老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

跳躍せし炎王龍

ラームです(ぺこり)

朝自宅に戻りますと、昨日の記事へ御三方からコメントを頂いておりました(いつもありがとうございます!)。
コメントへ返信させて頂いて、記事を書こうかと思いましたらもう結構な時間です。
今日の仕事は夕方からだし、今日の記事はお休みさせて頂いてそろそろ一眠りしておこうか……
と思っていたら友人からメールが届きました。


件名:JUMPテオ
本文:そんな根性でスノウギアの相棒になれるんかねー?ニヤニヤ(・∀・)


どうも書いたばかりのサキムラさんへの返信についてのメールのようです。
カチーン☆と来ましたよこいつぁ(爆)

しかし確かに、面白く無い相手だからといつまでも逃げていては狩人の名折れです。
また、炎王龍が黒龍や老山龍を越える存在でしょうか?答えは自分にとっては否です。
自分は黒龍や老山龍に感じる畏敬の念を、この古龍に感じた事はありません。
それならばスノウギア=ドライブで倒せない道理もまた無いでしょう。

よし分かった、ならば自分が最も苦手とするこの古龍を越えてP2Gへの花道にしてくれると、
睡眠時間を削って炎王龍討伐に挑む事になりました。

今回はこの討伐戦の顛末を記します。




挑むクエストは配信クエスト『JUMP 炎帝の凱旋』です。
体力は集会所上位より少し少なくなるはずですが、こちらは撃退がないので50分で体力を削りきらなければなりません。
注意すべきは理不尽な(爆)攻撃力と運動性能です。



【装備と食事】

対炎王龍装備

武器:スノウギア=ドライブ

頭:剣聖のピアス
胴:スティールSメイル(爆師珠×1)
腕:金剛・覇【篭手】(爆師珠×1)
腰:ランポスSフォールド
脚:ドラゴンSフット(爆師珠×3)

スキル:ガード性能+2・ボマー・心眼


食事:リュウノテール×オニマツタケ(体力UP&攻撃力UP)

ネコの気まぐれスキル:ネコの防御術【小】・ネコの防御術【大】

防御力は護符爪込みで389。
ガード性能は突進や跳びかかりをエリア端で受け流して、反撃を行うためのものです。
心眼はテオの体にはあちこち弾かれる箇所があるため、その対策ですね。



【持ち込んだアイテム】

<ポーチ1>
・大タル×10
・爆薬×10
・大タル爆弾×3
・カクサンデメキン×10
・大タル爆弾G×2
・小タル爆弾×10
・モドリ玉
・怪力の種×10

<ポーチ2>
・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・秘薬×2
・こんがり肉×10
・鬼人薬グレート×2
・硬化薬グレート×3
・砥石×20

<ポーチ3>
・空き
・空き
・空き
・空き
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪



【基本戦術】

まずは顔への攻撃でダウンさせ、炎の障壁を消しておきます。これは接近戦時の大前提です。

エリアの端、それもくぼみや角になっている場所で壁を背にしてガード。
テオが突進や跳びかかりで突っ込んできたらガード後に反撃します。
狙う場所はガード後の互いの位置で判断。可能であれば顔か前脚を狙いますが、
カメラ混乱などで良く分からない状況の時は適当に突きます。
基本は手数を重視しつつも、攻撃しすぎない事を意識して。

テオが粉塵爆破の体勢に入った時は、ステップで少し離脱してガード(攻撃範囲から離脱できていれば様子見)。
離脱が間に合わなさそうな時は勘でガード方向を決めて防ぎます。
(我ながらいい加減すぎますが、これより他に手がありません><;)



【狩猟記録】

ドンドルマの街に到着。まずは支給品には手をつけず、バリスタの弾を集めてから撃龍槍の広場(3)へ。
さっそくテオが広場に降り立とうとしています。
撃龍槍壁最下段のバリスタに取り付き、全弾発射。その後は最上段に上ってテオが飛んでくるのを待ちます。
テオが飛んできたら大タル爆弾Gを設置し、小タル爆弾か竜撃砲で攻撃しつつ起爆。
撃龍槍壁からの降り際にはもちろん撃龍槍を合わせておきます。
その後は連絡通路(1)でバリスタの弾を採取。広場に戻って再び撃ち込んでおきます。

と、飛び上がったテオに爆弾を合わせようと大タル爆弾Gを設置しますと、何とそのまま飛び去ってしまうテオ。
エリアチェンジの時間だったようです(死)
このまま放置してしまうのもあまりにももったいないので、テオが再びやってくるのを待つ事に。
この間にベースキャンプで支給品用大タル爆弾などを採取して来ます。

程なく戻ってきたテオ、上手く爆弾が消える前に撃龍槍壁の上に飛んできました。
竜撃砲をお見舞いしつつ起爆。
この後は撃龍槍の広場(3)とバリスタエリア(2)を往復しつつ戦闘を続けます。

