老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

扉を撃ち開く

ラームです(ぺこり)

例によって村上位のナルガにハマりまくっておりましたが、
ぼちぼちと未クリアクエストも進行させまして、ようやく村のラスト緊急をクリアしました。

一応P2Gのスタッフロールも見まして、
また色んな所を拝見するとそろそろGクラスの狩猟記事も多くの方が書かれています。
そして見ているとやりたくなってくるいうのが人のサガ(笑)、
村クエストが一段落した今こそGクラスに挑む時!と意を決し、準備に入りました。




挑むクエストはGクラスに上がるための緊急クエスト『ヒプノック二連撃!』です。

武器はスノウギア=ドライブ。
Gクラスへの扉を開くのはこの武器だと決めていました。
装備はP2Gになって少々弱体化してしまった、
ギザミSとスティールSを主体とした斬れ味+1&ガード性能+1の剣士装備です。
(もとはこれに業物がついていましたが、発動できなくなっていました)

何か、武器防具共に時代に少し取り残されたような感じですね。
しかし、P2ndではそれこそ数多の狩場をラームと共に駆け巡った歴戦の装備群。
これを着けていると何となく思ったように動ける気もしますし(笑)、
新フィールドと新モンスターが相手といえど、引けを取る事はないはずです。

罠や爆弾はもちろん、閃光玉や硬化薬G、鬼人薬Gなど準備万端整えて、オトモのレイと樹海に出発しました。

スタートはキャンプからです。千里眼の薬を飲んで二頭の位置を確認。
鬼人薬と硬化薬を飲んだらまずは大樹東側(5)にいるヒプノックを目指します。
樹海と言うには視界が開けているエリアが多いなぁー、と思いながらフィールドを駆け抜けます。

大樹東側でさっそくヒプノックと交戦を開始。
ここに来るまでに村上位のヒプノックとは何度となく戦っていますので、立ち回り自体はある程度分かっています。
催眠ガスとキックをかわしつつ銃槍を突き込んでいきます。

と、踏み込み斬り上げのタイミングが悪く、怒ったヒプノックの尻尾にはたかれて吹き飛ぶラーム。

……何このダメージ!!Σ(゜o゜;)

すでに聞いてはいましたが、さすがGクラス……防御力400程度ではお話しになりませんか(死)
そして居り悪くそこに現れる二頭目のヒプノック。ペイントだけは投げておいてから大樹南側(6)へ退避します。
ヒプノックは他の鳥竜種(クック、ゲリョス)とは違ってこちらのエリアチェンジを追いかけては来ないので、
もう一頭が移動するまでしばらく待たなければなりません。

いや、しかし……合流しやすそうなフィールド構成だなぁと思ってはいましたが、今回は特に地獄でした(死)
よし、分散したー!と思って交戦を始めていても、しばらくすると……(バッサバッサ)
一度などはやってきたのに気付かぬまま滑空攻撃で吹き飛ばされました(死)
ヒプノックはエリアの滞在時間が長く感じるので、その辺りの影響もあるのかもしれません。

しかしこのままでは埒があかないので、アイテムを使用して一気に一頭目を討伐してしまう事にします。
うまく分離した後に、一頭ずつに使う予定であった『シビレ罠→大タル爆弾』と、
『落とし穴→大タル爆弾G』を先にダメージを与えていた一頭に集中して使用。
さらに閃光玉で動きを止めて一気に体力を削ります。

それからしばらく戦っていると、尾羽がへたれたヒプノック。脚を引き摺って大樹の巣穴(7)に逃げ帰りました。
巣穴に入ったヒプノックが眠るのを待ち、余っていた大タル爆弾を設置。さらに竜撃砲で起爆しつつ攻撃します。
これでようやく一頭目撃破。時計の針は15分針です。むう、やはり何というタフネス……。

手元に残った補助アイテムは閃光玉が2個のみ。また、回復系も乱戦の中で半分近くが無くなっています。
しかしここからは一頭に集中して戦闘を行う事が出来ますし、時間も十分に残っています。
改めてギザミSヘルムの緒を締めて、もう一頭のヒプノックに当たります。

