老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『轟竜ティガレックス』(クロオビハンマー編)

ラームです(ぺこり)

今日は予定の入っていないお休みでしたので、ゆっくり狩猟ができました。
やっぱりその日の仕事がありますと、少し気が急かされるといいますか……うむ、休日とはいいものです。

さて、今回はクロオビハンマーでの挑戦となります。
雪山ではさほど苦戦しなかったのですが、
実は今回振り返る狩猟の直前、教官チャレンジ初の3落ちを喫しております(死)

原因はいずれもガレオスの飛び掛りが起点。
怒りで弾け飛びそうになる頭を強制冷却しつつ、再度出撃準備に入ります。

【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・こんがり肉G×10
・ペイントボール×20
・毒生肉×1
・砥石×20
・クーラードリンク×5
・小タル爆弾×1
・大タル爆弾×2
・大タル爆弾G×2

今回は閃光玉を抜き、毒生肉を入れてみました。
どうやらティガは腹が空くと交戦中でも生肉にかじりつくとの事。
これを上手く狩猟に取り入れられれば少しは楽になるかな、と思ったのです。



【基本戦術】

振り向きに合わせてのスタンプを攻撃の主軸とします。
また、ショートレンジの噛みつきなどには溜めが間に合っていた場合、
振り回し攻撃×2回→振り下ろし&かちあげ→回避で離脱して体力を削ります。

怒り時は基本的に手を出さず、ジャンプ攻撃からの確定行動時のみ攻撃を仕掛けます。
また、この時はガレオスの周回ルート上に誘い込むような移動を心がけ、
ガレオスの背びれ、あるいはこちらを狙った攻撃に巻き込んで少しでもダメージを与えていきます。



【狩猟記録】

まずは携帯食料・携帯砥石・携帯シビレ罠を入手。
お腹を一杯にしたらクーラードリンクを飲み、支給品ボックスから1つ取り出してから南の砂漠(エリア5)へ。

ティガにマーキングをしてから携帯シビレ罠に引っかけて、大タル爆弾×2を使用。
その後は前回と同じくネコ村前広場(エリア9)に入ってアプケロスを駆除しておきます。

もうここまでの行動はパターンになっていますね。
南の砂漠に戻って、ここからが本番です。

このエリアでは攻撃・回避ともに図にあたり、非常に順調にダメージを与えていく事ができました。
ティガに一回も削られる事すらなくエリアチェンジをさせたのは、遠距離武器以外では初めてではないでしょうか。

しかし調子が良いと言ってもやはりというかピンチは訪れるわけで、
北の砂漠(エリア2)での戦闘時、怒ったティガの突進を受けてゲネポス谷(エリア4)方面出口付近へ吹き飛ばされます。
そしてその勢いのまま覆い被さられ、止めの咆哮が……!

うわ、やめ、あぁぁぁぁぁ……あら?(爆)

何と、ここで奇跡の咆哮無効化が発動します。
(一応前転もやりましたが咆哮のダメージ範囲内でもありましたし、タイミングはずれていたように思います)
MHGの時から時々起こる現象ですが、今回は本当に助けられました。

が、ティガの体が邪魔で逃げられません(死)
しかしここでも威嚇に入ったティガの脇をすり抜けて、どうにか体勢の立て直しに成功します。

まさに九死に一生。
これがあるからモンハンはやめられません……寿命は縮まりそうですが(死)

ともあれ、ここから先は再び順調モードに入ります。

怒り時はとにかく自分から積極的には仕掛けず、確定行動を狙いつつガレオスの周回ルート上に誘い込みます。
ガレオスに攻撃を任せる(爆)作戦は、ガレオスの攻撃がティガに結構当たってるなぁ……
とクロオビブレードの時に思ったので、何もしないよりはと試してみました。
見ているとやはり結構当たっていますね。効いているかは微妙ですが(笑)

また、後脚への攻撃でティガがダウンしたら
ここぞとばかりに頭(あるいはそのまま後脚)に攻撃を叩き込み、追い込んでいきます。

そうこうしているうちに20分が経過。
思い出して毒生肉を設置してみますが……うーむ、食いつきません。
時間経過以外に何か法則があるのでしょうか。

やがてティガが脚を引きずったので、少し残念に思いながらも最後の仕上げにかかります。

例によって寝息を立てているティガに忍び寄り、大タル爆弾Gを設置。そして……

ワレ狩猟ニ成功セリ


かくして狩猟成功。
クリアタイムは29:51(残り時間21:09)でした。

クエスト確認




【反省会】

一回目の挑戦で自分の下手さ加減に割と絶望したわけですが(死)、
二回目の挑戦では比較的順調に狩猟が進行しています。
これはやはりガレオスの妨害が思った以上に狩猟に影響を及ぼしているという事でしょうか。
ガレオスの駆除も真剣に検討する必要があるかもしれません。(まだ枯れるかどうか試してませんが)
この場合、ガレオスをダメージ源にする作戦は諦めなければいけませんが……
ま、いなければいないでスッキリするというものです(爆)

ちなみに今回、回復薬は持ち込みでは薬草×2を消費したのみで、応急薬で事足りています。
雪山では割と持ち込み品も消耗していたわけで、そう考えれば少しは上達したのかな、とも思えます。
もっとも、この辺り一回ごとのプレイで随分差が出る事があるのがモンハンなのですが(笑)



……というところで、今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

それでは、皆様も良い狩りを!
  1. 2007/11/09(金) 20:23:47|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<当ブログについて | ホーム | 教官への道・集会所☆5『轟竜ティガレックス』(クロオビブレイド編)>>

コメント

肉は食べますが…

こんばんはー。
「ティガに生肉」はうちのほうでも話題になってましたが、どうも確率の要素がババよりでかいみたいで確実性を求める戦術には組み込みがたいですね。非怒り状態のほうが食べる確率が高く見えますが(ていうか怒ってて食べたケースはまだ無し)、この時間じゃあ常時怒りですしね。
「食べたらラッキー」というノリでいくならネムリ生肉で睡眠爆破くらい狙ってくのが良いかもです。

でもあれですよ。ハンマーは一旦ダメージレスのパタンを掴んじゃうと結構安定する武器です。タメ3回転からホームランかましたい、とか変な気起こすとその限りじゃないですが。
  1. 2007/11/10(土) 00:05:30 |
  2. URL |
  3. HUNTER's LOG #grGQ8zlQ
  4. [ 編集]

腹が減っても戦はできる?(ティガ的に)

>HUNTER's LOG様

いらっしゃいませ、こんばんは(笑)

ティガの情報ありがとうございます。
怒ったティガは花より団子ならぬ肉より戦闘、というわけですね。
そういう事でしたら確かに、いっその事睡眠爆破で大ダメージを狙っていきたいところです。
参考にさせて頂きます!

そしてハンマーの件ですが。
はい、よく変な気を起こしてしまいます……(死)
一応教官チャレンジ中ではあまり使っておりませんが、
あの振り上げが「おぉ、ダメージを与えてるぞ」という感じで大好きで……
実際にコントローラーや本体を持つ手に力が入ったりするほどです。
そこをグッと堪えてクレバーに叩くのが上手くてカッコいいハンマー使いなんでしょうけれど(笑)

今日はご来訪頂きありがとうございました。
これからも良い狩りを!
  1. 2007/11/10(土) 04:35:10 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/12-f31c1a6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。