15分針辺りまでに爆弾関係を全て消費。ここからは基本戦術を展開して戦います。
時間を見て撃龍槍も撃ち込んでいますが、角が折れないので効いているのかいないのかいまいち分かりません;

そうこうしているうちに、20分針あたりでネコパンチ(もうこれガード不能です、絶対;;)からの突進で瀕死に。
逃げようとしますが、折り悪くテオがラームに覆いかぶさったまま炎の障壁を再発動。
残り数ミリの体力だったためガンランスを収納する間もなく力尽きてしまいました。
キャンプで体勢を立て直してから再度出陣です。

撃龍槍の広場(3)では城壁の上で、バリスタエリア(2)では段差チェンジを使って顔怯みを発生させ、
炎の障壁を消してから基本戦術に移行するため、少し時間を無駄にしているような印象がありました。
が、障壁を消さなければ基本戦術自体が成立しないので仕方がありません。

この後も基本戦術通りですが、時折大きな直撃弾を貰っています。
それも怒りキャンセルであったり良く分からない攻撃判定(特にネコパンチ)であったりetc.……(死)
エリアチェンジや段差チェンジで凌ぎ、どうにか力尽きこそしませんでしたが、ストレスが確実に蓄積しました。
それでも基本戦術はそれなりに有効でもあったらしく、ある程度の手数も稼げています。
基本戦術を行うに当たって一番の心配事は粉塵爆破でしたが、今回は全て回避、あるいはガードに成功。
かくして苦戦しながらも、少しずつテオの体力を削っていきます。

残り10分のアナウンス。ここではまだ余裕を持っていましたが、テオもなかなか倒れません。

残り5分。この辺りで少し焦りが出てきました。
手数を稼ごうとして、余計な被弾で回復に時間を取られる事が数度ありました。
集中力が途切れかけている証拠です。一時停止して、顔を洗ってきてから再び戦闘を再開します。

これで倒れるだろう……!という竜撃砲や撃龍槍をことごとく耐え抜くテオ。
好きでは無い相手ながら、王の名は伊達ではありません。

と、バリスタエリア(2)での交戦中、ついに時計の針が速い点滅を始めました。
焦る心を抑えつつ攻撃を続けますが、やはり焦りが出たのか、ここで突進を一撃もらってしまいました。
あと一撃はもたない所まで体力を減らされましたが、時計が速い点滅を始めてからおよそ30秒は過ぎていると感じました。
ここで回復に時間を費やしていてはおそらくテオを倒せないだろうと思い、
今までに与えてきたダメージを信じて、回復せずに攻撃を敢行します。

鼻先に張り付かれたのが目障りだったのか、ネコパンチを繰り返すテオ。
しかしこちらは攻撃の範囲外です。その隙に一撃、二撃。
続けてテオがこちらに向きを合わせようと方向転換をしてきます。
ならば、とその鼻面にスノウギアの穂先を繰り出した時、この長く苦しい戦いに決着が着きました。

討ち取ったり!

かくして討伐に成功。クリアタイムは49:47(残り時間00:13)でした。

苦闘の末に



【反省会】

3回目の挑戦でどうにか達成となりました。
(1回目:心眼&回避性能+2→時間切れ/2回目:達成時と同じ装備→攻撃をガードし損ねて三死)

色々と無駄な部分(被弾や、撃龍槍壁の上での待ち時間など)が多かったので、
クエスト全体の流れや立ち回りを突き詰めていけば、もっと早い時間での討伐も可能かと思います。

が、もう絶対やりませんっ!(爆)
(P2Gでテオに良い調整が加わっていたら……あ、イベントクエストは引き継ぎ無いんでした(爆)



ギリギリの戦いの末の勝利でしたし、非常に嬉しいのですが……
何だか今までの難敵と比べると、立ち回りが少しずつ上手くなっていって勝てた、というのをあまり感じませんね……;
人徳ならぬ龍徳とでもいうのでしょうか。
むむ、どうもこのまま愚痴モードに突入しそうなので、今回はこの辺りで。

あ、でもこれでまたスノウギア=ドライブを相棒と呼ぶ日に一歩近付けたかなという思いは確かにありますし、
その事は本当に嬉しいです。この機会を下さったサキムラさんに感謝、感謝です。
クエスト挑戦を促してくれた友人にも……腹立たしいですがお礼を申し上げておきましょう(爆)

それではこの辺りで失礼致します。

ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/03/22(土) 12:09:36|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<教官への道・集会所☆5『桜色の雌火竜』(クロオビランス編) | ホーム | 教官への道・集会所☆5『桜色の雌火竜』(クロオビボウガン編)>>

コメント

うおーッ、流石です

へぇ~、ガンチャリで薦めたのにスノウギアでちゃっかりクリアしましたか。いや、それはそれでいいですが。
おめでとうございます。普段3~40分かけてミラバスで倒してますがね、やっぱりスノウギアではギリギリですか。僕はガンスが使えませんので羨ましいですね。

