老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旧き密林に赤光を追う

ラームです(ぺこり)

Gクラスに行きたーい!という思いとは裏腹に、村上位クエストで足止めをくっております。
足止め、と言うよりは踏みとどまっているのですが(笑)

その原因はP2Gより登場の飛竜、迅竜ナルガクルガです。




村上位、ネコートさんが紹介してくれるクエストをこなしていたラームの前に、
緊急クエストとして現れたのが樹海のナルガ討伐のクエストでした。

おお、こんなに早く噂のナルガと戦えるとは……
どういう相手かはもちろん分かりませんが、まだ見ぬ敵手との戦いに期待と不安を膨らませつつ準備をします。
武器は悩んだ末にスノウギア=ドライブを選択。
オトモのレイ(白アイルー)を引きつれて、樹海へ乗り込みました。

ナルガのトリッキーな動きと迅竜の異名に恥じぬ素早さに苦闘を強いられますが、
ガード性能とレイの麻痺攻撃に助けられ、辛くも討伐しました。(前回の記事の画像がこの時のものです)

苦しんだとはいえ、無死での討伐。
満足感と共に「うーむ、こんなものかな?」という思いが若干ありました。

……が、これはこの飛竜を侮らせるための罠でした。

さらに上のレベルのクエストに挑む事ができるようになったラーム、
受注できるクエストの中に旧密林でのナルガ狩猟を発見します。

ふむ、ナルガの武器防具のためにもう少し素材も欲しいし、あのくらいの相手なら……。

樹海での戦いである程度動きは掴めていた気がしたので、
今度は遠距離武器で行ってみる事にしました。
サイレンサーが反動軽減も備えるようになったライトボウガンから、カンタロスガンを持ち出します。
捕獲するつもりで、落とし穴なども持ち込みました。

そしてクエスト開始。オトモは今回も先程と同じ白アイルーのレイです。

キャンプからスタート。
まずは遺跡の道(2)へ向かい、相変わらず視界が悪いなぁと思いつつ南下していきます。
が、ナルガがいる気配はありません。
ここにはいないかー。じゃあこのまま丸太橋の川岸(3)に向かおうと思った時。

『ギャオォォォォッ!!』

すぐ右手からナルガの咆哮。
ちょっとみっともなくて詳しく書けないほど狼狽。リアルで身が竦みました(死)

慌てふためきつつ、交戦しようとカンタロスガンを構えます。
……が、肝心のナルガの姿が見えません。

元から目立たない色のこの飛竜、
樹木の密度が高い旧密林では、交戦するエリアによってはその姿を非常に捉えにくくなってしまいます。

穏行

当てずっぽうに撃った弾は何も無い木立の間をすり抜け、
ようやく捉えたと思ったナルガの姿は一瞬の後には視界から消える。

視覚と聴覚を総動員してもろくに予備動作も見切れない戦いの中、こう思いました。

やられた。この飛竜は樹海ではなく、この旧密林に合わせて設計されていたんだ……と。

樹海での戦いは緊急クエストと言う事もあり、ナルガの基礎動作を見せておくと共に意外と簡単に勝たせておく。
そして本番はナルガの本領が発揮される、この旧密林での戦い。
『ナルガは樹海のモンスター』というのは発売前からのイメージでしたが、それこそ隠された罠だったのかもしれません。
穿った見方かもしれませんが(笑)

為す術も無く一死し、キャンプへネコタクで帰還。
体勢を整え、心を落ち着かせてナルガの元に向かいます。

交戦状態のナルガの移動ルートは、
水竜の運動場(7)→遺跡の高台(6)→丸太橋の川岸(3)→水竜の運動場……とをループする模様。
このうち7、6ではナルガの姿が見えやすくまともに戦闘ができますが、問題は丸太橋の川岸(3)です。
ここで戦闘していると、みるみる回復薬が無くなっていきます。
オトモのレイがいなければ、もう一死していたのは間違いありません。

そのうちにふと気付きました。
怒っているナルガは目が赤く発光し、移動する時にはその残光が残ります。
動きが素早くなり危険ですが、これを頼りにすればナルガの動きを捉えられる。
この後は丸太橋の川岸での戦闘時は音爆弾を使用して体勢を崩しつつ、故意に怒り状態にして戦います。
何度か直撃を受けて危ない場面もありましたが、赤く光る目を目印に弾を撃ち込み続け……どうにか討伐に成功。
終わった時には回復薬系は薬草数個を除いてすべて底をついていました。