回復アイテムも少ないので、いざと言う時に使えるように大きなダメージを受けた時はキャンプで回復をしながら戦います。
幸い樹海はキャンプに戻りやすいエリアの繋がり方をしているので、助かりました。
また、緑ゲージでどうも攻撃の効果が大きく落ちているらしい事に気がつきます。
Gクラスのモンスターは緑ゲージが通用しないのか……(死)
幸い、匠付きのスノウギア=ドライブは割合長めの白ゲージと青ゲージを備えています。
そこから先は青ゲージまでを維持して戦うように心がけました。

後半はオトモのレイが上手い具合にヒプノックの注意を引いてくれ、
またラーム自身も集中してヒプノックの攻撃を良く凌げた事もあって順調にダメージを稼いでいきます。
そして30針辺りでもう一頭のヒプノックも巣穴に追い込み、寝覚めの竜撃砲の後しばらく交戦して討伐。

扉を撃ち開く

かくして狩猟成功。クリアタイムは37:53(残り時間12:07)でした。

今日のクエスト確認

……と、このような感じでどうにかGクラスへ到達しました。
今はG1クラスで新しいアイテムや武器防具に驚く日々を過ごしております(笑)
まずはどこで何が採れるのか、どのクエストでは何処に何がいるのかなどを、しっかりチェックして行こうと思います。
(こらえきれずに新亜種と戦ったりはしておりますが(笑)

さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/04/03(木) 10:54:32|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<巨砲の星 | ホーム | トラップ&キャプチャー>>

コメント

狩ったぜ……いや、買ったぜ!

ヒプ二頭ご苦労様です。僕もやっとP2Gを購入いたしました。
その帰りに友人宅へいき、友達と一緒にヒプ行ったんですが、最初はもうgdgdの中のgdgdで。結局友達一人で3死という結果でしたが、閃光玉外すは、味方起こそうとして失敗するは散々でしたよ。まぁ、二回目で見事HR7になりましたが。

帰ってからは適当に村クエとか思っていましたが、ナルガと戦いたいなぁと思い、キークエ調べながらのクエスト遂行。
ひとまずモノ二頭クエ終了しました。今日はこの辺で終わろうかなと。

しかし、ポッケ農場がなんだかすごいことになってますね。
爆弾とかネットとか種とか持っていかずに色々できるし、回数分のみしか採掘、採取できなくなっているし。なんか農場という感じがしないです。
完璧という粗が見え隠れしているように感じますね。

ま、何はともあれ、面白かったのでいいです。はやくヤマツ氏に会いたいな♪(ぁ
ではまた。
  1. 2008/04/03(木) 22:17:29 |
  2. URL |
  3. サキムラ #pLrNGPhI
  4. [ 編集]

狩りの時間>サキムラさん

いらっしゃいませー(ぺこり)

サキムラさんもP2Gの狩場にご到着ですね。
さっそく精力的に狩りに励まれているようで、こちらも何となく嬉しくなってしまいます。
自分もそうでしたが、やはり新しいモンスターには手こずりますねー。
動きを完全に見きれていない分、罠や補助アイテムも効果的に使いづらいですし。
そこを新たに詰めていけるところが楽しいのではありますが(笑)

うーむ、ポッケ農場ですかー。
実は自分の相方もあの仕様は「あまりにも便利すぎる」という事であまり好きでは無いようでして、
サキムラさんのように感じられる方は少なくないかもしれません。

無駄や面倒がある事。
それがむしろモンハンの場合は一つの魅力になっている面があるというのは確かな事です。
おそらく製作サイドもそれは重々承知の事かとは思いますが、
今作はここまでのモンハンの集大成と言う事でもあり、敢えてシステム的な面での利便性を一度追求してみよう、
という方向で突き詰めてみたのかもしれませんね。

まあ、遊んでいて楽しい事は間違いありませんので……(笑)、まずはP2Gをお互いに存分に楽しむとしましょうか。

いつもコメントを頂きありがとうございます(ぺこり)
また、いつでもどうぞ!
  1. 2008/04/04(金) 18:00:03 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/119-8d40976b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。