また関係ない話になりますがね、あるゲームで数ヶ月放置していたゲームを久々にやってみたんですよ。(いや、最難関モードがクリアできずに放置しとったわけです)あんまり詳しく言いませんが第七章を数ヵ月越えてクリアしまして。

昔からあった願望を叶えるとかいうのはMHにもどんなゲームにも通ずるものが少なからずあるんじゃないかと思うわけです。
なんかこれだけじゃよくわからないかと思うので、僕がやっていたのはファイアーエ○ブレムとだけ言っておきます(笑

締まらない文章ですね。自分で言うのもなんですが、これでも文章には(学校では)定評があるんですが。
では、また。
  1. 2008/03/22(土) 22:15:00 |
  2. URL |
  3. サキムラ #pLrNGPhI
  4. [ 編集]

あれを理不尽と言わずして・・・


お久しぶりです。
なんか私がコメントするときはおめでとうとしか言ってないような気がしますが、やはりおめでとうございます
スノウギアの高みは何処にあるか私は知りませんが、このままその頂まで上ってっちゃってください(笑)


話は代わりますが、この前友達二人とJUMPテオに行ったのですが、あの理不尽な攻撃力に少なからず驚きました(汗
友達がアカムト装備だからといっても、たかが正面から突進を一撃くらってしまっただけでネコタク行きに・・・
その事実はヘビィ、ましてはハニーコーマーを握っていた私をへたれにするには充分な一撃でしたね(涙
流石に剣士をも一撃で粉砕する相手に私一人でガチのタイマンはキツそうです><;


長くなりましたが、この辺でお暇させてもらいます
また次の機会に

  1. 2008/03/22(土) 22:20:20 |
  2. URL |
  3. 燻ぶるサンタ #Ijt6/zQ.
  4. [ 編集]

JUMPと言えば……アラ○ちゃん(?)>サキムラさん

いらっしゃいませー(ぺこり)

はい、ありがとうございますー!
せっかくですので赤の扉もといスノウギアで挑んでみました。
一戦目はとにかく散々な有様で、やっぱり無理なものは無理かとも思いましたが、どうにかこうにか(笑)

諦めかけていた願望を達成するって良いものですよね。胸のつっかえが取れると言いますか。
それによって、改めて次の一歩が踏み出せる気がします。
モンハンに限らずそういう機会をお持ちだという事は羨ましい限りです。
自分などは歳を取ったせいか、もうモンハン一本しか本腰を入れて遊べなさそうですし(笑)

色んな壁にぶつかって、それを例えば一時は諦めたとしてもいつかは乗り越えて次の一歩に向かう。
お互いにそんなプレイヤーであり続けたいですね(笑)

今回もコメントを頂きありがとうございました(ぺこり)
また、いつでもどうぞ!
  1. 2008/03/23(日) 06:28:46 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

世に理不尽の種は尽きまじ>燻るサンタさん

いらっしゃいませ、お久しぶりです(ぺこり)

いえいえ、いつもお祝いを頂き本当にありがとうございます。
お言葉はしっかりと自分が歩を進めるための活力にさせて頂いております。
スノウギアの高みですか……はてさて、その極みは何処にあるのでしょうね。
自分にとってもまだまだ頂上はおろか、そこへ至る道筋さえ見えてきておりません。
もちろん、いつかはその頂に足を踏み入れる事ができるように精進して行こうと思っております。
激励のお言葉を胸に刻んでこれからもほどほどに頑張ります!(笑)

ところでJUMPテオに行かれましたか。お疲れ様でしたー><
P2ndの上位モンスターの攻撃力は軒並み半端無い(確か計算式上Dosの倍のダメージを受けています)ですが、
JUMPテオとマ王ディアは特にその極みのような感じですね。
テオの場合は特に怒りキャンセルなどでダメージの大きい突進を被弾しやすいので、なかなか厳しいです。

戦闘街のテオは撃龍槍壁上での待ち爆弾&撃龍槍や、壁上からの射撃、
バリスタエリアでの段差チェンジによる強制移動からの攻撃である程度までは削る事が可能ですので、
もしどうしても!(笑)戦われたいと言うのならばその辺りから活路を見出されるとよろしいかもしれません。
これでスノウギア=ドライブでなんとかギリギリ止めをさせるくらいの体力までは減らせます(笑)
最終的にはガチでやりあう羽目になるのは変わりませんが……。

個人的には同じ強敵に挑むのならば、マ王ディアの方が楽しいのでお勧めではあります。
ただ、こちらは女性ハンターだとチケットが紙くずになってしまうのが泣き所です(死)

と、今回もコメントを頂きありがとうございました(ぺこり)
また、いつでもどうぞ!
  1. 2008/03/23(日) 06:49:58 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/110-1e6ca4ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。