龍が砦前に到達。撃龍槍と予備のバリスタも全部命中させます。
正直このあたりで倒れるだろうと踏んでいましたが……まだまだ頑張る老山龍。
いくら覇弓が弱体化したとはいえ、なんという堅さでしょうか。

「残り5分です」

本気で焦り始めました。この焦燥感、久し振りです(死)
必死で矢を放ち続け、また上手い具合に咆哮を何度か怯みで潰せた事もあってどうにか討伐。

最高峰

残り時間は2分程度でした。

これは本当に堅いです。
上位灰ラオがギリギリだった事を考えると、スノウギアでの挑戦を考えた場合かなり絶望的です。
うぅむ、どうしますか……ともかくも緊急クエストではありませんし、
全ての装備を吟味できる立場になってからよく考えてみようと思います。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します(ぺこり)
皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/04/12(土) 08:48:25|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<登山準備 | ホーム | 老兵の歌は古塔に響くか>>

コメント

あー、これはこれは

クエを全てつぶしてから緊急をやるラームさんと比べたら僕のほうが遅いかもしれません。僕ラオ出てないですしネッ!
おー、ガルルガ二頭ですか。僕はガルルガは好きですね。苦手なんですけども(笑
僕は2Gの方が何故か苦手ですね。まともにたたかえないんですよ。

あー、僕もへビィ作りましてね。その名もメテオフォール。最初に作るにはまぁオーソドックスなものがいいだろうと。僕は本職ガンナーじゃないのでアルバに特に思いもないですし。いや、アルバを使いこなす心はすごいと思いますがね
まだまともに狩猟に出てないのですが、本当に属性弾が強いとだけ言っておきます。

では、この辺で。
  1. 2008/04/12(土) 20:12:02 |
  2. URL |
  3. サキムラ #pLrNGPhI
  4. [ 編集]

徐行運転の狩人より>サキムラさん

いらっしゃいませー(ぺこり)

いやいや、やはり自分の歩みはかなり遅い方かと思います。
まだ慣れない狩場なので、足場をまずはしっかり固めてから……という思いもあるにはありますが。
しかしやはりクエストを一通り制覇した後に待っているであろう、
さらに広大な世界に思いを馳せると「早くあそこに行きたいなー」と思ってしまう自分もいます。
自分は興が乗った時に一気にやってしまうクチでして、そのうちにぱぱっと進めてしまうかもしれません(笑)

ガルルガが苦手でいらっしゃいますかー。
自分にとってはDosよりはずいぶん戦いやすくなったなぁ……などと思っていたのですが、
やはり新モーションが合われない方もいらっしゃるんでしょうね。
今までは感覚で戦っておりましたが、今度しっかり分析してみましょうか……。

メテオフォールを作られましたか。ナイスチョイスです(笑)
メテオキャノン系は攻撃力こそ他の同クラスヘビィと比べると少しだけ抑え目ですが、
実は攻撃量によってそれを十二分に補ってしまう名銃です。
また、その特性故に使い込めば使い込むほど攻撃力が跳ね上がっていくのが楽しいですね。
ぜひ使いこなしてあげてください(笑)

そういえば、属性弾は今回は目に見えて効果が上がりましたねー。
最上位の老山龍砲なんかで弱点属性撃ちしたら、恐ろしい威力になりそうです。
最近愛用している黒風では属性弾が使えないので、いまいち実感できないのですが(笑)
バストンヘクセンあたりで属性弾乱れ撃ちみたいなのもいずれやってみたいですね。

はい、いつもコメントを頂きありがとうございます(ぺこり)
また、いつでもどうぞ!
  1. 2008/04/14(月) 09:22:46 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/125-29c11f4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。