老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『轟竜ティガレックス』(クロオビブレイド編)

ラームです(ぺこり)

教官チャレンジ、今回はクロオビブレイドで砂漠のティガに挑みます。

ところで先日ティガを捕獲した時に思ったのですが、
捕獲時のティガの寝息は非常に短い上に間隔が長いですね。(ゴッ、……ゴッという感じ)
うーん、無呼吸症候群?これが原因で個体数が少なくなったのか……(爆)

……と、どうでもいい事はさておき(爆)、狩猟を振り返ってみましょう。

【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・こんがり肉G×10
・ペイントボール×20
・閃光玉×5
・砥石×20
・クーラードリンク×5
・小タル爆弾×1
・大タル爆弾×2
・大タル爆弾G×2

前回
の反省をふまえて、爆弾を忘れないように持ち込みました。
小タル爆弾と大タル爆弾は初回接敵時に支給品の携帯シビレ罠とセットで、
大タル爆弾Gはティガが巣穴で眠った際に使う事にします。


【基本戦術】

雪山でティガと戦った時同様、
突進後の振り向きに合わせての溜め斬り(できるだけ最大溜め)を攻撃の主軸とします。

怒り突入時は閃光玉で足止めして左後脚に攻撃、
閃光玉が切れた後はジャンプ攻撃からの確定行動時のみ攻撃を仕掛けます。



【狩猟記録】

まずは支給品から携帯食料・携帯砥石・携帯シビレ罠を入手。
クーラードリンクを飲んでから井戸に飛び込み、ティガがいるはずの南の砂漠(エリア5)へ。

今回はこちらに気付かずにのしのし歩いていたので背後からペイントボールを投げつけ、
ついでに尻尾を2回ほど斬っておきます。

ティガがこちらに気付いて戦闘行動を開始したら、ネコ村前広場(エリア9)方面出口へ誘導して携帯シビレ罠を設置。
上手く引っかかったので大タル爆弾を置いて、小タル爆弾で起爆します。
さらに頭に縦斬りを1撃加えたところで拘束が解けたので、すぐ隣のネコ村前広場に駆け込みました。

そのまま砂漠で戦闘を継続しても良かったのですが、
ネコ村前広場のアプケロスが健在のままだとティガがここで眠った時に起こしてしまう事があります。
(ハンターを発見した時のアプケロスの尻尾振りが、眠っているティガに当たる)
そこで今回から先に駆除しておく事にしたのですね。

エリアチェンジを使って計4頭を駆除し、再び南の砂漠に戻ります。

と、エリア境界付近でキョロキョロと辺りを見回しているティガ。
これ幸いと尻尾に斬りかかっても、全くこちらに気が付きません。
キョロキョロ→方向転換を2回しましたが、それでもこちらに気付かず。
今回のティガは随分と鈍感です(爆)が、おかげで貴重なダメージを稼ぐ事ができました。

一回怯みが発生した時点でさすがにこちらに気が付き、ここから本格的な戦闘開始となります。
先ほどまでのダメージですぐに尻尾は斬れたので、
ここから先は壁を使ってなるべく突進の距離を稼がせないようにしつつ、出発前に設定した基本戦術の通りに戦闘。
またガレオスの周回ルートも意識に入れて、それから極力離れての戦闘を心がけます。

今回はかなりスムーズに戦闘が進みますが、途中気になったのが閃光玉使用時の攻撃でした。
片手剣では2~3回攻撃→出はじめを見てからガードが間に合うティガの回転攻撃ですが、
一撃一撃の振りが大きい大剣ではガードをする前に吹き飛ばされてしまいます。

これはもう大剣の場合は閃光を使わず、ジャンプ攻撃→威嚇を待ってから、
その振り向きに溜め斬りを合わせる方が確実のようです。

そんなこんなでエリアチェンジを数回、20分針(おそらく後半)でティガが足を引きずりました。
北の砂漠(エリア2)での交戦中だったため、ティガは2→3→7→9と移動していきます。
こちらはオアシス(エリア1)→南の砂漠経由でマーキングが落ち着くまで少し待った後、ネコ村前広場に進入します。

ぐうすかと気持ち良さそうに鼻ちょうちんを出しているティガ。
今回は大タル爆弾Gが手元にきっちりありますので、頭の辺りに早速設置してペイントボールを外し気味に投げて起爆。

……し、死なない!?(爆)

どうやら足を引きずった際に(ガレオスに吹き飛ばされて)追撃ができなかったのが響いた様子。
焦ったラーム、目覚めて体勢を立て直そうとするティガの頭に縦斬りを……スカッ(死)

ぐっはー!!(と、リアルで叫びました(死)

巣まで追い詰めながら大苦戦した前回の悪夢が頭をよぎります。
しかし、こうなれば死なばもろとも(違)とそのまま斬り上げを出したところ、これが止めの一撃に。

ティガーアッパーカット!

あ、危なかった……。

かくして狩猟成功。
クリアタイムは25:59(残り時間24:01)でした。



【反省会】

雪山とほぼ同じタイム(その差3秒)となりました。
ただし今回は回復薬がほぼ支給品だけ(持ち込みでは薬草×4を消費)で済んでおり、
その点立ち回りが確定して来たと言えるでしょうか。

今回ティガが怒りに突入するたびに閃光玉を使っていますが、やはり閃光玉は使わない方が良いような気がしていたり。
(おそらくその方が応急薬の消費も少なかったと思われます)
この辺りは実践してみないとわからない部分もありますが……。

あとは振り向きへの溜め斬りを当てる精度の練磨でしょうか。
これを何度か外していましたので、溜め始めるタイミングの見極めを習得しなければ。


さて、それでは今回はこの辺で失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様も良い狩りを!
  1. 2007/11/09(金) 08:55:24|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<教官への道・集会所☆5『轟竜ティガレックス』(クロオビハンマー編) | ホーム | 教官への道・集会所☆5『轟竜ティガレックス』(クロオビソード編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/11-be2913ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。