で、普段ならば「もう密林ではやらないぞー><;」になるのですが……
終わってみて、自分にとってこの狩猟がすごく楽しかった事に気がつきました。
それも、姿がろくに見えなかった密林エリアでの戦いが。


木立の間を縫うように動く赤い光を追い、間合を詰めるハンター。

近い間合を嫌って跳び退き、再び木立に紛れて襲いかかる機会を窺うナルガ。

ナルガの注意を引き、狩人に攻撃の機会を作ろうと奮戦するオトモアイルー。

面白い。と思いました。


ナルガの動きには、きっと賛否両論出てくる事かと思います。
まだナルガの動きを完全に掴み切れていないのでなんとも言えませんが、
レイアのような動きのバランスの良さは、このモンスターにはひょっとしたらないのかもしれません。

しかし、こういう狩りの“雰囲気”を強く感じさせるモンスターとの戦いは自分は好きです。

その後は罠師・観察眼・探知のスキルを備えたライトガンナーで
旧密林ナルガの捕獲を狙うのがすっかりマイブームになってしまいまして、進行がおろそかになってしまっております(爆)
おかげで迅竜素材は結構な感じで溜まってきておりますが……(笑)

発売直後からこんな感じで良いのかなと思いつつ、もうしばらくは迅竜との戦いを楽しみたいと思っています。

迅竜vs炎妃龍銃槍

(ガンランスは迅竜とは割と相性が良いようです(笑)



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/03/30(日) 10:46:34|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<トラップ&キャプチャー | ホーム | 新たな一歩を>>

コメント

Gの幕開け

こんにちわー、お世話になっていますシュガシュガです。

実は私も工房で一番にスノウギアの派生先を確認しにいった一人です(笑。
スノウギアの派生が止まってしまったのは本当に残念ではありますが、この先ラームさんがGでどんな新しい相棒を選ばれるのか、はたまたG級を前にしてもスノウギアを担がれるのか今から非常に楽しみです。

ナルガクルガ、かっこいいですねー。何でか初めて戦ったとき、この飛竜をとてもハンターに近い飛竜だと感じました。
動きに関しては私はとても面白いと思っています。今までの飛竜の動きを全く覆すような動きですが、
これは外見もですがとても牙獣種に近いですよね。今までのセオリーが通じないだけに、とてもやりがいがあります。
といってもヘビィで行ったらあられもないことになりましたが(笑。

長くなりましたが、これで失礼します。
それではー。
  1. 2008/03/30(日) 20:37:28 |
  2. URL |
  3. シュガシュガ #-
  4. [ 編集]

その名はG>シュガシュガさん

いらっしゃいませ!お世話になっておりますー(ぺこり)

何だかいろんな方にスノウギアの強化チェックをさせてしまったようで、恐縮です><(爆)

自分の狩猟生活に潤いを与えてくれたスノウギア=ドライブを手放す事はもうできませんし(笑)、
あらゆる武器に存在する意味があると記したのは自分自身です。
スノウギアの強化がドライブで止まったのは、
きっとP2Gでもドライブでやるべき事があるからだと信じて使い方を考えてみようと思っております。


>ナルガクルガ

 まだ自分も20回ほどしか戦っていないのですが、動きに意志を感じさせるモンスターだなぁと思っています。
 特に近距離戦時に多用するバックジャンプ。
 他の飛竜がこのアクションを「とりあえず」やっているように見えるのに対し、
 ナルガクルガの場合は明確に間合を取ろうとする意志が見て取れるように思います。
 間合を考えて戦闘をするのは……まさにハンターですね(笑)

 ナルガの初出記事を見た時に思い描いた『狩人vs狩人』に少なからず近い戦いを、
 旧密林のナルガ戦に見出してハマっております。肉質を見てしまったらまた感想が変わりそうな気もしますが(爆)


そういえば、今回はナルガに限らずヘビィにとっては厳しいアクションをするようになった大型モンスターも多いですね。
これを改悪と見るか、それとも新しい戦術を確立するための機会と見るか……。
個人的には後者であるはずだと思っておりますので、
ヘビィの方もしっかり腕を磨いて行こうと思います。
ディアブロス潜行後の方向転換突き上げは今のところかわせる気がしませんが(爆)

いつもコメントを頂きありがとうございます(ぺこり)
また、いつでもどうぞ!
  1. 2008/03/31(月) 11:03:43 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/117-fb247231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。